オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で4歳になりました。
9月1日(火)

お友達とのパーティーは昨日やったのだけど、
Codyのバースデーは今日が本番。

ちょうどデイケアの日やったので、
お弁当のついでにミニ・スコーンを焼いて、
それにちょっと飾りをつけてデイケアにドロップ・オフ。

こーしておくとモーニングティーの時にでも
保母さんが「お祝い」してくれるのです。

で、私はその足でシエナとライム・タイムのはずやったのに、
図書館に着いた頃には爆睡してしまっていたシエナ。
なので、そそくさ家に帰り、Codyのお迎えのある3時まで、
昨日汚れたおもちゃなんかを一つ一つ拭いたりして、
ちまちました家事をしてすごす。

そんな事してたらあっと言う間にお迎えの時間になり、
デイケアに駆けつけると、

保母さんが今日の写真をプリントして渡してくれました。
Aug09 043


帰りの車の中でCodyに「今日は何したの?」って聞いたら

「保母さんたちが、僕のためにスコーンを作ってお祝いしてくれた♪」って

超~嬉しげ。

いくら、「あれは今朝、母さんが作って差し入れたんだよ~♪」って言っても、

信じちゃくれない。
やれやれ・・・。

実は昨日のパーティーの後で、Codyが寂しそうにボソッと
「母さん、あの袋はどうしたの?」と私に聞く。
「袋って何の事??」と聞き返したところで思いだした。

ロリーバッグ(パーティーバックともルートバックとも言うかな?)渡すの
完全に忘れてた。

これ。(男の子用と女の子用)
Aug09 038

こっちのパーティーの定番・アイテムで、
来てくれたお友達に帰るときにお渡しするもの。
中にはたいてい細々したお菓子やおもちゃなどを詰める。
全部で20個作ったんやけど、Codyが手伝ってくれたんやったっけ・・・。

なのでデイケアの帰りは、近所のお友達の家におお届けしてまわった。
これでCodyも満足気。

夕方からは「じじ&ばば」が来てくれてまたお祝い。
こっちのケーキはもう面倒くさくなってきたので、スーパーで買ったやつ。

となりのジュディ婆とノエル爺も、プレゼントを持って寄ってくれたし。

こんな感じで今日も、なんだかんだと慌しかったな~。

Cody、お誕生日おめでとう~。
スポンサーサイト
モンスターになる時。
9月5日(土)

午前中はまた洗濯などに明け暮れ、
大した事もしないまま、気が付いたら昼。

シエナはランチ食べないままお寝んねに入ってしまい、
Codyと私だけ昨日の残りのカレーを。

午後からはお友達のバースデーパーティーだったのだけど、
行きの車の中でCodyがウトウトしてしまい、
到着後に起こしたら、もう大変な事になってしまった。

うちの子だけだろうか・・・?
お昼寝、うたた寝が短すぎると時々

手の付けられないモンスターに変身するのは。

タイミングによってはぜんぜん問題ない時もある。

ウトウトしてても
「Cody・・・着いたよ。パーティーだよ」
「は~い♪」
ってな感じで、すんなり眠りから覚める。

が、今日はダメやった。

車の中で起こした時から
訳のわからない号泣がはじまり、

「行こうよ」と建物中へと促しても

う゛ぉ~っ!!!
じゃ、帰ろうか・・・と言っても

う゛ぉ~っ!!!

ジュースやお菓子でつろうとしても、とにかく

う゛ぉ~っ!!!

何かがとりついたとしか思えない別人に代わり、
母はお手上げ状態になります。

家でこれやられても「あ゛ーあ゛ー、まただよ・・・」で終わりですが、
今日みたいなパーティーでやれれると辛いな~。
って言うか、他の皆様にご迷惑がかかって、
本当に申し訳なかった。

で、だいたいいつも30分ぐらいすると
突然ケロッと醒めて
いつものCodyになります。
その瞬間に顔つきや声のトーンが変わり、普通に話を始めるので、
「あっ、終わった・・・」とすぐ分かる。

自分ではコントロールできない、何か特殊なケミカルみたいな物が、
頭の中に出てるとしか思えない。

そんな訳で、今日もしばらく「訳の分からない子」になった後、
後半は大人しく遊んでました。
(って言っても彼の事。すっ転んでまた泣いたりとかして何かとお騒がせやったけど。)

シエナさんは・・・
ランチなしで連れて行ったので、
トマトとブロッコリーばっかり食べてたな。
そしてジュースを飲ませろ・・・と暴れて大変やった。
とにかく強情やから。
ジュース、テーブルの上に置いてあるもの。
見てしまうともうダメなの。
「あれを飲ませろ・・・」と、エビ反り&泣き喚き攻撃。
みんな同じ年頃の子供を持ったママたちなのに、
そんな風にバタバタになってるのはこのあたしだけ。
要領が悪いのね、情けない・・・。

あぁ、とにかく今日はせっかくのパーティーで楽しいはずが、
久々に疲れだけが残り、後味の悪い感じでした。
主催者&お客さん達には本当に申し訳なかったな~。

話は変わるが、来週に控えた日本行き。
初めてのジェットスターだし、久しぶりの飛行機だし、
トラブルの無い様にいろいろ確認しておこうとおもって
ジェットスターのカスタマーセンターに電話したのだけど、

お話にならない。

ゴールドコースト経由のシドニー・大阪便なので、チェックイン荷物のピックアップの事とか、
手荷物検査のこととか質問したのに、

その担当者、我々のブッキングは

「直行便だ」と言い張る。

さらには、父さんにしか機内食をつけなかったので、念の為に「持ち込みの食料について」何か制限とかはあるのか聞いてみたところが、

国際線にはあらゆる食べ物は「持ち込み禁止だ!」とぬかす。

「え゛ぇ~っ!それは違うでしょう!」と私も反論したのだけど、
「じゃー、上司に確認をとります」と保留にし、戻ってきてやっぱり

「はい、間違いありません。国内線は食べ物OKですが、国際線は食べ物は持ち込み禁止です!」って。

その後日本語のラインに電話掛けなおして、上記はすべて誤った案内であると確認したけど。
ジェットスターのカスタマーセンター(英語の方、ちょっとフィリピンとかそっちっぽかった)
ちょっとおかしいぞ。
果たしてトラブルなしで行けるのか、なんか不安になってきたな~。


父の日。
9月6日(日)

今日は「父の日」と言うことで、先週デイケアで作った作品を

父さんに進呈。
Aug09 039

奴にお金は使いたくなかったので、プ・・・はありませんが、

いいんです、いいんです。
こーゆー手作りの物が一番うれしいんです。

夕方からは「じじ&ばば」とクラブで合流して、
我々から「じじ」へ「父の日」のカードとギフトを。
ギフトって言ってもホームセンターのバニングスのカード。
じじ、バニングスには従業員より長い時間いるんじゃ・・・?ってくらい、
入り浸ってるから。
「ちょうど欲しい工具があったんだ・・・」って喜んでたし、良かった。

主役の父さんは明日も仕事がお休みとあって体力が余っているのか、
今日は妙に家事&育児を手伝ってくれた。

何か悪かったな~。

ところで。
最近シエナが上手に撫で撫でしながら(同情たっぷりに顔をしかめて)
「痛いの、痛いの・・・(飛んで行け~♪」をする様になったのだけど、

私が抱っこしていると必ず、

顔や胸元のシミをみつけては、気の毒そうに、

「痛いの・・・痛いの・・・」とやってくれるので困っている。

プレイグループで一緒のママさんの中には、
私と同じ様な在豪暦にもかかわらず、雪の様に白い肌の方がいるのだけど、
一体どうしているのかな?

もうかれこれ1ヶ月以上前になるか?
日本行きが決まってから、「顔のシミを何とかせねば・・・」といろいろネットで調べて、
緑茶の成分がいいらしかったので、
書いてあった通りにテーパックを使ってパックしてみたら、

まるで茶渋でもついたの如く、前よりひどくなった気がする。

どーしてくれるんじゃ~っ!!    

コーディー君のバースデー。
9月7日(月)

ちょうど先週の月曜日にCodyのバースデーをやったのだけど、
今日はお友達のコーディー君のバースデーにお呼ばれしました。

コーディー母と言えば・・・

いつも超・おもてなし上手。
お料理はプロだし、何でもテキパキ・テキパキ♪手際が良くて仕事が速いのは

私の中では有名な話です。

そんな母の手にかかれば・・・子供のパーティーにもかかわらず

何かワインでも頂きたくなるくらいステキ♪なお料理がズラリ。
Aug09 045

どーしてこんなにお洒落に出来るかと言うと・・・

子供達には個々にお弁当が用意されているからなのです。

Codyに頂いた男の子用と
Aug09 046

シエナに頂いた女の子用。
Aug09 051

ス~ゴ~イ~わ~ねぇ~っ!!
こんなの、子供達が喜ばない訳はなく、

Aug09 055

二人とも無言でバクバクいってました。
(シエナなんて隣に座ってた男の子のフルーツとかもかっぱらって食ってたし)

Cody、楽しくって大興奮です。
Aug09 058


ちなみに最近のシエナは超・ママモードで、元々甘えん坊のCodyと二人して、
「ママ、ママ、ママママ~っ!!」と何かと大変だったのですが、

ケーキが出てきた時だけ、二人で妙~に協力し合って、

Aug09 066
とっても微笑ましかったです。
(兄さんと一緒に座り、2回に1回ぐらいの頻度で、兄さんのアイス・ケーキを分けて食べさせてもらってる。その姿はもろ、餌を待つヒナ鳥状態)

お腹が満足すると心も満たされるのか、

後半は上手にひとり遊びもしてくれましたっけ。
Aug09 067

やれやれ・・・

コーディー君、4歳のお誕生日おめでとう。
これからも仲良くね~♪

卒・・・。
9月10日(木)

こんなに早くやって来るなんて。

突然過ぎて、私自身ぜんぜん気持ちの整理がつかない。

シエナがなんと、

卒乳、しました。

明日、飛行機に乗るのにぃ~。
離着陸の際の口封じには「おっぱい」が最大の武器だったのによぉ~。
超・タイミング悪いわ~。

気が付けば昨日丸一日、おっぱい飲まなくて、
(あげようとしても噛まれた。その前日まではグビグビ飲んでたのに)

え~?体の調子でも悪いの??と思っていたのだけど、

今朝も「イヤイヤ~」と首を振るではないか。
毎朝の日課、寝起きのおっぱいも要らないなんて・・・。
彼女、縦振りの「イエス」と横振りの「ノー」はちゃんとできるので
(ちなみに「牛乳飲む?」って聞いたら、ニコニコして首を縦に振りました)

もう間違いありません。

卒乳や~っ!

1年と3ヶ月かぁ~。
Codyは20ヶ月やったけど、今回はやけに早かった。

シエナが誕生して以来、セコイ私はついこの前までたった二つのマタニティブラでやりくりして来てて、当然その二つはもうすんごいボロボロで、今回日本に帰るにあたって、あんなブラを見た日には日本の母がびっくりするやろうと思って、

一昨日、マタニティブラ、2つも買い足したばっかりなのに。

あ゛~あ゛~・・・。

そんなこんなで、現在夜11時半。
スーツケースに子供達の服を詰めたり、また出したり・・・を繰り返しています。
朝晩は寒いのかな~と思ったけど、週間天気予報みるとまだ夏っぽくて。

どう見ても、長袖が多すぎる気がする。
もう一回やり直そうか・・・。

明日、朝は3時半起きです。
大丈夫なのかな、あたし。

ま~とにかく、2週間、行って来ま~す。
さて、出発~♪
9月11日(金)

久しぶりの日本への里帰り。
「さて、出発~♪」ってったって、これ書いてる今日は10月8日な訳で、
そんな1ヶ月も前の事、じぇんじぇん覚えていやしまへん。

確か私は夜中までパソコンいじってて、
その後ちらっと寝て、
早朝3時ぐらいに起きてシャワーとかして、
5時ぐらいに子供達を寝てるまま車に乗せて(結局起きたんやけど)
「じじ」に空港まで送ってもらったんやったな~。

格安のジェットスターで帰ったので、
シドニー→ゴールドコースト→大阪ってルートやったんやけど、

ゴールドコーストでの乗り継ぎ時は

こんな感じですわ。
satogaeri 135

写真じゃ~小さくてよく分かりませんが、この時点でわたし、

かなり疲れていました。
(前の晩、夜更かしするテメェが悪い)

これは機内で眠るCody。
satogaeri 137

シエナを寝かせる為のバシネットをまん前に見る席だと手すりが上がらない構造になってて、
(よってこの様には寝られない)
それ以外の列はみんなこうして手すりが上がるようになっていた。

我々も最初はバシネット席を取ってもらったのだけど、せっかく4席あるのだし、
横にだらっと寝転がれる方が楽なので、機内で移動させてもらいました。
(結構融通が利いてよかった)

ゴールドコーストから大阪までは約9時間近くやったか・・・
本当に長く長く感じて、目の前のパネルに表示される
「現地到着までの残り時間」みたいなやつを
何回も何回も見るのだけど、なかなか減らないのでイライラした。

機内での子供達はそりゃ~もう落ち着きが無く、
カバンに忍ばせた「奥の手」(主にキャンディーやチョコなどのイケナイお菓子類です)を

乱用。

それでも泣かれたり、ぐずられたりして本当に困ったけど
(子供達も暴れればまた何かお菓子が出てくると思って、分かってやってる)

斜め前に座っていたまだ2歳にもならない(席がなかったから2歳以下と推測)
女の子は「お菓子」も「おもちゃ」もなんにもなくったって、

ずーっとお利口にしていました。

ご両親は二人とも「日本人」だったので、父さんは

「日本人の子は、本当に聞き分けが良くてお利口だ!」としきりに感心。

って事は、ウチの子達がぐずるのは、自分の血のせいや!って認めてる?
もちろん「血」うんぬんではなくて、ご両親の育て方がおよろしいんでしょうけれど。

隣に座ったオージーの女の子だって、1度もお菓子は登場せず、「奥の手」は

「絵本のみ」、でした。なんて素敵♪

そんな「お利口さん」たちに周りを囲まれてしまったので、

チョコやらグミやらクッキーやら、これでもかこれでもかと与えて
四苦八苦してる私。
「母失格です・・・」って宣伝してるみたいで、とても恥ずかしかったな・・・。

なので前列に座っていた赤ちゃんがぐずぐずしたり泣いたりすると、

シエナやCodyが出している騒音がかき消される様な気がして、
(=自分とこの子がワーストではない、と思えると気持ちが少し楽になって)

「もっと泣いて。派手にギャーギャーやって。」などと思ってしまうのでした。

関空についたのは予定より1時間以上遅れた午後9時過ぎ。
久しぶりに日本の夏を体感し、予想以上の暑さと湿度にびっくり。
思わず「うっ・・・」とむせ返る様な感じやった。

とにかく休みたかったので、空港近くにホテルを予約しておいて本当に良かった。
あれからJRで金沢まで・・・とかやったらもう、どうにかなっていたでしょう。

空港に来ていたホテルからのお迎えバスに乗り込んで15分ぐらいか。

今夜宿泊の「ホテルガーデンパレス」に到着しました。

まずは近所のコンビニへ行って、食料の買出し。
お弁当やらから揚げ君やらみたらし団子やら、
見るもの何でも美味しそうでちょっと買いすぎる。

部屋に戻ってちょちょっと食べて・・・

さぁ~、お風呂に入るぞぉ~。

ここに決めたポイントはなんと言っても「温泉の大浴場」がある事と、
部屋に「全身マッサージチェア」が付いている事。

この両者とも正に最高でした♪

大正解!

普段からしょっちゅう温泉とか行ってる「日本在中の皆様」にはこの喜び、

分っかんねぇ~だろうな~。

温泉なんて、前回の里帰り以来、実に3年5ヶ月ぶり。
シドニーの自宅では毎日シャワーが基本で、バスに入ったのは妊娠中に数回のみ。
しかもそのバスも、お湯の深さは「腰湯」程度ですから。

一緒に入ったCodyとシエナも大喜び。
(え~え~、あたしが二人入れました=父さんは一人で悠々と。なんか不公平じゃないか?)

風呂の後は部屋でマッサージ三昧。

もう・・・これが、たまんねぇ。

体だけでなくて足もふくらはぎも、腕までも揉んでくれるスゴイ機械でした。

いい加減疲れた子供達も父さんも、次々にダウンしていく中、

母さんを揉みほぐすマシーンの音だけが夜中過ぎまで。

ウィ~ン、ウィ~ン・・・、あ゛ぁ~極楽~♪

と、こんな風に我々の日本1日目の夜は、まーまー平和に更けていきました。
2日目、いよいよ金沢へ。
9月12日(土)

昨日の「温泉&マッサージ効果」で、超~すっきりの目覚め。
ベットの硬さも私に合ってたみたいで、いつになく体も軽やかな感じさえする。

朝食込みのパッケージだったので、ホテル併設の軽食喫茶みたいな所で、
久々に本格和朝食。

これがまたウメェのなんのって。
ご飯が格段においしいし、ちょっとした干物とか佃煮とか、久しぶりに食べるものばかり。

普段からこんなの普通に食べてる「日本在住の皆様」にはこのありがたみ、

分っかんねぇ~だろ~なぁ~。

しかし父さんが食べていた「洋朝食セット」の方は、
ボリューム的にオーストラリアの方が勝ちかも。

久々に見る「日本のベーコン」の薄っぺらさにビックリした~。
それでもちょこっとヨーグルトがついていたり、目玉焼きの横に密かにサラダが添えられていたり、そーゆー充実度はやっぱり「日本チーム」の勝利!

日本のこの「至れり尽くせり度」は、間違いなく世界一やろ~。

あと、みんなやっぱりマナーがよくって、親切で、礼儀正しいわ。
日本に着いてから接した人の数なんてまだほんの僅かやけど、
送迎バスの運転手さんも、ホテルのフロントの人も、コンビニの若い店員さんも、今日のこの朝食担当のおばちゃんも、

みんな本当に素晴らしい。

それと比べると、自分の立ち振る舞いが横柄で野蛮になっているのが余計に強く感じられて、慌てて背筋を伸ばしてみたり、足を出来るだけ揃えてみたり。

そしてふと目の前の我が子たちに目をやれば・・・

もう・・・何なんでしょう、彼ら。

Cody=食事は手づかみ。しかもテーブルや床にこぼし放題。飽きると箸で茶碗をカンカン♪叩いてるし、コップのストロー、吸わずにブクブク吹いて、ケタケタ笑ってる。

シエナ=兄さんのマネが多いので、ほぼCodyと同じく、ブクブク・・・カンカン♪

実は昨夜だって寝静まるまでは部屋の中で大変で、

走り回る、ベットの上で飛び跳ねる、(畳コーナーがあったので)座布団を踏む&投げる、座卓に登る&上から飛び降りる、室内用のスリッパを手にはいてそれを食べようとする・・・etc

挙げればきりがありません。

本当に、本当に先が思いやられ、朝からかなりブルーでした。

まぁ、そんな事ばかり嘆いていても仕方がないので話を本題に戻しますが、

ホテルは10時ごろチェックアウト。
本当は最寄のJRの駅から帰りたかったのに、ホテルの人の勧めで一旦また関空に送っていただき、そこから「はるか」と「雷鳥」を乗りついで、(でも料金的には最寄JR駅からの方が4千円も安く、ちょっと騙された・・・って感じ。ちぇっ。)

列車内の二人。
satogaeri 138


金沢についたのは2時ごろやったか。

シドニーを出てからまだ一度も母に電話してなかったので、いきなり帰るのも何やろうと駅から自宅に「今から帰るコール」のつもりで電話すれども、

母、不在・・・。

「普通は家で待っててくれてるもんじゃ・・・」
「もしかして、日にち間違えてて、今日帰るって知らないんじゃ・・・」

などと、一抹の不安がよぎれど、あれこれ心配しても仕方がない。
もう帰ってきてしまったんだもの、と駅からタクシーつかまえて久しぶりの実家へ。

ずっと持ったままだった合鍵で玄関のドアを開けたらそこには久しぶりに見る母の顔。
我々がタクシーで移動中に、買い物から帰っていたらしかった。

何を買ったの?と聞けば、「カーテン・・・」って。
別に今買わなくてもいいのに。

その後も何だか忙しそうにキッチンに立ったり、仕事の支度をしたりして、ほとんど会話らしい会話もしないままに、母は普段通りに仕事に出て行きました。

弟家族も同居してるのですが、
弟は仕事、お嫁さんと甥っ子&姪っ子はお嫁さんの実家に遊びに行ってて・・・

実家には我々だけが取り残されてしばらく

ポツ・・・ン・。でしたっけ。

まだ日本にいる状況にも慣れなくてちょっと違和感があり、
不思議~な気分になった実家1日目でした。
日帰りバス旅行。
9月13日(日)

金沢に着いて2日目。
仕事であまり時間がない為、母ともあまり話しなどしないまま、
日曜の今日は、町内会主催の1日バス旅行に、仕事が忙しい弟以外の家族全員で参加。

家族全員、朝早くから支度に追われ、
日帰りにもかかわらず、すんごい大荷物でバスに乗り込み、
30分ほど揺られて、目的地のレジャー施設へ。

テニスコートやプールがあるので、午前中はスポーツで汗を流し、
お昼はバーベキュー、
最後に併設の温泉で汗を流して、

すっきり&さっぱりして帰ってきましょう・・・、みたいな企画やったのやけど、

久しぶりの日本の夏(って言っても晩夏のハズなんやけど)の

暑さと湿度にすでに参り気味の私、もうヘロヘロ。

子供達もいるし、とても優雅にテニス・・・なんて素敵な事には至らず、

みんなで自転車コーナーで遊んだりして、お昼のバーベキューまでの時間を潰す。

甥っ子の寛ちゃん。(ブレててごめん。)
satogaeri 142

姪っ子のなっちゃん。
satogaeri 143

父さん&Cody。
satogaeri 144

これ、すんごく難しかった。私、股関節コキっ♪てなったもの。
satogaeri 147

Cody、やりたいけどペダルに足届かず・・・。
satogaeri 148

母。明日が59歳の誕生日。イタズラしてゴメンね~。
satogaeri 149

と、まーこんな感じです。

で、お昼になり。
待ってました、バーベキュー。

ところが、家でごはんを食べさせるのも一苦労やのに、

こんな屋外に来て、
バーベキュー焼きながら、
子供達に食べさせて、
かつ自分も食べる・・・

なんて、無理っ!!

結果。

母にはひたすら肉を焼かせ、

自分は食べるのと、食べさせるので精一杯。

ここでも母と娘、あるいはばばと孫のゆったりとした親睦は思うように図れず。

ランチ後はプール遊びをし、その後温泉に入って帰ろうと言う事にしたのだけど、

日本に着いて以来かなりのホームシックで、ちょっとおかしかったCodyの疲れがピークに達したのか、プールに入った頃からグズグズが凄くなってきて、愚図るCodyとちょっとでも手を離したらその辺を走り回る勢いのシエナの二人を抱え、プールで身動きとれない私。
(プールの更衣室でお着替え中も、シエナちゃん。私とばばの二人がほぼ裸・・・という絶妙のタイミングでスーッと入り口から外に出てしまい、慌てて服を着なおして追いかけ、追いついた時には、既に階段を登って2階に到達していました。まったく恐るべし子じゃよ・・・)

更衣室の中は無理でも、プールの中はOKなのでぜひ父さんに助けてもらいところなのに、奴は一人悠々と温泉の方に行きやがった。

「ばば」にも助けてもらいたかったのに、Codyもシエナも
「ママ~、ママ~」と泣くので、

「あ゛~あ゛~、ママじゃないとダメなのね。あたしがいても仕方がないから・・・」と、母もさっさと温泉の方へ。

Codyはあっち、シエナはこっちへ行こうとして、もう・・・どうしてよいのか分からない。
で、ちょっと手を離した隙に、シエナさん。
タタタッと走って滑ってコケて、後頭部を強打&激泣き。

だっ、誰か助けてよぉ~。
プールはもういいから・・・、私も温泉入りたいよぉ~。

でも二人の子供と一緒は無理よね。
仕方が無いので、プールの横についた小っちゃい洗い場みたいな所で子供達を洗うのが精一杯。

団体行動だもの、バスの出発時間とかあるし、遅れて他の皆様に迷惑が掛かっては大変。

温泉に入ってすっきり&さっぱりするハズが、ろくにシャンプーも出来なくて、汗で全身ドカドカになって、やっとの思いで帰路につくも・・・

あと10分ぐらいで解散場所に到着・・・ぐらいのタイミングでCodyの様子がおかしくなり、
(急に落ち着きがなくなり、体をよじったりしてグズグズ、ソワソワし出した)

何だろう、どうしたのだろう。ホームシックかストレスか・・・と心配していたら、急に

おえ゛え゛え゛ぇぇぇぇ~っ!!!
と、おゲロ。(正確には、おえぇ~4回の、かなりの大物でした)

顔を私の方に向け、膝の上に抱っこしていたので、
吐き出されたおゲロは全て私の胸元に。

不幸中の幸いか、ほとんどの吐しゃ物はブラとおっぱいの隙間でキャッチされ、バスの座席などには一滴もこぼれませんでした。

でも、ちょっとでも動いたらタラぁ~っと脇の方から流れ落ちてきそうな気配だったので、ゲロゲロのCodyを抱っこしたまま、それ以上胸元のゲロが広がらない様にサンドイッチ状態で押さえ、解散場所まで着いても抱っこのまま、そこから自宅まで死に物狂いで歩きました。

もう・・・重くって、腕がちぎれるかと思った。
でもCodyを話してしまうと、胸にはさんだゲロが流れ出てしまうので・・・

温泉ですっきりするつもりがゲロを浴びてしまった私も可哀想ですが、もっと可哀想なのはCody。

敏感な子なので環境が変わってナーバスになってるのか、暑い日だったし、プールのジャグジーにも長く入っていたのでのぼせたのか、あるいはバーベキューで食べた何かがあわなかったのか、バスに揺られて酔ったのか・・・

理由は良くわかりませんでしたが、とにかく相当参ってたみたいで。

そーこーする内にだんだん私の胃腸もおかしくなり、
この夜一晩で20回ぐらいトイレに行きました。水の様な下痢。

日本の水が合わないの?
私達、どうなっちゃうんでしょう・・・。
里帰り~4日目。
9月14日(月)

Codyは・・・今朝も吐きました。

お腹すいていたみたいでご飯を欲しがって、
パクパクおいしそうに食べるので、

「あ~、かなり良くなったのねぇ~」と喜んで、調子に乗ってどんどん食べさせていたら、

ゲロゲロゲロぉ~♪

少し微熱もあるみたい。
お腹もゆるいし。

お医者さんに行くほどでもなさそうだけど、
せめてちょっと楽になれるお薬とかあれば・・・と、
仕事がお昼からだった弟に頼んで、車で近所の薬局へ連れてってもらう。

が、ここもオーストラリアと同じでした。

Codyの症状を一通り説明したら薬剤師さんに、

「吐いたり、下痢をしたりしてるのは、体がそうして病気と闘っているということで、それを無理に薬で抑えるのは却ってよくないので、お勧め出来る薬はありません・・・。症状が悪化したり、長引くようであれば医者に診せて下さい。」と言われました。

そっか・・・。しばらくそっとしておくしかないのかな~?

そんな今日は「ばば」の59歳のお誕生日。

プレゼントはこの滞在中に何か見つけるとして、
せめてケーキでお祝いでも・・・と弟に頼んでケーキ屋さんに行ったのだけど、

日本のケーキさんではバースデーケーキは

前日以前に予約が要ったのね。

知らんかった・・・。

オーストラリアじゃ当日いきなり行っても、何種類かのホールケーキがショーケースに並んでるので(そんで、その場でささっとメッセージ入れてもらう・・・)思い付いた時にいつでも買えるのに。

帰ってきてまだ数日やけど、実家や実家の近所の風景の中に自分がいる事にとても違和感を感じていたし、ちょっとその辺のお店に入っても何だか見知らぬ世界に踏み込んだみたいな、自分だけが浮いているみたいな不思議な気持ちになってる所へきて、ちょっとお祝いのつもりの「母へのバースデーケーキ」すら満足に買ず仕舞いで、珍しく私の気持ちはどど~んと沈み込みました。

Codyだけじゃなくて私も超~お腹の調子が悪かったし、
ケっ、ケーキは明日でもいいか・・・と、お祝いは勝手に延期。

ごめんね、ばば。


お昼は中学時代の友人数人と近所でランチをする約束になっていた。
体調は決してベストではなかったけれど、前から皆んなの予定を調整して苦労して決めたものだし
、キャンセルするわけにはいかない。
Codyをどうしようか迷ったのだけど、彼の場合、一人で置いて行くときっと大泣きするだろうから、多少辛くっても一緒に連れて行ったやった方がストレスにならないので、病気で可哀想だったのだけど、予定を強行。

とにかく足がないので、私はシエナを乗せたベビーカーを押して、父さんはCodyを乗せた「ばば」のママチャリを引いて、二人で歩いた。

「ランチ」のメンバーに入っていない父さんは、レストランに着いたら「さよなら~」で、そのまま一人「ばば」のママチャリに乗って、知り尽くした(7年弱住んでましたから)金沢の街に繰り出して行った。

久しぶりに会う「中学時代の同級生」。

とにかく皆んな若くてキレイ

人に会う度に「我が身のひどさ」に痛い思いをするやろーな~と覚悟はしていたつもりやったけど、本当にそうで、ははは・・・と笑ってごまかすしかなかったわ。

久しぶりの美味しい和食のランチは、お腹の調子が悪くてほとんど食べられなくて非常~に残念やったけど、実家ではあんなに辛そうやったCodyが、家を出た途端に急に元気になってくれたので、時間を気にせずに「おしゃべり」の方はとってもエンジョイする事が出来た。

せっかく集まったのだもの、ランチだけでお開きにするにはもったいない、とその後場所を隣のマクドに移して、母達は延々としゃべり続けましたぞ。

いや~、このマクドが最高やったな~。

最近は、日本のマクドにも「お子ちゃまプレイエリア」があるんやね。
しかもここはそのプレイエリア全体が屋内に入っていたので、クーラーも効いて最高~。
そしてそしてドリンク類がほどんど

100円ってどうよ。

コイン一つで買えたアイスコーヒーで喉を潤しつつ、
テーブル席を陣取ってさんざんくっちゃべり~で、

あ゛~快適~。

こーゆー思いを味わうと、
やっぱり日本はパラダイスやわ~。

この頃にはCodyも本当に元気になって、
嬉しそうにプレイエリアを登ったり降りたり、大喜び。

とても今朝、吐いたり熱を出していた子とは思えず。

良かった~♪
実家から歩いて来れるので、「ぜひぜひまた来よう~☆」とウキウキになり、友人に実家に送ってもらった頃には沈んでいた私の気持ちもちょっと軽くなっていました。

相変わらず、安っ!!

里帰り~5日目。
9月15日(火)

日本について以来、Codyは毎日の様に私に

「早くオーストラリアのお家に帰りたいよぉ~。あと何日で帰れるの?(指を1本出して)あとこれくらい??(2本出して)それともこれくらい??」と泣きそうな顔してて聞き続ける。

そんな彼にとてもとても指を10本以上出して

「あともっともっとい~っぱい
これくら~いより・・・もっと。」などとは言えず・・・。困ったなぁ~。


日本について以来、バタバタと子供達にも忙しい思いをさせてしまったけど、
今日は何も予定なし。

明日からずっと1週間、また毎日誰かしらに会う約束が入っているので、ゆっくり休んで体調を立て直すチャンスやった。

本当は昨日買いそびれた「ばば」のお祝いのケーキを今日買うつもりでいたのだけど、昨夜遅くに仕事から帰った弟がミスドとケーキをダブルで買ってきてくれていたので、そんなに甘いもんばっかりも要らんやろーと、

今日もバースデーケーキはなし。

結局、そんなこんなでせっかくの「ばば」のバースデーのお祝いが、

気が付いたら

うやむや~になってしまった。
(ゴメンネ~、お母さん・・・。来年は還暦やからドカン♪とお祝いしようね~)

車がないので、今日も私はシエナのベビーカーを、父さんはCodyを乗せたママチャリを引っ張って・・・と言うスタイルで、午前中は近所の100円ショップなどを歩いて見て周り、お昼はその足でやっぱり近所のふぁみレスで済ます。

しかしまた、しばらく行かない内にふぁみレスも随分お洒落になってたわ~。

しかもとってもキッズ・フレンドリーで(ふぁみレスやから当然か~)、
安いし、そんなに不味くないし、居心地はいいしで、

もう最高~。

シエナさんは、お蕎麦を美味しそうに・・・
satogaeri 152

ちゅる、ちゅる、ちゅるぅ~♪
satogaeri 153

Codyは自分で選んで決めた(写真のメニューだから楽しいね)お子様うどんを、
satogaeri 154

見事に完食されました。

とても昨日まで、吐いたりして絶不調だった子とは思えません。
「母さん、明日もまたここに来ようね~」とのコメントが出たくらい、本当に気に入ったご様子。

帰りには公園にも寄ったね。
satogaeri 156

ここでも二人は本当に元気で楽しそうにした。

子供だと思っても、慣れない実家にお泊りすることは、相当のストレスになっているのかな?

家でゆっくりと過ごして「ばば」と子供達の時間を出来るだけ取りたいと思うのだけど、それが目的の里帰りなのに、実家ではぜんぜん元気が出ず、外に出るととたんに活き活きし出したりして、ちょっと困ってしまいます。
里帰り~6日目。
9月16日(水)

今日は中学時代の友人のお宅へ遊びに行った。

数年前に年賀状で「マイホーム」を購入した事を知らされていて羨ましいな~と思っていたので、父さんも連れて行って「刺激」を受けて頂く。

あぁ~、今思い出しても「うっとり」する、本当に素敵なお宅やった~。すごく便利な所なのに、周りにはポツポツと田んぼや畑も残っていたりして、場所もいい。

いいな~、いいな~。
とうさ~ん、私も早く 家が欲しい~。

ま~、今住んでるのも一応持ち家ではあるのですが・・・
素敵な家が欲しい~。

男の子二人兄弟のお宅なので、子供達はおもちゃをお借りしてご機嫌。次男君が幼稚園から帰ってからは(幼稚園バスでお家の前まで送迎です!便利っ!!」一緒に遊んでもらったりして、今日は特にCodyが楽しそうにしてくれ、私としてもほっ・・・でした。

satogaeri 157
(写真には学校から帰った長男君も。この後すぐにサッカーに出掛けていった。大人より忙しいぞ、小学生!)

この弟君、この前のマクドに続きCodyに会うのは今日で2度目なのですが、Codyに「オーケー?」とか「イエスっ!」とか、まだ小さいのに知ってる限りの英語を話そうとしてくれる。あまり良く分からないCodyの話す英語にも一生懸命に耳を傾け聞き取ろうとし、よく分からないと「えっ?今の何??」って感じで私やママを見て助けを求めてくる。

かっ、かわいい・・・。

なんか、こーゆーの、素直で素敵やわ。
(きっとお母さんが素晴らしいのね、とても明るくて前向きな人だから)
「僕・・・、英語なんか分からん・・・」ってリジェクトするんじゃなくって、受け入れようとしててくれる気持ちがCodyにも伝わるんでしょう、弟君がおどけて「変な顔」とかすると(写真でもしてますね~)

「キャキャキャ・・・♪」と大ウケで。
彼本来の笑顔か出て、私としてもほっ・・・とした~。

里帰り~7日目。
9月17日(木)

今日は日本に住んでいた時にパートでとてもお世話になったお店の店長ご夫妻&当時のパート仲間とランチの約束をしていた。

たまたま義妹の車を借りることが出来たので、久しぶりに金沢の街を運転。待ち合わせの場所に向う。

が。
がっ。

約8年のブレイクがそうさせたのか、
私の頭が単にボケているだけなのか(多分そう・・・)

迷いに迷って・・・約束の場所にはたどり着けなかった。

金沢のエリアの名前を聞くと、あ~あの辺ね・・・とだいたいのロケーションは分かるのだけど、その点と点が線でつながらない。所々に新しい道や建物が出来ていて、余計に分からなくなる。

大好きな金沢の街なのに、満足に動けないなんて・・・。
やはり私はもう「異邦人」なんやろーか?
これにはかなりショックやったな~。

そんな私の凹みはともかくとして、ランチの方ですが、

それはそれは大変でした。

シ、シエナさんです。

ベビーシートにロック・インできるファミレスだったらまだ良かったのかもしれませんが、そこはとても素敵な雰囲気の和食屋さんで、小上がりに上がって正座してお食事を頂くスタイル。

私はこれ、大好きです。
せっかく日本に帰ってるんやもん、どうせならそーゆー所に毎日でも行きたい。

が、
が、
シエナさんには、これが超・危険ゾーンなんですね。

テーブルの上の、グラスのお水が飲みたい。
たくさん並んだ、素敵な小皿をさわりたい。

「それはダメよ・・・」と押さえ込むと、もう大暴れですわ。

これは実家でも同じ。
誰かが食事をしている間は、暴れる彼女を押さえているだけでもうヘロヘロになります。

そんなヨレヨレ状態の私に、今日は兄さんのこんな発言。
それは皆さんからたくさん子供達に本などのプレゼントを頂き(本当にありがとうございました~☆)、
みんなで他愛も無いおじゃべりをしていた時のこと。

Codyが泣きそうな顔して
「母さん・・・、みんなが僕の事を、馬鹿にして笑ってる・・・」って。
え゛ぇ~、Cody。なんて事言うの。
そんな事ないよ、みんなCodyの事が可愛くて大好きなのよ・・・、慌てて説明するのですが・・・。

これには本当にびっくりしました。
私達の普通の会話が、Codyにはそんな風に聞こえていたなんて。

日本に来てから彼の様子がおかしくなったのも、
彼の表情が曇りがちになって、目の輝きもなくなってしまっていたのも、吐いたり微熱を出したりしたので体調のせいだと思ってた。

でも彼にとって日本語の会話はぜんぜん意味の分からない雑音で、その中にときどき「Cody・・・」と自分の名前が聞こえ、みんなの視線が自分に注がれる。そしてこれ、日本人の会話の上での特徴ですが、会話の最後に出る「意味のない笑い」が続く。私自身もよくします。

こんな感じです。
Aさん:「Cody君はどう?シエナちゃんの面倒とかよく見る??」
私:「そうね・・・、ケンカもするけど、とてもいいお兄ちゃんよ・・・、うふふっ♪
Aさん:「そう・・・いいお兄ちゃんなのね、偉いねCody君、うふふ・・・」ってな感じ。

こんな会話の中でCodyが理解出来るのは、
自分の名前と、うふふ・・・と言う不気味な(Codyにとっては)笑いと、彼に注がれる不可解な視線。

これを彼は、小バカにされてる・・・と思った訳ですね。

あ゛ぁ~、ごめんねCody。
母さん、今日までそんな事、ぜんぜん気づかなかったよぉ~。
彼にとても申し訳なく、可哀想な気持ちになると同時に、まだこんなに小さいのに、なんて繊細な心を持っているのだろう・・・と驚き、そしてそんな複雑な心境を上手に私に伝えてくれた彼の表現力に感心。

正確には英語で、「Mummy...、everybody is laughing at me. I think they are saying something bad about me and...laughing at me...」と言ったのだけど、

今日のこの衝撃は、ちょっと忘れられそうにありません。
里帰り~8日目。
9月18日(金)

朝からいきなり「ママ・モード」な子供達。
私が相手しててやらないとグダグダとうるさくって、
朝の支度をするだけでもうクタクタ。
二人とも体調悪いのは分かるけど、ホント、キレそうになる。

ところで。

日本に住んでいた時、父さんはアルバイトで「英会話の先生」をしていました。
と言っても別に「教員免許」とか持っている訳ではなく、

単にネイティブなだけ、なので、

教えていた先は地元の専門学校とか、
あるいは個人的に、とかですが。

今日は、そんな当時の生徒さん達と兼六園近くの石亭でランチ。

生徒さん達と言っても、皆様マダムの年齢のご夫人達で、
しかも全員、ご主人が「ドクター」
それも皆、「大学教授クラス」の超・エリート(だと思う)なのに、
奥様方は全然偉ぶった所がなく、とっても上品で控えめで、
素敵な方達ばかり。
こんなアホな私なんて絶対に接点が無く、お知り合いにはなれない様なクラスの皆様で、父さん曰く、「日本に居た時の生徒さん達の中でも、一番好きな生徒さん♪」だったそう。

英語が話せる・・・と言うだけで、ハイ・クラスなジャパニーズと交流が出来た父さんはとてもラッキーだったと思う。
イヤ、単に運だけでもないか。
父さんは何つーか、ぜんぜん育ちとか良くないくせに日本では「とても人当たりが良く、お行儀の良いガイジン」だったので(例えば、ラフなアメリカンの様に教壇にちょっと腰掛けてレッスンする・・・とか、そーゆー事はしない)、こんなハイソな生徒さんからも実は非常に好かれていましたっけ。

前回の里帰りの際に初めてお会いした以外には面識のない方がたなのですが、
「石亭でランチ」と聞いて、「私も行く~♪」みたいな、ずーずーしい私。
だってあそこ、しゃぶしゃぶで有名なのよね~。

一応、金沢の老舗の料亭なので、食事はすべて個室。(しかも広~い)

お部屋の窓からの眺めは、こんな感じ。
satogaeri 169

なんとなく記念写真。
satogaeri 164

が、お部屋に入って早々に、シエナに「ミルクが欲しい」と暴れられ、
(彼女はミルクの事を「ウォ~タ~♪」と言います。水と間違ってる。)

仲居さんに頼んだけどもらえず
(厨房にそんなもん、ねぇ~よ!と言われた)

しぶしぶシエナを連れて、近くのローソンまで牛乳調達の旅に。

戻ってきた頃にはすっかりお料理が運び込まれた後。
残念ながらランチはしゃぶしゃぶではなく、普通の懐石ランチでしたが、
これがきっと結構なお値段するやろーに、

不味かった・・・。

ご馳走になっておいて、こんな事言うのは不謹慎やけど、

本当に不味かった・・・。

観光客も大勢行くやろーに、
金沢には美味しいものがたくさんあるのに、
あーゆー店で、あーゆーレベルの物を出しちゃいかんぞ。
金沢出身の者として残念やわ~。

その後父さんとマダム達は場所を変えて「お茶でも・・・」となったので、
シエナがちょっと眠そうだった事もあり、我々は退散。

実家でちょっと休んでから、夕方から義妹の車を借りて、
ずっと行きたいと思っていた「西松屋」へ。
夏物の在庫処分品を狙っていたのだけど、ちょっと遅かったのかな?
シエナのはほとんど買えず。
でも兄さんのサイズのTシャツが、1枚99円であったので、嬉しくなって買い占めて来ました。
短パンも299円・・・とかであったのに、99円と比較すると「高っ」と思って買わなかった。今から思うと、あれでも非常にお買い得やったのに、買っておけばよかった・・・と後悔。

そんなこんなで夜が暮れて・・・。

父さんは夜には別の友達と飲みに出掛けてくれ、子供達も比較的早くに寝たので、突然に降って湧いた奇跡の「まったりタイム♪」。やっぱり一人になれる時間って大切やわ~。
里帰り~9日目。
9月19日(土)

私がいない間、父さんには好きにやっててもらう事にして、
今日は子供達だけを連れ、短大時代の友人3人と温泉でお泊り。

みんな子持ちだし、仕事してるコもいるし、
それぞれ金沢、横浜、兵庫と、現在住んでいる所もバラバラ。
しかも先月にお盆で「帰省」したばかりなのに、
今回の私の里帰りに合わせて都合をつけて再び「金沢」に集まってくれた。
しかも一人は、中学生&小学生の兄弟だけで留守番させてまでして。

皆んな~、本当に、本当に ありがとうね~っ!!

もちろん前回の里帰り以来会っていなくって、
私は、今日の日をどれだけ楽しみにしていた事か。

予約の時点で、子供達をどうしようか・・・迷ったのだけど、うちの子たち、父さんにはぜんぜんなついていないので、奴に子守りを頼むのは無理っ!
「ばば」も夜は仕事でいないし、まさか義妹に頼むわけにもいかず・・・。
体調の悪い子供達を無理やり連れて行くのもどうか・・・とちょっと気にはなったのですが、今日の為にみんな都合つけて着てくれてるのだもの、キャンセルするなんて有り得ない。

大変な目に遭いそうな予感はしたのですが、
「私さえ覚悟してればいいこと・・・」と思い、仕方なく連れて行きました。

で、私のその私の予感は不幸にも的中しました。

いや、旅館到着後しばらくは平穏だったのです。

食事の前にひとっ風呂・・・と、

こんな余裕もありました。
satogaeri 172
(男女混浴の露天風呂。よって女性には巻きタオル、子供達にも不思議な入浴着が用意されていましたっけ・・・。)

まだ明るい内の露天風呂は最高で、
子供達もとてもエンジョイしてました。
気持ちよかったよね~。

が、夕食時です。
事件が起きたのは。

お風呂では機嫌の良かったシエナさんが、
夕食を頂く為に別室の和室に入った頃から急に機嫌が悪くなり、
ちっともじっとしててくれないので、

satogaeri 174

バナナを持たせ部屋の外に出して隔離して、なんとか難を乗り切ろうと試みたりしましたが、ギャーギャー泣いてうるさいったら。

で、どうしたのかな・・・と胸に抱っこしてなだめていたら、

ゲロゲロゲロぉ~っ!!!

おや?これはいつぞやのデジャヴ??



シエナさんが、

実家を出る前に大量に食べた、カレーを全てお吐きになりました。
前回のCodyのゲロ事件同様、吐しゃ物は抱っこしていた私が全て胸で受け止めたので、床などへの被害はなし。

二度とも絶妙のタイミングで子供達を抱っこしている私って、
運がいいのか悪いのか?

とにかく洗わない事にはどーしよーもないので、ゲロまみれのままで部屋に戻り、部屋の内風呂で全身洗浄&浴衣(を着ていたので)の洗濯。

ラッキーな事に部屋に予備の浴衣があり、それを着て再び食事の部屋に戻った頃には、すっかりお料理は冷え切っていましたっけ・・・。

あ゛ぁ~、Codyに続いてシエナまでもがゲロゲロに。
(実は二人とも、温泉の直後に吐いた・・・という共通点あり。)

やっぱり無理して連れてきて可哀想やったかな~。
でもせっかくの温泉・・・、「じゃ~家に帰るわ~」と言うわけにも行かず。
あ゛ぁ~っ、私達どーなっちゃうの~っ!!
里帰り~10日目。
9月20日(日)

昨夜、子供達が寝静まってからはやっと私もひと段落で、
友人たちと他愛も無いおしゃべり(主に旦那の愚痴か??)を楽しんで、そろそろ寝ようか・・・と言う頃にはもうすぐ夜明け?みたいな時間になっていました。

ちらっと寝て・・・5時ごろやったかな?
ふと目が覚めると浴衣が「漏れ乳」でべちょべちょに。
ブラ、して寝なかったからさ~。
卒乳後もう1週間近くたつのに、まだまだ漏れて来ます。
絞って出せばいいのだろうけど、なんだかんだとバタバタ忙しくしてて、
そういう時間も取れずにいる。

いい時間やったので、こっそりと私だけ部屋を抜け出し、一人で

朝風呂。

部屋に残してきた子供達が起きてしまって、友人たちに迷惑かけてたらどうしよう・・・と気が気ではなかったけど、そうでもしないと風呂には入れん。

さっぱりして部屋に戻ると、まだみんな寝てて、しーんとしてた。
良かった・・・。

そのまま一人で化粧とか済ませて、子供達が起きた後のバタバタに備える。

朝ごはんも、なんやら小鉢やら小皿やらがたくさんテーブルに並んで、さらには固形燃料でぐつぐつ煮えてる湯豆腐なんかがあったりして、シエナさんを押さえ込むだけで精一杯。隙を見てはご飯を口に放り込んで・・・、子供達にも何か食べさせないといけないし、まったりと上げ膳、据え膳を味わう様な余裕などありやしない。

チェックアウトの後、旅館の前で記念写真。
satogaeri 175

なんや、私だけえらい座高が高いな~。
Codyもにっこり笑顔が出るようになったし、
シエナもとても昨夜ゲロったとは思えないくらい元気。
良かった・・・。

で、その後は、友人たちの配慮で近くの動物園に行きました。
子連れは私だけで、
他のみんなは動物園なんて行ってもしゃーないやろーに、
わざわざ付き合ってくれて本当に有難い。

ここでは子供達はとっても楽しそうでした。

こーゆーの結構怖がる兄さんが、どーゆー訳か大喜び。
satogaeri 182

用心深いやっちゃ・・・、シエナさんは遠巻きに観察・・・。
satogaeri 183
(可愛く見えて、どーせ中にむっさいおっさん入っとるんちゃうん??とまでは思っていなかろうが)

が、この後遅いランチに立ち寄った「ギョーザの王将」でまた大変。
フィーディングテーブルとかに閉じ込めておければいいのだけど、正座して座る小上がりみたいな所に入ったので、私は彼女を押さえ込むだけで精一杯。
ってゆーか押さえ込むと嫌がって暴れる・・・ので、本当に本当~に大変でした。
ちょっと手を伸ばせは・・・魅力的なタレ入りの小皿がずらっと並ぶ。
これでシエナさんがじっとしている訳がありません。
あんな中、付き合ってくれた友人たちには感謝&申し訳ない気持ちでいーっぱい。
大好きなギョーザやのに、ぜんぜん食った気せんかったわ。

せっかく久しぶりに会ったのだもの、もっとおしゃべりしたいわ~と思う反面、一緒にいればいる程ますます迷惑をかけてしまう様でなんだか私もヘロヘロになってしまい、

夕方、今日から借りる予約をしていたレンタカー屋さんに送ってもらったところで「バイバイ」した頃には
「やっぱり帰って来るんじゃなかった・・・」と、もう「自己嫌悪」でかなりブルーになっていました。
なんかもう・・・、行く先々でハプニングがあって、周りの皆様に迷惑かけ通しなんやもん。

嗚呼・・・、まだ1週間もある。
今だから言えますが、この頃の私は、
(子供達を「ばば」に会わせる目的は達成したので)
追加料金払ってでも、帰りの飛行機変更して、すぐにでもシドニーに帰りたい・・・
本当にそう思っていました。


里帰り~11日目。
9月21日(月)

昨日から借りたレンタカーのお陰でぐ~っと行動範囲が広がって、
お買い物とか、非常に楽しく、気持ちも実に晴れ晴れする。
シドニーでも普段から好きに動き回ってるから、実家へ来て以来の行動の制限が、実はかなりストレスになっていたらしい。

実家に着いてから、「このままではやばい・・・」と思い、ネットで調べた地元のレンタカー業者。

借りたのは古いタイプの「ワゴンR」やったんやけど(一番安かったので)
1週間借りて

1万4千円は安いやろ~。

1日たった2千円よ。
保険とか諸々、もちろん込み込みで。

一旦借りてしまえば、乗らないと勿体無いので、
今日は朝から晩まで出掛けまくりました。

日中の大半は父さんの友人ファミリーと過ごし、
(日本人の奥さんにアメリカ人のご主人、7歳、5歳、3歳と3人の子供がいます)
子供達も一緒に公園で遊んだり・・・とリフレッシュ。

夕方からは、大型家電のチェーン店に行って「おもちゃ」の物色。

これは最近のトレンドなの??
ヤマダ電機とかそーゆー家電店の中に、おもちゃコーナーがあったりしてび~っくり。
しかもお子ちゃまプレイエリアなんかも設置してあって、
子供達はそりゃ~喜びました。

最初の内は一つのおもちゃを取り合いしたりしてワイワイ遊んでいたのですが、
satogaeri 185

しばらく放って置いたら静かになって・・・

よしよし、仲良く遊んでるのね・・・と思ってCodyを見てびっくり。

お人形にお洋服を着せたり脱がせたり・・・を
satogaeri 186

すんごい真剣な顔してやってました。

そーよね~、男の子だからお人形遊びしちゃーいけないって決まりはないもの。
バービーとか買ってあげた方がいいのかな?

そんなこんなで夜になり、ちょっと買い物があってひっさしぶりにデパートへ。
弊店間際だったのであまり時間はなかったけど、たまたま通った1階の化粧品売り場。

針のムシロやったわ~。

売り子のお姉さんたちの、綺麗なこと~

それに比べて自分の姿のひどい事と言ったら。
安い、汚い、貧乏臭~い。
もっ、もう、二度とデパートなんかに行くもんかっ!

ちょっとしたカルチャーショックでしたよ~。

里帰り~12日目。
9月22日(火)

連休中の今日は、福井の親戚の家に遊びに行く予定になっていました。

まずはランチの時間を狙って途中に立ち寄った義妹の実家のカレー屋さんでおいちーカレーをランチにご馳走になり、おまけに子供達にはきゃわいいお洋服(オーストラリアにはないGAP!)を頂いたりして、本当にありがと~ございま~すっ♪

日本に来て以来、あまり食欲のなかったうちの子供達が、
ま~食べること、食べること。

やっぱりカレーのパワーってスゴイわ~。

義妹父のスペシャルカレーはとーってもおいしいのにスパイスなんかで胸焼けをする事がなくって、子供達でもバクバクいけるの。久々にモリモリ食べる子供達の姿を見て、ちょっと元気をもらった私。

今日、一番笑ったのが、久しぶりに会った叔父の一言かな?

開口一番に、「うわ~、久子ちゃん・・・」って言うから、

てっきり私の産後太りの体を見てビックリしたんだと思って、

「あぁ・・・太ったでしょ~。特にお腹が戻らなくって・・・」と下腹をパンパンやったら、叔父は

「いやいや・・・そうじゃなくて、そっ、その顔。どうしたのっ??」って。

え?

えっ?

え~っ?

この顔で38年生きてますけど、それが

何か?

そっ、そんなに変わってしまったのだろうか、あたし。

・・・。

・・・。

・・・。

と、ま~そんなことは置いておいて・・・(ってそれがアカンのだろーがっ!)

我が家だけで4人+「ばば」と義妹&甥っ子、姪っ子の計8人。
叔父宅の方は叔父&叔母に遠方から帰省した従妹3人+最近結婚したばかりの従妹のご主人の6人。それに「ばば」の従妹も駆けつけてくれ、加えて室内お出入り自由の大きなゴールデン・レトリバーがいたりして、

食事時を避けたにもかかわらず、すんごい賑やかな大宴会になり、
子供達はおもちゃを頂くわ、
大人たちは食べ&飲みまくるわ、(私は主にスイーツ&お茶ですが)

本当に楽しかった~。
(特に叔母ちゃん、いつもの事ですがお世話かけました~)


神頼みのオバジ。
9月29日(火)

9時からCodyがデイケアだったのだけど、
昨日帰ったばかりで疲れが取れず、時間通りに起きられずで(私もCodyも)
ちょっと遅刻した挙げ句、父さんに連れて行ってもらう。
(父さんだけは一人早起きして、何やらゴソゴソ活動開始してました。)

何気にケータイ見たら、ビンちゃんから
「シエナと図書館行くやろう?その後一緒にお茶しよう」ってメール入ってて、

とてもとても「シエナと図書館」なんてそんな元気は戻っていないので、
丁重に「お断り」のお返事。

歳だからなのか、飛行機でちょっと一晩寝れなかったぐらいで本当に堪えてしまって、免疫も低下してしまっているのか夜になったら体がゾクゾクしてきたりもして、日本へのお土産に買って余ったプロポリスを、生まれて初めて飲んでみる。

苦っ・・・。でも効きそう。

Codyはオーストラリアに帰って来たのがそんなに嬉しいのか、デイケアでも家に戻っても何だか知らないけど元気いっぱい大はしゃぎ。
シエナも調子がいいみたいで、今日も用意したディナー(チキンのクリーム煮)を自分で手づかみで完食した。

兎にも角にも、子供達が元気でよく食べてくれると嬉しいもの。


そして夜になり・・・

密かに楽しみにしてたアレを出してみる。

そのアレ・・・とは、オバジ。
今回の里帰り中に、日本の薬局で出会った、オバジの美容液。
美白効果があるらしい、ちっちゃいビンで3000円もした美容液。

現地、日本ではもうブームも下火なのだろうか?
でも私は密かにコレに期待しているのよ。

過去にこのブログでも

あたしゃ~美容にはまったく興味ございませんっ!と豪語した、確か。

それは間違いない。
本当に興味ないし、それにお金かけるのも馬鹿馬鹿しいと思ってる。

が、悲しいかな、私も女の端くれやった。

額のしわがどんなに深くなろうとも、
肌のきめがどんなに粗くなろうとも、
小鼻の毛穴がどんなに黒ずんでも、

ちーっとも気にならないのに、

いつの頃からか(たぶんCodyを妊娠後)頬に現れたシミだけは、

どーしても気になって仕方が無い。

これさえ消えてくれれば、あと5歳ぐらいは若返るのに・・・と勝手に思っているし。
(いや、それよりその下腹と二の腕の方を心配しろよっ、って分かってまーすってば!!)
お店の人には、同じ容量で8000円もするビタミンCの配合量が多いやつの方が(確か10b、やったかな?)

効きますよ!と言われたのだけど、さすがにそんなお高いのには手が出せず、

とりあえずこの、オバジC5bでやってみようかな、と。

たった10mlでどれくらい持つんやろ?
もったいないから、シミの所だけに使おうっと。

1ヶ月後にでも、途中経過、ご報告しますわ。


カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。