オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園でオペラ?
5月1日(日)

父さんのホリデー最後にして、やーっとやーっと晴れてくれました。

なのでずっと「晴れたら行こうね♪」って言っていた、Fagan parkへピクニックに。

が。
行ってみると、何で??
ゲートが閉まってて、「5月1日はクローズします!」ってサインが。

ウソでしょ??
諦めきれずに裏の入り口の方へ回ってみると・・・

どうやら今日だけ・・・

「Opera By The Lake」なるイベントが開催されるために、
一般客は締め出し・・・らしかった。

で、その時はちょうどリハーサルの時間で、
出演者達が続々と到着してる頃だったみたいで、

父さんが強引にゲートに近づくと係りの人がやって来て、「パフォーマーの方ですか??」と聞かれたので、いやいや、タダ・・・ピクニックに来ただけなんですけど・・・と言ったら、

そのオバちゃん、池やステージの近くへは行かない事を条件に、

こっそり我々を通してくれました。
こーゆー時、人当たりのいい父さんは特をする事が多い気がする。

この公園。普段でも5ドルの入場料がかかるのに。

そして、今日のコンサートを聴くには、大人40ドル、子供10ドル、
ファミリーチケット(大人2人+子供二人)でも90ドルなのに、

我々、タダのピクニック客でっさかいに、無料でゲート通過。

ラッキィ~♪

しかもお弁当食べてたら、別グループ(この人たちも特別に入れてもらったらしかった)のコリアンの方から、ゴマの香りが香ばしい海苔巻きを2本も頂いて、

これまたラッキィ~♪

久しぶりのお天気でしたからね~、

青い空と白い雲、緑の芝生とあちこちで黄色くなり始めた木々の葉の、重なり合う色のコントラストが目にとても鮮やかで、そよ吹く風に「気持ちえぇわ~」と、家族でワイワイやってると、そんな中に、遠くから、風に乗って聞こえてくるのですよね、オペラのアリアが。

後で調べて曲名分かったんやけどプッチーニのトゥーランドット(これ、トリノで荒川静香選手が使ったね)の中の「Nessun dorma」とか、子供の頃にピアノで弾いた記憶があるビゼーのカルメン(これも曲名不明やったけど、調べたら「ハバネラ」って言うらしい)とか、オペラは全く分からない私でも、「聞いたことあるわ~」って言う王道アリアの連続で、

海苔巻きかぶりつきながら、なんか不思議な午後でした。


ここの公園、なかなか素敵なプレイグラウンドがあって、

なかでもいいな~と思ったのが、このお砂場。

なんと「水道」がお砂場内に設置されているのですよ。
すごい子供目線よね。気が利いてる。(親達は逆に嫌かも、ね)

で、我が子たちがこれに喜ばないハズはなく、

ジャージャー水出して、ドカドカになりながら、
DSC00428.jpg

水路なのか運河なのか、
DSC00425.jpg

そんなのをお砂場内に作って遊んでいました。

公園の真ん中には池があって、普段ならカモにエサとかやって楽しいんだろうけど、今日はコンサートですからね、DSC00431.jpg

子供達がキャッキャと声を上げてうるさくなっては対岸でオペラ鑑賞してる方たちに申し訳ないので、静々・・・と帰って参りました。

あ~、我が家のホリデーはやっぱりこうでなくっちゃ。
DSC00414.jpg


最後の最後やったけど、1日晴れの日にお外で過ごせて(しかも出費なしで)本当に楽しかった~♪

父さん、明日からまた仕事頑張れ~。
スポンサーサイト
最近のストレス。
5月2日(月)

うゎ~っ!!
気が付いたらもう、5月になってるし~。

なんかずっと、ぜんぜんブログする気になれず、でした。
いつもの事やけど、さぼり始めて2週間ぐらいまではなんとなく気になったりもしてたんやけど、それ以降になるともう別にせんでもいいやん??みたいに図々しくなってきて、ブログのない生活が楽で楽で(そんな負担なら別にやめればいいのにねぇ~)、ズルズルと今日まで参った次第です。

で、今日。

日中、シエナさんとIKEA行ってきまして、当然カフェでお茶したんやけど、あそこ、コーヒーおかわり自由やから・・・なんか1杯だけじゃ勿体無い気がして・・・しかもお目当てやったカプチーノがなくなってて、ロングブラックかエスプレッソのマシンしかなくて、仕方ないのでエスプレッソにして、そこにミルクたくさん入れて、備え付けの電子レンジで温めて飲む事にしたんやけど、何回ボタン押してもお値段変わらないんなら・・・と、調子に乗ってエスプレッソ2回分のめっちゃ濃いのを2杯頂いてしまったので、

カフェイン過剰摂取。
子供達が寝静まった今ももう、目は爛々、頭冴え冴え状態。

なので久しぶりにやる事にしました。
(出来るだけ過去にもさかのぼって、写真もつけたら完全アップには2~3日掛かるかな~)


ところで、今日・・・特記すべき事と言えば・・・

夕飯時、あまりにもおふざけの過ぎる子供達に

ケジメをつけるために、

心を鬼にして

ビンタした、って事でしょうか?

もう、お尻とか腿とか、手とか、
そんな生温いペンペンでは効かないです。

で、何度注意しても私の言ってる事まったく聞かないし、
バカにしてる。

食事中なのに2人で走り回ったり、
「止めなさい!」って言ってるのにお互いを押し合ったり、引っ張り合ったり、危ないことばっかりするので、その直前に「たまにはガツーンと、本気で怖いとこ、見せたほうがいい!」と父さんに言われたのもあって、

パン、パーンっと、やってやりました。

2人共、初めてですからね、顔をやられるのは。

もちろん激泣き。
それも、超~怯えた感じで。

が。

これが効果抜群で♪

その後、2人共あり得ない程に、静か~になりました。

兄さんはさすがに反省して、しゅ~んとした感じ。
シエナさんは泣き疲れて、父さんの膝の上でそのまま寝てしまったし。

母さんが本気で怒ったら、怖いんよ~、こらぁ~っ!!

基本的にはね、嫌なんですけどね、子供達を叩いたりするのは。

でももう限界。

特にシエナさん。
いくら「魔の2歳児」とは言え、ちょっと悪過ぎ。
我がまま放題、やりたい放題やもの。

今朝もお着替えに30分以上ですよ。

まず、オムツを替えさせてくれない。

「オムツ替えるから、おいで!」なんて言ってもまず来ない。
でも一応、声掛けから始めます。

で、しばらく待ってみてもやっぱり来ないので、
捕まえに行こうとすると、

当然、逃げますわな~。

で、無理やり捕まえると、当然、イヤイヤしてバタバタしますわな~。

で、バタバタするのを押さえつけながらオムツ替えようとすると、

どんどん反抗心が芽生えてくる訳ですよ、彼女の中に。

別にいいんですよ。
本人が替えたくないんなら、替えなくても。
ズクズクになってても、気持ち悪くないんならいいんですよ、そのままで。

兄さんの学校がなければ、ね。

兄さんを学校に送って行く=シエナさんにも車に乗ってもらわないと。

一晩分のおしっこでブヨブヨになってるオムツのままで、出掛ける訳には行かない訳ですよね。

で、汗かきながら、もの凄い大変な思いして、やっとやっとオムツは替えたとしても、その次のお着替えがまた更に大変で。

彼女、私が選んだ服はまず着てくれません。

で、仕方ないので彼女に好きに選んでもらう事が多いのですがね、

いつもとんでもない選択で。

今日も冬みたいに寒いのに、肩ひものサマードレスとか、ね。

いや、いいんですよ。本人がそれを着たいというのなら、それでも。
ずっと家にいるならそれでもいいんです。

が、兄さんについて学校まで行かなくてはいけないし。
そのままで外にでては、風邪ひいてしまいますからね、
説明しながらもうちょっと暖かい格好させようと、
あれこれ着せようとするのですがね、

イヤイヤ、バタバタ、超~抵抗します。

で、やっと着せた~と思っても、今度は私の隙を見て、脱いでしまう。

あ~あ~やっと用意出来た、「さあ~行こう♪」と彼女を見たら
裸になっていた・・・こともよくあります。

あれぇ~、また「ふりだし」に逆戻りかよぉ~、私の苦労は何!?みたいな。

そんなこんなで朝の30分なんて、あ~っと言う間。
髪を触られるのも嫌なので、頭はボサボサのまま。

おまけに靴下も靴も嫌いなので、履いてくれないし。

いや、いいんですよ。
ベビーカーに乗って、じっとしててくれるんなら、裸足でも。
毛布か何かで覆っておけばいいんですから。

が、彼女がじっとしてる訳がなく・・・

まず、ベビーカーは、ベルトをすると激泣きするので、
ベルトなしでちょこっと腰掛ける座り方。

で、気分次第で飛び降りて、裸足のままでどこへでも

ダーっと走って行ってしまう。

それが、シエナさんなのです。

・・・。

赤ちゃんの時は、寝かしつけとか、ホント楽な子だったのにねぇ。
あの時のツケなんでしょうかねぇ、今、大変なのは。

などなど、久々の日記やったので、一気に最近の子育て関連のストレスを書いてしまいました。たった2歳の小娘に、何でこの四十路の私が負けてしまうのか、どうにもこうにも解せん毎日です。
執念のこいのぼり。
5月5日(木)

今日は昼間までは、ごくごく普通に過ごしました。

朝、Codyを学校に送って・・・家に戻ってちょっと片付けして、
ポカポカお天気やったので、その後はシエナと2人、庭に出てシャボン玉したりして。


ここ最近、庭を見るたびに、

「どうにかして‘こいのぼり’を揚げる手立てはないものか・・・」と、そんなことばかり考えていて、一番良さそうなのは、カビーハウスの柱に長い竹をくくりつけることかな~?とまでは思ってみてたのだけと、父さんがまったく「こいのぼり」には乗り気でなくて今年はぜんぜん動いてくれなくて、じじが、私とのすったもんだの末に藪から切り出して来てくれたあの竹も、引越しのどさくさに捨ててしまったらしく、あの竹がないともう、高く大空に揚げるのは無理なので(しかも私一人ではねぇ・・・)今年は「こいのぼり」はすっかり諦めてしまっていました。


で、前置きが長くなりましたが、そんな中、今日、シエナちゃんとお庭に出ていて、ふと

我が家のこんな

DSC00439.jpg

DSC00440.jpg


塀が目に入り、

ここ、使えるかも!と思いついたが吉日。

何気なくカレンダーをチェックすると、なんと今日が5月5日、「こどもの日」ではありませんか。(カレンダーみるまで、今日がそうとは気づいてなかった)

それで一気にやる気が出て、

おっしゃ~っ!!と母さん大奮闘。

本当は一番面積の大きな、木の塀の方を利用したかったのだけど、ヒモとかを引っ掛ける手段がないので、もう一方のちょっと狭い塀の方を使い、

こんな感じにしてみました。
(長いので、一番上の「吹流し」は割愛)

DSC00443.jpg

ばっ、婆ちゃんっ!!
これで今年も何とか、「こいのぼり」の姿を拝むことが出来てよっ!!

それにほらっ。何となく、青空を泳いでいるみたいでは無いかい??(無いか・・・)

父さん、どうだっ!参ったかっ!!
あたしゃ、昔から諦めの悪い人間でねぇ。

なんかこう・・・ずっと胸に突っ掛かってた事が、すんなりと解決して、とーってもスッキリしたわ~、今日は。


クロカン。
5月6日(金)

先学期の後半やったかな?
学校からのお知らせの中に、「来学期の最初の週に、校内クロスカントリーを行います」とあるのを見つけ、どーせそんなん上級生だけやろーとか思って、流し読みしてたんやけど、

あらっ?

キンディー生も!って書いてあるし。
え~っ?!グラウンド1周500メートルをみんなで走ります!って。
Cody・・・ゴールまでたどり着けるやろうか?なんて、マジで心配してた先学期末。

で、そんなこんなで今学期になり。
本当は火曜日にあるはずやったこのクロスカントリーですが、雨続きでお流れになり、ようやく晴れた今日、決行されました。

それにしても名前がねぇ~、クロスカントリーってアンタ、ちょっと大袈裟よねぇ。

私がクロカン(面倒なので縮めます)と聞いてまず想像するのは、あの冬季オリンピックの競技にもあるスキーのクロスカントリー。

でもまさか、そんな訳はないからね。
雪山でないとすると、次なるクロカンは、そうね・・・なんか、荒涼たる野山を駆け回るワイルドな競走を想像するけれど、

見学してみると何てこたぁ~ない、本当にただ、グラウンドを走るだけの「駆けっこ」でした。

でも面白かったわ~。

一応男女に分かれて各学年、一斉にスタートする形なので、
60人ぐらいでのレースになるのかな?

で、これがその、キンディー男子のスタート前なんやけど、
DSC00445.jpg

見えますかねぇ~?

左から4番目ぐらいにいる紺色の2人。
DSC00445 (2)

それがCodyとお友達のアハメド君なんやけど、もうこの2人。スタート前から全く競走の意識無し。突っつき合ったり、押し合ったり、ゲハゲハ笑いながらフザけてるであろう事は、遠く離れていても分かりました。

で、ヨーイ・ドン!の一斉スタートに遅れること数秒。
先頭手段から大きく遅れ、それでもやんわりと走り出し、結局はずーっとビリグループの中にいて、

ゴールした時は、マジで最後から3番目とかやし。

その様子はずっとビデオに撮り納めたんやけど、あー笑えたわ~。

でも、本人は楽しく走れたみたいで満足気。
DSC00446.jpg

私としても、無事にゴールまでたどり着いてくれただけで十分。

入学早々なのに、色んなイベントがあって、親の方が楽しませてもらってます。

来週には初めてのバス遠足あり。
みんなでタロンガZOOに行くらしいぞ!
うわ~、楽しみね~。

とまぁ~、今日は9時半からの兄さんのレースを見学。

で、その後10時から、シエナの通うデイケアであったマザーズ・デーのモーニング・ティーへ。

特別に子供達にカップケーキのデコレーション・アクティビティとか用意してあって、シエナさんはツボでしたね。

DSC00449.jpg
DSC00450.jpg

シエナのデイケアを選ぶにあたって、私は近所のデイケア6施設を見学させてもらったんやけど、そしてその時の印象ではこのデイケアは、実は施設面では下から2番目の評価やったんやけど、最終的にココに決めたポイントは、何と言っても園長先生がとにかく素敵な女性やったから、そのお人柄で即決。

今日のモーニング・ティーもどうやらこの園長先生が中心になって用意されたみたいやったけど、

テーブルがこんな、よ。
DSC00460.jpg

真ん中、見えますか?
デイケアなのに、生花がガラスの器に活けられてる。
(こんな花がいくつも、全てのテーブルにありました)

可愛いよね~。年齢は40代後半ってとこかしら?
なのに可憐でエレガントで、ヘアースタイルもいつもちゃんとしてる。
デイケアの責任者にありがちな、あ~忙しい、忙しい・・・などと、髪振り乱してやっと仕事こなしてるような雑々した要素が全くない。

ふんわりしてて、女性らしさを凝縮したような素敵な先生で、

案の定、シエナもこの先生の大ファン♪

子供達への愛情にも溢れているので、あの野生児も心開くのでしょうね。

何しろ、今日来たオカン達に「ハッピィー・マザーズ・ディ~」とか言って、こんな手作りクッキーとか配ったりするんよ。
DSC00461.jpg

チャーミングだわ~。、私にはとてもマネ出来ん。

で、今日はこの後ローカルのプレイグループにも参加。

午前中はいろんなイベントが重なって、あれこれ楽しい忙しさでした。

ハッピー・マザーズ・デー♪
5月8日(日)

今日は・・・全世界的に(やと思う)、母の日でございます。

で、父さんは・・・奴は・・・仕事。

にっ、逃げやがったなっ!って感じ。

朝早かったけど、奴が出るとき私ももう起きていて、
普通に「いってきま~す」って言って出ようとするので、

「あれぇ?ハッピー・マザーズ・デー、忘れてない??」って言ったら、

「You are not my mother」って言われました。
そりゃそうやけどさ~。

そんな奴の息子、Codyは、起きるなりに私に、

「ママ~。ハッピー・マザース・デー♪アイ・ラヴ・ユ~」って言ってくれた。

えぇ~子に育っているわ~。

そして朝食時。
なんかちょっとウキウキ♪気分が良かったので、子供たちにはパンケーキを焼いてやり、(っつーか何でこう、ウエスタンの朝食って炭水化物と脂と糖分が多いんやろう??私的には、温泉旅館の朝食みたいなのがいいな~♪)

彼らが今日まで楽しみに取っておいていた「母の日」のアイテムをテーブルに並べて、記念撮影。
DSC00462.jpg
Codyが学校のフェイトで選んで買ってきてくれたラベンダー色(私の好きな色)のブックマークがあったり、シエナがデイケアで作って来てくれたカードがあったり(中にティーバックとクッキーが仕込んであったし)、これたま兄さんが学校で作って来てくれたお花のクラフトがあったり・・・。

特にこのお花のクラフト。
DSC00470.jpg

実は金曜日の日に作ったものなんやけど、お迎えの時に担任の先生に、

「お母さん、Cody君はこの花を作り上げるのに、どれだけ苦労した事か!」と言われました。
この後のフレーズは日本語ではちょっとニュアンスが出ないので英語にしますが、「You shoud be so proud of him」って。

大体がね、超~不器用な兄さん。
チラッとお友達の作品を見ると、マジで上手にキレイに作ってあって、それに比べれば彼の作品はもう見るからに、ダメダメのヨレヨレなんよね、正直言って。

でも先生は、彼の作品の「結果」ではなく、そこに至るまでの「過程」が素晴らしいのだ!と褒めてくださった。そしてそんなCodyの努力を、「誇りに思って!」と言ってくださった。

嬉しいじゃないの~!
いい先生やわ~。

と、とにかく朝から子供達と「今日は母の日を楽しもう~♪」モードになっていた私なので、その後は子供サービスで、家の前の公園に遊びに行きました。

家の前なので、当然歩いて。

公園ではお砂場で遊んだり、持って行ったおやつ食べたり。
ほのぼの・・・いい時間を過ごして、そろそろお昼やから・・・と家に帰り、

カギでドアを開けようとするんやけど、どうもそのカギの刺さり具合が悪くって、ドアが一向に開かないのですな。ガチャガチャ、ガチャガチャ、何度やってもダメ。

普段は車に乗ってガレージから出掛ける事が多い私。
今日もそんな風に、徒歩でしたがガレージから外に出ました。
カギを使ってドアから・・・は珍しいのできっと、そんなカギのクセみたいなのを掴んでなくて、開けるのに苦労してるんかな?とか思って、ケータイから仕事中の父さん電話して聞いてみたら、

「あ・・・、カギねぇ。内側から鍵穴にカギが刺さったままになってるから、外からじゃ開かないわ!」とか言うし。

なっ、何やとこらっ!!

誰がそんな事したん??って問い詰めたら、

「うん・・・」

うん・・・ってどうよ、どうしてガキを抜いておかないの?って聞いても、

「うん・・・」

だから、うん・・・じゃねぇ~じゃろーがぁ~っ、ごりゃ~っ!!

奴の仕業でした。

奴のせいで、我々、家のカギを持っているにも関わらず、ドアを開けられなくって家から閉め出し。

あ゛~~~~~っ!!

仕方ないので時間つぶしにショッピングセンターまで歩き、
(徒歩で行ける距離で良かったよぉ~)

ふと目に付いた回転寿司を、

子供達と一緒にヤケ食いしてやりました。
DSC00466.jpg

母の日やしね~。
こーなったのも、あいつのせいやから。


しかしこの回転寿司。
コリアン経営みたいやったけど、マズぅ~っ!!
元々お寿司は大好きやし、「腐っても寿司!」的な私やけど、
それしてもマズぅ~っ!!

なのに兄さん。

サーモン♪サーモン♪っとか言って、回って来るサーモンの皿を次々にゲット。
あの子だけで、6皿ぐらい食ったで。
しかも家でいくらでも作ってやれる、カッパ巻きも(一皿2ドル50セント)2皿も食いやがった。勿体無~っ。

でもま~、今日は「母の日」やし。
お金の事は気にせずに、子供達と「いい時間を持つ」事に気持ちを集中させて、

マズいと思いながらも、寿司は寿司。
私もガンガン頂きましたとさ、ゲプっ・・・。


そして夕方、父さんが帰ってから一家揃って「じじ&ばば」宅へ。
ちょっとしたプ・・・を手に、軽~く「ばば」孝行してきました。

気が付いたら、日本の母へは何もなし。
今年も「スルー」してもうた。ゴメンネ。

そんな日の夜、Codyがボソッといいました。

「マザーズ・デー、マザーズ・デーって言うけどね。じゃ~、キッズ・デーはいつなんよっ!!」って。

そう言えば、こっちには「子供の日」はないね。

でも日本にはちゃんと「こどもの日」があって、この前5月5日がそうだったじゃない!って言ったら、「でもボク、プレゼント貰ってないよ!」って。

あらあら、そう言われてみればそうね。
父の日や母の日があって、こどもの日がないのはアン・フェアだ!と主張する彼。
なかなか交渉上手よね。
とっ、止まってもうた・・・。
5月11日(水)

今日、生まれて初めての経験をしました。

兄さんを学校に送り届けた後、仲良しのTちゃん親子と近所のホームセンター・バニングスでやってる無料クラフトで遊んでこよう!(毎週水曜の11時から子供向けにクラフトをさせてくれて、なんとおやつにオレンジジュースやビスケットも出る、無料好きな私が食いつかないハズのないお得なイベントです)って事になり、車でそこに向っている途中で・・・

急に車が力なく減速・・・

突然の出来事に、え?あらっ?!って感じやったんやけど、やばっ、このままでは止まる・・・と感じたので、片道3斜線の中央斜線にいたのを咄嗟の判断で左斜線まで寄せた、正にギリギリの所で車がブルン♪とひと震えした後に、止まってしまいました。

あら?

もしかしてあたし、やっても~た??

え~、実はこのエンスト。

ガス欠が原因でございます。

アホだ、わたし~っ!!

タンク、空っぽですよ~のランプは既についていたのですよね。
でも、後何キロ走行出来ます!のメーターは、「あと10キロ」の表示やったので、マジでもうちょっと走れると思ってた。

過去にこの表示が「あと0キロ」になった時も、その後数キロは余裕で走れてたし。

いくら車を左に寄せたとは言え、私が止まってしまった道、大きなトラックがガンガン走る大きな道で、しかも交差点のすぐ手前。後部座席にはシエナがいるし、Tちゃん親子とはバニングスで待ち合わせやったし、困った~。

誰かガソリン持ってきて~っ!って言ってもね、誰が来る?

こーゆー時に一番使えるのは「じじ」なんやけど、今日「じじ」は用事があって自宅にはいない事分かってたので彼は頼れず。

バカをしでかしたの知られるの嫌やったけど、仕方なくケータイで仕事中の父さんに連絡。こーゆー時には全く怒らない大人な父さんに色々的確な指示をもらい、私と同じ様にバニングスへ向っていたTちゃんママにも連絡をとって助けに来てもらい、止まってしまった車とシエナを彼女にお預け、逆に彼女の車を借りて家にOil缶(こんなのがあるってのも知らなかったわ)を取りに家に戻り、スタンドでガソリン買って、あ~急がし~・・・。

オロオロになりながら、ボタボタこぼしながらも少しガソリンを入れたら、すぐにエンジン復活。
(しかもそーやってる姿を、たまたま通りかかった友人に見られてたらしく、翌日のプレイグループで「久子さん、昨日エンストしてましたねぇ~♪」と言われてもうた。かーっ、恥ずかしや~っ!!)

あ゛~良かった~♪

父さ~ん、仕事中に心配かけてごめん~。

Tちゃんママ~、助けてくれてありがとう~。

この後、予定よりかなり遅れてバニングスへ向ったのですが、
くたびれちゃったシエナさん、車の中で寝てしまいました。
楽しみにしていたクラフトが、あ~あ~。
(その後、昼寝から覚めてもずっと、クラフト~言うとりましたわ)

で、口の中も心もカラカラになってしまってる私を気遣って、
Tちゃんママ、コーヒーおごってくれた~♪

って、反対や~、何かご馳走しなくてはいけないのはこっちやし~。

なのでその後一緒にランチして、そのまま学校のお迎えの時間・・・って、あれぇ~、結局1日中つき合わせてもうた~。

もう・・・ほんと、どこまでもバカな私。
母としての1日の過ごし方。
5月12日(木)

長いこと専業主婦&母親業をやっていると、普段は「今はこれが私の仕事やから!」と割り切って理解しているはずの固い信念みたいなのがブレて、時々心がぐらっと揺れてしまう事があります。

な~んて言うと、ちょっと大袈裟かな?
でも、子供にマジでどっぷりな日が何日も続くとねぇ~、
私、いい年して、毎日こんな事してていいのか?とか思うわさね~。

昨日はま~「エンスト」と言うハプニングはありましたが、
やった事と言えば今日と似た様なもので、

朝はバタバタになりながらやっと支度して、
上の子を学校に送り届けたその足で、下の子を遊ばせる為に出かけ、ついでに出先でそのままランチを済ませ、そうこうしてる内に学校のお迎えの時間になり、その後は2人を連れて公園で夕方まで。
家に帰ってすぐにお風呂して、ご飯つくって食べさせて、後片付けして、朝出来ないので夜の内に洗濯して干して・・・とかしてたらもう・・・

寝る時間って、

あれぇ~、私の1日はどこ行ったんじゃ~っ!!??って、今日もそんなん。

一方で、私がそんな事をしている間に、8時間(いや、もしかしてそれ以上)働きつつ、同じ様に家事やら育児やらをこなしていていらっしゃる(←敬語です)お母様方も世にはおられる訳で。

えらいっ!!私には出来んっ!!

私的には将来子供達が大きくなったらパート程度の仕事はしたいな~なんておぼろげに思ってるのだけど(もし、雇ってくれるところがあったら!ね。)、全くキャリア志向ではないので専業主婦の生活も立場も嫌いじゃないし、逆に「今だけの貴重な時期」と捉えて楽しく過ごしたいと思ってるのだけど、さすがにね~。ここ数日の様に、貴重な1日があまりにも単調に過ぎ去ってしまうと、この脳~天気なあたしでさえ、

私、このままでいいのかしら?的な不安に陥らないこともないです。

専業主婦のジレンマやねぇ~、などとブツブツ・・・。


ところで話はガラッと変わりますが、

テレビの「野生の王国」系番組で時々みかけるけど、巣に青いものばっかり集める習性のある鳥、いるよね。

シエナをみていると、マジであの鳥を思い出す。

で、ググッてみたら、名前が「アオアズマヤドリ」。
なんと生息地域はオーストラリアだそうな。

もちろんシエナちゃんの場合、集めるものは「青いもの」でなく、

「ピンクのもの」なんやけど。

ピンクだけでなくにも反応してるな、そう言えば。

とにかく、プレイグループなどでクレヨン・色鉛筆の類が出されると、さーっと物凄い速さでピンク&パープルを独り占め。

お菓子でもなんでも選択支があれば、選ぶのは全てピンク。
よって「ふりかけ」の中で好きなのは「たらこ味」。パッケージがピンクやから。それで作るおにぎりもほのかにピンクやし。

で、ピンクであれば本当に何でもいいらしく、家で出たゴミの中に例えばピンクの紐とかがあったら、彼女、上手にそれを見つけて、自分のバックに入れてしまいます。

外を歩いてても、道端にピンクのプラスチック片とかみつけては、ちょこちょこ採取。→バックの中へ、みたいな。

他にもバックの中を覗くと、ブブッと噴き出してしまうくらいにピンク。
ピンクのペンのキャップだけとか(ペンの本体はピンクではなかった為に不要な訳やね)、ピンクのキャンディーの包み紙、とかね。

女の子って大体こんななのかねぇ??

とにかくこんなシエナの行動を目にする度に、昔テレビで見たあの「青いものが好きな鳥」を思い出してしまいます。

ちなみにCodyが集めたがるのは、ちっちゃいオモチャ全般。
彼は昔から気に入ったおもちゃとは常に一緒にいたい♪という気持ちが強いらしく、コマみたいなものから、スーパーボール、パズルのピースに至るまで、ほんとゴチャゴチャ小さいのを袋にいっぱい溜め込んで、ズルズル~ズルズル~と遊ぶ場所を移動する度にしっかり持って歩き、袋が重いのもあるし、元々バランス感覚も悪いので、ちょっと体を斜めにしながら腕から袋をぶら下げて歩くその姿は、全盛期の宅八郎そのもので、

ヲタ~の雰囲気ムンムン♪

男の子って大体こんな・・・ことはないよね。

ヤバイ度が増す気がするので、絶対に長髪させないでおこうっと。
初遠足~♪
5月13日(金)

13日の金曜日って・・・ちょっと嫌やな~とも思ったけど、ま~そんなの、私にどーも出来る事でもないしね。
仕方あるまい。とにかく、いいお天気に恵まれたから良かったかな?


今日は、兄さん。
学校から、バス遠足でタロンガ・ズーに行ってきたんですよ~。
先週のクロスカントリーに引き続きのイベントで、親の方が楽しんでま~す。

いつもなら9時始業なのに、今日のタイムリミットは8時15分。
この差、バタバタしてる朝にはちょっと辛い。
ので、今日だけはお弁当は前日に作ってしまいました。

って言ってもサンドイッチなんやけど。
(いや、サンドイッチやから前日でもOKなんかな?)

今回このバス遠足の準備をしていて、「いや~、日本と違うわ~」と思ったのが、荷物です。

普段学校には、教科書も筆箱も要らない割りに、バカデカいバックパックを背負っていっている訳ですが、今日みたいな、私的には、遠足=リュック、みたいな、今日、リュック背負わなくていつ背負う??みたいな日に学校から、

バックパック禁止令、が出され、

今日、生徒に持たせて良い物は、おやつとランチが別々に入った、

スーパーの袋を2つのみ、・・・って、おいおい。

マジで??

やったわ。

でも、マジでなんです。

荷物にならない様に、やって。
で、食べ終わったら全部捨てるから、お弁当箱とかも禁止。
サンドイッチをジップロックみたな使い捨ての袋に入れてきて、やって。
(先生から、「今日だけは、ノー・ライス。ノー・ヌードル。サンドイッチ、オンリー!!」と言われたし。)

しかも、普段使ってるドリンクボトルも禁止。
飲み終わったら捨てられる様に、ベットボトルの水を持参、との事で。

ま~、徹底してる事!

で、何とか時間通りに集合場所の校庭に行ったら、

ズルズル~♪ズルズル~♪、スーパーの袋引きずってる子あり、
シャカシャカ♪シャカシャカ♪、振り回してる子あり、

なかなか面白い光景でしたっけ。

本当ならば、集合時間の8時15分で、ハイ、さよなら・・・なんですがね、

あたし、新米母ですからねぇ~、なんとなく心配で、落ち着かなくて、

結局、出発の9時まで校庭内にウロウロ残って、

Codyがバスに乗り込むのをしっかり見届け、

さらには、仲の良いお友達と一緒に座って窓越しにおどけてみせる兄さんに、「いってらっしゃ~いっ!」とバカ親丸出しで手を振ってお見送り。

たかがバス遠足なのにねぇ・・・。
心配だけど、でもいつのまにかそんなに大きくなってしまった我が子が頼もしくもあり・・・、気が付いたら最後まで残っちゃってたねぇ~なんて、我が身を振り返って苦笑する、そんな同じ心境のママは私だけでなく、

その場に居合わせた数人のママと、「行っちゃったねぇ~。大丈夫かしらねぇ~?」なんて、クスクスあらためて苦笑い。

持ち物はスーパーの袋だから安心だけど、それでもお友達とふざけあって帽子なんかを振り回したりして無くして帰って来るんじゃ?とか、暑くなってジャケット脱いで、置き忘れて来るんじゃ?とか、あれこれ心配しましたが、

3時にお迎えに行くと、そこには今朝送り届けた時と同じCodyがいて、

どうだった?って聞けば、「うん、楽しかった♪」。

で、さぁ、今日は疲れたからお家に帰ろう、と言うと、「いや、今日も公園に行く!」と。

ってあんた、疲れてないの??



結局この日は夜もフツーで、別段疲れた様子もなし。

どうして?と思ったら、なるほどね。
帰りのバスでしっかり寝てきたらしかった。

フフフ・・・。

そんなバスの中の様子、想像しただけで笑えるわ。

楽しい遠足になって本当に良かった。週末、ゆっくり休もうね。
ホークスベリー・ショー。
5月15日(日)

先週に引き続き、なんと今日も仕事に行ってしまった父さん。
きっとこのまま土曜日まで働くから、3週間連続労働になります。

そんな事させていいのか?
父さん曰く、他の同僚もみんなそんな感じでやってる・・・とか。

毎日残業してて1日10時間勤務やからね~、過労でぶっ倒れやしないか多少不安。
しかも彼、ここの所ずっと風邪ひいてて、調子悪いのよね~。

しかし、日曜日は毎週やって来ます。
子供向けのイベントもあちこちでちらほら。
さらに今日はめっちゃ天気も良かったし~。

直前まで迷ってたけど、結局今日はペンリス近郊であったホークスベリー・ショーというイースターショーのちっちゃい版みたいなのに子供達連れて行ってきました。

この手のショーは、父さんがメンバーのクラブ主催の無料のやつぐらいしか行った事ありませんからねぇ~、今日みたいな有料のは高いけど、乗り物の種類が充実してて、見てるだけでも楽しかった~。

どこにでもあるジャンピング・キャッスルも、

こんなにインパクトあり。
DSC00471.jpg

今まで見たことも無い様な乗り物たちを、
DSC00480.jpg

へぇ~っと珍しそうに、そしてちょっと不安気に眺めるシエナ。
DSC00472.jpg

大丈夫、大丈夫。
心配しなくても、こんなのに乗ろうなんて母さん言いませんから。

ってか、シエナさんは兄さんのお気に入りやったあのワニ・キャッスルにも怖くて入れずに、

ディズニーのやつに行ったもんね。
DSC00473.jpg


他にも車とか、
DSC00476.jpg

DSC00474.jpg


ダンボとか、
DSC00479.jpg

比較的お安い乗り物たちで十分満足な子供達。
かわいいもんよねぇ~。


そして、今日はケチな奴がいませんからねぇ~。

子供達にこんなんおねだりされても、
DSC00481.jpg

ハイよ~♪とかいって、買ってあげられたので、


私的にもストレスにならず、楽しかった~。


このジュース、1つ7ドル=2つで14ドルっ!!
(奴がいる場合は、「買う」とか言ったら罵倒されると思う)

ま~、奴に負けず劣らずのケチな私の感覚で言っても、高~っ!!なんやけど、ボトルが残るしね、後でそれ見てショーの事を思い出したりも出来るしね、この手のものはこーゆーショーならではの物やしね、どこでも食べられる様なチップスやホットドックに10ドル云々出すよりはいいよね~、と自分を納得させる。

その代わりに、ランチはしっかり持参のお弁当やから。
DSC00482.jpg

5歳以上が10ドルの子供入場料も、今日だけCodyに4歳になってもらって上手く浮かしたしさ~。

今日はマジでスカーッと晴れて、気持ちの良い日でね~。
途中で何度も、「あ~、父さんも一緒やったらな~」なんて思ったけど、
(なんやあんた、邪魔、邪魔言う割りに、結局いて欲しいんかぃっ!)
だって、子供達の楽しそうな所、彼にも見て欲しいし~。
仕事で疲れてると思うから~、それって最高の癒しじゃない??

結局仕事もな~んにもしてない私だけが今日もまた癒されて、

いやはや、楽しい一日でございました。ありがとね~。

コーヒーだけでパブ遊び。
5月18日(水)

毎朝、Codyを学校にドロップ・オフする時にシエナのベストフレンドのTちゃん親子に会うわけですが(Tちゃん兄も同じキンディ生ですから)、この毎日のセレモニーを、ガールズ達は、それはそれは楽しみにしています。

本当に、毎日会ってるのですよ。

なのに、お互いの姿を見つけると、

ダダーっと駆け寄って、しっかりハグ

そして兄さんたちはもうとっくにクラスに入って授業を始めているのに、ガールズ達、小枝を拾ってその辺の地面を突きだしたり、校舎の軒下にしゃがみこんで何やらボソボソお話し始めたり。

母さん達は、早く家に帰って洗濯物干したいな~とか思っているのに、なかなか車にすらたどり着けません。

で、やーっと校門を出て、我々はこちら、Tちゃん親子はあちらへ・・・とお別れになる角に行き着くと、そこでかならずTちゃんが、

「今日はシエナちゃん、Tちゃんのおウチに来てもいいよっ!」とか、
「シエナちゃんのママが、おウチに行ってもいいよ、と言った!」とか言いい、

シエナも必ず「Tちゃんと遊びたい~♪」なので、

そこでお互いに、その日の予定を確認し合い、

じゃぁ~、今日は○○しましょうかねぇ~、となる訳です。

で、体力がある時は「ウチにどうぞ」といいますが、そうでない時はどっかに出かけた方が楽だったりするので、今日はお互いがそんな気分だったのね、

何となく「じゃ~、遊べる施設のあるパブにしましょう~」って事で、それぞれ家事を片付けてから10時過ぎにパブに集合。

高いランチとか食べたくないので3ドルそこらのコーヒーでねばりましたよ、我々。途中、なかなかランチ・・・と言わない私に肝を煮やしたのがTちゃんママがポテトウェッジを買って分けてくれたりしたのですが、それで十分。子供たちはおやつやらおにぎりやらたくさん持ち込んでいるので、なんと本当にコーヒーだけで2時までねばり、すぐに兄さんお迎えの時間に。

その後また、彼らと公園に行きますから。

家に帰ったらもう5時ぐらいで。

今日もまた、お外でポカポカお日様にあたりながら、楽しそうに遊ぶ子供たち眺めてたら

1日終わってもうたし。

でも、出費がコーヒー代だけだったので、すごく満足なんですね、こーゆー日は。
どういう事なの?
5月21日(土)

土曜日なのでいつも通り、兄さんを日本語学校に連れて行ったのですがね、

ちょっとショックな事があって、

今日は2時間目が終わったあとで、早退して帰って来てしまいました。

そのショックな事ってのが・・・

彼、2時間目の授業中に、自分の服と靴下、ハサミでズタズタに切ってしまったらしくて。

休み時間になって、クラスに入っていた2人のお母さんから心配な顔で、「なんか・・・Cody君、お洋服とか切っちゃってたみたいで・・・」と教えていただき、びっくりしてチェックしてみたら、右の袖口5箇所、左の袖口2箇所、フリンジみたいにザクザクと。そして靴下は・・・左右とも、くるぶしのところ持ち上げてザックリ。丸い形にコインよりも大きな切り込みが入ってた。

あり得ない。

こんな事、普段の兄さんではあり得ない。

なんか、そのまま3時間目もクラスにおいておくのが怖くなって、今日の所はおウチに帰ってゆっくりしよう・・・ととっさに思って、そのまま帰って来てしまったのですが。

車の中でも特に変わった所はなく、落ち着いてる彼。

家に帰ってもそうで、一人でパズル出して来て静かに遊んだりしてる。

とても、あの、日本語学校のクラスでの兄さんと、同じ子とは思えない変わり様。

今日も、ハサミ事件の前だって、ときどき私が窓から中の様子を伺っていた時にも、一人だけ床に寝転んでいたり、隣の女の子に抱きついていたり、靴のヒモを食べていたり、それはそれは奇妙な奇行とも言える行動を繰り返していた彼。

あとから「何であんな風に、お洋服を切ったりしたの?」って聞いたって、

「ごめんなさい」と言うだけ。

これをただ、子供にありがちな「魔が差した悪戯」と取ればいいのか、あるいは「心が発しているSOS」と取ればいいのか、良く分からないのですが、

さすが(のん気な・・・と言う意味よ)の私もちょっと心配になったので、

いよいよ、学校は辞めさせるべきなのかな~って、今日は真剣に思いました。
Medieval Fayre (メディーヴァル・フェア)
5月22日(日)

去年たまたま通りがかりに寄ってみてとても良かったので、
今年もブラックタウン市が主催してる「Medieval Fayre」に行って来ました。

中世(風?)のいろいろな生活様式などを再現したお祭りです。

馬に乗って的に剣を刺す、日本で言う流鏑馬(やぶさめ)風のデモンストレーション。
DSC00505.jpg

当時の生活ぶりを再現・・・っておいおい、ミカン食ってるし。
DSC00507.jpg

ダークな時代でもあったのでしょうか?
DSC00506.jpg
ダース・ベーダーみたいな人。シエナが最初怖がったけど、バイバイ・・・って手を振ってくれて、「見た目は怖いけど、本当はいい人だ~♪」と言った彼女。うふふ・・・きゃわいい。

と思えば、こちらなんてハリポタにでも出て来そうやし・・・。
DSC00508.jpg
一体何を再現されてるのやら、私にはもう分からん・・・。

サーカステントでは、皿まわしに挑戦。
DSC00487.jpg
私、ここで練習しましてね~。
最初はぜんぜん出来なかったのに、最後には一人で回せる様に!
来年はここでアルバイト出来るかも。

バイキング風の方がたと記念撮影。
DSC00490.jpg

と、1日ここでさんざん遊んだのに、夕方にはシエナのお友達のバースデー・パーティーもあり。
DSC00492.jpg

忙しいのに昼寝せずに、元気いっぱいのシエナさん。
Tちゃんと一緒だしね。

バースデー・ガールはシエナちゃんのプレイグループのお友達なので、兄さんとは面識なし。よって彼は父さんとおウチでお留守番してもらったんだけど、

兄さん、泣いたね。
何でボクはパーティーに行けないんだっ!って。

これからは、そーゆー事にも慣れてもらわないと。
シエナと兄さん、いつも一緒って訳にいかない時もあるもん。

家に帰れば、シエナが貰ってきたパーティー・バッグを巡ってまたひと悶着。

ボクのが無い~!!って。

そりゃそうやろ、あんたはパーティー行ってないんやから。

あ゛~あ゛~。
毎日賑やかでよろしいわ・・・。

懐かしい「こえだちゃん」。
5月23日(月)

多分、私の世代が全盛やから、昭和40年代生まれの人ならご存知だろうか?

「こえ~だちゃんと~♪きのおうちっ♪」のコマーシャルソングでお馴染みの「こえだちゃんシリーズ」。

ちっちゃい頃、遊んだ記憶がある人も多いのでは?と思う。

それが、この前お向かいさんから頂いた(チャイニーズのファミリー)おもちゃのお下がりのなかに入ってましてね。

「こえだちゃんシリーズ」の「月のようちえん」。

DSC00510.jpg
DSC00511.jpg

開くとなんだかいろんなパーツがあるわあるわ。
DSC00509.jpg

この手のおもちゃ。女の子にはツボやよね。

あの暴れ娘までもが、メロメロでございます。
DSC00498.jpg

か~わ~いぃ~っ♪

こんなに久しぶりに、こえだちゃんに、ここオオーストラリアで出会うとは。
母さん得意の、消しゴムスポンジで磨いたら、ピッカピカになりました。
大切にさせて頂きます。
寒空に花火。
5月27日(金)

日中はいつも通りの金曜日・・・
いや、今日は父さんが夜勤で家にいた分、いつもより忙しかったわ。

兄さんを学校に送り届け、家に戻ってちょっと家事して10時から12時までシエナとプレイグループ。その後公園で少し遊ばせ、家に戻ってランチ・・・なんやけど、今日は父さんもいるからねぇ、奴の分もランチして、おまけに弁当も準備して2時に送り出し。

3時には兄さんのお迎えがあって、その後またまた子供達引き連れて公園へ。

色々面倒なのであまり行っては欲しくない「砂場」でやりたい放題の子供達。
あ゛~っ。

ヘロヘロになって家に帰り、お風呂して、
車の中とかも砂だらけなので掃除機かけて、
本当にもうヘロヘロやったので迷ったけど、
今日は近隣の学校でナイト・イベントがあったので、老体にムチ打って行って来ましたわ。

この手の平日(金曜やけど)夜のイベント、しかも有料(家族でたったの12ドルとかやけど)の場合、父さんがいると「行くな!」と言う事100%やもん。しかも夜やから、5月と言えどもかなり寒いし。

今夜みたいに奴がいないと、妙に元気が湧いてくる私。
自由の身、やからね。

ディナーはあちらで食べることにして(父さんがいる場合はそれもNG)気楽に出かけ、ホットドック食べて、おやつにドーナツも買って、挙句には子供達にせがまれてスラッシーとかも買ってやり、

最後には花火もあったりして、

満喫、満喫♪楽しかった~♪

父さんの夜勤、たまにはいいものね。
パレードを見に。
5月28日(土)

これまでずっと休み無しで通ってきた日本語補習校ですが、先週のハプニング云々があったので、今日はちょっとCodyに余裕を持たせてやりたくて、初めてのズル休み。

いや、彼に余裕をとかどうのと言うよりも、
私自身が、あの、変になって奇行を繰り返す、怖いCodyを見たくなかったのかも。

とにかく。

父さんも休みだったし、ちょうど我が町のイベントの日だったので、家族でそのパレードを見に行ってきました。

DSC00639.jpg
DSC00641.jpg

このチアガールのお出ましに、異常に喜んでいた父さん。
DSC00640.jpg

子供の前で、そーゆーリアクション止めてよね・・・って感じ。

で、シエナさんはこの方たちのファンタジーな感じに魅了されて、
DSC00643.jpg

休憩中に「おっかけ」したりしてました。
DSC00517.jpg


夜になってシャワーをしながら、Codyの髪が伸びていたので、

「明日、散髪しようね」って言ったら、彼、びっくりした様子で

「ダメダメ、明日はダメ。だって学校だもの。そんな時間ないよっ!」って。

いつもなら土曜日は日本語学校に行くので、遊べる時間は午後遅くから。
今日は1日たっぷり遊んだので、彼的には今日が「日曜日」の感覚だったのでしょう。

「何でよ。明日は日曜日だから、学校は行かなくってもいいんだよ。」って言ったら、それはそれは嬉しそうな顔して、

「えっ♪今日1日たっぷりサンデーみたいに遊んだのに、明日また1日中遊べるの??」

やったぁ~っ♪って。

本当に、飛び上がって喜んだ、そんな兄さんの姿を見ると、

やっぱり、ローカルの他のお友達みたいに、
週末はたっぷり2日、休ませてあげたいな。
日本語学校は私の「押し付け」でしかなかったかな?って思って。

「辞めさせよう」モードにググッと心が揺れた夜でした。


家の前にラクダ出現。
5月29日(日)

今日は我が家からすぐ近くの公園でコミュニティー主催のイベントがあったので、前からとても楽しみにしていたのに、残念ながら小雨がポツポツ。

でも、そんなのでは負けないオージー。

みんな傘さして遊んでる。
DSC00637.jpg

ラクダにも乗ってる。
DSC00638.jpg

タフやわ~。

ってか小雨ぐらい、ぜんぜん気にならないのよね。
濡れたら、拭けばいいじゃん的な?
ほっとけば、体温で乾くんじゃん、みたいな?

我が家はそれでも、どうしてもシトシト・・・の中は行く気になれなくて、
じーっと窓とにらめっこしてた。

そしたらイベント終了1時間前くらいにやーっと晴れてくれたので、
お友達と待ち合わせして、ちょっとだけ遊んできましたよ。

だってだって、全部タダでっさかいに。

コーヒーカップでグルグルのガールズたち。
DSC00521.jpg

最初はママとじゃなきゃ嫌だったのに、2回目からは自分で列に並んで乗り込んで・・・混んでないのでその次もその次も並んで・・・って、本当にどれくらい乗ったことか。7回ぐらい?もっと?
考えただけで、こっちが吐きそう。

芝なんてもうぐちゃぐちゃだから、Codyにはちゃんと長靴履かせて行ったけど、2軒となりのCodyと同い年の男の子。なんとなんと、裸足でした。見てるだけで、こっちが風邪ひきそう。
またもや、凄いぞオージー。
ってその子も、ハーフ(中国)&ハーフ(オージー)なんやけどさ。

こっちとしては、普段はあまりお目にかかれないラクダの方に乗って欲しいのに(これもタダで、しかも空いてるので並ばなくてもいいし)、そーゆーのには関心がないボーイズ。

どこにでもありそうなジャンピング・キャッスルでずーっとずーっと飛び跳ねておりました。

恒例イベントなので来年もあるらしい。
来年は絶対ラクダに乗るだ。

正直言うと、私が乗ってみたかった~。
自慢のレインコート。
5月30日(月)

昨夜からずーっと大雨で、今日は学校への送り迎え大変やった~。

兄さん一人ではなくてシエナもいますからね。

チャイルドシートのベルト外したり、なんやかんやしてる内にこっちがびしょ濡れになってまう。

で、学校は保護者以外は傘の使用が禁止なので、子供たちはみなレインコートな訳ですが。

兄さんのレインコート、日本に頼んで買ってもらったもので、背中の部分にマチがある。
よって大きなバックパックをしょったままで、その上からすっぽり着れてしまう優れものなのです。

これがね~、一部オージーママから大絶賛で。
(選んでくれたのは、義妹なの。ナイスチョイス。ありがとうね~♪)

日本のレインコートをお願いした理由はもちろん、品物が良くて「軽薄短小」だから。
な割にはこのレインコートはけっこうかさ張るものだったので、最初は正直「あらっ??」やったんですよ。日本の物の割りにはデカっ・・・みたいな。

が、実際に雨の日に着せてみると、めちゃめちゃイイんです。
なにしろ兄さんの体が、バックパックごとすっぽり納まってくれるのですから。

歩いてると、それはどこで買ったんだ?とか、それは海外のものでしょ?とか聞かれ、「日本のよ」って言うと、「あ~、じゃ~私には買えないわ、残念・・・」みたいな。見ればどのお母さんも、濡れないようにと子供のバックパックを持ってあげてる。

先生からも、「長いことこの仕事してるけど、こんないいレインコートは見たことないわ!」と大絶賛。

雨の日はそんなにないのであまり出番がないのが残念だけど、出番の日にはその威力を如何なく発揮してくれる、兄さんも自慢のレインコートです。

しかし、あれやね。
この土砂降りの中、ときどきビーサン姿の父兄を見かけた。
ビーサンにジーンズとかやし・・・。
足元、ずぶ濡れなんっすっけど?
さすが、オージー。
あまり気にならないのね。
こっちに何年住んでも、私にはマネ出来んやろうな・・・。
クラスヘルパー。
5月31日(火)

Codyの担任の先生からのお便りに、

「クラスヘルパー出来る方は、その曜日と時間をお知らせください」とあったので、好奇心まかせに「火曜日ならシエナがいないから出来るかも!」と思って、そうお返事したのが先週の事。

したら早速、今日からお願いします!やって。早っ。

なので今までなら、兄さんを学校に送り届けてから、ゆっくりとシエナさんをデイケアに連れて行っていたのを、逆パターンにして、先にシエナさんをドロップ・オフ。その後兄さんと一緒に登校、私はそのままヘルパーに残る・・・というスタイルに変えました。

おかげでいつもよりもっと家を早く出なくてはならず、朝が多少忙しくなってしまいますが、その見返りは十分にあり。

だって今まで道の世界だった、兄さんの授業中の様子をこの目で見ることが出来るんですから。

で、ヘルパー初日の今日(毎週あります)は、そんなこんなでウッキウキ♪で出かけました。

ママ・・・と呼びかけるCodyに、「今日は先生と同じ、ミセス○○・・・と呼びなさい」と言い、彼も彼で「おっ、そうだね」と頼もしいじゃない。

今日、その時間にヘルパーに入るのは私だけかと思ってたらそうでなくて、行ってみると他にも3人のママがいて、4人体制でした。

で、それぞれクラフト担当、文字のお勉強担当、コンピューター担当、本読み担当を命ぜられ、私のお役目は文字担当。

ホワイトボート・マーカーで文字書き練習をするテーブルの監視&ヘルプ役です。

アクティビティーが4種類あるので、クラスも4つのグループに分けられていたのですが、面白いのは12分ごとにテーブル替えがあり、1時間の授業で全員が4種類のアクティビティを全て出来るシステムになっていたこと。

まだまだキンディ生、4歳~6歳児の寄せ集め。
単調な作業を1時間、ずっとやってられる訳がありません。

そこで12分ごとに、「は~い、次のテーブルに移動~♪」ってやって学習のスタイルを替え、飽きさせない様に工夫してありました。

ほぉ~っ!!

で、気が付いたら、ヘルパー初日にしてクラス全員の子と触れあう事が出来てて、顔も名前も、それぞれの性格までちょっと掴むことが出来て、面白かった~。

分からないから教えて~と甘えてくる子もいれば、間違えを訂正されると怒ってしまう子もいる。人の話をぜんぜん聞こうとしない子がいれば、私を友達かなんかと思っておしゃべり攻撃して来る子もいた。超~几帳面にちまちまと字を書く子、ボードいっぱいに大きな字を書く子、何が納得いかないのか、書いては消して・・・を繰り返す子、ほんと挙げればきりがないほどに、みんなそれぞれに個性的で、素晴らしい子供達でした。

そんなみんなの姿を見て、なんだか、Codyに関するあれこれが、もうどーでもよく感じられました。

この「どーでもいい」ってのは、けっして「無関心でいていい」の、どーでもいいではなく、なんて言うんだろう。授業中ちゃんとやってるか?とか、他の子に比べて学習の能力が劣っているのではないか?とか、いろんなアレコレにダメなんじゃないか?って思ってしまってる部分が私の中にあったのだけど、もういいや・・・って思えてきた。

いい所もちょっと人より劣るところもある。

どの子もみんなそうでした。

そしてCodyも、そんな子達の中の一人でした。

ぜんぜん心配いらないな・・・って、Codyにとても自信が持てた今日。

来週もヘルパー楽しみだわ。


カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。