オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩は隠れてしよう!
8月1日(金)

ここ数日、続けて父さんと口喧嘩した。

しかもCodyの前で。

単なる口喧嘩は良かろう。
でも、「Codyの前で」ってのが非常に不本意。
しか~しっ、我慢ならんかったんやもん。

ある夜の夕飯時、Codyが食べ遊びをしてテーブルの上をぐちゃぐちゃにした時やったかな~。

父さんが「You di・・k head!」って言うんやもん、Codyに向かって。
「この、チ○ポ野郎!」やよ。
そんなんもう許せんっくって、その瞬間に「ドン!」って胸のところどついて

!@#$%^&*(!@#$%^&*(\

なんやかんやと言いまくった。

こっちが真剣になって怒ってるのに、奴ったら

へへへ・・・って薄笑い。

一体何が可笑しいのか!
その態度にさらに激怒。もう話にならんわ。

そして昨日。
父さんがシエナをあやしていたのだけど、彼女のお口からブクブク泡が溢れてあごのところまで垂れていたので(ちっ、目の前でそれ見てて何とかしようとは思わないのかね!と不満タレタレで)

「ちょっと~、ティッシュか何かで拭いてやってよぉ~」とお願いしたのだけど、

その拭き方がいかにも

イヤイヤやってます・・・って感じで

ただティッシュを口元に撫でつけているだけで、それ見てたらまたイライラっとして

「ちゃんと見て、しっかり拭いてやって!!」とお願いしたら(正確に言うと怒鳴ったら)

父さん、シエナを片手で支えていたので手元の注意がおろそかになって

ぐら~んとシエナが後ろに倒れて、もう少しでひっくり返って大事になるところやった。
(首も座らず、まだグニャグニャやからね)

そしたら父さんが、

「あんたが横からごちゃごちゃうるさいからや!」って

私のせいにするし。

なんだとこらぁ~っ!!と頭パコーンとぶって(私、暴力妻??)

@#$%^&*()_@#$%^&*(

またまたぶち切れた。

横から何言われようが、空からヤリが降って来ようが、
我が子を支える手元が狂うって事は有り得んやろ?

しかもそれを、私のせいにするし。

もう、許せん・・・。

んで、今日。

シエナがはみ出しウンチをしたので大変な思いをしてお風呂に入れた。
こーゆー非常事態には、いつも必ず首を突っ込んでくる父さん。
大して役にも立たないのに。

で、とにかくシエナはキレイになったので、バスルームの後始末は後回しにしてキッチンで何かしてたら、父さんが彼なりに気を利かせてバスルームの後片付けを始めた。

で、キッチンにゴミを捨てに来たのだけど、手にしているのはお尻拭きだけで、
汚れたオムツを持ってない。

なので、「オムツも捨ててね」とお願いしたら

オムツ??どこにあるの?やって。

ええぇぇ~っ!!

どこにあるの?ってバスルームに決まっとるやろー。
そんなもんがなぜ冷蔵庫にある?

って言うか、今までバスルームで何やかんやしててそれが

見えていない事が信じられない。
私、別に隠した訳じゃないし。

これ、私の悪い癖で自分でもそれは認めるけど、

こーゆー風にあまりにも当たり前の質問をされると、私、

はぁ~??ってなって

もういいわっ!自分でやるからっ!!てなるんやよね。

父さんは「どこに?」って聞いてるんやから、
「どこそこにある!」って教えて欲しいんやろーけど、私、呆れた素振りでそれをしないから

奴もキレる。

で、また口喧嘩。

ここ数日の諸々もあるから、今日のはかなり長く大声で怒鳴り合った。

Codyの前で。

いかんねー、いかん。
これは絶対にしてはならん。

でも、してもーた。

深~く反省。

で、更にイケナイのが、基本的に、いや「100%」で母さんを信頼しているCodyやから
私を見方する様にすごい目で父さんを睨み付けてたし。

あ~、いかんねー。

子供の前ではウソでもいいから、ラブラブのふりしないとー。
スポンサーサイト
トラウマ。
8月2日(土)

片付けても片付けても、その尻からまたリビングにまき散らかされるおもちゃたち。
大人のリラックス・スペースがどんどん子供達に占領されつつある我が家。

当然と分かっていても、何だか虚しい。

そうや、ここにあるからダメなんや!と、今までリビングにあった本とお絵描きグッズ以外のおもちゃを全て別の部屋へ移動。

部屋全体のレイアウトも変える必要があったので、あーだ・こーだと家具を動かしている所へ、土曜で早上がりの父さん帰宅。

棚をどかしたところにゴキの死骸があったので、膝にCodyを抱っこしたまま

「ちょっと~、アレ処分してくれない~??」とお願いしたら、

素手でつまむし。

ギャ~っ!!

私、絶叫。

その声にCodyもすっ飛んで驚いて、更に私がキャーキャー叫び続けるもんだから訳も分からず怖がって泣きながら私にすがり付くし。

びっくりさせて、ごめん~。

たかだかゴキの死骸なんやけど、それを素手で摘んでる・・・っていう事実がもうダメで、
我慢できんかった。

そんでその後、父さんがその手も洗わずに私達の方へ近づいて来たのでまたまた

きゃぁ~っ!!

さっきまで、その手にゴキが摘まれていたという事実もダメ。
お願いやから洗ってくれ~って感じ。

その声にCodyも「ママ~、ママ~」と泣きじゃくってた。

ごめん~。

親がこれじゃいかんとは思うんやけど、
なるべく平静を装わなくてはいけなと分かってはいるんやけど、

やっぱりゴキだけはダメやわ~。

私のゴキ嫌いを知ってて、わざとそんな風にする父さんにぶち切れ。

そしてしばらくして、やっと二人とも昼寝してくれたので仕事がしやすい・・・と後片付けしてたら、

床下から「トントントン・・・」って物凄い音が。

床下に入ってご近所さんからもらってきた余りものの断熱材を床に打ち付けていたのだけど、

何で二人共寝たそれをせなならんのか?

またぶち切れ。

あ~、1日でいいから「カーッ」とならずに平穏に過ごしてみたい。
また白髪が増える~。
パンダ?
8月3日(日)

最近、口喧嘩の耐えない我々夫婦。

そんな私に気を使ってか、今日はどこかへランチでも食べに行こう!などと言い出す父さんに更にムカつきつつも(自分の非を省み、行動を改めて私の機嫌を直すのではなく、食べ物で釣って何とか誤魔化そうという腐った根性が気に入らない!)、そんな珍しいオファーをみすみす逃すのも勿体無いので

「ウン♪行くぅ~!!」と二つ返事でルンルン♪(死語)になってお出掛け~。

って言っても近所のパブなんやけど~。

最近のパブのトレンドは「ファミリーフレンドリー」で、元々はとても女、子供が近づけそうにない様なむっさい雰囲気だったパプが次々にカフェ風に改装され、子供用のプレイエリアが設けられたりして「いい感じ」に変わって来ている。

今日行ったのもそんなパブやったんやけど、そこに行くと決めるまでにまた口喧嘩やったなー。


初めて行ったところやったけど、やっぱり子供用プレイエリアがあり、毎週日曜にはサービスで私の大好きなフェイスペインティングもやってて、

Codyも早速・・・

パンダにしてもらうハズが・・・
DSC00040.jpg

なんだ??って感じで

悪魔教の信者に~。
DSC00045.jpg

笑うと更に不気味・・・。
DSC00046.jpg

なぜに唇まで黒塗りなのか?
でも本人すっごく気に入ってました。

パブに滞在中、シエナはずっとスヤスヤお昼寝。
いつもありがとう、助かるわ~♪
Codyが飛んだ!
8月4日(月)

今朝、いつもの様にリビングで遊んでいた時だったかな?

Codyが「ジャンプっ!」と言って両腕を振り上げた瞬間、
彼の両足が同時に中に浮いているのを見た。
浮いている、って言ってもカーペットからそうね・・・1センチも離れていたかしら。

でも、確かにジャンプした。

初めて・・・。


「うちの子ったら腕白で・・・ソファから飛び降りて遊んだりするから困るわ~」なんてお子様をお持ちのお母様方は、ジャンプ??何を今さら・・・と思われるかもしれないけど、

Codyはその辺の発達がとーってもマイペースなので、いままでジャンプっ!て言っても
勢い良く両腕と片足が上がるだけやった。

だから今日見た初ジャンプ、すっごく嬉しかったわ~。

あれぇ~、Cody、今ジャンプしたねー。
上手~。いつから出来る様になったん??って聞いたら、

何も言わなかったけど、自慢気にうなづいたっけ。

くくくっ、可愛いなー。


今日、シエナのバース・サティフィケイト(出生証明書)が届きました。
産後すぐに申請したのに、なかなか届かないのでヤキモキしてたのだ。
これがないと、日本への出生届けも出来ないし。
来週の火曜日、Codyがデイケアに行っている間にでも、ちょっくらCityへ行ってきますわ。

ちなみに今回はこんなのにしました。
DSC00062.jpg

なんかシンプルすぎるかな?

ちなみにCodyのはこんなん。
DSC00064.jpg

いかにもオージーって感じのやね。
Cody、ダウン・・・。
8月5日(火)

シエナが、可愛くってしかたがない。
もう、叫ばずにはいられない。

可愛い~っ!!

Codyがデイケアに行く今日、さて、どう過ごしたものか??とあれこれ思案していたのだけど、
結局シエナとべったり過ごす事に決めた。

お買い物だって、こんな風に赤ちゃんカートに入れて
DSC00055.jpg

常にお顔が見えるラブラブ状態。

話しかけると「くぅ~っ」と声だしてにっこり笑うので、買い物の間中ずっとブツブツ話しかけていた。
はたから見ると怪しい人やな~、私。

でも、そんな事が
そんな些細な事が

楽しい~♪

店内ですれ違う見知らぬ婆さんなどからも、

「あら、きゃわいい赤ちゃんね~♪ 何ヶ月??」なんて声かけられ、
「生後8週ですぅ~。」なんて当たり前の返事したりするんやけど、そんな在り来たりなやりとりが

たまらねぇ~♪

そんなこんなでお昼ごはんの後、リビングでシエナといちゃいちゃしていたらデイケアから電話で

「Codyがぐったりして熱もあるから、迎えに来てください」って。

変ねー、朝はぜんぜんそんな風でなかったのに・・・と思いつつ出かける用意をして、さあまずシエナを車に乗せて・・・と彼女を抱き上げたら、ほんのちょっとの間に

はみ出しウンチしてた。

最高のタイミングやね。
本当ならお風呂入れたいところやけど、急いでいたので拭き拭きだけ。

慌ててデイケアに駆けつけたら、なるほど彼は元気なさげにお子ちゃまソファに横たわっていました。

でも家に帰って薬を飲ませたらケロッとして、お弁当に持たせた焼きソバもぺロっと食べ、

「なんや~、別に病気でもなんでもないやんか~」と思わせた彼だったのだが、

それからが大変やったわ~。

夕方からまたふぅふぅ~言い出したので、熱を計ったらなんと

39.8℃。

私だってこの37年間の人生で、そんな高熱出した事ない。
前回薬を飲ませてからまだ5時間もたっていなかったけど、もう1度薬を飲ませる。

が、ぜんぜん熱が下がらない。

そうこうしている内にゲロ。
そして強烈な下痢も始まって

もう大変~!!

午後9時過ぎかな?
熱はちょっと下がったけど、また38.8℃。
心配で心配でいたたまれなくなって、病院の緊急窓口に駆け込もうと決意。
熱が頭について取り返しのつかない事になったらどうしよう・・・って思って。
でも・・・苦労して行っても、もしかして「熱や下痢ぐらいで何しに来たん?」とか言われて迷惑がられるるかも?と、こんなんで「緊急窓口」に駆け込んだ場合いかなる措置をしてもらえるのかを確認する為にKids Help line(9845-2432)に電話してみる。

そしたら・・・やっぱり当たり前の事言われて終わりやった。

熱がある・・・市販の薬飲ませて様子見なさい。
下痢してる・・・脱水症状にならない様、水分とらせて休ませなさい。

んで、「でも薬飲ませても熱が下がらないので・・・」と相談したら

飲ませる量間違えたんやろう・・・って言われた。

そんなん間違う訳ないやろっ!!オージーやないんやからっ。(←これ、ちょっとイヤミやね)

そして箱に書いてある分量の目安読んだか?とか、
あんた、自分の子の体重知ってるのか?とか、

信じられない事いわれたわ。ムカっ!!

そして「こんな状況で緊急窓口へ行った場合、何をしてもらえるか?」の意味で、

「What can they do?」と聞いたら、私が「What can they do・・・」とぼやいたと思われ、

日本語でもそうやね、「何してくれるの?」と語尾を上げれば質問やけど、
「何してくれるのっ!」と言えば「何もしてくれないでしょ!」みたいなニュアンスになるよね。

「Exactry.They can’t do anything!」
あんたの言うとおり!行ってもどうにもならないわよ、と返事が帰って来て、もうギブアップ。

座薬入れるとか、点滴打つとか、家で出来ない様な措置してくれるかと思って・・・と食い下がったらら
「あんた、バカか・・・」って感じで鼻で笑われたし。

途方に暮れた母は、30分おきにやって来る下痢の痛みにまるで分娩中の妊婦の様にもがき苦しむCodyをただただ力なく抱きしめて、眠れぬ夜を過ごしました。

今度日本のばばに、座薬と子供用下痢止めの薬送ってもらおうっと。

2ヶ月の予防接種。
8月9日(土)

早いものでシエナが誕生して2ヶ月を過ぎました。

生後2ヶ月過ぎのイベント・・・と言えば、予防接種。
で、今日早速行って来ました。

Codyの時はデジカメとビデオカメラ(何でビデカメって言わんのやろ?)の両方を持っていって、しっかり「おんぎゃぁ~っ!!」と泣き叫ぶその様子を撮ったもんですが、
やっぱり二人目ともなるともうそんなん珍しい事でも何でもなくなっていて、
デジカメもビデカメも家に忘れていきました。(時間通りに家を出るので精一杯です)
なのでその様子は想像におまかせしますが、

両足に一つづつのお注射と、さらに今回はガストロやらのお腹につくウィルスの予防効果があるらしい経口シロップの投与がありました。
最近始まったトレンドらしいです。
Codyの時はそんなんしんかったけど、もししてたらここ最近の下痢物語はなかったのかも、なんて。

で、ついでに身体測定もした訳ですが、ここ2週間でまた1キロ程増えて、

6.5キロになっていました。
身長は58.5センチ。

Codyの時と同じく、成長曲線から大きくはみ出るおデブちんぶりです。
よく寝るし、おっぱい、5時間おきぐらいにしか欲しがらないんやけどなー。
しかも1回の授乳は片乳のみやし。
私の乳ってば、相当カローリーたっぷりの高脂肪乳なんやろーなー、きっと。

せっかくGPへ行ったのだから、ここ最近のCodyの様子も報告し、何か対処の方法はないか(お腹痛がってぜんぜん食べないし、ウンチもゆるいし)聞いたのだけど、

やっぱり「時間が解決します・・・」みたいな感じで薬とかは出なかった。

下痢便が出そうになると、ほんとお産中の妊婦さんみたいにのた打ち回って痛がるので、せめてその痛みを軽減する様な薬を・・・と思ったのだけど。

大人用の「下痢止め薬」はあるのに、何で子供にはないのか?尋ねたら、
子供には副作用の恐れがあるから、やって。

でも、日本にはあるよね?子供用の下痢ぐすり。(漢方系なのかな?)

とにかくGPでは、そんな感じ。

で、午後。

お友達がタッパーウェアーのデモンストレーターのお仕事を始めたので、
二人の子連れでタッパーウェアー・パーティーに顔出してきました。

タッパーウェアー社の製品については、
確かに品物はいいんやろーけど、私にはちょっと高くて手が出ん・・・って感じなんやけど、

今回はお友達がやってる・・・って言う義理もあり、
今までずっと欲しかった製氷トレイを思い切って買いました。

2つ組で42ドルもするんやけど、しっかり密閉になるので氷に他の食品のニオイがうつらない。
ずっと、家で作った氷がどうも臭くって困ってたんよねー。

いつもは外へ連れ出しても大抵静かに寝ててくれるシエナなのですが、今日は「お注射」の後って事もあってか、抱っこしようが乳あげようが、ギャーギャー泣いて泣いて、

もう、大変やったー。

Codyもまだちょっとウンチがゆるいので、お腹痛いから抱っこ~だの、マッサージしてくれ~だので、
ピーピー、ピーピーぐずりまくりやし。

ささっと用事だけ済ませて、早々に退散しました。
パーティーやから、フィンガーフード&ケーキ類がたくさんあったのに。
おいちちょーやったなー。


またお熱。
8月10日(日)

金曜日から、ちょっと回復の兆しを見せていたCody。

昨日GPに連れて行った時もケロッとしたもんやったし、それやからその後
友人宅のパーティーにも連れて行ったのに。

そのパーティーでも、お庭のトランポリンでピョンピョンやってケラケラ笑う一幕もあったのに、

家に帰ってしばらくしたら、また39度以上の高熱でふぅふぅ・・・でした。

父さんはお友達と飲みに行ってしまい、夜はずっと一人で看病。
(まー、奴が家にいたところで「一人で看病・・・」の部分は変わらないのだけど)

で、そんな事になっているとはぜんぜん知らないで、
11時ごろ、ほろ酔いの父さん帰宅。

Codyの様子をいろいろ報告たのだけど、何せ「ほろ酔い」いい気分。の彼。
気が付いたら一人ベットルームに消えていました。
人の話、まったく聞いちゃ~いません。

そして・・・

深夜1時を回った頃やったやろーか。

またCodyが大変に。

熱があるので体とお腹が痛いらしく、悪霊にでも取り付かれた様にかっと目を見開いて、
体を大きくエビぞりにしたり、その辺をのた打ち回ったりして激しくもがき苦しみだし、
「ママー、ヘルプ ミィー・・・」と叫び続ける。
そんなのが30分ぐらい続いたでしょうか・・・。

もう限界・・・と思って、また病院のエマージェンシーへ駆け込む決意。
でも、その前に、ちょっと父さんに相談・・・と思ったのが

間違いやった。

そもそも、その時の彼は酔っ払い。

もがき苦しんでいるCodyを見てもらい、

「ほら・・・こんなにしんどそうやから・・・」と私が言うと、

「そうかなぁ~? ボクには普通に見えるけど・・・」って、

おめぇ~、何見とるんじゃ~っ!!
酔っぱらってるからもう、話にならんっ!!って言ったら、

じぇ~んじぇん、酔ってなんかありません!やって。

もうっ!!
自分で「酔ってないっ!」って言い張る酔っぱらい程、始末に終えないものはないね。
その後また部屋に戻っていったけど、真っすぐ歩けないもんだから、下駄箱とかに

ドン!とかいってぶつかってたし。

その後、ゲーッとまた吐いてしまったのだけど(Codyが、ね。ずっと何も食べてないので、黄色い胃液だけやった)そしたらちょっとスッキリしたのか様子が落ち着いたので、

また朝までずっと寝ずに看病でした。

そんな中、シエナは・・・と言うと、

5時にお風呂に入れて乳をやったらコテッと寝てくれ、
その後夜中と明け方に2回、おっぱいに起きたんやったかな?
いづれもCodyが落ち着いてひと段落した絶妙のタイミングで、

ごくごく控えめに泣いて私を呼び、しかしその泣き声とは相反して、乳を吸う力は力強くて。

Codyが弱っている分、彼女に乳をしっかり吸われると妙に安心させられた。
まるで「母さん、しっかりして・・・」と励まされてるみたいやった。

それはそうと、Cody、ちょっと可哀想すぎるわー。

病人。
DSC00058.jpg

今日も寝るのが仕事のシエナ。
DSC00061.jpg

天使のシエナ。
8月11日(月)

昨夜もお熱で辛そうだったCody。
咳も出始めたので、一晩中ゲホゲホやった。
途中から「抱っこして、背中さすってぇ~」と甘えるので、私のベットでずっとそうしていた。
ただ抱っこして、背中をすりすりしているだけなのに、薬にはない鎮痛効果があるらしい。
何とも気持ちよさそうに目を閉じて、無防備に全てを私に委ねてくれる。

何も取り得のないこんな私でも、彼にとってはすごいパワーをもったかけがえの無い存在にあるのか、と思うと嬉しい。
私の腕の中がそんなに心地よいならずーっとそうしてあげたいわ・・・と思うところだけど、今の私にはシエナもいる。彼女に泣かれたら、乳やりに行かなくちゃ。
そろそろ泣く時間かな?そろそろかな?とずっと時間を気にしていたのだけど、病気の兄を気遣ってか、彼女、結局朝まで一度も起きず。

13時間ぶっ通しで寝ました。

昨日の夕方5時半に寝かせてから、今朝6時半まで、彼女の顔、見てないし。
こーゆー時は、本当に助かるわ~♪

そして今朝もまたお熱のCody。
薬を飲ませると下がるのでその後はケロッとした顔で遊びだしたりするのだけど、しばらくして薬が切れてくる頃にはまた熱がぶり返しぐったりしてくる。
ここの所ずっと、そんな事の繰り返し。

彼がソファでウトウト・・・してる間が私のシエナちゃんタイム。
DSC00077.jpg

いつも放ったらかしでゴメンね~と思うのだけど、
彼女、「そんなん、じぇ~んじぇん気にしてないよ~」とでも言わんばかり、キョトンとした顔で私を見て
DSC00073.jpg

私がちょっと顔を覗き込んだだけで、

ニヘ~っと最高の笑顔をくれる。
DSC00071.jpg

生まれたばかりの赤ちゃんを抱えての看病、大変でしょう~と人は言うけれど、
逆よ、逆。
シエナの存在に、彼女の笑顔にどれだけ癒されていることか。
ごめんね、Cody。
8月19日(火)

またまた先週の月曜日を最後に日記のアップが滞っていますが、

今回のには訳がありまして。

実はCodyが、



肺炎になってしまいました。


肺炎なんて、
山で遭難して3日3晩雨に打たれた・・・とか、
真冬に裸で外にいた・・・とか、

そんな究極の状態におかれた人がなるもの(お年寄りを除いて)と思っていたのに、

私がそばについていながらCodyをそんな目にあわせてしまって、

かなり責任を感じています。

土曜日に一度GPで診てもらって、何でもない・・・と言われたので安心していたのと、
その夜からまた熱が出て、咳まで出始めたのに、
どーせまたGPに行ったところでいつもの様に
「しばらく様子を見なさい」っていって何もしてもらえない、と思い込んでしまっていたので、
どうもおかしいな・・・と思って再度GPに連れて行ったのは水曜日で、
そこでレントゲンをとって、肺炎と診断されました。

もっと早く連れていっていれば治療も早く始められただろうに・・・と思う反面、
早すぎてまだ肺炎になっていなければ、やっぱりそのまま家に帰されていたのかな?とも思ったり。

もうずっと食べていなくてその時点でかなり体力が落ちていたので、
日本だったら即入院ってとこかな?と思いますが、ここでもやっぱり
なるべく本人の力で治させるのがベストだということで、
抗生物質だけ処方されて(咳を鎮める薬とか、痰を切れやすくする薬とかはなし)
自宅で療養しなさい、とのことでした。

それから1週間。
今日になってようやくちょっと元気が出てきたかな?という感じ。

ずっと家にこもってばかりだったので早くお友達と遊ばせてやりたいけど、
あまり先走って体に負担をかけ、また症状を悪化させても可哀想だし・・・と思ったり。
ドクターは、元気なら好きに遊ばせて構いませんよ、とは言ってくれたのだけど。

私もずっと鼻風邪で、ねっとりした鼻と痰交じりの咳がずっとひどく、
シエナもズルズル&ゲホゲホ、まだちっちゃいので見ていて痛々しいです。
二人とも、Codyみたいに熱が出ていないので比較的に楽ではありますが。

あ~、それにしても今回はCodyには本当に可哀想な思いをさせました。
喉元過ぎれば熱さを忘れる・・・で、あの、熱にうなされて大変だった夜がもう遠い昔の事みたいに感じられますが、
可愛い我が子が苦しむ姿を見るのは、本当に辛い。

「何もしてくれない・・・」と思っても、やっぱり医者は医者。
次からはバカにしないで、「アレ?」っと思ったらしんどくても連れて行くこと!やね。
反省、反省・・・。
Cody、復活の兆し。
8月20日(水)

肺炎で闘病中はやたらと光を眩しがり、私がちょっとブラインドを開けて外の光を入れようとすると

「ママ~、トゥ~ブライト~。アイ、痛~いっ」

などと文句ばかり言っていたCodyですが
(なのでずっと窓も開けられずに暗~い部屋にこもっていました)

今日、「アイ ウォナ ドゥ~ ピクニ~ック、 レッツゴー、アウトサ~イド」
と言うまでに回復してくれました。

嬉しいね~。

ちょうどお昼の時間だったので、ランチをお弁当箱に詰めて、早速、家の前で

ピクニック~。
DSC00086.jpg

シエナも起きていたので、彼女も一緒よ。
彼女だってずっと外の空気吸ってなかったから、気持ち良さ気でしたわ~。

あ~、良くなってくれて本当に良かった。
やっぱり子供の元気な顔が、一番やもんねー。

DSC00090.jpg

DSC00088.jpg

リハビリ。
8月21日(木)

少しづつ良くなって来ているCodyのリハビリも兼ねて、今日はショッピングセンターをウロウロ。

プレイエリアでちょっと遊んでからフードコートでランチをして、
その後Kマートのおもちゃ売り場へ移動。

相変わらず「Wiggles」のおもちゃに心奪われ、ずーっと、本当にずーっと、
おもちゃのボタンを押しては、流れてくるWigglesの歌に合わせてダンスする、ってのを
繰り返していました。

連日の闘病生活で、すっかり「甘え癖」がついてしまった彼。
いや、彼に甘え癖がついた、と言うより、私が彼に甘え癖をつけたのだけど。

だってさー。

病気で何も食べられなかった我が子が、
「ママ~、チョコレート食べた~い♪」って言ったら、
最初の内は、はいはい、チョコでもなんでもど~ぞ、ど~ぞ、と思うでしょ。

で、気が付いたらもう「我がまま放題」。
自分の思い通りにいかないと、とにかく泣く、泣く。泣き落としや。

だんだん、このままではいかん。
これではすっかりCodyのペースにはまってしまっている、と心を鬼にして
(本当は病み上がりやもの、優しくしてやりたいけど、「真の優しさ」とは如何に?ってやつやね)

「だめ、おやつはご飯のあとにしようね!」などと諭したところで、
「アイム、シック~!!」(ボク、病気なんだよぉ~)などと、こっちの痛い所を突かれると、

ほいほい、チョコレート。どーぞ、どーぞ。

あ゛ぁ・・・、やっぱりダメや~。

1日3回、決まった時間に嫌がるCodyのなだめて抗生物質を飲ませるのに、いろんな「お菓子」でつってきたので、もうちょっとゴネれば「お菓子」にありつける、って思ってるから。

で、案の定Kマートでも、

ここから動こうとしない。
DSC00105.jpg

チュッパチャップスの塔なんやけど、なぜ、こんなにデカイ?
届かない上の方のやつも、本物なんかな~?

あんまりうるさくるするので、当然1個買ってやり、
なのにぺロッとひとなめしたら、「もう、いらな~い」って私に渡す。

「要らないのに何で欲しい、って言うのっ!」って思ったけど(イライラ、イラ~っ!)
うるさく言って聞かせるにはもうちょっと彼の「体力」の回復を待ってあげた方がいいのかな?って
そんな気持ちを「ぐっ」と飲み込んで、今日もあれこれ迷いながら、子育て奮闘中・・・。

シエナが支えてればお座り出来るようになりました。
DSC00097.jpg

ちなみにCodyのこの頃は・・・
DSC00168.jpg

シエナが今2ヶ月半過ぎで、この写真のCodyは2ヶ月ちょっとやから、
やっぱり兄さんは本当にムッチムチやったんやな~。
今日も助けられてます。
8月22日(金)

朝から小雨が降りイマイチのお天気やったけど、今日もリハビリ、リハビリ。
シエナも連れてプレイグループへ。

こんな天気やからどーせ室内だけやろー、今のCodyにはかえってその方がいいわーなんて思っていたのに、外へ通じるドアがしっかり開いていて、みんな外で遊んでる。

それにつられてCodyも、フラフラ~♪っと外へ・・・。
大丈夫なんかな~?
病み上がりで心配やったけど、肺炎がまたぶり返すなんてこたぁ~ないよね?

気温も低く、ほとんどの子が厚着している中、クリストファー君は半袖&半ズボンにビーサンで外を飛び回っていた。見てるこっちが寒くなる。
彼はいつもそうで、そんな風にしてる子の方が意外と風邪ひかなかったり。
なんか複雑な思い。

他のおかん達はその後近くのパブへランチに行くらしかったが、まだまだCodyの体力が心配だったので午後はずっと家で大人しくしていた。

夕方の黄昏時、
外は相変わらずグズグズのお天気で、窓の外に重苦しく広がるグレーの空を見ながら

「あ~、晩ご飯何にすっかな~。面倒臭いな~」なんて思っていたら、

ドンドンドンっ♪と誰かがドアを叩く。

開けたらそこにはメラニーがいて、「はいっ」と私の手に大きな袋を渡す。

訳が分からず「へっ??」て顔してたら

「ディナー。たまには楽しなくちゃね♪」と言い残し、急ぐからと、すごい勢いで帰って行った。

キッチンでその袋をガサゴソ見てみると・・・

大きなタッパーに、まだ温かいスパゲティー・ボロネーゼ
別のタッパーにサラダ
そしてオーブンで焼けばいいだけになってるガーリックブレッド
デザートに手作りのチョコレート・プディング

が入っていてた。

一昨日だったかな?彼女から電話があった時に、
「Codyが肺炎で大変だった・・・」と報告したから、それで私に楽をさせてくれる為に・・・

超・感激ぃ~♪

大変だったのはCodyで、私はぜんぜん大丈夫なのに。
メラニーこそ、2番目の子がすごい食物アレルギーで毎日大変な思いをしているのに。

近所に住むエリカちゃんママも、スーパーに行く度に電話をくれ
「何か欲しいものはないか?買って行ってあげるよ!」と言ってくれたし、
おやつをはじめ、Codyの熱には日本の冷えピタ、お腹にはヤクルト、私の咳にのど飴などなど、本当にいろいろな物を差し入れしてくれた。

こんな私に・・・、本当にありがたい。
メラニー、エリカママに限らず、私の周りの人たちは、みんな何て親切で素敵なの?
それなのに私はと言うと、いつも自分の事ばかりで人を思いやる、という余裕がなくって

ダメやね~、

もっと、もっと、成長せないかんねー。
やれば出来る!
8月23日(土)

朝、窓の外に青空を見つける。
ここの所お天気が悪かったので、
「さぁ、今日はお洗濯!!」と、もうちょっと寝てたいのを我慢してしぶしぶ起きた。

なのにランドリーが空っぽ。

「へっ??」と思って耳をすますと、洗濯機がもう回ってる。
土曜なのに、珍しく仕事が休みだった父さん。

先に起きてパソコンいじってた父さんに、
もしかしてアンタ?と聞けば、

ウン・・・って。

嘘やろぉ~っ!!

どうしたんや?

結局、洗濯2回転分、外に干すのも全部やってくれた。

それだけではない。

ランチは自分でサンドイッチを作り、一人黙って食べていたし、
(ここで私の分も作ってくれると、もう満点パパ(死語?)なんやけどね~)

午後からはハードウェアーショップに行く・・・と、Codyも一緒に連れ出してくれた。
しかも帰りにはスーパーに寄って、食品の買出しまで。

夕方には洗濯物も取り込んでくれて、

私、今日は本当に何もしてな~い。
Codyのバースデーケーキ、どんなのにするかな~・・・とかあれこれ考えて、
ずーっとパソコンしてました。

やれば出来るねー、父さんも。
いっつもボロかすに言ってるけどいい人 なんですよぉ~、本当は・・・。
カップケーキに決まり!
8月24日(日)

近所(でもないか・・・)であった、キッズ&ベイビーグッズのフリーマーケットに行って来ました。
年に4回ほどあるこのフリマ、ちょっと気になっててずっと行ってみたかったんよねー。
DSC00108.jpg


私がぜひとも欲しかったのが、
シエナ用に電池で動くオルゴールメリーさん。

家にあるのは、ゼンマイ仕掛けって言うのかな?
グルグル巻いて、オルゴールが止まると
30秒ぐらいでおしま~い~なので、
止まる度に泣かれ、
その度に別の部屋で何かしてても走って戻ってきてグルグル巻いて・・・

って、もう忙しい~っ!!

放っておいてもずっと回ってるやつが欲しい~っ!!

でも・・・その手のものは見つからず、
売られているおもちゃは、似たようなのが家にもあるわ・・・みたいなのばかり。

父さんと私とで6ドルの入場料を払ったのに、結局買ったのはCodyにおねだりされた

このカップケーキだけ。
DSC00107.jpg

写真で見ると遠近の関係で大きく見えるけど、実際には一口サイズのちっちゃいので、

それなのに1ドル50セントもして・・・

入場料もあわせると・・・えらい高いカップケーキやな~。

でも、このケーキ、Codyがあんまり喜んでいたので、これで彼のバースデーケーキは
たくさんのデコレーションカップケーキにしてあげることで決定~♪
うふふ・・・楽しみにしててねー。

会場では私と同じく最近第二子を出産した・・・という知り合いのママさん4人と遭遇。
びっくりしたのはエイミーや。
二人目も女の子やったのに・・・
上の子のお洋服、たくさんあるやろーに、
すっごい量のピンクのベビー服を手にしていました。

ピンクのお洋服、要るのは私の方なんやけど。
なんか、ぜんぜん買う気になれず。

私はシエナにはいつも寝巻きみたいなの着せてばかりなんやけど、
エイミーはすごいの。
シエナと2日違いのクレアちゃんにいつも
カットソー&カーディガン、パンツに靴下、お揃いのお帽子・・・という、完璧な装いをさせています。

それに引き換えシエナは・・・
上から下まで(つま先まで)ひとつながりのカバーオールばかり。
だってまだおっぱいのんで寝るだけやし。
しょっちゅう抱っこしてあやしたりするには、そっちの方が楽やし~なんて。
おしゃれさせるのは、もうちょっと大きくなってからよ~。
初お風呂。
8月25日(月)

シエナが誕生して、初めて、父さんが彼女をお風呂に入れてくれました。

これまでは、忙しい時などにそれとなくお願いしてみても

新生児で体がしっかりしてないから怖い・・・とか何とか理由をつけて断り続けられていたのですが、何の気まぐれか、今日は父さんから自発的に。

なんか最近の父さん、いい感じや~。

DSC00111.jpg

DSC00118.jpg

えぇ~湯やねぇ~。
DSC00117.jpg

Codyが赤ちゃんの時もこんな風にして撮った事あったけど・・・
DSC00167.jpg

さすが兄さん。
腕の太さとか、シエナとは比べもんにならんわ。
あんた誰??って感じ。
ほんと、丸々しとったんやね~。
出生届提出。
8月26日(火)

届出の期限が迫って来ていたので(生後3ヶ月以内)、

今日しかないのでは?

って気がして、Codyをデイケアに送り届けた後、シエナを連れて電車でシティの日本領事館へ出生届を出しに行って来ました。

開館時間は12時半までなのに受付時間は11時半まで。
電車の待ち&乗換え時間諸々入れると我が家からは1時間半くらいはかかるので

全てが時間通りに行ってギリギリ・・・って感じなのに、

完璧に用意して、さあ、行こう!という時にCodyとシエナがダブルでウンチ。

最近よくあるんだよね~、これ。

出だしでつまずくと後で響いて来て、領事館についたのは本当に時間ギリギリ。
最悪の場合は、せっかく行ったのにそのまま引き返す・・・って事も有り得たので、
(午後の受付開始は2時からなんやけど、それまで待ってたらCodyのデイケアのお迎えの3時に間に合わなくなるんだな~)
着いた時は本当にほっとしたわ~。

書類は予めもらってあって記入も済ませてあったので、今回は提出するだけ・・・のはずやったのに、

なんと
Codyのオーストラリアの方の出生届けの記載事項と
シエナの出生届けの記載事項とに相違があり、

今回私が提出した日本語での出生届の内容で間違いございません・・・みたいな事情説明書を延々と書かされたし。

オーストラリアの出生届は二人の分とも父さんにしてもらってたんやけど、

自分の名前も
(Codyのにはミドルネームを入れ、シエナの方には記入せず・・・)
我々の結婚した場所や日も
(Codyのは日本での婚姻日を、シエナのにはシドニーでの披露宴の日を記入)
私の出生地も
(Codyのには正しく「福井県」、シエナのには「石川県」、育ったのは石川で間違いないんやけどね。)

などなどと、ぜんぜん違ってるんやもん・・・。

気付かなかった私も私やけど、
オーストラリアのお役所からは、なんの指摘も無かったで?
本当にこっちは適当なんやな~、何でも。

本来ならばオーストラリアの出生届けの修正をしてから新しいバースサティフィケイトを持って改めて申請・・・となるところらしいけど、そんな事、再び大変な思いをしてシティまで行くなんて事は御免こうむるので、「事情説明書」で勘弁してもらいました。

そうこうしている内にシエナがぐずぐずし始めて、あれあれ・・・と困っていたら親切な領事館のお姉さんが「授乳していかれたらいかがですか?」と別室のドアを開けて授乳の場所を提供してくださり、
お~、ありがたい~♪

領事館の係りの人にはとっても「事務的」なイメージを受けていたので、
とっても親切にして頂いて嬉しかったで~す。ありがとう~♪

行きは電車の中でずっとシエナといちゃいちゃしていたので帰りもそれを楽しみにしていたのだけど、おっぱいの後なのでさすがに彼女はぐっすり・・・でした。

結局今回もCodyと同じくシエナはカタカタで提出。ミドルネームもなし。

Codyの時は、漢字の私の苗字+カタカナでコーディーなんて、
ちょっと「村上ショージ風」でお笑い芸人ちっくやな~と思ったもんやけど、
女の子の場合、漢字の苗字+カタカナ名は最近、モデルさんとかで多いやんね~。
なんか可愛くって気に入ってます。

そんなこんなで家に帰り、パラパラとチラシなんかめくってまったりとしていたら、

こっ、こんなもんが目に飛び込んできましたっ!
DSC00165.jpg


ターゲットの「父の日ギフト」(こっちは9月の第1日曜)のおすすめセール品なんやけど、

京都・大阪 将軍・・・ときて、国民の運動任務ってアンタ・・・

せっかくのエエ男が台無しやでぇ~。

今年の父の日、オーストラリア国内にこんなTシャツを送られる「不幸な父」が一体何人発生するのやら。ちょっと心配やわ~。


3歳のバースデーパーティー♪
8月27日(水)

さあ、いよいよ今日はCodyのバースデーパーティー。
今回は楽しよう・・・と、ハングリージャックでする事にしたんやけど、
これがすっごく良かったですわ・・・。

段取りでは一応、来た子から順番にプレイエリアの方に入ってもらってゲスト全員が集まるまで遊んでいてもらったのですが、今日もCodyは「お外のお遊び」にはあまり興味がないらしく、

DSC00123.jpg

DSC00122.jpg

と、パーティーが始まるまで一人でポツン・・・とテーブルについて
ずっと待つつもりらしかったのですが、

そこを無理やり外に連れ出し、
DSC00126.jpg

ほれほれ、他の子みたいにアレに登って遊びなさい・・・と促したところで、

何をどうしたら良いのか分からない彼

途方に暮れてる・・・。
DSC00127.jpg

そんでもパーティーホストのお姉さんがとっても上手く仕切ってくれる子で、
みんなを集めて「パス・ザ・パーソル」が始まりました。
DSC00131.jpg

でもまだみんな3歳やから、
DSC00132.jpg

回ってきた包みを「次」へ渡す・・・っちゅう単純な事が出来ずに
DSC00133.jpg

「ええぃ、開けてまえ~!」っと、てんでんにビリビリビリ~っ。
DSC00135.jpg

あらあらあら・・・。

その後は、中に入ってランチタイム~。
DSC00141.jpg
パイレーツがテーマだったので、キャプテンのお帽子をかぶるCody。
珍しく、いつもはちょっとかじっただけで残してしまうナゲットも完食。

ランチの後はホストの姉さんが再び子供達を外に連れ出して、
追いかけっこしたり、ダンスしたり・・・ととっても上手に遊び相手をしてくれたので、
ママたちは室内でしばしの「子なし・おしゃべりタイム」を楽しみました。

で、最後にケーキでお祝いを。

予定通りに、カップケーキ大集合のバースデーケーキ。
DSC00145.jpg

昨日の内に焼いておいて今朝はデコレーションだけやったので、
忙しい朝でも余裕! Cody、とっても喜んでくれて嬉しい~♪

歌の後でキャンドルを吹き消すのを楽しみにしていたはずやったんやけど、
Codyがもたもたしてる内にお友達のジェイコブに全部消されてしまいました。

それでもおっとりしてるCodyは別に怒るでも泣くでもなく、
さぁさぁ、ケーキを食べようじゃないかい・・・と、終始ご機嫌で母さんもホッ・・・
DSC00158.jpg

っと言いたい所ですが、

今日はの方が大変やったんよ~。

今日の姫。
DSC00125.jpg

ハングリージャックに着いてから、このケーキでのお祝いが終わるまで、
ほとんどずっと泣き続けていたし~。
写真ではもちろん分からないけれど、ビデオの方にはず~っと彼女の鳴き声が入ってます・・・。

パーティールームは1時間半の貸し切りだったのだけど、その後他のパーティーの予約もないので居たいだけ居てください・・・というお店側の配慮もあり、結局その後2時間以上もその場に居座り、食っちゃべり続けた母さん達。
子供達の食い散らかし様は半端じゃ~なかったけど、後片付けの心配も要らず、本当に楽やったわ~。

そんで、帰り際。
お会計を済ませなくっちゃ~とレジに行って、びっくりしたでぇ~。

今日キッズミールを頼んだ子が計9名。
なので、お会計は5ドル30セント×9=47ドル70セントのはずやった。
たったそれだけの料金でキレイに飾りつけしたパーティールームを貸切り出来て、
パーティーホストがずっと子供達の相手をしてくれて(フェイスペインティングもしてくれたよ)、
ゲームやおもちゃもたくさんくれて、
バースデーケーキもお皿に取り分けてワゴンで運んできてくれたりして、
さらにはおかん達にもコーヒー&ティーのサービスがあって、
本当に至れりつくせりですごい安いと思ってたのに、

バースデーキッズは無料ですので・・・と言う店員さん。

(実は今日のパーティー、ジャリッドとヘイデンと合同やったので)
「今日はバースデーボーイが実は3人で・・・」と言ってみたら・・・

あ~それじゃ~6人分で結構です・・・って、

32ドルしか請求されんかったし~。

ウソやろぉ~??

あんなにしっちゃかめっちゃかにして、いろいろしてもらって
32ドルって~。

ジャリッドママとヘイデンママと割り勘したら、
今日のコストは10ドルちょっとやった。

そんな低予算でぱーちーしてしまった私・・・。
うふっ、らっきぃ~。

今回はいつも遊んでるお友達だけを呼んで、全てをお店にお任せしての小さいパーティーだったけど、
なかなか満足のいくものでした。
ハングリージャック、オススメです。

お祝いしてくれたみんな~、ありがとうね~♪
DSC00159.jpg

本当のお誕生日はまだやけど、母さんからも

ハッピーバースデー、Cody~♪
ナイスな工作。
8月28日(木)

前回は肺炎でお休みしたので、かな~り久しぶりに日本人プレイグループへ。

今日はモーニングティーの係りやったのに、すっかり忘れていたあたし。

Codyの誕生日も近いので、今回のモーニングティーの係りのママさんに相談して係りを代わってもらい、ちょっとしたケーキでも持って行こうか・・・とも考えていたくらいなのに、
その「係り」のママさんが自分やったと気が付いていなかったという

相変わらずのアホぶり。

子供達を置いて近所のお店に買いに走りましたよ~。ゼェゼェ・・・。

それにしても今日のクラフトはいいアイデアやった~。
Codyも超・お気に入りで家に帰ってもず~っとしてたし。

こんな感じで、コップに顔描いたビニール袋をくっつけて、コップの下の方にストロー差し込んで
DSC00202.jpg

ぐしゃぐしゃ~っと押し込んでおいて
DSC00185.jpg

ぷぅ~っと吹くと
DSC00187.jpg

ふわぁ~っと起き上がってきて
DSC00188.jpg

ばぁ~☆
DSC00191.jpg

って感じの単純な工作なんやけど、

なんか可愛くって妙にウケたわ~。
見本の作品のには、頭のところに髪みたいに毛糸をくっつけてあって可愛かったな~。
準備されたN子さん、ナイス~。

このアイデアお借りして、ローカルのプレイグループでクラフトの当番が回ってきた時に使わせてもらお~っと。
パズル小僧。
8月29日(金)

Codyのバースデーが近いので、またまた皆でお祝いしてあげようと今日のプレイグループにはおやつにゼリーを持って行きました。

朝、トッピングはCodyに手伝ってもらって・・・
DSC00170.jpg

DSC00171.jpg 
 
彼も超ご機嫌~♪
DSC00169.jpg

モーニングーティーの時間にお外でみんなで食べたのだけど・・・
DSC00177.jpg

こんなに喜んでくれると、母さんとっても嬉しいものよ~。
DSC00178.jpg

子供達の笑顔が私の原動力。
今日も走らせてもらってマス。

今週はバタバタしたので午後は家でゆっくりしたのですが、
最近のCody、異常にパズルにハマってまして

こ~んなちっちゃいピースのやつでも
DSC00182.jpg

完成させては壊してまたやって・・・と
DSC00184.jpg

何回も繰り返して黙々とやり続けます。

元々はパズルは苦手な様であまり興味をしめさなかったのですが、
ある日ちょっと思いついて、紙にパズルのピースを型取り、さらにそれぞれにアルファベットを書いて文字合わせと組み合わせて、分からなくなった時のヒントになる様にしてあげたら・・・
(こっちのパズルは日本のと違って、台のないのが多いから・・・)

ほぉ~れ、この通り。
DSC00204.jpg

面白くってやめられ~んっ!
DSC00208.jpg
(しかしこのパズルたち、両方ともWigglesってのが彼らしいわね・・・)


それまで彼にとってパズルは、「難しすぎて訳分からん」ものやったんやね。
それなのに私は「彼にはセンスがないから無理や!」と決め付け、出来ないものと諦めていた。

ところがそれをちょっと助けてあげる事で、「面白さ」を発見してくれたみたいで。
親のちょっとした工夫で子供って伸びるんやな~って改めて思わされました。

家族でお誕生会。
8月31日(日)

オフィシャルのバースデーを明日に控えた今日は、
じじ&ばばを招待し、家族でお祝いをしました。

ばばからプレゼントを貰って、大興奮のCody。
DSC00212.jpg

Wigglesのシャツやパジャマにミニカーのセット。
ミニカーの方は父さんが喜んで、箱開けようとしてるんやけどね。
いくつや?あんた・・・。
父の日に買ったろ~か?

そして本番のケーキはもちろん・・・

Wiggles~♪
DSC00214.jpg

この食べられるイメージのお飾り、定価は10ドルくらいするらしいんやけど、端っこが欠けていたので「タダ」でゲット!
歳とると(おばはんになると)こーゆー点でお得やね~。

しかしこれ、端っこカットしてもA4サイズぐらいあるのでやたら大きいケーキを焼かねばならず、しかも時間もクリームも足りなくなって、今朝大急ぎのやっつけ仕事でやったから非常にしょぼいデコレーションになってしまった点に多少の悔いが残るものの・・・、

DSC00215.jpg
大好きなWigglesって事で、Codyには喜んで頂けた様子。

おっ!お味もまーまーやないの?母さん。
DSC00217.jpg

夕方には父さんの伯母のジェンも絵本のセットのギフトを持って寄ってくれ、
家族揃っての本当に楽しいパーティーとなりました。


ところで。

私は根っからの日本人(だと自分では思ってる)なので、
日頃、例えば父さんに「愛してるわ~♪」と言って抱きつく・・・とか、ちゅ~♪する・・・なんて事は決してありませんが、子供達への愛情表現はまったく逆で、もうしつこいくらいに「アイ・ラブ・ユ~♪」と言っては抱きしめたり、ちゅ~しまくったりのウエスタン・スタイル。

で、私が「オ~・マイ・ビューティフル・ボーイ!」と言ってCodyを抱きしめると、彼は決まって
「オ~・マイ・ビューティフル・ガール~♪」と言って、ぎゅ~っとお返ししてくれます。

「ボーイ」に対して「ガール」、彼が自分で相対するものを考えてのお返事です。

そんな感じで今日は何気に
「オ~・マイ・ビューティフル・サン(息子)」と言ったら、

「オー・マイ・ビューティフル・ムーン!」と言って抱きしめ返してくれて、すっごく可愛い~と思った~!

私は、サン=息子のつもりで言ったのに、彼はサン=太陽だと思って、それで「ムーン(月)」と返してきた訳です。

何度かCodyに、「サンってのはあなたの事だから、Codyは「ママ」って言えばいいよ!」って言い聞かせたけど、何度やっても返って来るのは

「ムーン♪」。

でもね・・・考えてみると、彼が光り輝く「太陽」ならば、
私は彼に照らされてやっとその姿がおぼろげに浮き上がるみたいなもんかも、って。

だから、彼がサン=息子だと気が付くまでは、私は月のままでいようと思います。



カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。