オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年やね~。
1月1日(火)

新年、明けましておめでとうございます。
今年もマイペースでCodyの様子を綴って行くつもりです。
どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、私があんなに「イブの花火を見に行きたい!」って言っても父さんの重い腰は決して上がらず結局実現出来なかったのに、本当に勝手なは、今朝になって突然、

ヴォルクローズ(シドニーの高級住宅地ダブルベイよりもっと先の、これまた超高級住宅地)に行きたいとぬかし、渋々行って来た。

ここ、以前に父さんが担当した現場。

刑事モノのテレビドラマによると「犯人は必ず現場に戻る」らしいけど、

職人も必ず現場に戻るんかいな?

自分のした仕事がそんなに誇らしいのか、私はぜんぜん興味ないんやけど、もう、しょっちゅうあちこちの建物の窓とかテラスとか回転ドア(ガラス類の取り付け専門やから)とか見に行かされて困っている。

で、いつもは本当にその窓を見るだけで終わり・・・やったりするんやけど、

今日は珍しくおまけがあった。

その現場の高級邸宅からちょっと歩いていくと・・・

橋が架かっていて・・・
DSC08847.jpg


そこから見えるのは
DSC08851.jpg


入り江になったビーチと
DSC08856.jpg


クルーザーが浮かぶ青い海。(手前はロック・プールになってるよ)
DSC08855.jpg


ビーチの先はちょっとしたピクニックエリア兼・・・
DSC08843.jpg

公園になっていて、
DSC08832.jpg


ええ所やないのぉ~!!

残念ながら昨日からちょっと鼻水&くしゃみが出だしたので、Codyを海に入れて遊ばせる事は出来なかったのだけど、

彼もすっかりココが気に入った様子。とっても楽しそうでしたよ。
DSC08850.jpg

DSC08826.jpg


今度はCodyの体調が万全の時に、ピクニック&水着の用意をして行きたいわ~。
スポンサーサイト
性別判明~♪
1月2日(水)

新年早々なんやけど、18週目の超音波検査の予約をしてあったので、Codyは父さんにお願いして朝一番で行って来ました~。

検査技師の方には「性別が分かったら知りたいので教えてください」と伝えて、早速検査開始。

Codyの時は赤ちゃんの位置が悪くて検査対象があまり確認出来ず(内臓の様子とかね)、一度検査を中断して「バナナを1本食べて、その辺を散歩して来てください・・・」なんて言われ出直しをした経験があるので、今回もそんなにすぐには性別なんて分からないかも・・・って思っていたのに・・・(足がクロスしたままで、結局最後まで判らないベイビーもいるもんね)

いきなりモニターに映し出された映像は、「恥部」を丸出しにして両足を広げているところで(何というか・・・オムツ交換してる最中のあのアングルやね)

ものスゴイ大胆なベイビー。

んで、検査開始からものの15秒後ぐらいにあっさり・・・

あ~、これは間違いなく女の子やわ~、って。

それを聞いた途端に、もう嬉しくって嬉しくって、涙がどどっと溢れました。

性別を聞くと、より一層「お腹にベイビーがいる」実感が沸くわ。
しかも念願叶って「女の子」やなんて。

あ~、私って何て幸せなの。
神様、仏様、ご先祖様、みんな、みんな、本当にありがとう。

検査室を出てから車にたどり着くまでの道のり、嬉しくって年甲斐もなくスキップでもしそうやった。顔もニヤニヤして怪しい人やったやろーなぁ、あたし。

で、帰りにモニターをプリントアウトしてもらったのがコレ。横向きね。
DSC08861.jpg


足のあともはっきり。
DSC08862.jpg


で、これが横顔なんやけど、さすがオージーの血が入ってる・・・って言うか、
鼻、高くないか?赤ちゃんって、みんなこんなもん??
DSC08859.jpg

口元は私そっくりで、これまた尖がって突き出ているけどね。

日本のばば~、そんな訳で「女の子」でしたよぉ~。
毎日お祈りしてくれてありがとう~♪
ますます楽しみになってきたわー。
お砂場。
1月7日(月)

Codyへのクリスマス・プレゼントとして「じじ&ばば」に買ってもらった「お砂場」にようやく砂を入れて、遊んでいただきました。


元々、砂が大嫌いな私。
あのザラザラ感がもう最悪・・・。
だから海もあまり好きでない。

Codyが砂場好きでなければこんなの絶対に欲しくないけど、
彼、大好きなんだな~、砂場が。
DSC08884.jpg


寝そべってるし。 意外と野性的なのね、アナタって・・・。
DSC08887.jpg


ちょっと遊ばせただけなのに体中砂だらけなので、家に入れる前に外で全身洗浄。
DSC08897.jpg


もちろん総お着替え。
その後、なんか家の中までザラザラしている気がして掃除機かけまくり。
自分も砂だらけな様な気がして、軽くシャワーして着替え。

その後、水でベチャベチャになった砂をフタの方に移して天火で乾燥させ・・・、そのままでは猫や虫なんかが砂場に入ってしまうので、しっかりフタを閉めて・・・

なんだか色々と仕事が増えるね、砂場のオーナーって。(あんなにちっちゃいのに)

あ゛ぁ~、こんなもん、買って貰うんじゃなかったよぉ~。

お散歩。
1月9日(水)

最近やっとまた夕食後にCodyをお散歩に連れて行ける様になりました。
DSC08898.jpg


今までは晩ご飯の支度&後片付けだけで精一杯で、体力がとてもとても・・・。

日中は日差しが強くめちゃ暑なので、日の長い夏の間は夕飯後がお散歩には最適なのですが、この時間になると怖いのが

日よけ止めが要らない代わりに、虫除けスプレーは必須です。

嫌な所ばっかり似てしまって、私と同じくCodyは蚊に刺されやすく、刺された痕はパンパンに腫れる。
しかもその痕は2週間ほど残るし、いつまでもいつまでも痒みがぶり返す。

本当に可哀想なんだな~。
蚊に刺されにくい体質の人(=父さん)、羨ましいぞぉ~っ!

タンポポと同じ様に、花びらを手のひらにのせて、ふぅ~っと吹くのが大好きです。
DSC08901.jpg


誕生日。
1月10日(木)

まだまだスクールホリデー中なのでプレイグループは自体はお休みなのですが、その代わりに・・・とピクニックの企画して下さったので、お弁当を持って行って来ました~。

今日もぜんぜん遊具の方には行かなかったけど、Codyは「ピクニックシートの上に座る」のが大好きなので、パクパクお弁当を食べて楽しそうでしたよ~。

食後にフルーツを持ってウロウロ・・・。
DSC08904.jpg


子供たちは木の根っこを引っ張るのにみんな一丸となっているのに、Codyだけはその様子を撮るビデオの方に夢中・・・。
DSC08905.jpg



今日は母さんの誕生日だったので、夜は近所のクラブで食べ放題ディナー。
最近また「軽いつわり」が戻って来てるので、今日は腹八分目で抑えといた。

つわりの後遺症で「甘いもの」はぜんぜん食べたくないのでケーキは無しだったけど、夜寝る前に父さんがキャンドルに火を灯してCodyと「ハッピーバースデー」の歌を歌ってくれました。

Cody・・・、いつの間にか「ハッピーバースデー」の歌をフルコーラス、完璧に歌える様になっていてびっくり。

母さんに代わって、キャンドルもしっかりと吹き消してくれました。
(その後同じ事を3回やらされたし・・・)

派手な事は何も無かったけど、平凡であることがしみじみと幸せに感じる、いいバースデーでした。

ありがとう、ありがとう・・・。
聴力検査。
1月11日(金)

午前中のプレイグループの後、Codyの聴力の定期検査の為に初めて、ウエストミードにあるチルドレン・ホスピタルへ行って来ました。
(若い頃に「じじ」が原因不明で片方の耳の聴力を失っているので、Codyも念の為に年に1回ぐらいの割合で検査する事を勧められている。)

子供専門の医療機関として名高いこの病院だけど、本当に関心したわ~。

受付から待合室まで、至る所に子供心をくすぐるおもちゃが設置してあって、
DSC08910.jpg


そりゃ~、Codyは大喜び。

しかもCodyのやった聴力検査は検査技師の方2人掛かりで、ゲームあり~の、人形劇あり~ので、

「お母さんは黙って後ろで見ていて下さい・・・」との事だったので、

30分ぐらいの間でしょうか、

金も払っちゃいないのに他人にCodyの世話を任せ、あたしゃ、しばらくぼ~っと瞑想にふけさせて頂きました。

こーゆー事があると、ここの医療システムも悪くないなーなんて思ってしまうゲンキンなあたしです。

年に1回ぐらいの割合で来て下さいね、って事だったけど、

週1ペースで来ちゃだめですかぁ~??
1月12日(土)

今日も頑張って、夕食の後でお散歩に行きました。

汚ね~枯れ草をわしづかみにしてばら撒き、
DSC08912.jpg


キャッキャと大はしゃぎのCody。
DSC08913.jpg


今日も仕事で疲れているのに散歩に付き合ってくれただけでなく、
「かたぐるま」の大サービスまでしてくれた父さん。
DSC08922.jpg


ちょっと辛そうだけど・・・
いつもあたしゃ文句ばっかり言ってるけど・・・

本当にいいパパなんですよぉ~、っとたまにはヨイショしておこう。
ベビーカー選び。
1月14日(月)

朝から外は雨模様。

特に予定も用事もなく、家でゴロゴロするつもりでいたけど、どーゆー訳かCodyが朝からパワー前回で、とてもとてもお家でのお遊びではエネルギーを燃やし切れそうになさそうだったので(彼がこんなのって珍しい。いつもはトーマスや本で満足なのに。)、近所のプレイセンターへ連れて行きました。

初めて行った所だったけど、スクールホリデー中なのに適度に空いていて、しかも時間無制限で7ドル50セントと安く(大人は無料)、Codyの苦手な「激しく遊ぶちびっ子」もいなかったので、親子でまったり~といい時間を過ごすことが出来ました。

帰りにベビー用品のお店でタンデム式のベビーカーを物色。

3輪のバギータイプにしようか、4輪のにしようか、
Cody用のシートは寝れる様にリクライニング出来るタイプにしようか、
座るだけのイスになったものにしようか、いろいろあって迷ってしまいます。

安いモノではないので、後悔しない様に慎重に選びたい。

2人の子供を連れて出掛ける時には必須だと思う反面、
かと言って、2人を連れて、そんなに歩き回る事があるだろうか・・・とも思ったり。

先輩のママ様~、何かいいアドバイスお願いします~。
It's mine!
1月15日(火)

今日はビンちゃん+カール&ベイビーがお昼がてら遊びに来る予定で、Codyも「カールが来るっ!!」とそりゃ~大喜びしていたのに、

ビンちゃんったら、カールを「じじ&ばば」に預け、ベイビーだけ連れてやって来た。

約束が違うだろうにぃ~っ!

私としてもCodyをお友達と遊ばせてあげられるのが嬉しくて、だから、だから朝からお掃除したりおもちゃのトーマスをセッティングしたりお昼ご飯の準備をしたりと、あれこれ頑張ったのにぃ・・・。

ダイニングテーブルの横に子供たち用にセッティングしたピクニックシートの上で、
一人寂しくランチを食べるCody・・・、何だか可哀想だったなぁ~。


ベイビーが大好きなCodyはライアン君が泣き出すと、パピィを見せたり(自分が大好きなモノを見せると他のみんなも喜ぶと思っている)タンバリンをたたいてあやしたりと、彼なりに甲斐甲斐しくお世話をして

「さぞかしいいお兄ちゃんになるだろう・・・」と思わせるのだけど、

ひとたび私がライアン君を抱き上げようものなら、私の身体によじ登って来て、

「How about Cody?」(Codyはどうなの?)
「It's mine!」(マミィは僕のものっ!!)

と自己主張。

最後には私の膝に顔をうずめてシクシクと泣き出した。

怒るでも叫ぶでもなく、この「シクシク泣く」ところがまた本当に彼らしい。

最近はじまった「どもり」の事もあるので、ここはあまり刺激をせず、すぐにライアン君を抱っこするのを止めて、Codyを抱っこしてあげたけど。

次が産まれたら本当にどうなるのだろう?

目の前で「おっぱい」なんかあげたら、彼は絶望のあまり泣き崩れるのだろうか?

ちょっと残酷かもしれないけど、どーなるのか今からちょっと楽しみでもあるな~。

Codyがどんな反応を示すかは次が産まれてるまで本当に分からないけれど、
一つだけ今から決めている事があります。

それは初めてCodyに赤ちゃんを紹介する時。

初対面の時は、ぜったいに赤ちゃんを抱っこしていたり、おっぱいをあげているシーンは見せない様にしたいのです。

理想は、赤ちゃんは新生児室に連れて行っておいて、病室のベットには私だけが寝てる。
そこへ父さんとCodyが来て、私のお腹を見せて赤ちゃんが産まれた事を説明して、一緒に新生児室のベイビーに会いに行く。

そんな風にしたいのです。

赤ちゃんを抱きしめながらCodyに紹介するのではなく、
Codyを抱きしめながら、一緒にベイビーが産まれた喜びを分かち合いたい。

そんな風に出来たら、Codyなら、きっといいお兄ちゃんになってくれると思うなぁ~。
そう願いたい。
ドーナツ、最高やね~♪
1月17日(木)

午前中は日本人プレイグループのママたちと誘い合って、子供たちをプールで遊ばせて来ました。

今シーズン、もう何度もプールには連れて行っていますが、そろそろまた行きたいな~と思っていたところなので、私としてもとっても嬉しい企画。

日本のババから贈られた「アンパンマン浮き輪」にしっかりとしがみついて、Cody、とっても楽しそうだったよ。怖がりなので私が手を離すと嫌がるけど、お水は嫌いではないので、顔なんかにしぶきがかかったりしてもぜんぜん平気です。

お昼はお弁当を持ち寄ってみんなで食べる予定だったのだけど、今日はエリーンちゃん宅でオージーママ達と集まる予定もあったので、プールはお昼で切り上げてみんなにバイバイ。

午後は持ち寄りのランチで母さん、また腹いっぱいに。

Codyだってヘレンが買ってきてくれたドーナツに大興奮♪
DSC08930.jpg

じっくり派の彼は、他のみんなが飽きてテーブルから離れてから本領を発揮。
DSC08932.jpg

この後もずーっとここに座って、ちびちびと一人でやっていました。

いつもだったら夕方にはちょっとお疲れモードになる子供たち。
が、今日はみんなパワー前回で結局5時過ぎまでこうして遊んでいたよ。

Codyはこのメンバーで遊ぶ時が一番イキイキとしていて、今日もとっても楽しそうでした。

マッサージ。
1月21日(月)

午前中、Codyがおもちゃでひとり遊びしてくれていたのでソファに寝転んでゴロゴロしていたら、日本のばばからの小包みが届きました。

開けてみると私の誕生日プレゼントに!と、洋服がどっさり。
そしてCodyにもジャケットやパンツが。

ありがたいやねぇ~。

そしてもう一つ嬉しかったのが、お願いしていた「サロンパス」。

Cody妊娠中は後半の3ヶ月ぐらいかな?
足のむくみ&ほてりに悩まされて、夜、なかなか寝れなかったのだけど、今回はもう先月からそんな感じで、サロンパスなしでは絶対にダメ。

寝る前は足の血行を良くする為にちょっとストレッチしてマッサージをしてから、足の裏にサロンパスを貼って寝ています。(それでも朝の3時、4時まで寝られない事がよくあるわ・・・)

話がどんどんズレますが・・・私がそーやってマッサージをしているといつも、Codyが心配そうな顔してやって来て、

「マミィ・・・マッサージ??」と私に聞き、

一緒になって足をトントンしたりさすったりしてくれます。

で、どこからか「ムヒ」をもってきて塗るマネをしてくれます。
(Codyが蚊にさされると、お薬よ!と言って「ムヒ」を塗ってやるので、たぶんそれで)
で、塗った後で「フーフー」と息を吹きかけて、

「Is it better??」(よくなった??)って。

優しいでしょぉ~っ!!(←親バカ)

そんな話をカイリーにしていたら、

「あれ?旦那はやってくれないの?」って。

そんな事、絶対に有り得ませーんっ!!

また超音波。
1月22日(火)

9時の予約でまたまた超音波テスト。

この前のテストで何やら脳に影がある・・・とか怖い事を言われ(そんな事言われてもあまり気にするタイプではないのであたしゃ平気なんだけど、心配症のおかんならちょっと眠れないかもねぇ・・・)2週間の間をおいて再検査させられた。(ちなみにこれも無料)

検査前に「性別は分かってるんだけど、再確認したいのでよろしく・・・」とお願いしたら、

開始後3秒後に

「あぁ、これは女の子やわ・・・」って。

またもやいきなりアソコ丸出しのベイビー。

本当によく動くベイビーらしく、お姉さん、ずっとクスクス笑いっぱなしだった。
(前回もそんな感じやった)

顔つきといい、大胆さといい、Codyとは正反対の超・お転婆娘が出て来そうな予感・・・。


そのCodyですが、最近またまた寝る前の本読みがエスカレートして困っています。
ここの所しばらくは、自分のベットで一人で好きな本のページをパラパラやっては満足していたのですが、また「母さんに読んで欲しいモード」になって来たみたいで。
昨夜は・・・一体何冊??
確か10時過ぎには一緒にベットに横になったハズなのに、気がついたら次の日になっていたなぁ・・・。

さぁ、もう寝る時間よ・・・と言うと、自分ひとりでは持ちきれないので、おもちゃのショッピングカートにお気に入りの本とパピィとお水のボトルを入れて、ベットルームまで自分で運ぶ。

で私のベットに一緒に横になって1冊づつ読んでやる訳だけど、当然途中でウトウトして来る。
ところが一冊終わった所でパッと目を見開いて、

「次はコレ!」と別の本を私に差し出して・・・ネバー・エンディングなんですわ。

もちろん、早寝早起きの規則正しい生活習慣を身に着けさせてあげるのは大切だとは思っているのだけど、基本的に何でもアバウトで大雑把な私。

本読みは別に悪いことではないし、本人がそうしたいって言ってるんやからいいかなーって。

基本的にはいつも「甘やかし=NG」と「甘えさせてあげる」事の違いに気をつけて子育てをしているつもりで、この「本読み」は「甘えさせてあげる=OK」の範疇。

でもこれを逆手に取られて、わがまま言われるとまた困るんやけどねぇ・・・。

巨大トランポリン♪
1月23日(水)

今日はローリー宅に集まって子供たちを一緒に遊ばせつつ、親は例の様に各自の持ち寄りで食べるわ、しゃべるわでストレス発散・・・。

ローリー宅の裏庭はもう公園みたいになっていて毎回行くたびに感心させられるのだけど、またまた新しい遊具が増えていたわ。

それが、このトランポリン♪
DSC08962.jpg


大きいよね~。
直径3メートルはあるだろうか?
100キロ以上が同時にピョンピョン♪してもOKだとの事で、

子供たちは揃って大はしゃぎでした。

DSC08964.jpg

DSC08965.jpg

DSC08942.jpg


他の子たちに比べてまだ足腰が不安定気味なCodyだけど、これは囲いがあるから安心感があるのかな?、意外と踏ん張ってみんなについて行っていたのが可笑しかった。
やれば出来るじゃん!

それともう一つ、Codyが心奪われていたのがこのレールのセットアップ。
DSC08937.jpg

木製レールをベニア板に打ち付けてあるの。お外専用ね。

家の中ではどうしてもスペース的に無理だけど、狭い我が家でも庭でならOK。
毎回組み立ててやる必要ないし、使わない時はその辺に立てかけておけばいいので、
じじにお願いして作ってもらおうかしら?

日本で育つとどうしても「自宅の庭で遊ばせる」という概念に乏しいと言うか・・・、こんな巨大トランポリンなんかを当たり前の様に庭にセッティングしてしまうオージー家庭をみると、

ちょっとカルチャーショックやわ~。

せっかくこっちに住んでいるだもん。
家も出来るだけの事はしてやりたいんやけど、父さんが大きな壁。
こーゆー事、ぜんぜん感心ないんだな・・・、やれやれ。
子供は子供に任せて。
1月24日(木)

昨日に引き続き、今日はお友達のコーディー君宅へお邪魔してまたまたちびっ子達を一緒に遊ばせる事が出来ました。

家で一緒に遊んでいてもどうしてもマンネリ化してしまうので、こーゆーお誘いは本当に嬉しい。しかも今日はまだスクールホリデー中でコーディー君のお姉ちゃんがお家にいたので、子供たちの事は全て彼女にお任せ♪

おかんは子供の事は完全に忘れ、超・まったりさせて頂きました。

そんな中、ふと気が付くと、姉たちのランチの食べ残しにそぉ~っと手を伸ばし、

顔中でマヨネーズを食べてるかい君(みやかちゃん・弟)、
DSC08945.jpg


めっちゃ可愛い~♪

ペインティングに集中してる子供たち。
DSC08946.jpg

こんなにじっとして遊んでるスリーショットは珍しい・・・と撮っておいてよかったよ。

だってその3秒後にコーディー君、なぜか持てるだけのジュースを抱えて脱走だもんね・・・。
DSC08947.jpg


スクールホリデー中でまだまだ忙しいのに呼んでくれたコーディーママ、そして魔の2歳児を同時に3人相手して遊んでくれたお姉ちゃん、今日もとっても楽しかった。
いつもありがとう~♪ そして・・・

来週もよろしく~♪(来週もまた呼んでくれたんだ~、ムフフ・・・)
オーストラリアデー。
1月26日(土)

今日はめでたい国民の休日、オーストラリアデー。

が、母さんは恐怖。
だって父さん、またまた5連休・・・。(ついこの前、2週間半休んだばっかりやん??)
カレンダー通りの3連休に有給を2日足したらしい。
別にどこにも行かないのに、勿体無いことするなぁ~・・・。

とにかく家にいたくないので、近所でやっていたオーストラリアデーのイベントへ。

恐れていた程暑くもなく、すごい人ごみの割りには大した混雑もなく、
なかなか清々しい日でした。
DSC08949.jpg
(なぜにこんな不恰好なプール用キャップをかぶっているかというと・・・、クリスマス前にパブ・ランチをした時、お気に入りだったトーマスハットを忘れて来たからっ!!代わりのを早く買ってやりたいのだけど、イマイチ気に入ったデザインのが見つからないのよねぇ・・・)

父さんの大好きな、入場無料、乗り物も無料なので・・・

長蛇の列に並んだけれど、Codyの大好きな

お子様電車や、
DSC08957.jpg


巨大すべり台で遊ばせてあげることが出来て、
DSC08959.jpg


母としては満足やった。

夜になって、フィナーレの花火。
これがあまり期待していなかった割に、本当にキレイでCodyも大感激。
ニューイヤーの花火は見にいけなかったので家でテレビやったけど、やっぱり花火は
に限るなぁ~と思いました。
水辺でお遊び。
1月27日(日)

父さんのお友達に誘われて、水上スキーをしにサックビルという所へ。

水上スキーをしに・・・なんて言うと格好いいけれど、若い頃の様にそう頻繁にしている訳ではないので勘が鈍ったのか、今回はなかなか水面に上がれずにボロボロになっていた父さん。

きっと筋肉痛ですごい事になるでしょうな・・・。

父さんがそうやってスキーをして遊んでいる間、我々はやる事がないのでさぞかしつまんねぇだろーなーとちょっと恐れていたのですが、お友達の5歳になる子、ジョーダン君がとっても上手にCodyを遊ばせてくれて、彼はそれはそれは楽しそうでした。

ちーっとも私の所には来ずに、ずーっとそこらを走り回っていた。
お陰で母は今日もまったり・・・。

恐怖の5連休、2日目。
取り合えずいい感じです・・・。
DSC08961.jpg



デイケア・再開。
1月29日(火)

今日からまたCodyのデイケアが再開しました。

休みの間も時々「もうすぐデイケアが始まるよぉ~」と言って聞かせてはいたのですが、その度に「デイケア、ノォ~っ!」とずっと半泣きの状態で。

こんなんで大丈夫なのかなぁ~?と思わせた彼ですが、再開初日の今日、休みの父さんに送って行ってもらったら、意外とあっさりバイバイ出来たそうです。

その頃、私は先週の超音波検査の結果を持って病院に。

結局何も問題なく、今日からはドクターではなく「助産婦さん」との問診開始です。
こちらでは20週ごろまでの問診は皆ドクターと進めますが、それ以降、出産までの問診&簡単な検査及びに出産そのものを「ドクター」と進めていくか、「助産婦さん」と進めていくか選択する事が出来ます。

で、Codyの時もそうだったけど、今回も私は「助産婦さん」を選択。

その方が待ち時間が短いのと、「ドクター」は妊婦を何かの病気でも患った患者として扱う様な気がするのに対し、「助産婦さん」は妊婦をちゃんと妊婦として自然に扱ってくれる様な気がするから。

ま~、要するに何かと「気楽」なんですわ、助産婦さんの方が。

結局今日、助産婦さんとやったのはこれからの流れの説明(今後いついつ、何々の検査をする・・・とか)と血圧&心音確認とお腹の長さのチェックだけ。

日本でピリピリになる「体重のチェック」はぜんぜんしません。
尿の検査も1度もしてません。
もちろん、まだパンツ、脱いでません。(日本だと触診とかするんでしょ??)
こっちでは出産のその日まで、パンツは脱ぐことはないからお気楽。

心音に関しては、この週のベイビーにしてはやたらとバクバク大きな音で、元気でよろしい!とのお言葉をいただきました。

えぇ、えぇ、かなり大胆な娘っ子ですから。

で、お腹(子宮)の長さのチェックですが、なぜにあれは妊娠の週と比例するのかいな?

今日も胃の辺りを押さえ、子宮の上の位置を確認し、そこから恥骨の辺りまでをメジャーでシューっと図って、

はい、きっちり22センチ。あなた、今、22週目だからぴったりね!

って、本当かよぉ~って。

Codyの時も毎回同じ事思ったわ。
ちょっと出来すぎの話よね。お腹の長さと週が比例するなんて。
不思議~。

まぁ、そんなこんなでCodyも元気いっぱいにデイケア再開(お弁当、ぜんぜん食べてなかったけど)、お腹の子の成長も順調です。

次回は26週目のグルコース・テスト(グルコース飲んで、血糖値の上がり方(?)を見るやつ)だって~。
オリンピック・プール
1月30日(水)

父さん、5連休の最終日。

昨日までに自分のやりたい事(庭の手入れとか車、バイクの整備とか・・・)はやり尽くしたみたいで、今日は朝から「どこか行こうよ・・・」と、私の耳を疑う台詞。

時間も時間だったし遠出はしんどいし、あまりお金の掛かるところも何なので、オリンピック・プールで涼む事にしました。

スクールホリデーも終わった所だし、きっと空いているだろう・・・と狙っていったのだけど、これが大正解! 適度な混み具合(空き具合?)で最高でした~。

アンパンマンの浮き輪に捉まって、流れるプールにCody大喜び~♪

母さんも足が火照っているので、ひんやりプールの水が気持ちいぃ~♪

プールに飽きたら、泡ぼこ・ジャグジーでまったり~。
Codyもこのジャグジーが気に入って、真ん中の深いところを浮き輪でプカプカ~♪
(私が2歳の頃はジャグジーなんて経験していないハズっ!最近の子は贅沢ね、まったく)

適度に疲れたのか、いつもは半分ぐらいしか食べられないバナナを1本ぺロッと食べ、

帰りの車の中で爆睡のCody。

ジャグジーが余程気持ちよかったのかな、その後夜になって
「今日、何したの??」聞くと、

「Cody・・・、温か~いバブル・・・、アンパンマン・・・(浮き輪の事)」と
その後に「極楽、極楽・・・」とでも続きそうなくらいの夢見心地な顔で、

「ああぁ~っ♪」と、至福のため息を何度も繰り返していました。

うんうん、ジャグジーは母さんも気に入ったから、
空いていそうなタイミングを図って、ぜひまた行こうっ!!

DSC08969.jpg


カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。