オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プゴクに期待。
10月2日(金)

午前中はプレグループ。

里帰り後初めて、3週間ぶりのプレイグループだったので、
会うママ、会うママから次々と

「ホリデー、どうだった??」と聞かれたのだけど、

楽しかったけど、正直疲れたし。
しかも前半は皆、体調おかしかったし。
後半は持ち直してまーまーエンジョイ出来たけど、

そんなこんなを「どうやった??」の答えとして「一言」で説明するのは無理な話で、
何回も聞かれる内にだんだん面倒くさくなってきて、

その時の気分で、「楽しかった」と言ってみたり「疲れた」と言ってみたり、
相変わらず、何でもスゴイ適当なあたし。


ところで。
今回の里帰り中、テレビはほとんど見なかった。
弟一家が母と同居しているので、テレビの主導権が基本的に甥っ子&姪っ子にあったのもあるけど
(だから一緒にアニメ系はちょっと見ました)

気が付けばこっちの生活がかなり長くなって、
いつの間にかこっちスタイルに慣れてしまったのか、

まず日本のテレビの映像が明るすぎて、しかも入るテロップとかが激しすぎて、
とにかく目が「チカチカしすぎて」、眩しくて見ていられない。
(ちなみに室内の蛍光灯も眩しくてちょっとクラクラした)

あと、ナレーションでもなんでも、声のトーンが「キンキン」と高すぎて耳が痛くもなった。

しばらくしたらそんなに気にならなくなったから、慣れというのは本当に不思議。

とにかくそーゆー理由で、テレビはあまり見なかったのだけど
(元々は日本のバラエティとか、大好きなんやけどね)

そんな中、たまたま見た唯一のバラエティが

「魔女たちの22時」とかいう番組で、

その番組では毎回そうなのか、たまたま私が見たその回だけがそうなのかはよく分からないけど、とにかくその時は

え~っと驚く「美肌」の女性が続々と登場してて、

その中に、毎晩旦那に作って食べさせていた韓国料理で「プゴク」と言う名のスープの残りを飲んでいたら、いつの間にか

プルプル、スベスベの美肌の持ち主になっていた・・・、という魔女が紹介されていました。

過去にも何度かここに書いていますが、このあたし。

基本的に美容系には
まったく興味がございません

が、悲しいかな。そんな私も女の端くれ。

「プゴク~?」
食べるだけで「美肌~??」

と、その幻のスープ。
オーストラリアに帰ったら、ぜひ食材を手に入れて「食べてみよう!」と思い、

昨日早速、いつも行く「韓国食材店(コリアン・グロッサリー)」で、
材料の乾燥タラを見つけ、買ってきたのです。
(ってアンタ。結局「美容系」、興味あるんとちゃうん?の突っ込みはナシよ!)
スープに使う「ダシダ」の粉末は、その昔、パッケージを見て「浅漬けのもと」か何かだと思い込んで買って使ってみたけど激マズで他に使い物にならず1袋ほとんどを捨ててしまった、と言う苦い経験があるため、それなのにまた買うのは悔しいので、今回は「ダシダ」は買わずに日本の「シマヤ・だしの素」で代用する事にして。

支払いの時にレジでおばちゃんに、
「コレ、このスープ。お肌にとってもいいんだってね・・・」と効いたら、

「へっ?そんなん初耳や・・・」みたいな顔されたのがちょっと意外やったけど、

ま~とにかく飲んでみよう・・・と。
(私の場合、美容効果より、どんなスープなのか単に知りたかった)

と、前置きがとっても長くなりましたが、

今日、午前中のプレイグループから帰った後、ランチに作ってみたわけです。

どれどれ、早速お味見を。

ズズズズズ・・・・。

うん、淡白ななかにもなかなかの旨みがある、味わい深いお味。

お店のオバちゃんのお勧めで、大根とねぎとワカメも入れてみたのだけど、
これが子供達に大ウケで。

スープにごはんを入れてぐちゃぐちゃにしてやったら、
シエナもCodyも「ウメェ、ウメェ~♪」とエラい気に入りようでした。

こんな物食べなくっても、あの二人のお肌は既にプルプルなのに。

美肌効果のほどは定かではありませんが、子供達も好きな事だし、
食材としてあの「乾燥タラ」は使えるかも。
「プゴク」、どうやら我が家のランチメニューのローテーション入りしそうな予感。

スポンサーサイト
ウッキウキ♪
10月3日(土)

先週、2週間のホリデーから帰ったばかりだと言うのに、
ここオーストラリアではカレンダー上、今日から3連休です。

しかも父さんの業界では親切にも1日付け足しして、4連休。

暇はあるけど、カネはねぇ~♪ そんな感じです。

そんな中、父さんは勝手にお友達と2泊3日の水上スキー三昧キャンプを計画し、
朝早くからウッキウキ♪で出て行きました。

大雨なのに。
しかもすんげぇ~寒いし。

こんな中、水に濡れた体をボートで引っ張られなんかしたら、
それは正に罰ゲーム。拷問以外の何物でもない気がしますが、
何が楽しいのか知らねぇ~けれど、とにかく

ウッキウキ♪で出て行きました。

確かその昔、会社から遠方での泊まりの仕事があるかも知れないと言われた時、

「こんなきゃわいい子供達とは、1日とて離れるのはイヤだよぉ~」とすすり泣いたくせに、
自分の都合で連泊するのはぜんぜん平気みたいで、すんごい勢いで準備して

ウッキウキ♪(しつこいわっ!)で出て行きました。

で、残された私達。

寒いし、雨は降り続くし・・・で、1日中家でゴロゴロしてたっけ。
Codyはずっと日本から持ち帰った「めばえ」に付いていた付録のDVDにハマッっていた。
日本語の勉強になるので、見たいだけ見せ続ける。

夕方やっと重い腰が上がり、子供達とちょろっと近所のショッピングセンターへ。
買いもしないのに、おもちゃコーナーでさんざん遊ぶイヤな客。

帰りにお魚屋さんに寄って、ディナーはサーモンのお刺身にして料理をサボり、

亭主元気で、留守がいい~♪(←また言ってるゾ)


アホの集まり。
10月4日(日)

昨日に引き続き、今日も雨。
しかも超~寒い。
とても10月の天気とは思えない。

せっかくの連休なのにこんなお天気で、いろいろ計画とかしていたご家族は気の毒だわ~。

予定では子供達を連れて水上スキー三昧中の父さんに会いに行くハズやったんやけど、
朝、「まさかこんな日に「来い」なんて言わないでしょ?」と電話したら、
「来るの大変だったら来なくてもいいよ。(判断は)任せる・・・」みたいな返事が返ってきたので、

それって「来れるなら来て欲しい」って事なのかな?と解釈し、
(私としては、「こんな天気だもの、もちろん来なくていいよ」との返事を予想していたので)

雨の中、頑張って行って来ましたよぉ~。

差し入れに焼いたスコーン16個も持って。
(簡単でとても美味しいので、スコーン作りはここんとこずっとハマってます)

スキーパークまでは、制限速度80キロのクネクネ山道を跳ばしても1時間かかるんです。
しかも最後の10分は泥道。

こんな中スキーする父さんも父さんだけど、

こんな中、そんな父さんに会いに行くあたしもあたしです。
ま~、家にいてもつまんないからねぇ。

で、とにかく現地に到着し子供達にはカッパを着せて、
「こんにちわ~」と小屋の中に入って(寝泊りできるボロい「海の家」みたいなのがある)
びっくりしたで~。

このクソ寒いのに、みんな海パン一丁(もちろん上半身裸っ!)なんやもん。

私なんてセーターにマフラーしてたんよ。

しかも体が濡れている。
目の前の川の中には、水に入っている人もいる。
もちろんボートに引っ張られてスキーしてる人もいる。

雨降りなのに。
気温は15度ぐらいしかないのに。(実際にはもっと寒く感じられたし)

アホの集まりじゃ~。

スキー馬鹿の男衆だけでなく、それに混じって子供もいるし(もちろん海パン姿)

ウチのグループにはいなかったけど、遠くの方には女の人も見えたな~。

みんな、どうかしてるぞっ!
見てるだけで風邪ひきそう・・・。

でも可愛いのが子供達。
父さんに会えたのがとても嬉しかったらしく、小雨の中を走り回って喜んでいたっけ。

私はと言えばぜんぜんやる事ないので、
寒い小屋の中で(しかも汚ねぇ~のなんのって!)縮こまってDVD見て、
持ち込んだスコーン食べて、
薄暗くなってから始まった焚き火で子供達とちょろっと花火なんかして帰ってきました。

何もしていないんだけど、有り得ない過ごし方だったのが却って新鮮で、
逆にちょっと楽しかったりしたから不思議。

帰りは真っ暗な中、また1時間かけて帰ってきて、
ディナーはプゴク(これ、子供達も大好きです♪)。
お風呂に入れて、さぁ寝ようと思ったら、もう11時近くやった。
昨日からデイライト・セイビングが始まって1時間ズレたので、
慣れるまでちょっと時間がかかるかな?
エリカ様のバースデー♪
10月5日(月)

今日は、元々は土曜日の予定やったのが雨で延期になっていた

エリカ嬢のバースデーパーティー。

エリカ母には日頃からお世話になっているので、
何かお手伝い出来ることは?と尋ねたら

「それなら子供達が遊べる様に、風船細工で剣を作って!」(Codyのパーティーでもやりました)とのリクエストだったので、それならお安い御用!と引き受けたのですが、

今朝、さ~風船膨らますぞ・・・と思ったら手動でシュコシュコやるポンプがぶっ壊れていて、超~大変な思いをしてやっと22個作り上げ(1時間以上かかりました、汗)

子供達には朝ごはんも食べさせず(時間がなかったので)

エリカ様のパーティーへ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テーマはもちろんエリカ様が近頃ずっと大ハマリの

プ・リ・ン・セ・ス♪
satogaeri 275

きっと本人もこのプリンセス衆の一人だと思っているに違いない。

その中でもお気に入りは「白雪姫」らしく、

全身、お姫様してて、めっちゃキュート♪
satogaeri 280

お料理が超~上手なエリカ母。

でも、スイーツがあまり得意でなくて・・・なんてご謙遜されるのですが、

じゃ~んっ!
satogaeri 262

めっちゃ可愛いやんか~っ♪

Codyも大興奮~。「どれから食べようかなぁ~?」
satogaeri 264

コスチューム・パーティーだったので、お呼ばれした子供達はみんな何かしらの衣装を着ていて
女の子はだいたいフェアリーとかティンカーベルとかプリンセス系。
男の子はスパイダーマンとかそんなキャラ系(Codyは衣装持ってないのでBen10のシャツを着せた)だったのだけど、

これに困ったのが最近なぜかとても怖がりなシエナさん。

スパイダーマンの衣装が怖い。
別の男の子がかぶっていたマスクも怖い。
挙句には、あちこちにぶら下がってるパーティー用のお飾りもヒラヒラして怖い。

どこを見ても怖いらしく、私の体にすがり付いて離れようとしませんでした。

トランポリンだって、
satogaeri 276

ジャンピング・キャッスルだって、
satogaeri 277

大好きなブランコだってあるのに。
satogaeri 278

怖い、怖いと動こうとしないので、私も身動きとれなかった。

反対に兄さんの方は、今日はとっても元気に走り回ってましたよ~。

ほれ。
satogaeri 269
(手にしてるのが、例の風船剣です)

後半になってからかな?シエナさんがちょっと慣れてきたのは。
satogaeri 270

自分から「ブランコにも乗りたい」と言い出だしたしね。
satogaeri 279

クライマックスのバースデーケーキも、もちろん「白雪姫」。
satogaeri 272

ハッピー・バースデー、エリカ姫~♪
satogaeri 267

本当におめでとう~。これからも仲良くね~☆

そんなこんなで夕方になり、子供達の目を盗んでちょろっとパソなんぞしていたら、
横にやって来たCodyがパソコン画面にたまたま出ていた広告の

こんな映像を指差して、
debu.jpg

衝撃の一言。


「ねぇ~、


これって・・・


母さん??」って。


え゛え゛ぇぇ~っ!!


DHCさんよっ、ひとの写真無断で使うなっ。
モデル代、振り込まれてないぞっ!

って言うか、私も5日で痩せたいーっ!

滅多な事では怯まない私も、Codyに言われて、さすがに笑ったわー。
(いや、笑うだけではいかんだろー)
エリカ食堂。
10月7日(水)

パーティーで余った食べ物もたくさんあるし、
借りている大型おもちゃも、使わないと勿体無いし・・・

「お昼、食べに来ませんか・・・」などとエリカママにお誘い頂いたので、

今日 親子でご馳走になってきました。

こうも毎日ご馳走になってばかりでは申し訳ないので・・・と、
いつもなら何だかの「持ち込み」をするのですが、

今日のあたしは本当に手ぶら。
だって私の仕事は「余ったご馳走を片付ける事」なのだもの。

食の細いエリカママと、遊びの方が楽しくってランチにはあまり関心がないエリカ嬢を尻目に、

一家3人、ガツガツご馳走になってきてしまいました、はい。

それでもシエナへの授乳が不要になってかれこれ1ヶ月。
お腹の空き具合が前とは違い、あまりバカ食いはしなくなった気がする。
以前は食べても食べても、「満腹感」を感じなかったから。
それに甘い物もそれほど欲しくなくなったし。
ここいらでやっぱり「普通の人間の大きさ」になっておかねば。
私が愁傷にもこんな事を思うなんて、
昨日のCodyの一言の衝撃が、まだいい意味で尾を引いてるのか。

帰りにチャイニーズ・ブッチャーへ寄って、お肉の買い出し。
牛・豚の薄切り肉、豚肩ロースの塊り、シチュー用の牛肉塊り、牛タン2本などを買って50ドルしなかった。安っ。

これでどう考えてもメイン7品はイケるので、安くあげられてラッキィ~などと、そんな小さな事が妙に嬉しい、これまた安い私。

普通のおばさんに戻る為、食べ物からは出来るだけ遠ざかりたいのに、毎日毎日、どうしても「食べる事」を考えないとイケないなんて、主婦の悲しい宿命ね。

こんな私に誰がした?
10月8日(木)

予定では、日本人プレイグループ主催でプールへの遠足があったのだけど、

一瞬「子供達が喜ぶだろうから、行こうかな?」とも思ったのだけど、
冷静に考えてみたら、今の私には

無理っ!

ちょっとしたことですぐメソメソになる、まだまだ手が掛かる兄さんと、
ちょっとした隙にツーっと走って逃げ出して、大きいプールでもどこでも飛び込んでしまいそうなシエナを一人で連れて、

他の皆様と一緒に団体行動なんて、

絶対に無理っ!

どちらかと言うと何でもチャレンジャーで、無理そうな事も「やってやろーじゃねぇのっ!」と燃えるタイプのわたしですが、無理して色んな事して多少悲惨な目に遭っても、「アハハ・・・」と笑ってやり過ごすタイプのわたしですが、

今日の判断は懸命だったかと。

日本でもありました。
1度だけ二人を連れてプールに入ったのですが、
ちょっとだけ、ほんの一瞬シエナから手を離した隙に、彼女ってば

タタタッ・・・とプールサイドを走り出し、

見事にすっ転んで、後頭部を強打。

その後も大きいプールに入りたい(飛び込む勢い)と、グイグイ私の手を引っ張るし、あれを思い出すとしばらくはプール無理っぽいな・・・と。

去年の夏だったか。
私はCodyとまだ歩かないシエナの二人を連れてプールに行っているのに、
Codyと同じ歳の子ひとりだけのあるママが、
「ウチはちょっと・・・プール、大変なので遠慮します・・・」みたいに言うので、

一人なのに何がどう大変なのかなぁ~とイマイチ想像出来ず、不思議に思っていたのだけど、
(Codyが大人しい子だったので)

シエナを経験してそれがよぉ~く分かった。

あんなの連れてのプールは、無謀。

誰かが確実に怪我をする気がする。

よって今日は自宅待機。

でも午後になってつまらなくなり、近所の公園に行ってきた。

寒くて風の強い日だったので公園は無理かな・・・と思ったのだけど、
行ってみるとそうでもなく、周りの木々が上手い事風除けになり、

ポカポカ暖かくさえあって、子供達も大喜び。

シエナなんて砂の上に寝転んで、嬉しそうに背中をすりすりしてたもんね。
こーゆー所もなんだか野生的(って言うか動物的?)な彼女。

あっちへウロウロ、こっちへチョロチョロと動き回って本当に落ち着きがないので、
「これっ、シエナ」などと追い掛け回してたら、

「あら、お宅もシエナちゃん?うちの子もですよ・・・」と、そばにいたお母さん。

そう、多いんです、シエナちゃん。
何しろ2008度の女の子の名前の第8位ですから。

公園に行くと大抵います、別のシエナちゃんが。
ある時は3人いました。
またある時は、Cody君もいました。
そー言えばあの時は、色んな所から「Codyっ!シエナっ!」と聞こえてきて、
随分気ぜわしかったなぁ~。


ところで、今日の午前中。
子供達が二人で仲良く遊んでいたと思ったら急に
「ギャーっ」とシエナの物凄い泣き声。

泣きながら私の所にやって来て、お尻をさすって「痛い、痛い・・・」と訴えるシエナと、
後から「ソーリー、ソーリー・・・」と慌てて追いかけてくる兄さん。

Codyに、「何が一体ソーリーなのっ?」と問いただすと、

「シエナのお尻を噛んで、ソーリー」ととても正直に自白するから笑える。

が、笑っている場合ではない。

慌ててシエナのお尻をチェックすると・・・

すんごい痕がついてました。

ズボンの上から噛んだららしいのに、皮膚の薄皮が剥けていて、
赤紫のアザが出来ていた。

何て酷い事を!

兄さんは基本的にはとても優しい子ではあるのだけど、それでもまだまだ子供。
私が見ていない所では何してるか分からない。

毎日がそんなサバイバルだからかな。
ますます強くなっている気がするシエナ。
赤ちゃんらしく、いつまでもヨチヨチ、アブアブしていられないのが、ちょっと可哀想だったりする。
もしかしたら、本来はそんな「おっとりさん」なのかも知れないのに。
プリスクール、申し込み。
10月09日(金)

シエナを妊娠して以来止まっていた生理が、ひっさびさに復活しました。
授乳を止めて1ヶ月近くが経つので、それだからなのか?
それともただそんな時期だったのか?
(Codyの時はまだ授乳中でしたが、やっぱり産後16ヶ月目ぐらいの今頃の時期に再開した)

早い人だと産後数ヶ月で戻るし、あまり遅いとホルモンバランスが崩れて「骨そしょう症」の原因になったりして良くないらしいので、面倒くさいけど体が正常に戻ったのはいいことだ。

シエナが卒乳した後でひとつ心配だったのが夜の寝かしつけだったのだけど
(それまでは「授乳」で寝かせていて20分ぐらいかかってましたから)
きっと「おっぱい」のかわりに「暖かい牛乳」でも欲しがるのか・・・とか思っていたけど、それが全然でシエナはとっても楽チンのいい子ちゃん。

最初はちょっと抱っこしてあげてスキンシップをして、
「さあ、そろそろ寝ようね・・・」と起きたままのシエナをベットに寝かせ、
布団をかけて「おやすみ・・・」と言って、部屋のドアを閉めて、はい、おしまい。

所要時間2分ぐらいで、超~簡単。

とにかく兄さんの方に手が掛かるので、シエナには本当に助かってます。
(Codyは未だにたくさんの本読みを要求した後の(最低30分は要する)挙句に添い寝です、助けてくれぇ~っ!!)

夜鳴きもぜんぜん無かったし(毎晩約10時間爆睡です)、離乳食での苦労もないし(歯も無い頃から何でもガンガン食べました)、寝かしつけもこんなに楽なんて。

同じ親から産まれて、本当に何なんでしょう、この違いは。

まーそんなこんなで今日の日記ですが・・・。



午前中はプレイグループ。
が、スクールホリデー中だからか、参加者が異常に少なくとても静かだった。

でも少人数の方がまとまり易いというか、扱いやすいというか、
いつもより楽でぜんぜん疲れなくて良かった。
(いつもは子供達を「見張ってる」だけでヘトヘトになります)

午後からは、来年Codyを預けるつもりのプリスクールに申込書を提出に行った。

ちょっと前の、Codyがデイケアに行っている火曜日にエリカママと何件か見学して見て回った内の1件で、あまり期待していなかった割に建物の中に入ってみると教室の感じとか園児の雰囲気とか遊具の選び方とかすべて一目で気に入って「ここにしよう!」と即決。

我々の住むエリアはシティとは違って、何年も前から申し込んでおかないとあぶれる・・・みたいな事は滅多にないみたいで、申し込んだらすんなりと来年から入れる事になった。

希望通りの週2日。火曜日&水曜日。
これなら今まで通りプレイグループも続けられるし。

このプリスクールに決める前にも何件か見学していて、Codyを連れて行った所もあるのだけど、その時のCodyの「いいプリスクールの選び方」が面白かった。

数件の見学が終わった所で、
「今日みた中ではどれが良かった?」と聞くと、意外にも私があまり好印象を持たなかった、ちょっと暗い感じのするプリスクールを気に入った様で、

私的に「一番」だった所は、「僕はあそこは嫌いだ・・・」と。
明るい雰囲気でスタッフも元気そうで(しかも美味しそうな給食が付いていたのが私的には魅力やった~)、きっとCodyもそこが一番!って言うもんだと思っていたので、とても意外で、ふ~ん、やっぱり本人に聞いてみないと分かんないもんだなぁ~と関心しつつその理由を聞いてみると、

あそこは「人が多すぎる。うるさすぎる。」と。
そして「強そうな女の子がケンカしてたから、良くない」と。

なるほど。子供なりによく見てるわ、と思ったもの。
で、私が「暗い・・・」と思った方は逆に、「静かで落ち着いてて良かった」のだとか。

で、今回決めたところは結局本人には見学させないままで勝手に決めてしまい(自信があったから)
今日はじめてCodyを連れて行ったのだけど、

後でこっそり感想を聞いたら、「大~好き♪早く行きたい☆」との事でひと安心。
うんうん、絶対Codyも好きそうだと思ったもの。
ここは給食なしなのでお弁当を作らないといけないのだけど、週に2日の事だし、学校に入る様になったら毎日お弁当なので、私もそれに慣れておかないといけないから、却ってその方がいいわ。

スクールホリデー中もやってるプリスクールなので(ホリデー中はお休み、というプリスクールも多し)来年は1月4日からのスタートです!と言われ、ちょっとビビッた。

もうすぐやん?(勝手にホリデー明けの2月頃からのスタートやと思い込んでたので)

お昼に行ったので、園児達はみんなお行儀良くテーブルについてランチを食べていた。
BGMに何だか高尚なピアノ・ソナタが流れていたりして、「おお~っ」と感心。
来年はあの中にCodyもいるのかと想像すると、ちょっと信じられない。

子供の成長って、嬉しい様なちょっと淋しい様な、複雑やな・・・。

忘れちゃダメよ。
10月10日(土)

1ヶ月も前の9月にバースデーを迎えていたのに、すっかり忘れてました、

Codyの4歳の予防接種。

この前、来年から希望してるプリスクールの申込書に記入してたら「予防接種」の欄があって、どれどれ・・・と記録を見返して気づいたのよねぇ~、らっきぃ。

日本みたいに自治体から「そろそろですよ・・・」みたいな連絡ってこないのね、こっちは。
私みたいに忘れてしまう人、結構いるんちゃうの?(っていないか・・・)

で、とにかく今朝8時に予約が取れたので、
まだ寝てたシエナは家に残し(となりの老夫婦に声かけて)
これまたやっぱりまだ寝てたCodyを、パジャマのまま車に積んで行ってきました。

両肩に1本づつの計2本のお注射やったけど、

しばらくの間に(最後に受けたのは確か1歳半)

お兄ちゃんになったな~。

寝起きを襲われたのに怒るでもなく、
動かないで、って言ったらちゃんと歯を食いしばってじっと我慢。
注射の直後はやっぱり痛いので泣いたけど、
その後の立ち直りの早いこと、早いこと。

何のトラブルもなく、ささっと行って、ささっと帰って来る事が出来ました。

そぉ~っとシエナの部屋を覗くと、

何も知らずにまだ寝てるシエナさん。

本当に楽な子じゃのぉ~。


サバナちゃん、初バースデー。
10月11日(日)

今日はCodyがいつも仲良くしてる斜めお向かいに住むアメリアちゃんの妹、サバナの1歳のバースデー・パーティーに。

私、オージー主催のパーティーにお呼ばれするのが、実は大好き

こっちの文化で育っていない私にとって「オージー流のパーティー」って何度よばれても、未知の世界。初めてお目にかかる様なアイデア満載で、いつも大抵「おーっ!」みたいな新しい発見があってとても面白い。

特にアメリア母は非常にクラフティな人で(手先が器用の意)、いつも何気なく下さるカードとかクリスマスの時期になると頂く手作りプディングとか雑誌に出てるのみたいに上手だし、お菓子も含めてお料理全般も本当に上手で、毎回私などは「へぇ~」の連続。
不器用な私にはとてもマネは出来ないけど、感性の刺激になって本当に楽しい。

今日は子供達のために、こんなお菓子を用意されていましたよ。
oct09 005

写真の撮り方が下手でよく分かりにくいけど、
女の子用のお花は小さなラムネ菓子をお花の形に並べてラップで包み、それをいつくか束ねてゴールドとレースのペーパーで飾りモールでブーケ風に束ねたもの。
男の子用の車は、バナナの形のお菓子を二つ並べてボディに見立て、ドロップのタイヤをつけ、やっぱりこちらもラップで包み、モールのハンドルをつけたもの。

すっ、すんげぇ~。
こっ、細かい作業だこと・・・

これらを手にした子供達の目のキラキラ☆ 想像できますよね?

そして今日のもう一つの「へぇ~」はこれ。
oct09 006

子供達用のパーティードリンクなんだけど、これ、近所のマクドナルドで買った(借りた?)そうな。
中身はコーディアル(果汁のほどんとない甘いだけのジュース)やけど、注文しておくと作っておいてくれて、この樽ごと貸してくれるらしい。
この写真ので(すんごい大きいよ)お値段、8ドルって

それは安いわ~。

いくつもペットボトルのジュース用意しなくていいし、冷やしておくための氷も要らないし、「飲みたい」っていう子供達にいちいち注いでやらなくったって、各々が好き放題に飲めるしいいことずくめよ。
でも、飲みすぎに注意やけどね~。


パーティーマスクをかぶったアメリアとCody。
oct09 013
Codyの方が半年以上もお兄ちゃんなのに、おませなアメリアちゃんにいつも押されっぱなし。
今日はず~っとジャンピングキャッスルで遊んでいたわー。
(今日の為に買ったという自前のジャンピング・キャッスルでした、ちなみに500ドルだったとか

こちらはカップ・ケーキを美味しそうに食べるシエナ。
oct09 008
卵はダメなので、お飾りのクリームが終わったら取りあげます、ゴメンね~。

すでに12キロ以上あるらしい、オージーサイズのサバナちゃん。デカっ。
oct09 004

ムッチムチ♪で、めちゃ・きゃわいいです。

ハッピー・バースデー♪
おめでとう~☆ & パーティー、楽しかったよ。ありがとうね~♪

子守りのはずか婆守りに。
10月12日(月)

今朝はちょっと子なしでささっと済ませたい用事があったエリカママの為に、「エリカ様」をお預かりする事になっていました。

そんなこんなでまだ8時前。
ガーっとリビングに掃除機をかけている所へ、エリカ親子到着。
エリカ母の「どうしても嫌がったら一緒に連れて行くわ~」との心配をよそに、「こんにちは」を言う間も惜しむかの様にすんごい速さで靴を脱ぎ、慣れた感じで上がり込んだと思ったら一目散にお目当てのおもちゃに向っていくエリカ様。相変わらずのマイペース。

ぜんぜん手がかからなくって、とても「子守り」のしやすいい子だこと。

まだCodyもシエナも寝ていたのだけど、
そんな事、おかまいなし。

自分の気に入ったおもちゃで、自分のペースで遊んでいられれば、それはそれは幸せそうなのでした。楽だ~♪

少し長くかかるかも・・・と心配して途中に電話をかけてきたエリカ母にも、
「まるで居ないみたいに楽ですから、ぜんぜん気にしないで~♪」と余裕をかましていたのに、

こんな日に限ってとなりのマージャリー婆がやってきて、
車が壊れて動かないから助けてくれ・・・と。
マージャリー大婆の方のGPの予約の時間なので、送って行って欲しい、と。

そう言われても・・・私は現在子守り中。
うちの車貸してあげてもいいけど、マージャリー婆だってもう70近く。慣れない車運転して、何かあっては大変だし・・・。

では、マージャリー婆が家に残って「子守り」をし、
私が大婆を乗せてGPまで連れて行ってはどうか、という案で落ち着いて、

そうした訳です。
私がお預かりした「エリカ様」を、エリカ母の承諾なしに隣の婆に任せて家を空ける事にはとても抵抗があったのだけど、

だから本心では「そんな・・・人を頼らずにタクシーとかで行けよ・・・」などと思ったりもしたのですが、

まぁ~困った時はお互い様だし、
隣の婆たちは信用できる人たちだし、
GPは近いので、5分もあれば行って帰って来れそうだったし、
とても「嫌です・・・」などと言える雰囲気でもなかったので、

しぶしぶ承諾した訳ですが、

このマージャリー大婆(二人とも同じ名前でややこしい)は、御歳90歳の・・・いわゆるヨボヨボで、足が悪いので杖を使わないと歩けないのだけど、我が家の玄関先から車に乗り込むだけの動作に、

どんだけ時間かかったか・・・。

腰が曲がらない。
膝が曲がらない。
なのにとてもおしゃべりで、急いでいるのに「Codyは元気か?」とか、今じゃなくてもいい、どーでもいい事を聞いて来たりして、

イライラ・・・。
おしゃべりしてないで、早く乗れ、こらっと、マージャリー婆にも怒られる始末。

で、GPに着いてからも大変で、
「ハイ、着きましたよ~」と言ってもビクとも動かない。
それであーそーか、と気が付いて(自分でドアが開けられないのね)、外に回ってドアを開け、脇の下を支えて車から引きずり出してあげるのだけど、

これが、ぜんぜん動かなねぇ~。(結構、体、大きいです)

やっとの思いで車の外に出ても、腰が曲がったまま。
やっと腰が伸びたと思っても、次の1歩がなかなか出ない。
やっと1歩が出たと思っても、目の前のちょっとした段差が登れない。

あ゛~、老人のお世話って大変なのね~。
こーゆー事の苦労って、やってみないと分かんない。
ある意味、いい経験をさせて頂きました。

ま~、そんなこんなでほんの5分程度の往復の距離に、すんごい時間がかかってしまって、慌てて家に戻ったら、

シエナが大泣きしていました。ヒック・・・ヒック・・・としゃくり上げてる。
私が離れてからずーっと、ずーっと、そうだったそうな。
人助けとは言え、突然置いて出てしまったので、かなりショックやったらしい。
彼女だけ、一緒に連れて行ってやったら良かった。
トラウマにならなければいいけれど。

そんなこんなで余裕のはずの子守が、予定外のアクシデントでヘロヘロに疲れました。

が、その後はエリカ宅へおじゃまして、
おいちーランチをご馳走になったので、まっいいかぁ~。
今日はコーディー君親子も一緒だった。
ギョーザとか蒸し豚とか、今日も腹いっぱい。
エリカ宅・・・、ほとんど「食堂」化しててやばいかも。

仲良しのウィル君。
10月13日(火)

スクールホリデー中なので、火曜日だけどデイケアはなし。

なので、デイケアで仲良しのカールとウィル君を誘って、一緒にお弁当を持ち寄って近所の公園で遊ぶ計画をした。

が、今朝になってカールママから、
「公園止めて、家においでよ」と電話があり、お言葉に甘えてそうさせて頂く。

実際昼頃にはすんごい強風になって、とても外にはいられなかった状態。
場所を屋内に変えれて本当に良かった。

カールとはしょっちゅう一緒に遊んでるけど、ウィル君とデイケア意外で遊ぶのは今日が初めて。大人しいタイプの彼とCodyはとても波長が合うようで、デイケア内でも大の仲良し。だからずっと前から、一度「ウィル君をお誘いしたい!」とチャンスを狙っていたのよね~。

カールママ(ビンちゃん)やエリカママと違ってウィルママとは元々の面識がなかったので、デイケアで合っても「ほんの挨拶程度」のやり取りで終わってしまって、そーゆー他愛のない会話から、「今度子供達を一緒にあそばせたいわね~」と言う気持ちをほのめかし、更には自宅やケータイの連絡先をゲットするまで、ジリジリと、しかしながらさりげなくアプローチ。

で、やっと念願の「一緒に遊ぶ」に漕ぎ着けた訳です。

いきなり家にお呼びするのはあれかな~なんて思ったりしたので場所を無難に「公園」にしたのだけど、(やっぱりねぇ~、ネイティブでないので相手がどれくらい「親日派」であるか、あるいは「アンチ・ノンネイティブ」でないか・・・とか、その辺に気を使います・・・ハイ。)気が付いたら「他所のお宅」になっていたところが私らしい・・・。

ま~そーゆー経緯はともかくとして、
この企画が決まってからは、「えぇ~、デイケア意外でウィル君と遊べるの~!」と、兄さんは今日の日が来るのをそれはそれは楽しみにしていました。

相変わらず前置きが長いが・・・

今日の子供達の様子です。

カールには12月で2歳になる弟が、
ウィル君にも、シエナより数ヶ月先に生まれた弟がいて、
みんな同じの、二人兄弟。
カール弟もウィル弟も「兄さん連中」とは別の自分のペースで遊んでいて、
もちろん、お昼前後を挟んでの「お昼寝タイム」もありました。
(その為ウィルママはウィル君だけを残し、弟ちゃんを連れて一旦家に帰ったもんね~)

この月齢で、昼間に寝ないのはウチのシエナぐらいじゃろ。

寝ないどころか、自分は兄さん連中と「ツレ」やと思い込んでるし。
oct09 019
(写真使用の許可をウィルママに取るの忘れたので、今日のところは目隠しでゴメン・・・)

これ、私がこう座らせたんじゃなくって、シエナが自分でしたんだよ~。

車で遊んでる時やったって、ぜんぜん遠慮なく
oct09 021


真ん中に割り込んで入って行って、
「ブーン、ブーン」って。
oct09 022


ほんと、たくましいな~。

午後からはエリカ親子も合流し、今日も楽しく過ごせたわ。
これもみんな人当たりのいい「兄さん」のおかげ。
我が家の場合、え~あのお母さんはちょっと・・・とは思われることあれど、え~Cody君はちょっと・・・とは思われることは、まずなかろうて。
なのでみんなよく誘ってくれます、ありがとう~♪

来年からはそれぞれ別のプリ・スクールに行くことになっているので、ウィル君とはあと2ヶ月余りで会う機会がなくなってしまう。
なのでそれまでに、「プライベート」でも遊ぶ仲になっておきたいんだ~。
せっかく仲良しになったんだものね。
次回はぜひ、我が家にお誘いしよう。

ゆとりの時間。
10月15日(木)

今日もまた「エリカ食堂」へ。
月曜日にもお邪魔したばかりなのに。

今日は夏らしく、「夏野菜のゴマ味噌だれうどん」をご馳走になりました。
(あたしはスコーンを持参)

いつものことながら、うんめぇ~かったなぁ~♪

そしてこれまたいつもの事ながら、あまりにも居心地がいいのでついつい長居を。
気が付いたら4時を過ぎていましたっけ。

だいたいそうなんです。

「あれぇ~、もうこんな時間~♪帰る支度しなくちゃ~」とやってると、
ブルブルルル・・・のトラックの音と共にエリカ父がご帰宅。

いつも「こんにちは~」&「さよ~なら~」って感じですれ違い、

エリカ父に「あいつ・・・また来て食ってるよ・・・」なんて思われてはいやしないかと、密かに心配な私です、ゲプっ・・・。

火曜日にもビンちゃん宅で会ったし、明日もプレイグループで一緒。
いつも本当にありがとう。

日中ずっと昼寝なしで頑張ったシエナもさすがに帰りの車の中で寝てしまい(5分もないのに・・・)、家についたらとても楽だった私。

晩ご飯の支度はほぼ終わってたし(昨日の内に仕込んであった)
1日遊んで満足した兄さんは、ひとりでぼーっとテレビ見てる。(もう滅多に昼寝はしません)

そう、最近そうなの。
夕方やけに楽チン。

いままでは日中出来なかった家事が夕方頃にどど~っと押し寄せてきて、4時以降はブルーになっていた私。

なのに最近(日本から帰ってきてから、かな?)は、ほとんどの家事を日中に片付けられて、夕方以降寝るまではわりとゆったり余裕がある・・・という日々が続いています。

これにはやっぱり「シエナの乳離れ」が非常に大きく影響してる。
考えてみれば、朝、昼、晩の3回の授乳がなくなっただけでも、ざっと1時間はフリータイムが増えている訳で、この「1時間のゆとり」がとても貴重なのだね~。

いままで追いつかなかった家事に追いついているもの。
(とは言え「追い越す」ことはないだろうな)

しかもシエナの「寝かしつけ」の楽な事と言ったら。

この前も・・・いつもあんまり楽なので
(「おやすみ」と言ってベットに寝かし、電気を消してはい、おしまい)
それではちょっと申し訳ないと思い、横抱きにして「子守唄」を歌ってみたら、「ママっ」と言って私の歌を制し、「そんな事はせんでいい・・・」とでも言う様に首をブンブン横に振る。んで、「ホレ、ここ・・・」とベットの方を指差すので、「歌はいいのね?ベットに早く行きたいのね?」と聞くと、大きく「うん、うん・・・」とうなづくんやもん。

なので今日も30秒程度の寝かしつけ時間でした。
しかも1度寝たらもう、朝までは2度と起きないし。

それに比べて兄さんの方は・・・テレビとかDVDとかちょこっとチョコレート(ほんの少しのチョコレートと牛乳が日課です)とか本とか・・・寝る前の儀式が多すぎっ!しかも添い寝。そして夜中、ベットに私やパピィの姿がなかったりしたら、すんごい大声で泣き叫ぶし。
もう~、いい加減にして欲しいわっ!!

ブルーのシエナもいいな。
10月16日(金)

午前中はローカルのプレイグループ。
今週もスクールホリデー中のためか、参加者が少なくて静かやった。
が、その分まとまりやすくやり易いので、私はこーゆー方が好き。

午後は家でランチの後、まだまだ遊び足りない子供達とお砂遊び。
oct09 024

今日は珍しくシエナにブルーの服を着せてみたの。

いつもピンク系ばっかりだったので、たまにはブルーも新鮮。
先日みやかママからどっさりと「お下がり」を頂戴したので、
そんな中からあれこれやってると、今までにはなかったコーディネートが生まれたりして、毎日少しづつ違ったのを着せてみては、楽しんでいます。ありがとうね~。
今日の帽子も靴も、実は「兄さん」のもの。(したかって「青」です)
今までのピンクのシエナさんには出番がなかったのだけど、今日の格好にはとてもマッチ。
とって置いてよかった~♪

子なしでお出掛け。
10月17日(土)

今夜はメラニーのサプライズ・バースデーパーティーにお招きを受けていて、
多分シエナを妊娠して以来始めて、

子なしで、

父さんと二人だけで出掛ける事になっていた。

夕方、「じじ&ばば」に家に来てもらって、
パーティーが終わる10時半ごろまで、
子供達の子守をお願いする予定になっていて、

それをどうやってCodyに話すのが一番有効か(あるいは言わずにそっと抜け出そうか・・・とも)、それとなくタイミングを図っていたのだけど、今朝、割と機嫌が良さそうだった彼に、さりげなく言ってみた。

「Cody・・・、今夜ね。メラニーのバースデーパーティーがあって・・・。母さんと父さんと、二人だけでお出掛けしなくてはいけないの・・・」

すると兄さん。

目を輝かせ、物凄~く嬉しそうな顔して、

「えっ??って事は、僕・・・。もしかしてお留守番??」

「夜は、父さんも母さんも、家に居ないの??」

やったぁ~♪
天にガッツポーズして喜んだぞ。

って、えぇぇ~っ!!

淋しくないの??

ないのね。

そうなのね。

あの、母さんなしでは生きられなかった甘えん坊の兄さんも、

いつの間にか、こんなに大きくなりました。

そして

「シエナの事は心配しなくていいから。僕が面倒見るから。」なんて言う。

本当に頼もしい兄さん。

でも、いくらなんでも子供達だけお留守番は無理なので、
「じじ&ばば」に来てもらうのよ、と言うと、

え゛ぇ~、来てもらわなくていいのにぃ~、と残念がる始末で。

挙句には夜まで待てないらしく、
「今から行けば??」などと、私を追っ払おうとまでする。

9月に誕生日を迎え、4歳になった、と言う事がとても嬉しいらしくって、
何かにつけ「もう4歳なんだから出来るんだ~!」と、最近の彼は本当に頼もしい。

そして現在出来ない事、
例えば「茹でたにんじんを食べる」とか、「母さんの添い寝なしで寝る」とかは、

5歳になったら出来る様になる!んだとか。

くくくっ・・・、もう~きゃわいいんだからっ♪


そんなこんなで夜になり・・・

事情を知ってるCodyは元気一杯、まったく心配なし。
シエナには気づかれると多分泣かれるので、
「そぉ~」っと自宅を後にして、

メラニーのバースデー・パーティー会場へ。

70年代生まれのメラニーにちなんで、今夜のパーティーのドレスコードも70年代で、

私も一応それっぽいワンピースを。
oct09 031
(靴もそれに合わせてすんごい古臭い厚底サンダルにしたのに・・・そーゆートコを撮らない父さん・・・。使えねぇ~。)

で、本人達もこんな衣装を着せられてたぞ。
oct09 030

ファンキーで素敵ねぇ~☆

シエナはもうすっかり「乳不要」になってるし、
Codyもぜんぜん平気みたいだし、

今夜の私は母になって初めて、

「子供達の事を、全く、本当に全く気にせずに、大人の時間を過ごしました」

これがまた、楽しくてねぇ~。

今までは、子供達を誰かに預けてまでして、父さんと二人きりで出掛けるなんて・・・。

そんな事したいなんて、全く思わなかったのに、

やってみるとこれが、結構新鮮で。
「じじ&ばば」さえOKならば、また甘えさせてもらおうかしら?

家に帰ったのは予定通りの10時半。
シエナは9時半にベットに寝かせたらそのままスーッといったらしく(いつも通りや、本当に楽な子)、Codyはテレビを見ながらリビングのソファで寝ていました。

すんごい大音響の中。

じじ、耳が悪くって。
テレビの音、有り得ない程に大きくなってた。
あんな中でよく寝れたな~ってびっくり。

とにかく、今日はみんなのお陰で数時間「母」を忘れさせてもらって、
とてもいい気分転換になりました、本当に、本当にありがとうね~♪


ドロシーとティーパーティー。
10月19日(月)

今日はアメリア親子とWigglesプレイセンターで遊んできた。

しばらく行かない内に、また値段上がった??
私の気のせい??

子供のエントリーが9ドル90セントになってた。
我が家の様に子供二人だとそれだけでもう約20ドル。
で、大人の料金とランチetc...とやってるとすぐ30ドル越え、いや下手すると40ドル行くぞ。

今日はプレイグループアソシエーションのディスカウントと(子供一人無料)、ローカルペイパーに入っていたランチ(ナゲット&チップス)2つ買うと一つはタダ券を利用して、なんとか20ドルで遊んできましたが、そーでもしないとなかなかどうして、気軽に行ける様なお値段ではありませんな~。

などとアメリア母ともブツブツ言っていたら、

毎週月曜の出し物らしい、ドロシーとのティーパーティーが始まりました。
oct09 035

ドロシーの絵が入ったカップ&ソーサー(これが小さくってめっちゃ可愛い~♪)にローズ・ティー(実際はピンク色のジュース)が注がれて、みんなで乾杯~という演出なのですが、
oct09 037

おやつにフルーツも振舞われましたョ。
oct09 036

テレビや本でしか見たことのないドロシーが突然目の前に現れて
oct09 039

「じーっ」と見入るシエナさん。
oct09 038

思いがけないイベントに、

大喜びの兄さんと、
oct09 047

ズズズズズ・・・
oct09 043

「もう1杯おかわり~♪」
oct09 044

と、お茶目なシエナちゃん。

こーゆー出し物で一番喜ぶのは子供達ではなくて、実は親の方で、

さっきまでは「高い、高い」と毒づいていた事などすっかり忘れ、
帰る頃にはアメリア母と「楽しかったね、また来ようね~♪」なんて~。

歳相応の装いが理想だけど。
10月20日(火)

日本の姪っ子の影響だと思う。

帰ってきてから時々、Codyが私のダテめがねをするようになりました。
oct09 048

なんかこうしてるとちょっと「大きいお兄ちゃん」になった気分になれるみたいで、
oct09 049

ずり下がってくるのを指で押し上げながら、神妙な顔つきでテレビとか見てます。
oct09 050

きゃわいい~。

今日はCodyは普通にデイケアに行って、
その間に私はシエナとライム・タイム。
で、その後ショッピングセンターでエリカママとお茶して・・・
といつもの火曜日でした。

どーゆー訳かシエナちゃん。
日本から帰った頃から「オムツかぶれ」をし出しまして。
一昨日の日曜あたりからはまともに座れないくらいになって、
今日も少しでも傷みを和らげる工夫なのだろうね、
ベビーカーに座る時には、自分でちょっとお尻をずらすみたいにずり落ちそうな感じで座って、見ててとても痛々しい。
私のお手当ての仕方が悪いのね・・・と、本当に申し訳なかった。
1日に3回~5回ウンチをするので、良くなったな~と思っても、すぐにまたウンチで肌が焼けてしまって。これまでは「かぶれ知らず」の子だったので肌が強い子なんだわ~と思っていたのに、一旦かぶれるとなかなか良くならないわ~。もっと頻繁におむつ交換してあげないとね~。

ところで、エリカママとお茶の後、一緒にちらっと寄った服屋さん。

すんごい安かったわ。

値段につられてこの二つを買ったんやけど、
oct09 073


これで4ドル95セント。

右のトップスが2ドル95セント、左のワンピが2ドル。
安っ!!
5ドル札出しておつりが来たぞ。
おつりを受け取る時、申し訳なくって「ごめんなさい・・・」って言いそうになった。
別に私、何も悪くないのに・・・。

いつも思う。
もう40歳もまぢかなんだもの。
せめて着る物くらいはちゃんとしたもの着なくちゃって。
若い時は安物でごまかせても、歳いくとやっぱりそれなりにしなくちゃって。
でも思うだけで、やっぱりね~、主婦やからか安いものには弱いわ。

私のワードローブ、年々逆にどんどんひどくなって、
毎日ボロば~っかり着てます。悲すぃ~っ。

初・パンづくり。
10月21日(水)

べつにコレと言った予定がなかった今日は・・・

朝から「パンづくり」にチャレンジする事に決めてました。
今はもうアイルランドに言ってしまった「ふうさん」が置き土産にブレッドメーカーを置いて行って下さって、ずーっと気にはなっていたんだけど、今までなかなか「やろう!」と言う気にならなくて。

なにしろ「ブレッドメーカー」初心者なので、とりあえず「説明書」を読んでみよう・・・とページをパラパラめくるのだけど、

全部「英語」(←って当たり前か~)

読むの面倒くさ~。

元々何でも適当~で細かい事にはあまり(と言うかぜんぜん)気にしない私。
クックパッドで適当なレシピを見つけて、いきなり材料を入れてスイッチ・オン♪

たまたま買い置きの「強力粉」もあったし。(って賞味期限切れてたけど、未開封だったし~)
材料の中にあったスキムミルクパウダーが無かったので、水の分量だけ普通のスキムミルクにかえてみたり、と初心者なのにいきなりアレンジ。

で、ゴーゴーとパン生地をこねる機械の横で、またパラパラと説明書を読んでたら、

材料を入れてスイッチ・オンで、

ほんの

ほんの

3時間ちょっとで、

おいしいパンの出来上がりで~すっ♪

って・・・え゛ぇ~っ!!
そんなに待たないといけないのぉ~??


パンづくりって時間がかかるのねぇ~。

最近得に、思いつきでささっと作れてしまうスコーンにハマっているので(仕込みから焼き上がりまで30分かからず)3時間はちょっと長いわ~。

そうこうしてる内にエリカ親子が遊びに来ることになった。
おもてなしする食材とかまったくないくせに、「良かったら来てね~♪」なんて言っていたのだっけ。

ちょうどエリカ親子が我が家に着いた頃に、私の「初・パン♪」が焼きあがったのだけど、これがもう

大失敗。
ぜんぜん膨らんでなくて、ずっしりととても重~いパンが出来ました。

説明書には、

材料を入れてスイッチ・オン♪て、誰でも簡単にパンが焼けます・・・って事になってるけど、

話が違うじゃんよぉ~。

そんなパンをエリカママにお出しすると(って出すなよっ!)

「あたし、こーゆーの好きだわ。おいしい~♪」と食べてくださった。
ホンマ、えぇ~人やわ~。

で、悔しいのでその後すぐにリベンジ。
今度は付属の「説明書」にあった材料をベースにインスタント・コーヒーなどを入れて、やっぱりまたアレンジ。

どうもさっきの敗因は、冷蔵庫で冷え冷えのスキムミルクを使ったせいらしく(水分は室温でないと、イーストが働かないみたい)、今回はミルクをちょっと温めて使ってみた。

すると・・・

でっ、出来ましたっ!
oct09 051


見事に膨らんだっ!

って言うか、膨らみすぎて頭が蓋についてすんごい事になったし~。
(実は今回も途中で間違えて何回もスイッチ切ってしまったり・・・と、すんなりとは行かなかったアホな私・・・)

Codyはぜんぜん興味を示してくれませんでしたが、
シエナはすっごい喜んでバクバク食べてくれました。(ってコーヒー入り、いいのか?赤ちゃんに・・・)
oct09 053


上手く行くとパンづくりって、

楽しい~♪
また太りそうな予感です・・・。

そんなこんなで父さん帰宅。(まだ3時ちょっと過ぎ)

で、「いつ戻るか分かんないから、晩ご飯先に食べてて~」と言い残し、着替えもそこそこにすんごい勢いで出掛けて行きました。

そう、お友達と水上スキー。
なんや、その辺の小学生と変わらんやんけ、あんた。

なので、まったりと夕方は、二人をつれて近所をお散歩。
oct09 056


いつもは近づくと逃げられるネコちゃんに上手く触れたので、
oct09 058

えらいご機嫌な子供達。
oct09 054


誰かさんがいないお陰で、とてもゆっくりと過ごせた夕暮れでした。
内陸は暑いです。
10月23日(金)

午前中のプレイグループの後、裏庭で今シーズン初のお子ちゃまプール。
oct09 060
oct09 063

我が家の辺りは今日とても暑くって、35℃近くまで上がった。
が、シティで仕事だった父さんは、「今日は涼しかったよ~」って。
天気予報で確認したら、今日のシティーは24℃やったって。

え゛ぇ~っ!!シティと内陸じゃ10度以上も違うなんて。
びっくりだわー。
みやかちゃんのバースデー。
10月24日(土)

今日はお友達のみやかちゃんの4歳のバースデー・パーティーに。

父さんは仕事だし、家にいても子供達はつまらないし、バースデー??大歓迎です。一日無料で遊べるので(しかも食事つき!)母としてはと~っても助かりま~す♪

みやかちゃんのおばあちゃまは現役の学校の先生で、
だから大勢の子供達を仕切る事にも慣れてるのかな?

とっても元気いっぱいで、

バースデー・ケーキだって、おばあちゃま作。
oct09 065

ハッピーバースデ~、みやかちゃ~ん♪

うわぁ~☆おいしそう~♪
oct09 066

続いて出てきたカップケーキだっておばあちゃま作だって~。
oct09 067

今日いいアイデアだな~って思ったのが、このカップケーキのデコレーション。
お友達の名前のイニシャルのアルファベットがトッピングされていて、

例えばCodyなら「C、C、C~で始まるお名前の子は誰かな~」みたいに、
さすが先生。遊びの中にも、さり気なく楽しくお勉強の要素が入っています。

やった~、僕の「C」だよ~、と兄さんはご満悦。
oct09 071

シエナさんもちゃんと「S」をもらってますが、まだぜんぜん分かっちゃいねぇ~。
oct09 072

卵が入ってる本体の方は食べさせる訳にはいかないので、上のデコレーションをペロペロしてもらった後はさっさと取りあげて、下はあたしが食べました。ほんのりバナナ味でおいちかった~♪

ところで今日シエナに着せたこのドレス。
去年の夏にこっちの「ばば」に頂いたものですが、見た瞬間、
なっ、なんじゃ、ごりゃ~っ!!と思ったものです。
oct09 069

この「日本人の感覚」では有り得ないデザイン。
かなり違和感がありましたが、着せてみるとちゃんと着こなすシエナ。
意外とかわいいのでびっくりした~。
oct09 070


Doggerという本。
10月25日(日)

水曜日、初めて試してみた「パン焼き」。
この「パン焼き器」をくださったのは、今はもうアイルランドに行ってしまったお友達の「ふうさん」なのだけど、彼女はこの「パン焼き器」以外にも、我が家に(というかCodyに)大量の児童図書を置いていって下さいました。

「本の好きなCody君に・・・」と頂いたにもかかわらず、全ての本をいっぺんに見せてしまっては、まるで買い置きの「お菓子」をぜんぶ見せてしまうのと同じ様で、何か勿体無い様な気がしたので、いざと言う時に「小出し」して使う時の為に、さっと目を通し、まず日本語と英語に分け、次に難易度別に分けて、簡単ですぐに読めそうなのは寝室の本棚にしまい、まだちょっと早いな~と思うもの(絵がちょっとで字ばっかりのやつとか)はさっさと見えない所に片付けてしまってありました。

今までにももう何冊も「小出し」して読んであげていて、その中には「小学2年生の音楽の教科書」なんかもあり、それにはまっている頃は、毎晩全ページの歌を歌わされて、ヘロヘロになったもの。

で、一昨日の夜だったかな・・・。
いつもの様に寝る前の「本読みの時間」になって、今日は何か新しいのを読んで・・・と彼が言うので、「はいはい、新しいのね。ストックはたくさんあるのよ・・・」と何気なく本棚から出した1札が

コレ。
nob09034.jpg


タイトルを見て、「あら、パピィと同じ、ワンちゃんのお話ね~」と言ったくらいで、内容はあまり気にせずに読み始めたのだけど、読み進んでいくうちに、

主人公の男の子が大好きな犬のぬいぐるみのドガーを溺愛する様や、
nov09035.jpg

036.jpg

汚れたらママが手洗いして洗濯物と一緒に干したりするところ・・・
037 (2)

家の中でなくしてしまって「ない、ない・・・」と探し回る様子、
nov09038.jpg
そんな男の子とドガーにまつわるストーリーが

Codyとパピィの関係とまーったく同じで、びっくり。

物語の中でこの男の子はドガーをなくしてしまい、必死に探して、最終的にはお姉さんの協力で無事に取り戻す事が出来て、

めでたし、めでたし・・・なのだけど、


男の子がドガーをなくしたシーンではCodyまでハラハラ&ドキドキ、泣きそうな顔をして心配して、無事に見つかった時は手を叩いて喜び、

最後に一緒に寝るシーンでは、

男の子と同じ様に、
039.jpg

自分もパピィをぎゅ~っとして・・・おやすみ。

何か私も感動してしまって、ジーンとなりました。

この本、間違いなくCodyのお気に入りの1冊に。
(その後、本を抱きしめて一緒に寝たぐらいだから)

本棚に無造作に突っ込んだ本の中に、こんなお宝が隠れていたなんて。
ふうさん、本当にありがとう。
大切に読ませて頂きます。




しつけの話。
10月26日(月)

朝から雨の冴えない日。
何も予定なく、1日家でゴロゴロして過ごす。

最近すっかりミルク(牛乳)を飲まなくなったシエナ。
今日はさらに食も細い。
大好きなフルーツや干しぶどうは食べるけど、そんなもんばっかり食べてもねぇ~。
もしかして奥歯の2本目たちが生えて来るのかな~なんて。
(それ以外の16本は全て生え揃ってます、早っ!)

最近「アンパンマン」がお気に入りで、おもちゃや日本の「めばえ」とかの本の中に顔を見つけては、「アンパンマンやねぇ~」とちょっと金沢弁風に言うのがとても可愛い。

トーマスも好きで、よく指差しては「トゥ♪トゥ♪トゥ♪トゥ♪トトゥ~♪」と、テーマソングを口ずさむ。「トーマス」とはまだ言えないんだな~。

兄さんの影響なのか、男の子系のキャラをよく覚えていて、「Ben10」ははっきり「ベン・テンやねぇ~」と、これまたねちっこい金沢弁で言うのが笑える。


話が急に変わりますが、斜め向かいのお家に最近お母さんと3人の男の子(上から11歳、8歳、5歳だったか・・・)のファミリーが引越しして来まして、以来Codyがこの3人兄弟と遊びたがって困っています。

なぜ困っているかというと・・・

あまりガラのよろしくない感じなので。
よく言えば、3人とも超・野生児。
悪く言うと・・・野放しでやりたい放題、し放題??

いえいえ、そんなの子供に罪はないですし、
Codyが遊びたいと言うんだもの、私がついて見張っていればいいんじゃないか?と言う気もしますが、父さんに「絶対に家に入れるなっ!」と言われたので一応それに従ってます。

でも、斜め向かいだもの。
3兄弟が家の前とかで遊んでるとCodyも「外に行きたいっ!」と言うので、そーゆー時は私も一緒について行ってしばらく遊ばせてやってます。話してみると3人とも素直でいい子達。で「今度家においでよ」と誘われたり、逆に「ぼくの家で遊ぼうよ」とCodyが誘ったり、当然そーゆー展開になるので、そんなやりとりを毎回やんわりウヤムヤにするのがそう簡単ではなくて・・・。

一度だけお母さんと立ち話をした事もあり、サバサバしててなかなか好感が持てる方だったのですが、「最近離婚をし、現在シングルマザーである事」、「上の子がADHD、真ん中の子がADDの診断を受けている事」などなどを聞かされ・・・

ちょっと複雑な心境です。

別に、「離婚した」とか「シングル・マザー」はいいんです。
ウチの親も離婚してるし、わたしもずっと母子家庭で育ったけど、ぜんぜんグレずにまっすぐ(自分ではそう思ってる)育ったし。でもそれはウチの母が「しっかりした人」だったから。

この3兄弟のお母さん、スゴイんだな~。
毎日子供達に怒鳴り散らしてる。
まーね、いたずら盛りの男の子3人抱えてるんだもの、怒鳴らずにいられますかっ!って感じもあるだろうけど、それにしてもそこまで・・・っていう感じで、普通の会話でも怒鳴ってる。通りを隔ててこっちがわにも聞こえてくるもの。(どうかウチの怒鳴り声は届いてません様に・・・)

この前、朝のワイドショーを見てたら、
「子供に怒鳴るのは、体罰を与えるのに等しいくらい心理的なダメージがあり、その後の成長過程でADHD等を引き起こす大きな要素になります・・・みたいな事を言っていた。
で、ここの上2人がそれぞれADHDとADDなので、あらら・・・って。
まー、このADHDの診断・・・ってのも怪しいけど。(そーゆーので括ってしまうのもどうかと言う気もする。本当に深刻な子は内何%ぐらいなのか?)
とにかくこの「怒鳴る=ADHD」で、このファミリーを連想してしまったのでした。

そんで、その番組では同時に「10秒ルール式のしつけ」も効果はない・・・みたいな事を言っていてやっぱりねぇ~と。

この「10秒ルール」、日本ではあまりない気がするけど、こっちのママはよくやるの。子供が言う事を聞かないと、ママが突然「10、9、8、7・・・」とカウントダウンを初めて、「ゼロ」になると何か怖~いおしおきでも待っているのか、大抵の子は「3・・・、2・・・」ぐらいで手品にでもかかった様に急に言う事を聞き始める。私はいつもこの「カウント・ダウン」を聞くたびに、

時限爆弾でもあるまいし・・・

と笑ってしまう。

子供への接し方で、そんなのってある?って思って、とても違和感。

ついでに言うと、世界中で絶大的な支持を得ている「ノーティー・コーナー」(和訳すると「反省椅子」とでも言おうか・・・)も嫌いです。(スーパー・ナニー自体は好きだけど。)

我が家では・・・まず、言って聞かせる。
それでもダメならとことん叱る。
でもダメなら、バシッとシバく。(主にお尻ですが、頭をペコっだったりほっぺチミチミだったり)

自分の子供、シバいて何が悪いんじゃ。
あっ、結局「体罰」だ、あたし。
それもかなりの「心理的ダメージ」があるらしい・・・よね(汗)
でもそれも程度やろうて。

誰に似た?
10月28日(水)

今日は何にも予定がなくて
「つまんないな~」「どーしよ~っかな~」と思っていたところへ、
エリカ食堂から電話があり、

「今日の日替わりはお好み焼き~、他にホットサンドもあるし、子供らにはうどんも出来るよ~」って。

「は~い、すぐに伺いま~す」みたいな。
断る理由が見つからないもの。

ま~、手ぶらで行っては失礼なので今日は私は例のアレ「プゴク」を作っていった。
うちの子たちはもう、あれが大好きなので。

今回初めて本格的にコリアンのスープの素、「ダシダ」を使ってみたけれど(お肉の絵のやつ)、アレ、結構イケるね~。

ちょっとガーリックが入ってるのか?スープの旨みに深みがあって、かなりハマります。

遊ぶメンバーがエリカ様とうちの子たちだけの場合、もうだいだいパターンは決まっているので、たいしたハプニングもなく、と~っても平和。
今日もおいち~カプチーノ付きで、ま~ったりと時が過ぎていきました。
(本当に、本当にいつもありがとう)

帰りにちょっとスーパーに寄って家に着いた頃には、二人ともいい感じに疲れてておねんね。
その隙に家事&掃除&晩ご飯の準備など済ませる。

するとどうでしょう。
私には珍しく、晩ご飯&その後のエトセトラをまだ明るい内に終えることが出来て、今日は久しぶりに皆でお散歩に出かけました。

初めてベビーカーなしで、二人とも歩かせて出たのだけど、兄さんはともかくとして、シエナの歩くこと、歩くこと!

近所のひとブロック、ぐるっと1周、余裕で歩きました。
しかも自慢らしく手提げなんかぶら下げちゃって。
中には二人の水筒が入っていて、結構重かったのに。

あまりに重いから途中で手提げを持ってやろうとしたら、怒る、怒る。
「自分で持つ!」と言って聞かない。

じゃ~、手提げだけ・・・と中の水筒を取り出してしまうと、これまた
「元に戻せっ!」と泣き叫ぶ。

ま~、本当に強情な子だこと。
一体誰に似たのかしらねぇ~。(母似との噂あり)

あたし、そんなに強情ですか?
ハリーポッター。
10月30日(金)

Codyはテレビが大好きです。
しかも夜型なのでかなり遅い時間の番組も見れる。

今日、8時ごろからやったかな?
映画の「ハリーポッター」をやっていました。

これまでにもテレビとかでちらちら見たことがあって、彼の中では「ハリーポッター」は結構憧れの存在みたいです。(「ハリー」に憧れてる訳でなく、「映画」を見ることに)

で、今夜も番組予告で「ハリーポッター」をやると知って、
「やった~、やった~♪」と大喜び。
遅くなっても(11時過ぎ)最後までぜんぶ見る!と張り切っていたのだけど、

あれって、

4歳の子に

見せてもいいものなのかねぇ~。

一応ファンタジーやけど、あまりにも現実とかけはなれてて、ちょっと怖いし、戦いのシーンも沢山あるし、私としてはまだ「見て欲しくない」。

ま~今夜の所は本人もとても楽しみにしていたので、一緒に見て、嫌なシーンの時は話しかけたりして画面を見せず、ちょっとヤバイな~って時には、わざとおどけて
「これ、ぜんぶ作り物なの、Cody分かってるよねぇ~。こんなん本当にはないよねぇ~」とか横からごちゃごちゃ言ったりして、フォローしたつもり。

私に似せずセンシティブな子なので、後々何が影響するか分からん。

そんなこんなで映画も終わり、ちょっと興奮したCodyも12時前には寝てくれた。
(って当たり前か・・・)

で、私。なぜか目が冴え冴えに。
なのでウィキでハリーポッターに関する記事を片っ端から読んでいたら
早朝4時になっていた。

また、やってもうた・・・。

で、ハリーさんの他に、たまたま見つけたニュース記事でこんなのがあった。

2009年版「レガタム繁栄指数」。

世界の主要104カ国・地域を対象に、経済の成長度合いとか民主主義の程度とか生活のレベルとかいろんな要素を踏まえて「繁栄度」をランク付けするものらしく、日本はアジアの中ではトップで16位。

びっくりしたのがオーストラリアで、生活レベルが高いし福祉とかが充実してるからかな?北欧諸国がトップを独占する中、何と第6位に食い込んでる。

え~、この国のどこが「繁栄」しえるの??

と思っていろいろみててもっとびっくりしたのが、
2008年度のランキングではオーストラリアは堂々の1位だったらしい。
不況に入る直前の結果かな~。
それにしても、「1位」は有り得んやろ~。
住んでる我々やからマヒしてしまって気づかない「豊かな部分」とかあるんやろーか?

まーね、貯蓄の習慣が薄い分、消費はすごい。
物価は非常に高いと思うけど(特にサービス料が)、その分みんな使うから、日本に比べると不況の影響はないと思う。

あとスポーツ、アウトドア、DYI(日曜大工)とか盛んやから、
何ていうかそーゆー道具類の保有率は、日本人にしたらビックリするわ。
例えば一般ピーポーがボート持ってたり、バイクを何台も所有してたり、ガレージが高級工具の山やったり、とか。
ほかにも、政府からの補助で生活してる様な家庭に、ソニーのバカでかいワイドスクリーンテレビとかあるのを見ると、「豊かなや~」とは思ったりするけど。

でも「1位」はないやろ~(ってまだ言うか・・・)
ま~、ちょっとびっくりしたんで、ネタにしてみました~。

日本語学校。
10月31日(土)

来年からCodyを通わせようと思ってるダンダスの日本語補習校の説明会があったので、エリカ親子と一緒に行ってきました。

行きしな、ガソリンがあまり残ってない事に気づいてスタンドに寄っていたりしてどんどん時間だけが過ぎていくのでちょっとテッパっていたのでしょう、

エリカ親子が車に乗り込み、元気良く出発したは良かったのですが、
最初の信号待ちで、隣の車のオバサンがクラクション鳴らすので、

へっ??と思ってバックミラーみたら、

財布、カメラ&ケータイなど私の全財産が入ったハンドバックが後ろのトランクの上に乗っかってる。

ひぃえ~っ!!

カーブした時とかに、落っこちなくてよかったよ・・・。
過去に車の上に飲みかけの缶ジュースとか置いたまま走ったことあれど、バックは今回初めてな気がする。

相変わらず、超~おっちょこちょいの私。

そんなこんなで会場である、ダンダスの(正確にはダンダスの隣町の)ローカルの学校へ。

説明を聞いている間、シエナが大人しくしててくれるかギャンブルやったけど、奇跡的に彼女はまーまーご機嫌、じっとしててくれました。おやつに「干しぶどう」をあげたからかな?最近、コレにはまってるみたいで、なくなるまでちまちまと、ひたすら食べ続けます。

噂では来年のスタート時に5歳になっていないと受け入れてくれない・・・とかで、もしかしてCodyは今年はダメかも・・・と思っていたのだけど、ぜんぜん問題なかった様で、一通りの説明を受けた後、さっさと申し込みの手続きをしてきました。

来年から毎週土曜日の午前中、お休みを挟みつつ3時限、日本語のお勉強をします。
って言うか、させます。
先生はちゃんと教師の免許を持った日本の方がただけど、運営は父兄のボランティアでやっているので料金はとてもリーズナブル。
この前の里帰りの名残りでまだちょっと日本語のムードになっているので、それが冷め切らない内にどんどん吸収してもらわないと。

説明会の途中で、突然
「さて、来年からお勉強始める予定の子供達~、前に出てきて~」とお声がかかり、実際の授業参加してみましょう・・・と子供達だけで我々がいる教室を出なくてはならない予期せぬ試練があったのですが、「どうしよう・・・、Codyってば、ママ~とか言って泣くかも~」との私の心配をよそに、以外と平気そうにゾロゾロと列に飲まれて隣の教室に消えていった兄さん。

案外頼もしいじゃんか。

お友達の中には、エリカちゃんをはじめ日本人プレイグループで一緒のけんちゃんやMちゃん、普段からよく遊んでるみやかちゃんとかいるしね~。

さ~、楽しみになってきたわ~。
係りなどの当番が当たっていなければ、おかん達は子供を置いて出て行っていい事になっているので、おかん達とちょっとお茶・・・とかも出来るし~。(って、君は何を楽しみに?)

お昼過ぎに全ての手続きが終わり、食堂の女将(エリカママの事です)が、
「お昼でも一緒にどうです??パスタや何か、いろいろ出来ますが・・・」と誘ってくださったのだけど、珍しくシエナがこんな早い時間からおねんねしたそうモードだったので、丁重にお断りして帰宅。

で、シエナが起きるのを待って夕方二人を連れて買い物に出たのだけど、よくお昼寝したから機嫌がいいだろうと思ったシエナさんが、これまたすごーく不機嫌で、カートの上で暴れる、暴れる・・・。

まず、大好物のプチトマトを見つけるや、
「今すぐ食べさせろっ!」と泣き叫ぶ。
ま~、バナナとかそーゆー量り売りしてるものはレジ前で食べちゃうともう支払いが出来なくなるけど、プチトマトみたいな容器に入ったやつは、中身があろうが空になってようが1パックいくらで、支払いには問題ないので、本当にお行儀が悪いのだけど、黙らせるために、プチトマト、お金も払ってない内に、

3つ程・・・食べさせました。
(実はこっちにはこーゆー風にするお母さん、結構多いんです、実は)

そしたらすっかり味を占めてしまったらしいシエナさん。

今度はイチゴのパックを見て、同じことをする。
「どうしてもイチゴが食べたい」と泣きじゃくって大変だったので、イチゴも、支払いの前に、

3つ程・・・食べさせました。

するとどうでしょう。
シエナの顔中に赤い火ぶくれが。(火傷したみたいに)

どうやらイチゴにアレルギー反応が出たらしい。
今までイチゴなんて飽きるほど食べてて、ぜんぜん大丈夫やったのに。
そーいえば最近、卵は避けているつもりなのに、いつもの何気ない食事の後でも口の周りにブツブツ作ったりしてる。おかしーな~と思ってた。

アレルギーの対象って、移り変わったりするものなの?
イチゴ、大好きなのに。
しばらくは怖くってあげられません。


カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。