オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定日ですが。
6月1日(日)

なーんにも兆候がないまま、出産予定日を迎えました。

月曜日には、無事「Wiggles」のコンサートを満喫してきたし、
火曜日はCodyをデイケアに預け、家の中など整理整頓してすっきり。
水曜日には、もうしばらくは行けなくなるだろう・・・と、親子3人で焼肉ディナーを。
木曜日は、いつもの様に近所のママ友宅に集まり、ランチがてら子供達を遊ばせて・・・

と、やりたい事はやり尽くし、もう「いつでも来い!」状態なのに、ぜんぜんその気配なし・・・。
無意識の内に、下腹にその内やってくるであろう「鈍い痛み」を探している自分がいて、
なんだかニゴニゴと気配を感じると、

「おっ!!」いよいよかっ!!とちょっとどぎまぎするのですが、

なんのこっちゃない、それは単なる「便意」であって、
う○こしたら痛みもさよならで、ここ数日は実に悶々とした時を過ごしています。

私の出産に備えて、明日から父さんは2週間のホリデーに入ります。
なんとか今夜辺りに、陣痛、始まってくれないかなー。

夕方、40週目の検診に行ってきました。
日本だったら、子宮口の開きぐあいとか見るのかな?と思うけど、
今日もベイビーの心音チェックと私の血圧チェックのみ。

予定日から10日待って、6月10日までに産まれなければ、陣痛促進しましょう・・・との事でした。

Codyは予定日から4日遅れで産まれたし、ちょっと遅れる体質なのでしょうかねぇ。

助産婦さんからは、一番の陣痛促進法は「セックスです」と言われたのですが、
(何でも精子に含まれる成分が陣痛促進に効果的とか・・・)
それは嫌なので、一人で「おっぱいマッサージ」とかして様子を見ている次第です。

ママ友からは、毎日の様にメールや電話で、「まだか?まだか?」と連絡が入るし。
嗚呼・・・、早く「産まれたよ~♪」のご報告をしたいよぉ~。
スポンサーサイト
まだか、まだか・・・と、待ちわびていて下さる方々の為に・・・


まだですっ。
「おしるし」とか、そんな兆候もな~んにもなし。

悶々、悶々・・・。
予定日から4日過ぎましたが・・・
6月5日(木)

まだですねぇ。。。
来た、来た、来たぁ~っ!!
6月7日(土)

夜中の1時ぐらいだったかしら?
下腹にやって来る鈍い痛みで目が覚めて・・・。

今、早朝3時過ぎですが、8分間隔て来ています。

これ、間違いないと思います。

さっき、米を研ぎました。
いや、おにぎり作ろうと思って。(分娩より「ダンゴ」??)

日本人にとって、小腹が空いたときの「おにぎり」って結構大事よねぇ~。
父さんやじじ&ばばに頼んだって、作ってもらえないだろうし。

Codyの時は、この8分間隔の陣痛が12時間自宅で続いて、その後破水。
そんで病院へ駆け込んで、12時間後に出産・・・って感じやったけど。

2回目の進行はちょっと早いって言うし、今日中には産まれるんじゃないかと。

ラズベリーリーフティー、効きます様に。

では、踏ん張って来ます。
産まれました~♪
6月12日(木)

あれれ、気が付けばいつの間にかもう12日になってる・・・。

なんだかんだ言っても、やっぱり何かと忙しくって今日まで更新出来なかったのですが、

今、父さんはお出掛け中。
Codyとベイビーがダブルで昼寝中・・・と、退院後初のチャンスなので。

遅ればせながらの、ご報告です。

はじめまして、6月7日午前7時12分、超・ウルトラ安産で産まれた

シエナで~す♪
DSC09741.jpg
これは今日、12日現在(生後6日目)の彼女です。

よろしくねっ。

さて、最近の諸々の出来事の、一体何からご報告したらよいのやら・・・。

でも先ずは出産の様子からでしょうかねぇ。

とにかく、超・ウルトラ安産でして・・・。(でも説明すると長い話になるんやけど)


前回のブログにもある通り、

夜中の1時に始まった、ちょっとヒドイ生理痛・・・ぐらいのまだまだ堪えうる痛みがあの後午前6時ごろまで8~10分間隔で続きなかなか縮まないので、その間は

おにぎり食ったり
部屋の掃除したり
その辺をウロウロ歩いたり
5時半からのNHKニュースみたりして、

時間を潰しておりました。

途中にトイレに起きた父さんを捕まえて、最後の記念に!とこんなものも
DSC09684.jpg

撮ってもらったりして。

で、6時過ぎ。
シャワーでも入っておこうか・・・と浴びだしたら急に陣痛か進行。
体を拭いて髪を乾かしている内に、痛みがとんでもない巨大なうねりに変わり、

こりゃ~大変だっ!今の内に病院に行かねばやばいかもっ!!と思ったので、
父さんを起こして病院へ連れて行ってもらいました。
まだ寝ていたCodyは一人家に残したままだったので、近くの「じじ」に電話して、すぐに我が家に駆けつけてもらう様にお願いして。

病院には車の中から、自分のケータイで連絡。
痛い・・・っていっても、「う゛ぅぅぅ~んっ・・・」と我慢すれば鼻の下にちょっと汗をかく程度、まだそのくらいの余裕があったので。

が、我が家から5分とかからない病院の駐車場についた時にはもう極期の陣痛になっていて、

痛みの波が来ている間は、もう「身動きとれません」状態。

車椅子を持ってくる!と言う父さんを阻止し、波と波の間のわずかな時間にちょこちょこ歩いては、
痛くなるとその辺の壁とか手すりにすがって「う゛~んっ・・・」みたいな事を、たぶん6~7回繰り返して、ようやくバースセンターへ到達。

で、助産婦さんに
「とりあえず、子宮口の開き具合をみますから」とベットに上がる様に促されてる間に
ベットの脇に立ったままでジャバジャバジャ~っ♪と

破水。

で、「あ~、いよいよだわ。これから何時間の格闘かしら?」とか、
「父さんには一旦帰ってもらって、後でまた来てもらおうかしら?」なんて考えつつ、
やっとの思いでベットに上がったら、

「いきんでいいですよ」って言うじゃない?

だから「う~んっ!」てうなったら、
いや、うなると言うより、それまではいきまない様に力を入れて堪えていたのを逆に
ふっと緩めて体の内側から来るパワーに身を任せてみたら、
あそこの皮膚がぴ~んと張る感覚があって、
次の瞬間、それが急になくなって、そしたら痛みも急になくなって、

おぎゃ~って泣き声がして、

気が付いたら、胸に赤ちゃんが乗せられていました。
DSC09688.jpg


「ほ~ら、産まれましたよ~」って、

えぇぇぇっ~っ!!

早っ!!

ベットに上がって最初に来た陣痛の波で、

ワンプッシュで出ました、シエナちゃん。

分娩時間、1分未満??

陣痛の時間も、そうね、駐車場についた頃からが本格的になってきたので、きっと・・・

10分ぐらいだったかしら?

こんな安産、有り得ない・・・。

ウソの様な本当の話です。

家を出るのがあと1分でも遅かったら、きっと車の中とか、病院の通路とかで産んでしまっていたかも。怖っ。

ラズベリーリーフティー&サプリの効果なのか、Codyの時はとんでもなく大変だったので神様が今回は楽させてくれたのか、

皆様の温かいお励ましのお陰もありまして、
ひっじょ~に楽に、無事シエナを出産する事ができました。

本当に、本当に、ありがとうございます。

取り急ぎの(ってかなり長いけど)ご報告でした。

その後の詳細はまだ次回~♪

付け足し。
そー言えば、サイズ、書き忘れてました。

予定日から6日過ぎているわりに、兄が4キロ児のわりに、とっても標準の

3.3キロで、身長が50センチ(Codyは52センチやった)、
頭の周囲は34センチ(Codyは37.5センチ)でした~♪


その後・・・。
6月7日(土)

出産後の様子。

午前7時12分に希望通りズルッとシエナを産み、私の目の前で父さんがヘソの緒にはさみを入れた後、彼はCody、じじ&ばばと出直してくる、と一旦帰宅。
体力もまだまだ有り余っていたのですぐに友達にメールで知らせたくって、帰る前に

「ちょっと!そこのケータイ取ってっ!!」とお願いするも、

「何考えてるんだっ!今は自分とシエナの事だけ考えてなさいっ!」と聞き入れてもらえず。
(この場合、父さんの言ってる事の方が正しい気がする。たまにはまともな事も言うのね、あの人)

仕方がないので(胸の上にシエナがいるし、アソコもまだ血まみれだったので動けず)、そのまま産後の余韻に浸ること3時間・・・。
ほとんど何も出ていないのに、すごい力で乳を吸い続けるシエナ。たくましいわ。
お陰でCodyの時と同様、乳首が傷ついてボロボロに。母になった最初の痛み・・・。

その後、助産婦さんがやって来て「シャワー入ってください」と言うので、恐る恐る立ち上がり部屋についているシャワーですっきりさっぱり。

Cody出産直後は、もうフラフラで空洞になったお腹にぜんぜん力が入らなくって一人で立つ事もまともに出来なかったけど、今回はまったく平気。

アソコは少し裂けたらしいけど、縫うほどでもない・・・って事で何もしなかったし。

11時ごろにCodyを連れて行く・・・と父さんから連絡が入ったので、ベイビーは横のベビーベットに寝かせて、待機。

そして・・・

Cody、ベイビーとご対面~♪

当初の予定通り、まず私のお腹を見せて「ベイビーがお腹から出た」事を説明。

そして「ほらっ☆」とベビーベットに寝ているシエナを紹介~♪

と、全て予定通りに。

Codyの反応は・・・と言うと、想像していた程はしゃいだりとかは無くって、
妙に淡々としていた。「お~、ベイビィ~♪」とか言って。

で、お約束どおり泣いたら「いないいないばあ~」をして・・・
DSC09698.jpg

そしたら本当に泣き止んだので、

すごく満足気~♪
DSC09700.jpg


夜の面会時間にもまた会いに着てくれて
DSC09701.jpg

シエナのおでこにチューしてくれた。
DSC09702.jpg


なんか、とっても幸せやわ~。

今は、あ~、とにかくすべて終わった・・・って感じ。
これからが始まりなんやけど。

2日目。
6月8日(日)

昨夜(今朝と言うべきか?)2時過ぎだったろうか??
泣いてばかりのシエナに出ないおっぱいを吸わせ続け、
ほとんど寝れなくってフラフラになっているところへ助産婦さんがやって来て、

「もうすぐ産気づいた妊婦さんがやって来るので、病棟の方に移ってね~♪」やって。
(誰も来なければ、明日の朝まで個室のバースセンターにいていいはずやったんやけど)

なので真夜中に荷物をまとめ、つかの間のパラダイスやった個室から4人部屋の病棟へ。
(ほとんどが2人部屋なのに、「4人部屋」なんて運悪いわ~)

相部屋でベイビーに泣かれると、本当に気をつかう。
おっぱいさえくわえていれば泣かないので、その夜は一睡も出来ずに授乳オンリー。

他のママ達もベイビーが泣くたびに、
「シーっ、シーっ・・・」と言いながら、何やらガサゴソやっていた。
カーテンで仕切られているので様子は見えないけど、
どのママも暗闇の中、睡魔と闘いながら、
「お願いだから泣かないで・・・」と祈るようにベイビーを抱いているんだろう。

乳からは何も出ないくせに、吸われると子宮が痛い。
その痛みったら初期の陣痛よりも強いもんだから、かなり辛かった。
シエナが吸ってくれる事によりホルモンの作用で子宮の収縮が進む訳で、

痛いんだけど、嬉しい・・・みたいな、

ベットの上で我が子を抱きながら、ちょっとしたMの喜びを味わう。

そして朝になり、面会の時間。

廊下から
「Where is mama~♪」とCodyの声がする。

Cody&父さん、じじ&ばばが早々にやって来てくれた。

昨夜は私無しでの初めての夜やった訳で、父さんにどうやったか?と聞くと、
何と深夜2時ごろまで寝てくれなくって、彼は大変やったらしい。
Codyが私を恋しがって泣いたのはほんのわずかな時間で、後は大はしゃぎされとても「寝る」どろこではなかった・・・と。

父さんがCodyを寝かしつけるのはコレが初めて。
私の日頃の苦労が分かったか~っ!!

午後1時から4時までは休憩時間で、面会の人は来れない事になっている。

なので少し休んでから、助産婦さん(この日は男の人やった、珍しい!)にお願いして

シエナちゃん、初風呂~♪
DSC09707.jpg


そして4時から8時までが、午後の面会時間。

月曜がクイーンズバースデーで今週末はロングウィークエンドだと言うのに、
たくさんのお友達がシエナへの贈り物を手に、次々にお見舞い&面会にやって来てくれた。
本当にありがとう~。

そして夕食の頃になり、父さんとCodyが再び。

病院に行けば私に会えるので、朝晩の訪問をとても楽しみにしてくれてるらしいCody。

でも私に会ってもそれほど大はしゃぎする訳でなく、
ベイビーにもそれほど関心がある訳でもなく、
バイバイの時には意外にあっさり「バイバイ、ママ~♪」と去っていったりして、

何て言うんだろう・・・。

彼なりに、大いに戸惑っているのが手に取る様に分かる。

なるべく周囲に迷惑をかけない様に・・・って感情を抑え、自然に振舞う様に努力してる、って言うか。

わがまま言ったりダダこねたりしないで、ごく普通にしてる彼がとっても健気でいじらしい。

それと同時に、何て言うんだろう・・・まだ3歳にもならないのに、こんな状況にも適応してしまう

人間力とでも言おうか、

そんな、きっと彼本人も気づかない「強さ」が、この小さな体に備わっているのかと思うと、

驚かされずにはいられない。

産後2日目は、そんなこんなであっと意う間に過ぎていきました。
3日目。
6月9日(月)

今日も、午前&午後とたくさんのお友達が面会に。
ありがとう、みんな~♪

昨日からはシエナも落ち着いたみたいでとっても良く寝てくれる様になり、せっかく来てくださった皆さんには起きてる彼女を見てもらいたいのに、今日はほどんと寝てたし~。

夕方にある友人が来た時だったか。

「Cody君、様子どう~?」と聞かれ、

彼の健気に頑張ってる様子を伝えようとしたら、感極まって言葉にならず、泣いてしまった。
そしたらどう言う訳か、鼻血も出てきて大変。

単に「Codyね~、頑張ってるの。健気でいじらしいわ~」と言いたいだけなのに、
私自身が彼のそんな姿に感動してしまっているので、胸がいっぱいになって言葉が出てこない。

私、どうしてしまったのだろう?
産後のホルモンの影響か?

夜、Codyを連れて面会にやって来た父さんにその事を報告しながら、またもやウルウル・・・。
そしたら父さんもつられて泣いてやんの。

家でのCodyの姿を見ている父さんにしたら、きっと私以上に「Codyの頑張り」を感じてることだろう。
私以上に思うところがあるだろう。

病室のイスに座り、ケロっとした顔で差し入れに頂いた「お菓子」をボリボリしてるCodyに気づかれない様に、必死になって涙をぬぐう父さん&母さん・・・。

私達、何やってんだ・・・。

そしてもう傍らには、スヤスヤと眠るシエナ。

こんな事で泣けるなんて、私達、本当に幸せなのね。

そして今日のそんな事を夜中の授乳中にも思い出す。
暗く、静か~な事も手伝ってか、ベットの上であぐらをかいてシエナを胸に抱きながら一人

声を押し殺して号泣・・・。

あ゛~あ゛~・・・、明日は退院なのに。
今、この顔で寝てしまっては、きっと起きた頃には目がパンパンや。
新生児を産んだ、キミが新生児??みたいな顔になるやろう。

シエナは満足そうにスヤスヤ寝てるのに、
本当なら私もしっかり寝ておきたいところやのに、

今寝ては大変なので、給湯室から氷を持ってきて冷やしながら横になる。

何かしていないと寝てしまうので、この時間を利用して「おっぱいマッサージ」でも・・・と、

ベットの上に仰向けになり、パジャマを胸の上までめくり上げ、乳丸出しでガシガシ♪と両手で乳をもんでいたら、何やら人の気配・・・。

「ん?」と思って、目の上のタオルをとって見たら、

夜勤の当番の助産婦さんが見回りに来ていた。

彼女も彼女で、「ん?」ってな顔をしていたっけ。

別に悪い事をしていた訳ではないのだけど・・・

何かすごい所を見られてしまって、ちょっと恥ずかしかったわ~。
そして退院。
6月10日(火)

産後4日目。

病院には3泊してすっかり体も休まったし、もうこれ以上いても特にやる事もないし、そろそろ退院する事にした。それにCodyも恋しいし~♪ 

当初の予定では「上げ膳据え膳」はやっぱり楽なので4泊させてもらう気でいたし、私が希望さえすれば後2日ぐらいはいさせてもらえたのかもしれないけど、父さんも十分やってくれたし、この辺で楽させてあげたい・・・ってのもあるしね~。

今日はCodyのデイケアの日なので、午前中に退院してもお迎えの午後3時まではCodyなしで家で荷物の整理とかが出来る訳で丁度都合もよかった。

デイケアが9時からなので、その後父さんに迎えに来てもらう事に。

モーニングティーとお弁当の用意をすべて父さんに頼んだのだけど、

彼はそれを完璧にこなしてくれた。

話を聞くと、父さんは今朝は7時に起きてお弁当の準備をしたらしい。
モーニングティーにはベジマイト・サンドイッチと、お野菜のスティック。
そしてお弁当には、ゆかりご飯と茹で野菜(人参、ブロッコリー、カリフラワーなど)とハム&チーズを。

いつも遅くまで寝ているCodyだけど今日は8時には起こし、
お着替えをして、朝ごはんを食べさせて、

デイケア開始の10分前には現地についていたらしい。

すごい、父さんっ!見直したわよ。

そうなんよ、奴だってやれば出来るのよっ!
だからあたしやったって、彼を伴侶として選んだのだから。

そして約束の9時半には病院に迎えに来てくれた。

なのに病院側の退院手続きなどがまだ終わっておらず、またで直してもらう事に・・・。

ごめ~んっ!

その間に、ローカルのプレイグループで一緒のミッシェルから男の子を出産したとメールをもらっていたので、ちょっと会いに行く。
私がベット#4、彼女は#24やった。
昨夜産まれて、夜中に病室に移動して来たらしい。
3人目やのに陣痛と10時間戦ったらしく、私が「12分やった・・・」と言うと羨ましがっていた。
お互いに予定日を過ぎても産まれず悶々としていたので、いやいや無事に産まれて何より。

予定よりかな~り遅れて、お昼ごろに退院。
4日ぶりの我が家は、とてもキレイにしてあった。
昨日ちゃんと掃除機をかけて今日に備えてくれたらしいし、キッチンもすっきり。

そうなんよ、やれば出来るのよ・・・って言うか、元々はとっても几帳面でマメな人やから。

3時にCodyを迎えに行ってもらい、
「Cody~,ママ帰ってきたよ~、寂しい思いさせてゴメンネ~♪」と感動のご対面のつもりやったのに、

彼の反応はいたってフツ~やったし。

夜、久々に家族揃ってのディナー。
シエナを抱えてどんなに大変な事やろう・・・と思ったけど、
ま~よく寝てくれるシエナちゃん。

1日目は食事の用意も、Codyの寝かしつけも余裕でこなせて大助かりでした~。

さあ、これから頑張るぞぉ~。

DSC09735.jpg

おっぱいが来た。
6月11日(水)

昨日の夜中におっぱいが本格的にやってきました。
Codyの時は1週間かかったので、やっぱり二人目は早い。

それと同時に、吸われる度にあんなに強かった子宮の収縮がピタッとなくなり、もうぜんぜん痛くない。

さらには初乳を与えたときにちょっと傷ついて痛かった乳首も、家に帰って来てすぐにイソジンを塗ったら(自己流の治療法、でもすごく効くのよ~)一発で治り、なにもかもが快調~♪

Codyも相当のおっぱい好きやと思ったけど、シエナもどうしてどうして見事な吸いっぷりで、

DSC09747.jpg


ちょっと足りないと

こんな風にしておっぱいを探し回ります。
DSC09746.jpg


Codyよりずっと体が小さいのでお口も小さいんじゃ・・・と思うけど、吸い方もとっても上手。
しばらくするときっと彼女もムッチムチ♪になることでしょう。うふふ・・・楽しみだわ~♪

お腹がふくれると後は寝るのが仕事のシエナ。
3時間おきの授乳パターンで落ち着いて、ぜんぜん手がかからない。
本当に吸うか寝てるか・・・ばかりで起きている時がなく、こんなんで良かったのか?と育児書を読み返した程。

Codyの時はおっぱいあげても泣いてばかりで、抱っこしてたらもうお昼・・・私はまだパジャマのままなのに・・・って事がよくあったけど。
二人目って本当に育てやすいのね。
それとも私が「経験者」になってるから、何だかんだ言ってもやっぱり要領を掴めてるのかしらねぇ。

ママ~、ママ~♪
シエナは本当に良く寝てくれてとっても育てやすい子なのでぜんぜん手がかからないのですが、逆にCodyがママ、ママと大変で・・・なかなか更新出来ずにいました。
コメントの返事も出来ずで、ごめんなさい。(その内に絶対します!)

思い出しながらですが、産後数日の事をちょっとアップしてみました。
毎日が大切な思い出、私の宝物です。忘れない内に・・・。


6月12日(木)

私がシエナを病院から連れて帰って今日で3日目になる訳ですが、Codyは特に彼女に嫉妬とかする訳でもなく、相変わらず泣いたら「いないいないばぁ~」をしてくれますし、私が側にいない時は走ってやって来て、
「ベイビーが泣いてるから、おっぱいあげて~♪」と(英語で)言い、優しい世話焼きなお兄ちゃんでいてくれてます。

が、それはとても有難いのですが、以来私を独占したい・・・という態度が非常に強くなり、

何かにつけて「ママ~、ママ~♪」と、とにかく寄って来る。

そして、きっと私の気を惹きたいのでしょう、やたらとおどけてみせたり、調子こいたりしてるので、ついつい「ほらほら、そんな事して・・・やめなさい!」的なセリフが増えてしまう。
父さんは父さんで、もっと強い口調で彼に「NO・・・」という事が多くなったし。

今朝もそんな感じでCodyは私にまとわりついてきてて、
洗濯して畳んで山に積んであったシエナの服やおくるみの上を歩いてくちゃくちゃにしたので、

「それ、シエナのお洋服よっ!そんなことしたらダメでしょっ!!」と軽い気持ちで叱ったつもりだったのに、彼には相当堪えたのか、じっと私の顔を見るなり床にうつ伏せて

堰を切った様にうわ~んっ!!と泣き出してしまった。

何だかまるで、「みんなしてシエナに浮かれてる。ボクの事もちゃんと見てよ!僕だってこの変化に戸惑いつつも、我慢して一生懸命にやってるんだよっ!!」って言われてる気がして、

慌てて抱きしめたら、こっちまで泣けてきた。

と同時に、ちょっと安心も。

と言うのはここ数日のCody、あまりに出来すぎでいたから。
我慢しすぎるのも良くないよね、やっぱり。
まだまだちっちゃいんだもの、我がままになったり、ダダこねたりしてくれないと、逆に心配。

こんな形で上手に溜まったものを吐き出しつつ、警鐘をならして私にいろんな事を気づかせてくれたCodyはすごい。

これからは、今まで以上に時間をかけてCodyにべったりしてやりたい。
今が一番大切な時だと思う。

相変わらずシエナはとってもよく寝てくれてる事だしね・・・。

やっぱり兄弟、良く似てるわ~。
6月13日(金)

もともとは、私の陣痛の気配が始まってから、私をサポートする為に、

2週間の有給を取る!

と言っていた父さん。

が、なぜかその有給が待ちきれず、出産予定日だった6月1日から取り始めてしまい、
(7日まで産まれなかったから、貴重な有給7日間をムダ使い・・・)
火曜日に退院して来た私を、少なくとも週末まではサポートしてくれるハズだったにもかかわらず、

なぜか今日から仕事に戻って行きました。
なので、退院後に父さんが家にいてくれたのは

たったの2日・・・。

話が違うんじゃ~?

が、居なくなって見ると、やっぱり

「居ない方が楽」なんよねぇ~。

お陰で今日は親子3人、水入らずの充実した1日を過ごしました。


ところで・・・。
退院後、シエナの誕生エトセトラで混乱気味のCodyの気持ちを整理する為に、
Codyに彼の誕生直後からのアルバムを見せて、

Codyだってシエナと同じ様に母さんの大きなお腹から出てきた事、
シエナと同じ様に、ちっちゃな赤ちゃんだった事

などなどを話してきかせたのですが、
(以来彼は自分のアルバムを見るのが大好きになり、「When I was born・・・(ボクが産まれた時は・・・の意)」という言い回しをよく使う様になりました)

改めて二人を見てみると、やっぱり兄弟やね、よく似てる事!

おっぱいを飲む・・・、上がCodyで下がシエナです。
DSC09757.jpg

DSC09747.jpg


おっぱいを探す・・・、上がCodyで下がシエナです。
sep081.jpg


DSC09736.jpg


久しぶりにCodyの赤ちゃんの時の写真を見ながら、
一人でクスクス・・・と笑っています。
蒙古班
6月14日(土)

Codyには日本人の9割にあると言われている「蒙古班」がありません。

Codyが産まれた時に、「きっと父さんの血が混ざったからないんや~」=「白人と日本人とのハーフには蒙古班は出来ない」と思っていました。

が、その後お友達の(日本人と白人の)ハーフの子に、くっきり青々した蒙古班がある事を知り、
シエナには出来るかしらん?と、どうなるのかちょっと楽しみにしていました。

で、産まれてみると・・・ほれ、この通り
DSC09759.jpg

しっかり、くっきり蒙古班が。

尾てい骨のあたりと、向かって右のほっぺと、さらには背中の端っこにもあります。

蒙古班に関してのエピソードと言えば、
その存在を知らない白人ドクターが、それを打撲で出来た「青アザ」と間違えて、
お母さんを「幼児虐待」で訴えたとか、そんなんが有名ですが、

シエナを取り上げた助産婦さんはちゃんと「蒙古班」の事は知っていて、すぐに

「あら~、子の子は「蒙古班」があるわねぇ~」と私に教えてくれました。
それを聞いて妙に嬉しかった私、
後で父さん、Cody、じじ&ばばが面会に来てくれた時に、ウキウキ♪になって私はばばに

「シエナのお尻にはモンンゴロイド(=蒙古民族の意で使用)特有のスポット(=アザ)があるのよぉ~」と元気よく報告したのです。

すると一瞬にしてばばの顔が曇り、明らかに困惑した表情に変わったのが見て取れたので、

「アザって言ったって、ほとんどが大人になるまでに消えるし、日本人のほとんどに見られる民族的な特徴だから・・・」と慌てて説明したのですが、

横からの父さんの、
「モンゴロイドじゃ~なくって、モンゴリアンでしょっ!!」と言う突っ込みではっと気が付きました。

そうだった、英単語としては「モンゴロイド=蒙古民族」は間違いではないのだけど、一般には

モンゴロイドは「ダウン症」を指す俗語として使われる事が多く、
(由来は、ダウン症児の特徴のつり上がった目がモンゴロイドの顔の特徴と似ているから、らしい)
当然ばばも私が、シエナに「ダウン症」のシンボルのアザがある・・・と言った、ととったのです。

父さんの言うとおり、
「モンリアン(にアクセントです)のスポット」と言うべきでした。

あ~、英語って難しいわ~。


未だ見ずの孫の顔。
6月15日(日)

Codyがまた鼻風邪をひき、

鼻の下がムケムケです。 
DSC09752.jpg

くしゃみをすれば、

こんなになるし。
DSC09756.jpg


可哀想に・・・。

午後、じじ&ばばがシエナに会いにやってきました。
が、とにかくよ~く寝る彼女。
じじ&ばばが滞在した3時間、ず~っと寝っぱなしで、可哀想なばばはせっかくなのにシエナを抱っこ出来ずじまい。

病院に来てくれた時もシエナは寝ていたし、ここ数日ばばは結膜炎にやられていたので会いに来られず、なんとばばは未だにシエナを抱っこした事はおろか、彼女の起きている時の顔すら見た事はありません。

いや、この私でさえまともに起きている彼女のお相手をしたことがない。
寝る→泣く→おっぱい→寝る・・・の繰り返しで、今日もまた

こんなんで良かったのか?

と不安になり、また育児書を読み返してみたりした。

だからあまり起きてる時の写真もありません・・・。
Cody一人の時は暇だったので寝てる彼の顔をずーっとぼーっと見ていたものだけど、さすがに今はそんな余裕はないし。もうちょっと彼女とベッタリしたいのだけどねー。

早速ランチでも・・・。
6月16日(月)

先週は出産後という事もあり、ゆっくりと過ごした私。

さて・・・今週はどうしようか?
でも大して予定もないし・・・なんて思っていたら、

昨日の夜。
そろそろ寝ようか・・・と思って何気にケータイをチェックすると、カイリーからで、

「明日、エリーンとシエナちゃんに会いに行っていいか?」ってメールが入ってる事に気づく。

で、すごく急なんやけど、予定もなかったので来て頂いた。
遊び相手が出来て、Codyも嬉しかろうし。

で、よせばいいのに「せっかくやからランチでも・・・」なんて言ってしまう私。

カイリーは、「じゃあ、チキンか何か買って持っていくわ・・・」と言ってくれたのに、

「いやいや、パスタぐらいなら出来るから。食べ物は私が準備するから心配しないで・・・」なんて、

強がりを言ってしまう私ってば、バカバカバカ・・・。

何か持ってきてもらった方が、もちろん楽に決まってるのに。
子供が2人に増えても、産後でも、別に普通にやってます・・・みたいに振る舞いたいのか?
意外と見栄っ張りな私。

まー、そんなこんなで週明けの今日は、今後の私の生活を暗示する様に、

早速、ママ友とランチ~♪でした。

ところで。
Codyってば、男の子なのに「メイク」で「プリティ~」になる事に非常に興味がある様で、
ちょっと油断すると私のバックから口紅を出して、

こっそりこんな事して遊んでます。
DSC09672.jpg


どれどれ・・・可愛くなったかな?
DSC09674.jpg

ちょっとはみ出しちった~♪
DSC09673.jpg

だってきゃわいいんだもん♪
6月17日(火)

シエナが家に来てから初めての、Codyのデイケアの日。

邪魔者のボクをデイケアに預けておいて、シエナと母さんだけで過ごすんだ・・・なんてジェラスされやしないかとCodyの反応がちょっと気になっていたのだけど、

な~んてこたぁ~ない、元気に行きましたわ。
私、ちょっと考え過ぎみたいだわね。

お迎えに行ってもジェラスどころか、シエナがきゃわいくって仕方がないCody。
DSC09762.jpg

本当に優しいお兄ちゃんよ。

でもね、シエナがスヤスヤ寝ている時は、そぉ~っとしておいてあげようよ。
DSC09763.jpg

おやつの時だってちっとも側を離れないもんだから
DSC09771.jpg


すぐに起こされちゃうんだよね。
DSC09765.jpg

これって2人目の宿命やね。



Cody、判定負け~。
6月19日(木)

今日はビンちゃん、ヘレン、ローリーがシエナに会いに来てくれた。
ビンちゃんは病院にも来てくれたので、これで2度目。

せっかくだから・・・と、やっぱり今日もランチを一緒に。
今回は私がアレコレ言い出す前に、
「アンタは何もしなくっていいから・・・」と念を押されていたので、食べ物の心配は本当に何もせず。

オージーママ友たちにはすでにベイビーシャワーでさんざんお祝いを頂いていたのに、
みんなさらにお祝いを持ってきてくれて・・・恐縮するやら有難いやら。

そしてシエナに時間が取られる分だけ普段Codyの相手が出来ないでいるので、こうして遊びに来てくれると同年代のお友達と遊んでもらえるのでとてもうれしい。

アイラやカールと狭い家の中を走り回ったCodyは、今日は珍しく昼寝もないままに7時前にコテっと行き、そのまま翌朝8時まで起きませんでした。

シエナもお腹さえふくれれば3時間~5時間ぐらいはまとめて寝てくれるので、
今夜は久しぶりに静か~な夜でした。

シエナが良く寝てくれて私が楽できる理由はもちろん私がCodyで経験を積んだ「おっぱいエキスパート」だからと言うのもありますが、(20ヶ月やったからね、新生児がおっぱいの後泣く理由がゲップであると今ならよく分かります。Codyの時はおっぱいが足りていないものだ!と思い込み、苦しいのにさらにおっぱいを飲ませる・・・というプチ拷問をしていたみたいで。随分可哀想な事をしたもんです・・・)おっぱいの後眠りに落ちるまでのトランス状態の時、Codyはいつも悪夢を見ているみたいに何かに苦しめられてキュンキュン♪泣きそうになっていたのに対し、シエナは決まって二タァ~っと笑ってとっても幸せそうなので、きっと安産で産まれて来た彼女にはバーストラウマが極端に少ないんだろーな~って勝手に思ってます。

何しろシエナは産まれてすぐでも、こんなにキレイな顔をしていたのに、
DSC09691.jpg


Codyはこんなに打ちのめされていましたから。
DSC09755.jpg


ボクサーにたとえるならば・・・

シエナ=1ラウンドKO勝ち
Cody=最終ラウンドまで粘ったけど、判定負け~

みたいな顔。
笑えるわ~。

4人家族。
6月22日(日)

シエナが誕生して家族が4人になってからの、初めての一家揃ってのお出掛け。

近所の小学校で「モデル・トレイン」の展示イベントがあったので、
トレインと言えばCody大好きな事だし、頑張って行って来ました~♪

お~喜んでる、喜んでるっ♪
DSC09791.jpg
DSC09785.jpg
DSC09775.jpg


それにしても、なぜか休みの日になると、このストライプのヨレヨレシャツばかり着てる気がするな~、この人・・・。

父さんとCodyがモデルトレインを楽しんでいる間、シエナは・・・と言うと、

熟睡~♪
DSC09789.jpg

ほ~んと、手がかからないわ~。

展示品の中には、こんなアンティーク・テレビの中にモデルを走らせてるのもあったよ~。
DSC09850.jpg

こんなのならインテリアにもなるし、Codyが欲しがるんだったら家にあってもいいわ~なんて。

校庭には例のミニ・トーマスも出張で走っていたので、ちょっと乗ってみたり。
DSC09804.jpg
DSC09805.jpg


シエナがあんまりよく寝てくれるので、調子こいて昼からは住宅展示場なんかも数件回ってみたりもした。

シエナが誕生して4人家族になって、こんな幸せはないのだけど、
ステキなお家を見て回って、完璧にコーディネートされた広いリビングのフカフカソファーに座ってると、

「あぁ~、こんなお家に住めたらなぁ~」なんてつい考える私。

人間の欲望というのは、尽きる事はありませんねぇ。
 
シエナが寝ない~。
6月23日(月)

これまでシエナは本当に良く寝る子で、「楽でいいわ~」と豪語してきた私ですが、

今日のシエナは

寝なかった~(泣)

いつもの様に、おっぱい&ゲップ&おむつ交換のフルコースを堪能した後、
なぜか今日は寝かせると、すぐに目を覚まして泣き出すんやもん。

何と午後1時過ぎから夕方の5時ごろまで、
抱っこしてあやして、それでもダメなのでちょっとおっぱいやってみて・・・
そうこうする内にウンチとかするのでオムツ替えて・・・

と、あのちょっと懐かしい、赤ちゃんのお世話だけでクタクタ・・・な午後を体験しました。

Codyの時はそんな事しょっちゅうやった気がするけど、シエナはそんなの今日が初めて。
まー、これが当たり前なんやけど、今までが楽やったせいか、ほんと疲れたわ~。

そんな母の苦労は感知せず、Codyはいつもの様に自分のアルバムを出してきては、
DSC09819.jpg

これがボクの赤ちゃんの時・・・だの、
DSC09821.jpg

これがダディだの・・・、
DSC09820.jpg

これがばあちゃんだの・・・とあくまでもマイペース。
DSC09822.jpg


でもお陰で久々に起きてるシエナの写真も撮れたし、
DSC09810.jpg

こんなにきゃわいい二人のツーショットも。
DSC09808.jpg


で、最後には二人ともイってくれたので、パソコン立ち上げてしばしの休憩~と思いきや・・・
DSC09826.jpg


こんな時に限って電話とか鳴ったりする。
ついてねぇ~っ。
今日のCodyとシエナ。
6月24日(火)

今朝のCody。

朝ごはんのシリアルを、ミルクもかけずに、

箸で食べる!と言って聞かないし。
DSC09837.jpg

しかもリビングで、テレビ見ながら。もうっ!
DSC09836.jpg

早くしないとデイケア遅れるぅ~っ!!
DSC09838.jpg

その昔、日本のばばに送ってもらったお子様向けトレーニングお箸が近頃お気に入りです。

そして・・・
なかなか寝なかった昨日に引き続き、今日も起きてる時間が多かったシエナ。

でも今日は泣いて寝ないのではなくて割とニコニコしていたので、Codyがデイケアに行ってる間に、念願のシエナとべったり~♪の時間を堪能。

だから今日は色んな顔の彼女を撮れて、母さん幸せ~♪
DSC09841.jpg

DSC09846.jpg

DSC09840.jpg

DSC09842.jpg

DSC09847.jpg


バーストラウマのない彼女、基本的にニヘ二へした表情が多いです。
赤ちゃんの顔って、ホント、いつまで見ていても飽きないし~。
あ~、こんな風にして過ごせるなんて、贅沢な時間やなぁ・・・。

チャンスや~。
6月26日(木)

本来なら日本人プレイグループの日だし、そっちに行こうか・・・
あるいはそれは今日はお休みにして、お友達を呼んで家でランチでもしようか・・・

いろいろ企てていたのですが、昨日から風邪でCodyの体調が思わしくなく

今日はじっと大人しくしてた。

一晩で熱は下がったし本人は至って元気なのだけど、鼻水とゲホゲホ咳がすごいのでとても人のいる所へ連れて行ける状態ない。

お昼ごはんの後、外で「シャボン玉」をしたいって言うもんだから、まーそれくらいは良かろうと

「じゃあ、キッチンの洗い物が終わったらね。その間にCodyはリビングのおもちゃを片付けてなさい」と言って、私はしばし家事に専念していて・・・

しばらくCodyも寄って来なかったので、てっきりリビングでよい子にしてるもんだと思ったら・・・

あらら、待ちくたびれて寝てたのね・・・
DSC09875.jpg


しっかりパピィを抱きしめて、靴まで履いちゃったりなんかして・・・
すぐに外へ出られる準備をしていたらしい。

母さんってば、あなたと遊ぶよりも「家事」を優先させてしまって、待たせて悪かったね・・・。

しかし、キミ・・・

散らかしたおもちゃを片付けるんじゃーなかったのかね?

片付けるどろこか、おもちゃ・・・、すごいことになってるし。
DSC09874.jpg


ここも、
DSC09872.jpg


そしてこっちも・・・。
DSC09873.jpg


「シャボン玉」を餌に「お片付け」を強要した私への当て付けって訳ね。上等じゃねぇ~かっ。

そんな中でも、シエナはぐっすり。
DSC09869.jpg


って事は?

先日に引き続き、またもや突然訪れたダブルで昼寝の
夢の時間~♪

さっ、それじゃ~ゆっくりお茶でもしようかしらねぇ~。


順調に育ってます。
6月27日(金)

ローカルのプレイグループの前にチャイルドクリニックに寄って、シエナの成長ぶりをちょっとチェック。

明日で生後3週間になる彼女。
3.3キロで産まれたのが、いつの間にか4.4キロになっていた。
正確には、病院退院の時点では3.16キロに減っていたので、
1.2キロ以上増えている事になる。

ええ感じやないの?

ちなみにCodyの時はどーやったか・・・と言うと、
4キロで産まれたのが退院時に3.6キロになり、
3週間後には4.6キロになったから1キロ増か・・・。

って、アレ?
体重増加の比率では、あの巨大ベイビーやったCodyよりも、シエナの方が上回ってるし。
確かCodyは3ヶ月にもならない内に8キロベイビーになったんやけど、

シエナもそんなんになるんかいな?
やっ、やばいかも。

身長もいつの間にか3センチ伸びて、53センチになっていた。
産まれたばかりの頃に来ていた服が、ちょっと小さくなってきたからな~。
新生児の成長って、ホント、早いわ~。
今日のこのサイズのシエナが明日にはもういないか・・・と思うと、
なんだか毎日をやり過ごすのがもったいない。

お肌のプニプ二感とか、抱っこした時の感触とか、頭にほお擦りした時の体温とか、

そーゆーのは写真にもビデオにも残せないものね、絶対に忘れたくないわー。

午後からは近所のひさ子さんのお宅へお邪魔してまたランチ。
今日はカイリーとエリーンも一緒。

プレイグループの後、お昼から4時過ぎまでお世話になった。いつもながらありがとう~♪

帰り際、どうしてもパピィが見つからずに一旦パピィ無しで家に戻ったのだけど
(すぐ後で見つかって、ご主人が届けに来てくれたのだけど)

Codyが泣いて泣いてそりゃ~大変でした。
私も私で、「この機会に世代交代や。今日から新しいパピィを可愛がろうね」みたいな事を言ったりしたから余計にね。
一体いつまで持ち続けるのかしらねぇ。

DSC09860.jpg

やっと「ばば」と。
6月28日(土)

風邪ひいたり、結膜炎になったり・・・とずっと体調が思わしくなかった「ばば」が復活~♪

今日、早速シエナに会いに来てくれて、や~っと起きている彼女の顔を見たり、抱っこしたり。

すご~く嬉しそうでした~。
DSC09882.jpg

フツーのトレーナー着てるだけなのに、やっぱり今日もどことな~くゴージャスな「ばば」。
私が同じものを着れば、ただの「パジャマ」にしか見えんやろう・・・。
どこが違うん?
髪の色?
人格?
品性?

Codyも「ばば」にあうのは久しぶりやったので、

ダイブして参加~♪
DSC09878.jpg


シエナの事が可愛くって仕方がないってのはよ~く分かるんやけど、
もう、加減ってものを知らないからいつも押しつぶされそうな彼女。
見ているこっちが冷や冷やで、「もうちょっと優しくね~」とやんわり言うのだけど、
一向に改善されず。

その昔、日本の「ばば」から聞いた話には、私(長女です)も弟がまだ産まれたばかりの頃に、お風呂ごっこ~♪とか言って、ぐちょぐちょに濡れたタオルで顔を拭いてやっていたらしく(もちろん好意から、です)、もう少しで溺死させる所やった・・・とか。

この前も同じ事言ったけど、これもまた

二人目の宿命やね~。

マイクロチップ。
6月29日(日)

今日は近所で市が主催する「ベットのイベント」があって、大好きな「ファームアニマル」や「フェイス・ペイント」のコーナーもあったので友達ファミリーも誘って行って来ました。

行ってみて気が付いたけど、無料で「マイクロチップ登録」のサービスとか「グルーミング」のデモンストレーションとかしてたので、特に「犬の愛好家」の来場者が目立ち、

会場には人よりも「犬」の方が多かった、様に思う。

外だったけど空気中には犬の毛が舞い、なんとなく鼻がムズムズしてくる気がして、

こんな所に「新生児」を連れてきて良かったのかな?と思ったが、もう遅い。
辺りを見回すと、赤ちゃん連れもたくさんいたし~。
ベビーカーをシーツでカバーして、なるべくシエナをその辺の空気に触れない様にしたけど・・・。

犬が目立ったとは言えペットのイベントなので首に巨大なヘビを巻いた係りの人とかもいたし、

Codyも亀を触ったり、
DSC09883.jpg


オオトカゲを撫で撫でしたり。
DSC09885.jpg


さすが子供、変な先入観がないから怖くないのね~、
そーゆーのを見ると母さん安心するわ。
「ゴキ○リ」でキャーキャー言ってる私の姿、あまり影響してない様で。

ところで、最近色んなところにパピィを置いてきて見つけられない・・・って事が増えています。
今日のイベントで、パピィにも無料で「マイクロチップ」を・・・と真剣に列に並ぼうか、と思った程。

マイクロチップは冗談でも、首輪に迷子札でもつけて連絡先ぐらい書いておこうかな?と思ったりします。そうしたら万が一無くした場合でも、心ある人が知らせてくれるかも・・・って。



カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。