オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母さん、プリーズ♪
6月1日(金)


何か知らんけど、記事の最後に「拍手」のアイコンが現れたぞ。
あれ、なに?
誰が付けたん?
ブログのシステム、あまり良く理解していないのでよー分からんわ。
でもちょっと邪魔よねー。

ところで。

気が付けば、もう6月。
って事はCodyも今日から1歳と9ヶ月。

振り返ってみると先月の1ヶ月が今までで1番劇的にCodyの成長が感じられた月だった様な気がする。

おっぱいを卒業したのが一番大きいけれど、最近の彼の学習能力には驚かされるばかり。

いつの間にか、1から10まで言える様になったし(英語でね)、アルファベットだって半分以上は読める。
自分の事を「コーディー」と言うようになったし、そのスペルを見て「シー・オー・ディー・ワイ」と読む。

前にもちょっと書いたけれど「イエス・ノー」がはっきり表現出来る様になったので、何かおやつをあげよう・・・と言う時でも、

私:「ヨーグルト食べる?」
Cody:「ノー」
私:「じゃあプルーンにする?」
Co:「ノー」
私:「それじゃ、キウイ食べようか?」
Co:「ウンウン、キウイ♪」(最近は時々「イエス」とも言うように)

って感じで、意思の疎通がとってもスムーズ。

普段自分が食べているもの、例えば「ライス」「パスタ」「ブレッド」「トマト」「ブロッコリー」「アップル」「バナナ」「ミルク」「ウォーター」「ジュース」・・・もう数え上げればきりがないけど、たくさん単語も出てきたので、普通の会話が成立して話をしていて本当に面白い。

そんな彼の語彙のなかで私の一番のお気に入りが

「プリーズ♪」

本棚の扉を開けて欲しい時、
「ブック、ブック♪」と言いながら「プリーズ♪」

食後にビスケットが欲しくなったら
「ビッキー、ビッキー」と言いながら「プリーズ♪」

両手を胸の所であわせ、本当に懇願する様にして彼に「プリーズ♪」となにかをおねだりされると、もう何でもしてあげたくなる。

彼も私がこの「プリーズ」に弱い事を知っているので、「えー、今はダメよ、ノー!」と言っても、「プリーズ」を20連発ぐらいして結局私が負けてしまう・・・とパターンが多い。

この仕草を教えるきっかけとなったのが、日本の甥っ子。

去年里帰りした時、当時2歳の甥っ子がお母さんに甘えて、
「お願いっ♪」と少し前かがみになってお辞儀をする様にしながら、やっぱり両手を胸のところで合わせておねだりしている姿がもうめっちゃ可愛かったから、それがすごく印象にあって、最初は「指差し」だけだったCodyに、「そう言う時はこうやって(手を合わせて)、プリーズって言うのよ」って教えたら、何回かやっている内に覚えてくれた。

その姿も今度写真に撮って載せなきゃね。
あれを見たらきっと、日本のばばもメロメロになるだろうな~。


ちなみに今日はこんなイケてない1枚しか撮らなかった。ゴメンね。
DSC06537.jpg
午前中のプレイグループの後、お外で。

スポンサーサイト
もう平気なんだよ。
6月2日(土)

私は裸天国の家庭で育ったので、普通ならシャワーを浴びた後は「すっぽんぽん」のままでその辺をウロウロする。

が、5月11日に晴れて卒乳を迎えたCodyに、私の生乳を見せるのはさすがに刺激が多かろうと、以来

下半身は丸出しでも、乳は必ず隠す!

を心がけて来た。
(お風呂は未だにベビーバスなので、彼のお風呂タイムには私は裸になりません。)

でも親子なのだし、たまには裸の付き合いもしたいじゃないか、
そろそろ生乳を見ても大丈夫なのでは?と思い、

今日、シャワーの後、隠さずにいた。

私がバスルームから出て来たであろう気配を感じたCodyは、いつもの様にパピーを片手に家の中をウロウロ、早速私の姿を探し始める。

で、ついに久々の生おっぱいに遭遇。

その瞬間、そこに一筋の光が差し込んだ・・・様に見えた程、
喜びで彼の顔はぱぁ~っと明るくなった。

そして私もよせばいいのに、ちょっとイタズラ心がムクムクと顔を出し、「飲んでみる?」と聞きながらCodyを横抱きにして、彼の口元をおっぱいに近づけたりした。そう、あの授乳スタイルの抱っこ。

そしたらCodyったら、今まで見たこともないくらいに大きく口を開け、私の乳首をくわえようとした。

そこで「ちょっと待ったぁ~っ!!!!」

慌ててCodyの顔をおっぱいから遠ざけて
「あれぇ?もうおっぱいは要らないでしょ?」と言うと、

彼はそうだね!とでも言わんばかりに私の顔をじっと見て
「ノー!」と一言つぶやいて、パピー片手にリビングルームへと去って行った。

もう完全に未練は無さそう・・・。

ごめんね、母さん意地悪して。
でも本当はもう一度、もう一度だけ、あなたのあの「おっぱいを吸う時の顔」が見たかったのよ。

でもキミがそうやってガマンしているんだもん、母さんもガマンしないとね。
一人で登れたよっ!
6月3日(日)

せっかくの日曜なのに、父さんは今日も仕事。
先週の月曜から、怒涛の11日連続勤務なのだ。

まぁ、たまの週末が潰れたところで、年中週末みたいな暮らしをしている私とCodyとってみればあまり関係ないのだけどね。
父さんにハードな日が続けばこんな私でもそれなりに気をつかって、家ではゆっくり出来る様に、上げ膳・据え膳を心がけ、彼が、家事・育児、その他諸々の家の事は一切考えなくてもいい様に努める。
いつもはカッとなってちょっと憎まれ口を叩いたりしてみる事もあるけど、今週は大人しくしていなくっちゃ。

なので、父さんだけでなく、私まで強制労働させられている気分。

会社は、従業員にハードな仕事を強いるって事が、本人だけでなく、一緒に暮らす家族にも影響を及ぼす・・・って事、分かっているのだろうかね?


でもせっかくの日曜日、一人じゃーつまらなかろう・・・とじじとばばがランチに誘ってくれたのだけど(じじ&ばばは毎週日曜、外でランチをします)、それも働いている父さんに申し訳がないので、丁重にお断りして、今日は家でじっとしていた。

たまにはこんな日も良かろう・・・。

なんてったって、我が家にはあの激安滑り台があるではないか。

それで十分楽しいCody。


超慎重派の彼は、今まで決して一人では滑り台に登らなかった。

が、今日、何を思ったか、初挑戦。

では、ご覧下さい。

DSC06617.jpg

DSC06618.jpg

DSC06619.jpg

DSC06562.jpg

DSC06563.jpg


途中、いつどこで「ズルッ」といくか気が気でなかったけど、とりあえず写真に納める事が出来ました~♪

こんなの、肉体派のちびっ子達には何て事ないんでしょうけど、Codyには大冒険だったに違いありません。

ちなみに彼は滑り台を滑り降りる事も満足に出来ず、どうなるかって言うと、下まで到達するまでに仰向けに倒れ、後頭部を強打するのです。

そして必ず泣きます。
きっと、痛いのと悔しいのが混じって複雑な思いなのでしょう。

そんなCodyにお手本を見せなければっ!と、時々私がこの安物滑り台に登って滑ってみせてやるのですが、もう、壊れないかと心配で・・・。
なんせ、63キロですから。(あっ、最近ちょっと減りました、へへっ)

そうするとCodyは大喜びで、「モア~、モア~♪」と私にもっとやれ!とせがみます。

ダメダメ、これ以上やると本当に壊れるから・・・と二人の滑り台タイムはおしまい。

何も用事がない時は、いつも二人でこんな事をしています。

Cody、滑り台が壊れない内に、一人で登って降りれる様になってね!
今日はギョーザを。
6月4日(月)

何なんやろ?
2週間に1回ぐらいである様な気がするけど、昨夜またCodyが夜中に目覚め、
「トーマスのビデオを見せろ!」と言って暴れた。

抱っこしてなだめたりしても全然ダメで却ってギャーギャー泣き叫ぶだけ、時間と労力の無駄なので、見たいだけ見ていただく。
そんなの、何かクセになって良くない様な気もするが。

昨夜は2時半から「レイトショー」の開始。

リビングのソファに座らせてビデオをつけてセッティング。
眠くなる効果があると言う「ミルク」も、さり気なく側に置いておく。

いつもなら私も一緒にお付き合いするが、昨夜は本当に眠くって、
「じゃ、母さんは寝るから。眠くなったらあんたも来なさいね。」と言い残し、私はベットへ戻らせて頂いた。

そうそう、いつも付き合ってもいられんわ。

そしたら気の済むまで見た後、ちゃんと一人でベットルームに戻って来たわ。何となく人の気配がするので目を開けたら、そこにはCodyの顔。
(ちなみに我々は同じベットルームにL字に配列した別々のベットで寝ている。)
抱き上げてベットに寝かせたら、しばらくイヤイヤ~と泣いていたけれど、その内になんとか寝てくれた。
確か4時半ごろの事だったので、彼は2時間近く一人でトーマスを含む幼児番組満載のビデオを見ていた事になる。

私の予想では、トーマスの夢を見ている時に目覚めてしまい眠れなくなっているのではないか?と思うのだが、本当に何なんやろ、アレは。

翌日に「大事な用事」を控えている・・・って時に限ってコレだから困るわよ。翌朝は結局10時過ぎまで寝ていたCody。お陰ですっかり遅刻しちゃったじゃないの・・・。

その「大事な用事」とは・・・


お友達のお家に「これ」をご馳走になりに行く事~♪
DSC06622.jpg

リカさん特製、焼きギョーザ&水ギョーザ。
ギョーザが食いたい・・・とつぶやいたら、じゃあ今度一緒に食べましょう!と誘って下さったのだ。言ってみるものね、食べたい物は。
(ふうさんゴメンね。当日は仕事だったらしいじゃない?)

本当は「皆で作って、皆で食べる」企画だったのに、私ったら出来た所にのこのこと行ってただただ食べただけ。あれ、いつもそうだっけ?


今日も母さんの食欲につき合わされ、3時半まで昼寝なし、オムツ交換なしのCody。

でも良い子にしててくれたわ。
DSC06572.jpg

DSC06569.jpg


育て方がいいのね、きっと。

リカさんの愛犬ボブ君と。(ボブ君ごめんね、うっかりフラッシュたいてもうた・・・)
DSC06623.jpg


いつもの様にメインの後で3種類のデザートを平らげ、もうお腹いっぱい。またやってもうた・・・と反省するも遅し。

母さんはこんな風に食べてばっかりなのだけど、実はCodyの方はまた最近食べなくなった。日によってムラがある、と言うべきか。

昨日、今日と、あまり栄養のある物は食べてない気がする。
それでも毎日かなりの量のいいウンチが出ているので、それなりにちゃんと食べれているのかな~、ちょっと心配・・・。
ブクブク、楽しいね。
6月5日(火)

またまたやって来た、デイケアの日。

今日も結局昼寝なしで挑んだが、今朝は割と遅くまで寝ていたので3時間、力尽きることなく絶好調で遊んでいたらしい。

靴の中も砂だらけだったし。
大好きな「お砂場」で遊んだのね、きっと。

出掛けの準備にいつも手間取るのだけど、今日はちょっと余裕があったので、パンを星型にくり抜いたり、ハムをハート型にしたり、大好きなパスタも入れて、トマトとブロッコリーで彩り良く・・・と、かなり可愛いお弁当にしてあげたのに、迎えに行った時に保母さんから、

「バックにお弁当入っているのに気が付かなくって、おやつの方を先にあげちゃって・・・、お弁当はあまり食べませんでしたわ・・・」

って、えぇぇぇ~っ!!!

おやつにはクラッカーや大好物の「能量99」やバナナなどを入れていたのだけど、あれを見て普通「ランチ」だと思うかーっ??

他にちゃんと「ランチ」があるはず!と、ちゃんとバックの中探せよぉ~っ!と叫びたくなるのをグッと堪え、

「いいんです、いいんです。ちゃんと先に説明しなかった私も悪かったですから・・・」なんて愛想のいい事を言って帰ってきた。

次からは何から食べさせて欲しいかを書いた「メモ」でも入れておこうか。

大好きなお菓子ばかり食べさせてもらって上機嫌なCodyは、その後家に帰ってもハイテンションのままで、家の中には入りたがらず、
その辺をウロウロしたり、
DSC06575.jpg

隣の家の猫を追いかけ回したりていた。
DSC06579.jpg



夜になってバスタイム・・・。

今日はコップにちょっとボディソープを入れて、ストローでブクブク吹いて、泡をいっぱいにしてやって遊んだ。

そりゃーCodyは大喜び。
自分でもやりたい!と言うのでやらせたら、なかなか上手にやるじゃない。が、突然ブクブクが止んだ・・・と思ったら、案の定

飲んでやがる。

「これっ!吸うんじゃないっ!吹きなさいっ!ふぅ~、ふぅ~って!!」

とにかく大量の泡に大喜びだったCody。
バスタイムが終わっても、お風呂から出たがらない。
抱き上げてチェンジングテーブルに寝かせようとするのだけど、もう全身で抵抗、得意のえび反り。

あたしゃ、すっかりびしょ濡れになりました。
まるで、釣れたての魚を抱える漁師の様。

バスタイムをあんまり楽しくしてやるのも、ちょっと考え物かな?って思ったぞ。

でも、そんなキミの喜ぶ顔が見たいから。
あすも母さん、ブクブクしてあげるよっ☆
今日は我が家で。
6月7日(木)

5月5日以来外に出しっぱなしの「こいのぼり」もそろそろ片付けたい。が、その前にお友達にも見て欲しい。

そうだ、いつもいつもお呼ばればっかりなので、そろそろ我が家にも来てもらおう・・・と一念発起して大掃除、いつものメンバーに集まってもらった。

なのになのに、今日は朝から雨模様。
肝心の「こいのぼり」はぐっしょり濡れ、力なくうな垂れていたぞ。
あ~残念・・・。

子供達、本当に大きくなったわ~。
DSC06585.jpg

へイデンはデイケアの日だったので今日は会えず。
他に7ヶ月のイザベラ(へイデン妹)と5ヶ月のクラウディア(サクソン妹)が床に寝てた。

そして昨日、無事に第二子のトリニティーちゃんを出産したメラニーとジェイコブももちろん来れず。
出産の翌日に友達の結婚式に出席した人を(日本人)を私は知っているが、さすがにメラニーは産後の体で2人の子供を連れ、我が家に遊びに来ることはなかった。

それでも大人6人、子供5人、赤ちゃん2人で大賑わい。
今日も腹一杯食べて、しゃべって、楽しかった~。

子供たちの為に大サービスして、片付けてあったビニールプールを膨らましボールを入れてセッティング。さらにはあの滑り台も室内に持ち込んだ。
特にサクソンが滑り台を気に入ってくれ、何度も何度も滑っていたわ。
そんな体育会系の彼らに刺激を受けたCodyもみんなのマネをしている内に、今までは一人で乗り越えられなかったプールのフチをよじ登って中に入る技を習得してくれた。
いーわ、いーわ。
みんなで遊ぶってこーゆー事なのよね。
いーぞCody、その調子だっ!!


今度は日本人のお友達にも来て頂きた~い。
皆様ご都合はいかが?
いつがいいですか?
そして何を食べましょうか?
嵐の中のこいのぼり。
6月9日(土)

木曜から降り出した雨で「こいのぼり」はすっかりびしょ濡れ。

一度濡れてしまうと、取り込んでも置き場に困るだけなので
(なんたって5メートルを筆頭に全部で5匹+吹流しですから)
乾くまで放っておこう・・・とそのままにしておいたら、さあ大変。

昨日の金曜にはただの雨から嵐になり、濡れて重くなりうな垂れていたこいのぼりが強風でバタバタ、怖いくらい。
それでもその内に治まるだろうと、やっぱりそのままにしておいた。
(って言うか、本当にスゴイ嵐でとても外に出られる状態でなかった)

そして昨日の深夜。

ゴーゴーと唸る風の音で目が覚める。
時間は午前2時。

その後どうしても出しっぱなしの「こいのぼり」が気になり見に行ったら、案の定嵐の中で「鯉の滝登り」みたいになってた。

あの「じじ」お手製の竹ポールがまるで「釣り竿」の様に弓なりにしなって、今にも「パキッ」と折れて「こいのぼり」もろとも飛んで行ってしまいそうな勢い・・・。

そうこうしていると、父さんも起きてきた。
成すすべなく二人でだた呆然、室内から外のその様子を見つめる。

でも何とかしなくては!!
それとなく父さんの様子をうかがうが、全く動き出す気配なし。

げっ、私かよっ!

私は意を決し、父さんの防水ジャケットを羽織って外へ出た。

風に吹き上げられた鯉たちは途中のロープに何重にも絡り合ってしまっているので、まずはそれを解かないと下ろせない。

とにかく宙を舞うこいのぼりの尻尾を掴もうと嵐の中をジャンプ。

またジャンプ。

何度も飛んでみたけれど、あとちょっとの所で掴み損ね失敗ばかり。

足元の芝生は豪雨で沼の様になってるし、その時私が履いていたのはビーサン。全盛期の頃は垂直飛びで50センチはいけていたであろう私も今は産後の63キロ。頑張っても、多分15センチぐらいしか飛んでなかったのかもしれない。

おまけに深夜なのでメガネ。
レンズについた水滴で手元がよく見えない。

何とか頑張って「鯉」の尻尾を掴み絡まったのを解いたら、今度は強風で鯉たちが吹き飛ばされそうになり、必死にロープを引っ張りながら下ろす。

アレは本当に嵐の中の「釣り」みたいだった。

それでも何とかすべてを取り込み、びしょ濡れで家の中へ。


えっ??父さん?


奴は・・・奴は・・・

私が一人嵐の中で戦っている間、室内の窓からその様子をぬくぬくと見ておりました。

私よりも20センチ身長が高い彼。その分きっと手も長かろう。
何度もジャンプしなければ届かなかった鯉も、飛ばずに捕まえられたのかもしれない。が、彼はそんな不細工な私の姿を他人事としてずっと見ていたのです。信じられん・・・。


で、私に言う言葉。

ユー アー ベリー ブレイブ!


そんな風に褒められてもぜんぜん嬉しくないわっ!!

ユー アー アンビリーバブルっ!!

気持ちを切り替え、母さんの癒しのコーナー。

夕飯時のCody。
DSC06626.jpg


彼曰く、この「FAT」なキャラが彼の知る誰かに似ているらしい。

さて、その誰かとは?

長くなったので、続きはまた今度・・・
雨漏り。
6月10日(日)

ここ数日続いていた暴風雨がやっと静まった。
その凄まじさは、ハンターエリアで大洪水を巻き起こし、死者も出した程。

そんな被害の様子をテレビのニュースで見ながら胸を痛めつつも、久しぶりに陽の射した玄関先へ出て、隣のおばあちゃんと
「この辺は何ともなくって良かったねぇ~」
「あんなにスゴイ雨だったけど、雨漏りひとつしなかったよ・・・」
なんて、他愛もない世間話をしていた。

で、よかった、よかった、と胸を撫で下ろしつつ家の中に戻って

びっくり仰天っ!

だって、サンルーム(とは名ばかりの日当たりの悪い部屋)の天井から

雨漏り

してたんだものっ!!

雨は止んで外は青空。
ポカポカと陽も射しているというのになぜ?

しばし考えたらナゾが解けた。

天井裏に敷き詰めた綿状の断熱剤がずっと雨水を吸い続け、今日になってようやく飽和状態になって漏れ始めたのだった。

そんな悪夢の様な光景に頭を抱える父さん&母さんをよそに、
キャッキャ♪とはしゃいで大喜びする誰かさん。

ではその様子をご覧下さい。


DSC06639.jpg

あっ、こっちに落ちたっ!
DSC06640.jpg

DSC06641.jpg

大喜びで立ち上がり、「ウォーター♪ウォーター♪」と叫び出す。
DSC06653.jpg

よしっ、捕まえてやるぞぉ~。
DSC06673.jpg

この辺かな?
DSC06672.jpg

う~ん、結構難しいなぁ・・・
DSC06675.jpg


あっ、母さんもやる?
DSC06649.jpg

う~ん、かなり溜まってきたぞ。
DSC06671.jpg


雨、雨、降れ、降れ。もっと降れぇ~♪
DSC06674.jpg

ついでに寝癖も直しておくか。
DSC06676.jpg

ぺチャぺチャ・・・
DSC06677.jpg


いつもの様に近所の「便利屋さん(じじの事)」の助けを借りつつ、なんとか天井板をはずして断熱材をすべて取り除き、自分達で解決したけれど、あ~、まったく悪い夢を見ている様だった。

しかし、ハンターエリアで家が水没してしまった人達に比べれば、こんな被害は屁でもない。

お陰でCodyも楽しい思いをした訳で、私も笑わせて頂いたから、
まぁ~これも良しとするかぁ~。
親しき仲にも礼儀あり。
6月11日(月)

クイーンバースデーで今日は祝日。

降り続いた雨でたまりにたまった洗濯を済ませ、昼からブルーマウンテン方面へドライブ。

途中いい感じの公園があったので、Codyを遊ばせる。

最近の彼は、ちょっとした事で「イェ~イ♪」と自画自賛。
わずかな段差を乗り越えられた、と言っては「イェ~イ♪」
遊具のトンネルを上手にくぐれたと言っては、「イェ~イ♪」

シャッターチャンス満載のひと時だったけど他にもたくさんの子が遊んでいたので、残念ながら写真は撮れず。
(公共の場でパシパシ写真を撮るのは、こっちのモラルに反するから。自分の子供も写されているのでは?と嫌がる親が多い)

なので以前の写真でページ潰し・・・。

前にもちょっと触れたけど、Codyが誰がに似てると思ってるコレ。
DSC06628.jpg

ディズニーのキャラクターで「反対言葉」を教える本で、

たとえばこんな感じになっている。
DSC06638.jpg


で、ペラペラとページをめくっていたら、

このページでCodyが、
DSC06636.jpg

これを指差して
DSC06628.jpg


「マミィ~♪」

とぬかした。

そっ、そう言われればウエストラインの辺りが何となく似てなくも・・・

って、えぇぇ~っ!!

こっ、これがあたしぃ~っ???(しかも目が3つ!)
何度も何度も聞いたけれど答えは同じ。
確信を持ってウンウンとうなずき「マミィ~♪」。
ちなみに横の「Tall」を指差し、「ダディ~♪」とも言っていた。

そしてさらに怖いのはこの左のを指差してやっぱり
DSC06637.jpg


「マミィ~♪」

と言った事。
「FAT」って所は当たってるんだけどね。
でも、絵を見ているのか、絵を!
さすがにこれはヤバイと思ったらしく、何度か聞く内にそう言わなくなったけど。(相当怖い顔して聞いたんだろーね、私)

彼は一体何を見ているのか?

以前彼をお風呂に入れている時に、私の毛深い腕を摩りながら
「テディ・・・」とつぶやいた事もある。

要するに私の腕は毛深くて「熊」のようだ、と言いたいのだ。

突然私の下腹の肉をむんずと掴んで「おっぱ~い♪」と叫んだこともある。
確かに卒乳後の私の乳は縮みましたよ。
確かに下腹の方がブヨブヨして気持ちよかろう。

が、それは決して「乳」ではな~いっ!!

まったく、親しき仲にも礼儀あり、ですぞっ!


おまけ。

この「Short」や「Fat」を撮っていたら、Codyが突然こんな事をし出す。

まずは1本。
DSC06635.jpg

そして2本目。
DSC06631.jpg

よしっ、3本達成だ~。
DSC06634.jpg


キ、キミ・・・一体何をしているのだい?
産婦人科へ。
6月12日(火)

10時の予約で産婦人科の専門医の所へ。

そう、ついに父さんを説得し、2人目を作る事の合意を得たのだ。
多のう胞卵巣が原因の不妊症である私は、処方されたクロミッドと言う排卵誘発剤を飲まないと排卵しない=妊娠しない。

Codyもそのお陰で授かることが出来た。

あれからもう2年になり、34歳だった私ももう36歳。
父さんもその分歳をとっているので、また前回の様に上手くいくかは分からないけれど、とにかく頑張ってみますわ。

こーゆー治療はどうも、無料のパブリック・ドクターではなく有料のプライベート・ドクターの所へまず行かないとダメらしく、「なるべくお金が掛からないドクターを紹介して下さい」とGP(一般医)に頼んだにもかかわらず、今回も前回と同じ有料ドクターを紹介された。

初診料200ドル。

前よりかなり値上がりしている気がする。
が、まー仕方があるまい。

幸い父さんが今日まで仕事休みだった為一緒に行ってもらったら、診察料の半分は父さんのメディケアでクレーム出来る事になり、総額で130ドル戻って来た。つまり、実費は70ドル。
思ったより安く上がって一安心。
神様は貧乏人の見方だ。

私が欲しいのは「クロミッド」だったのだが、どーせ○○の血液検査を先にしなくちゃ・・・とか何とかで何度も行かされて、すぐには出してくれないのだろうな~と思っていたのに、初回であっさりと3回分のクロミッドの処方箋を出してくれた。

ラッキ~☆

なので次の生理が来たら飲み始め、上手く行けば2ヶ月後辺りには妊娠発覚・・・なんて上手く行くわけがないけど、とにかく頑張ろう!

ところで。

問診で産後の経過の事をドクターと話していて、産後の最初の生理が13ヶ月目だった・・・と話したらびっくりされた上にどうして放っておいた、そんなに遅い時はちゃんとドクターにかかりなさいっ!と怒られた。

そんな事してたら、あんた骨粗しょう症になるでっ!って。

何でも女性ホルモンは骨の形成に不可欠で、その女性ホルモンのエストロゲンが不足している(ので多のう胞卵巣なんですわ)私は、気をつけていないと、将来骨粗しょう症になる可能性が非常に高いらしいのだ。

で、生理がちゃんとある!って事は女性の体にとってとても大切な事で、出産後になかなか生理が再開しない場合はそれなりの薬を服用することによって女性ホルモンを補って、骨粗しょう症のリスクを減らす事が出来るんだと。そしてそれは授乳中でも飲んで問題ない薬なので、次、妊娠したらちゃんと医者に相談しなさい!と言われた。

なるほど・・・女性ホルモンの不足が骨粗しょう症に関係か・・・。
だから閉経後の女性に骨粗しょう症が増える訳だ。

知らんかったなぁ~。
私は十分カルシウムを摂っているから大丈夫だろう・・・なんて思っていたけど、そっか~、女性ホルモンも大事だったんだぁ~。
普通は3ヶ月に1回ぐらいしか生理がない、超女性ホルモン不足の私の骨は、もうすでにスカスカなのかも知れないな~。
考えたらちょっと怖いので、考えない様にしようっと!



昼からはCodyのデイケア。
今回も激泣きでお別れ。

でも前回と同じく私が去ってからすぐに泣き止んだらしく、その後は元気に遊んでいたらしい。
私と一緒にいないとダメって言うよりも、「お別れ」をするってのが寂しくって泣いちゃうのね、きっと。優しい子だから・・・。

今日はこんなクラフトをしたらしい。
DSC06663.jpg


相当自慢な様で、家に帰ってもずっとコレを見つめたり、ヒラヒラと持ち歩いては私や父さんに見せびらかしていた。

昨日「昼寝なし作戦」が上手く行きCodyが早く寝てくれたのに味をしめた父さんは、今日も彼を寝かせようとしない。

私としては「デイケア」から帰ったら疲れ果てているので、ちょっとお昼寝させてあげるのがいいと思うのだけど、父さんが「刺激し続けよう・・・」と言い、その後「じじ&ばば」のところへ連れて行ったりした。

行き帰りの車の中(ほんの3分ぐらいなのだけど)で目がチョロチョロになるCody。見ててあんまり可哀想で父さんと言い合い。

で、その後奴は「じじ」といつものクラブへ飲みに行った。

その間に私はCodyをお風呂に入れて、いつ行き倒れて寝てしまってもいい様にパジャマを着せて準備。

父さんの帰りが遅そうだったので、Codyだけ先に晩ご飯・・・と用意をし、その隙にパピーを洗って・・・と、5分程かな~、Codyから離れて戻ってきたら、やっぱり。

夜まで持たなかった。
DSC06680.jpg


Codyの事や子育ての事をまったく分かっていないのに、知った様な顔をして時々口を出してくる父さん。

はっきり言ってムカつく。

書けば非常に長くなるので、その辺をグッと凝らえて飲み込むが、
そもそも子育てとは何ぞや??って話よね。

愚図らない、汚さない、夜は早くに寝て一晩中起きない子が、いい子。
お風呂はささっと入れる。
ごはんもちゃちゃっと食べさせる。
一人で上手に遊んでいられる。
寝かせる時も、部屋に一人にしてドアを〆てハイ、おしまい。
そんな手がかからない子が最高!
そんな風に子供が育てば、なるべく親の時間を割かずに子育てが出来れば、子育て大成功!と奴は思っている・・・としか思えないね。

そうじゃないやろっ~!
(あ、別に私、酒入ってませんけど、なぜか説教モード♪歳だわね)

そんなのは、単に自分の都合に合わせて子供の「世話」をしているだけじゃない?

確かに一昨日の夜はなかなかCodyが寝なくって、次々に「本を読め!」と要求され、結局20冊以上の本を読まされましたよ、あたしゃ。

「もう本はやめて寝ようね!」と言っても大泣きされて大変で、結局2時間もそんな事をしていましたよ、あたしゃ。

でもいーんですって、それで。

不器用なりに、それなりにやってるんだから、私だって。
手が掛かるのは大いに結構。それも子育ての楽しみの内なのに。
男にはそれが分からないのかな~?
Codyく~ん、ハ~イ♪
6月14日(木)

3週間ぶりで日本人プレイグループの日。

前回「次回はお弁当持ち寄って、帰りに公園でピクニックしましょう!」との事だったので、朝から大忙しで弁当を作りちょっと遅刻して行った。

が、いつも出がけにバタバタしてしまう慌て者の私。
一番大切なアレを忘れてしまった。

そのアレとは「出席カード」。

Codyはこのプレイグループの出席カードが大のお気に入りで、家で私が
「コーディーく~ん♪」と呼んでやると、

手を上げて「ハ~イ♪」とお返事し、

「ハイ、よく出来ました。ど~ぞ!」とこの出席表を渡すと、彼も

「どぉ~ぞぉ~♪」と言って受け取ります。
(「ありがとう」を教えているのですが、なかなか言ってくれない・・・泣)

最後にみんながあのカードを受け取る時に、Codyの分がなかったりしたら非常に悲しむに違いない・・・と慌てて家に取りに戻ったりしたので、今日も慌ただしいプレイグループとなった。
あたしって本当にバカ・・・。

今日のクラフトはA子さん担当で「ブンブンごま」作り。
最初は「ん?ブンブンごま?」とピンと来なかったが、遊んでいる内に
そーいや、同じ様な仕組みのプラスチック製のやつをお祭りの屋台のおもちゃ屋さんみたいな所で見た様な気もしないでもないし、それで実際に遊んだ記憶があるような気もする・・・と幼い頃の記憶が甦る。
あれと同じ仕組みのものを簡単に手作り出来るなんて知らなかった!

とにかくちょっとヒモを引っ張ったり緩めたりすると、面白い様にブンブン鳴って回るので、私の方が嬉しくって大ハシャギ。

周りのママ達から「あんたの方が楽しそう・・・」と失笑を買う。

帰りは非常に寒かったにもかかわらず、近くの公園で子供達を遊ばせて、各自持ち寄ったお弁当を食べた。

私の計画では、

プレイグループで遊ぶ→公園でさらに遊ぶ→お腹がすいてごはんをモリモリ食べる→疲れ果てて帰宅後に即昼寝

だったのに、

プレイグループでは本をもってウロウロ歩きまわり、イスに座ってビスケットを食べただけ→公園では他の子たちが遊ぶのを遠まきに見ていただけ→お昼ごはんは公園の遊具に気をとられほどんど食べてくれず→疲れるどころか逆に遊ぶ勢いがついてしまい家に帰っても寝る気配全く無し

で、ぜんぜん計算通りには行かなかった、残念・・・。


火曜日にデイケアで作った作品同様に、今日のブンブンごまもCodyは非常にご自慢な様子で、家に帰っても片時も離さず、寝るときもベットに持って入った程。

何度も何度も私や父さんに見せ、「うわ~、素敵ねぇ~」と言うと、嬉しそうに「ウンウン」うなずき、それはそれは誇らしげにしていた。

今日もプレイグループのお陰で楽しい1日に。
毎回、お世話をして下さっている方達に感謝です。ありがとう。
チョコレートケーキがお昼ご飯。
6月15日(金)

金曜日なので、ローカルのプレイグループへ。

毎回車を持たないエリーン&ジェラルドの送り迎えをしているのだけど、彼女の家からプレイグループまでの道のりが実はとても楽しい。

なぜって、それはジェラルドとCodyがケタケタ笑いっぱなしだから。
ちなにみ帰り道は、二人とも大抵遊び疲れて寝てしまい会話はなし)

なんかツボにはまった時の子供の笑い声って、それだけでこっちもつられて笑い出してしまうほど、おかしいよねぇ。

ジェラルドと子供同士でしか分からないスペシャルトークをしている時のCodyの笑い方は尋常でなく、大人の私がどう上手く遊んで笑わせてやっても、あの笑い声は出ない。
ちょっと妬ける気もするが、やっぱり子供は子供同士が一番いいのかも。


クラフトはいつも大きなテーブルでするのだけど、どうせモーニングティーで子供テーブル&チェアーをセッティングするのだからと、今日は先にそれらを出し、そこでクラフトもさせようと言う事になった。

が、とにかくモーニングティーを何よりの楽しみにここへ来ているCodyは、子供テーブル&チェアー=食べ物、という公式で覚えてしまっている様で、我々が準備をし出したらわれ先にどこからともなく現れて

「あむあむ・・・あむあむ・・・」と言いつつ席についていて笑えた。
(彼は何かを食べたい時に「あむあむ・・・」と言います。)


ところでそのモーニングティーが、実は私の1番悩みの種でして。

毎回各自が適当に持ってきたおやつを出し合って、お皿に盛り付け食べさせるのだけど、毎回

えっ??これを食べさせるの??

と目を疑う様な物を持ってくるママがいる。
(デブな私が言うのも何だが、そーゆーママは大抵本人もかなり太ってる)
今日のえっ?

一般的日本人だったらきっと甘すぎてアゴが外れてしまうであろう、スーパーヘビーなチョコレートケーキの上に2センチのこれまた激甘チョコレートアイシング(マジで砂糖食ってるより甘い)がこんもり塗られているのを1ホール

とか、

なんつーか、日本で言う「エンゼルパイ」みたいに、ビスケット+マシュマロをチョコレートコーティングしたお菓子。
(ちなみにそれはシュレックのだったので、中のマシュマロはでした、怖っ!)

私はいつもフルーツかあまり甘くないクラッカー系、あるいはスナックになりそうなシリアルの類を持っていくのですが、同じ皿にチョコレートケーキがあるんだもの。
子供達がそんな地味な物に手を出すはずがなく、みんなスゴイ勢いでそのチョコレート系のモノをわし掴みにし、どんどん口の中へ放り込んでいた。あっと言う間にお口の周りには、泥棒ヒゲの様な黒い輪が。

そんな状況にCodyを放置しておけるハズがなく、今日はヤバイかも・・・と思ったアイテムをお皿に見つけた時には必ず、私はCodyの横にぴったりくっついて、チョコレート系、激甘系を完全阻止!

今日もマン・ツー・マンの指導にヘトヘトになりました。

さらに驚いた事に、最近参加し出したお母さんが

「ここはモーニングティーがあるから助かるわ~。お陰でお昼ご飯を食べさせる手間が省けて・・・」と言って喜んでいた事。

えぇっ??お宅の1歳2ヶ月の息子さん。
チョコレートケーキしか食べてませんよ・・・。

こんな事、オージーママに言っても無駄か・・・。


子供を持つママだってこんなんだから、そうでない一般ピープルとなるともっとひどくて、我が家の父さんや「ばば」も時々えっ?と思う事をさらりと言う。

私が、アイスクリームみたいな甘い物はなるべく食べさせたくはないから・・・と言うと、

「何で?」とか(理由、要りますか?)

チョコレートはあまり食べさせたくない・・・と言うと、

「何で?アレルギーなの?」とか。
(すすっていたコーヒー、噴き出しそうになりましたわ)

過去のシーンで印象に残っているのが、「ばば」と姪っ子のやり取り。

夕食後、「アイスクリームが食べたいよぉ~」と甘える姪っ子に、大きな皿にバニラアイスを4スクープぐらい、テンコ盛りにして持って来た「ばば」。

案の定、1スクープを食べたぐらいで「もうお腹一杯。いらな~い。」と言い出す姪っ子に、「ばば」は

あなたが欲しいって言ったんでしょう、せっかく用意してあげたんだから、最後まで残さず食べなさい!

って、同じテーブルで全てを見ていた若かりし日の私は、イスから転げ落ちそうになりました。

その姪っ子の5歳のお誕生日の時も、やっぱり「ばば」は彼女にすっごい大きなケーキ(これも超ヘビーなチョコレートケーキ)を切り分けて、「残さずに食べなさいっ!」と厳しくやっていたっけ・・・。

一般的オージーは、糖分、着色料などなどに関する基準がユルユルで困ります。が、そんな「ばば」も、私が普段からごちゃごちゃウルサイので今では「これ、Codyにあげていい??」と毎回聞いてくれる心遣い。ありがたいやねぇ~。

私だって一般的日本人ママに比べたらユルユルの方で、そこまで厳しくやっているつもりはないんだけどね。
たまーにちょっとだけなら、アイスもチョコレートも仕方ないと思うし。

いや~、それにしても今日のあのケーキにはびっくりしたわ。
誰かの誕生日でもあるまいしねぇ~。
スリーピングスーツ
6月18日(月)

またCodyが風邪をひいた。
まったく・・・ここ数週間ずっと、治ったりまたぶり返したりの繰り返し。どうして治りかけたのがまたぶり返すかと言うと、

彼が布団をかぶって寝てくれないから。

夜中に何度起きて掛け直してやってもダメ。
1分後には足でババッと蹴ってしまうか、大きな寝返りをうって横に押しやってしまう。
タイミングが悪いと「布団を掛け直してやった」事で目を覚ましてしまい(暗い中で物音立てずにやってるにもかかわらず!)、余計な事をした為にかえってこっちが大変な目に遭う。
私が布団2枚、毛布2枚で温かくしているのに、Codyが毎晩寒さで縮こまり冷たくなって寝ているのを見ると、本当に胸が痛くなる。

なのでついにコレを買ってみた。
DSC06613.jpg


オージーの定番らしい、スリーピングスーツ。
「ばば」からは、前からこれを買え!と勧められていたのだけどどうしても好きになれず(なんか、自分で温度調節をする自由を奪っている気がして)ずっと拒み続けていたのだけど、こうなっちゃ仕方があるまい。

厚手のフリース素材で出来ている全身スーツで、寝る時はパジャマの上からこれを着せる。

私なんてパジャマの上に上着を着せ、さらにその上にこれを着せるので、着膨れしたCodyは非常に動きづらそう。

それでも何とかそのまま朝の柔軟体操に励むCody。
DSC06612.jpg


私としてもこれを着せるのは非常に不本意なのだけど、背に腹は代えられぬ。

が、それでもダメだった。
やっぱり布団がいい。
暖かさがぜんぜん違うよね。

なので、また風邪ひきさん。

今日は家でじっとしていよう。

DSC06609.jpg

コップに少しだけお米とあずきを入れてやると、あっちにさらさら・・・こっちにさらさら・・・と、何度も何度も入れ替えしては遊ぶCody。彼はそーゆー地味~な遊びが大好きです。
DSC06611.jpg

Co:母さん、見て見てっ♪
私:あらあら、上手に出来たわね~。

今日も平和やねぇ~。
お風呂は1日おきがいい?
6月19日(火)

昨日ほどではないけれど、今日も鼻水ぐずぐす、時々咳もしているCody。天気も悪いので外では遊べないし、昼からのデイケアはお休みにするつもりでいたら、ビンちゃんから「お昼ごはん食べに来い!」とお誘い。Codyの体調も説明したけれど、カールも鼻垂らしているから全く構わないと言われ、ちょっとだけ行くことに。

ゆっくりCodyを休ませるつもりでいたのに、結局自分の食い意地に負け、いつも彼をあちこちに連れまわす勝手な私。
まぁ、Codyもカールと遊べていいかな~と思ってさー。

でも行って良かった。
だってCodyったら、あんた本当に風邪??って言う程に、カールと二人で大ハシャギして遊んでいたんだもの。
二人で追いかけっこしたり、ベットの上で飛び跳ねたり。

仲良くテーブルでランチする二人(Codyはぜんぜん食べてません・・・泣)
DSC06688.jpg


ビンちゃんと色々話した中にお風呂の話題があった。

私は毎日Codyをお風呂に入れるのだけど、彼女はカールのバスをなるべく1日おきにしているそう。

そういえば金曜日のプレイグループでお風呂の話題になった時もそうしているローカルママが多い事を知り驚いた。
さらには風呂は1日おき、シャンプーに至っては週に1回のみ、と言うママも。

幼稚園に通う年齢の子を持つママは「毎日風呂&シャンプー派」の私に、

「ダメダメっ、毎日シャンプーして清潔にしてたら幼稚園に通い出すとシラミがうつるから気をつけないとっ!」と注意を受けた。

なんでもシラミというのは清潔な頭皮が大好きなんだとか。
(汚くしてたらうつるのかと思っていたけど、違うんやね~)
で、シャンプーなんかは1日おきぐらいにして、適度に頭皮を油で潤してやった方がシラミが寄って来ないので、その予防にいいんだとか。

ほんまかいな?

日本ではシラミなんてあまり聞かないけど、こっちは多いからね~。
幼稚園や小学校でうつされた・・・なんて話はしょっちゅう。

が、しか~しっ。

私としては、ウ○コこまみれになったお尻をどうしても洗いたい。
食べ物でベタベタの手で触った頭や髪の毛をどうしても洗いたい。
鼻くそやヨダレでカペカペになった顔や首をどうしても洗いたい。

なので今日もガシガシと、Codyを風呂に入れ、洗ってています。
どうかシラミがうつりません様に。


夕食時の事。

Codyが「モア~ アップル~♪」(もっとリンゴくれ!)と言った。
これって2語のセンテンスだよね?

これまでも「バイバイ、ダディ~」みたいな2語はあったけど、今日みたいに意味のある2語が出たのは始めてて、父さんとびっくり。
じゃあ3語にも挑戦・・・と「モア~ アップル プリーズ」と言わせたらその通りに言ってくれたので、さらにびっくり。
些細な事だけど、今日もこんな事で食卓がぱっと楽しいものに。
Cody、今日もありがとね~♪

たんぱく質不足。
6月20日(水)

ひっさびさに晴れた。
なので朝からガンガンお洗濯してたら、図書館にちょびっと遅刻。
ごめんねCody。


最近あまり触れていないが私とCodyの「食べ物戦争」は現在も続行中で、卒乳してから食べる量事態は増えたけど、食べられるモノの種類はぜんぜん増ておらず、今でもコレが一番の悩みの種。

ちょっと前までは、たま~に気が向いたらチャーハンやカレーなど、具入りのごはんも食べてくれる時があったけど、ここ最近、彼が食べるものは

白ご飯、
何もかかってないパスタ、
素うどん


系統のみ。
これらに何かを混ぜようものなら、「白いのをよこせ」と暴れる。
例えばそこに人参やネギなどの異物が入っていると、彼の小さなお口は堅く閉ざされたまま開く事はない。

炭水化物は十分なくらい摂ってるのに、たんぱく質がぜんぜんない。

肉類ダメ(ハンバーグ、ハム、ソーセージもイヤイヤ)
魚ダメ(ツナ系もイヤイヤ、白身をそぉ~っとごはんに忍ばせてもバレてダメ)
卵ダメ(ゆで卵、卵サンド、オムレツ、スクランブルエッグ、プリン、茶碗蒸し・・・どれもこれもダメ)
豆類ダメ(豆腐大嫌い、納豆大嫌い、煮豆、豆乳吐き出す)

しいて言えば牛乳とチーズをちょこっと。

本当に困り果て、ダメもとで・・・と冷凍のフィシュフィンガーを買ってみた。(たま~にフライドポテトを食べる事があるので、スナック感覚でイケるのでは?と思った)
冷凍のそんなモノ、ほとんどが揚げ衣だけど、それでも体積の半分ぐらいは魚。まったく食べないよりは良かろう・・・と思って。

そしたら食べた。

その日の昼に2本、夜に2本づつ・・・。

ものスゴク嬉しくって、次の日も食べさせた。
Codyもすっかり覚えてくれて、「フィッシュ~♪フィッシュ~♪」と言って喜んでくれた。

なのに、なのに。

3日目の今日。

彼は外側の衣だけを食べると言う事を学んだ様で、中身の魚はしっかり残してくれやがった。

こうなったらもうダメ。
そのまま全体を食べさせようとしても絶対口を開けようとしない。
こーゆー所は本当に強情。
じゃあ、自分で持って食べなさい!と言うと、ハイハイと衣だけ食べて後はポイっ♪

あ゛~っ!!
せっかくいいタンパク源を見つけた!と思ったのにぃ~。
もう使えねぇ~。


ちなみに彼は野菜もほどんど食べない。
最近食べるのは、たまに気が向いた時にトマトをちょっと。
それだけ。

長い事食べられなかった果物はようやく食べ出したので助かっているが、それでもビタミン不足も心配。

なので私はだいたい2日に1度のペースで、人参、セロリ、ピーマン&リンゴのスペシャルドリンクを作って飲ませている。
(毎日だと飽きられるから)

リンゴがメインだと結構おいしくなるハズのこの組み合わせ、が、あくまでも私がCodyに摂って欲しいのは野菜の方なので、

人参1本、セロリ10センチ、ピーマンちょびっとにリンゴ半分。
(ちなみに生の人参にはビタミンCを壊す成分があるらしく、このジュースにはカロチンなど果物ではあまり取れない栄養はあるものの、ビタミンC摂取の効果はほとんどないらしいので注意)

それで150mlぐらいの非常にマズいジュースが出来る。

大人の私でも決して飲みたくない、甘さ控えめの人参ジュースを不思議と「ジュース♪ジュース♪」と喜んで飲むCody。

で、私が思うこと。

よくボディビルダーなんかが、体づくりにドリンクなんかに混ぜて飲むプロテイン。
あれ、要するにタンパク質やね?
あれを、このドリンクに混ぜてCodyにやったらダメ?

・・・やっぱりダメよね。

母さんの悩みは尽きません。


写真がないと寂しいので、昨日の様子でも。

動き回るのでブレブレですが、Codyのこの顔、これは何か母さんに見つかってはマズイ事をしてバレません様に・・・とトボけたふりをしている時の顔で・・・
DSC06716.jpg


よ~く見てみると、

あ゛っ!パピィが紫に塗られているっ!
DSC06714.jpg


これっ、何でこんなことするのっ!と、すぅ~っと逃げていくCodyを捕まえて聞くと、

「パピィ・・・プリティー・・・パープル・・・」

知っている単語を集めて、何とか私に説明してくれるCody。
そっか・・・大好きなパピィをパープルに可愛くしてあげたんだね。

この前も同じ様な話題があったけど、ここでも「あっ、怒っちゃいけない・・・」とハッと気づき、一緒に「パープルで可愛いね・・・」と言ってあげる事が出来ました。

また一つ、今日もCodyに教えられた気がします。

手編みのベスト。
6月21日(木)

今日はどこへも出かけずに、家でゆっくりと過ごした。

ここの所ずっと降り続いた雨で、一時は32%(だったか?)ぐらいまで落ち込んだダムの貯水量が50%まで回復する見込みだと言う。
衣類乾燥機を持たない私はずっとお洗濯が出来なくて困ったけど(家の中に干してもいいんだけど、出来ればやっぱりお外で干したいよね)これで少しは水不足も解消できたのかと思うと、久々のまとまった雨、喜ばないといけないねぇ~。

お天気の悪い日が続き暖かくして家でじっとしていると、季節的な事もあり(こっちは冬ですから)何だか無償に「編み物」がしたくなり、でもお金を出して毛糸を買ってもちゃんと「着れる代物」を上手く編めるか自信がなかったので(編み物にそれほどの心得があるわけでもないので)ずっと昔に父さんに編んだセーター(彼は一度も着てません)があるのを思い出し、それをほどいてCodyに何か編んでみよう!と思いつく。

が、手元に編み物の本があるわけでなく、ネットで編み図を探したけどコレ!と思うものも見つからずで、何でも適当な私は無謀にも自分でデザインを決めてゲージもとらずに本当に適当に編み始めた。
最初はセーターかカーディガン・・・と思ったけど、まぁ、ベスト辺りが簡単に出来て良かろうと、ちょっと丈を長めにしチュニック風ベストのつもりで月曜日から編み始め、今朝、ようやく完成したのが

こちら。
DSC06717.jpg


サイズや襟ぐりの開き具合(頭デカイですから)が心配だったので、Codyの寝起きを捕まえパジャマの上からいきなり着せてみると・・・
DSC06719.jpg


ふ~ん・・・、サイズはまずまずじゃないの。


増し目、減らし目とかそんなの面倒だったのでただただひたすら長方形に編んだだけなのに、胸元のゴム編みがいい感じに縮んでくれて、とってもいい感じで体にフィット。

手編みのベスト=どことなく田舎臭い・・・雰囲気は否めないけれど、それでも思ったより上手く出来た気がして自画自賛(なので見せびらかしたくって写真載せました~♪)

自分が編んでやったベストを可愛い我が子が着ている。

それだけで本当に嬉しくって、この日はこのベストをずっと着せ、知らない人が見たら「変質者」かと間違う程にねっとりと怪しい目つきで1日中我が子の姿を見つめていた私=アブナイ母。

父さんのセーターの片腕分の毛糸で出来たんだよね、このベスト。
って事はまだまだ毛糸は余っている。(ほどくのが大変だけど)

なんかもうちょこっと編みたくなってきたなぁ~。
でもそんな事してたらますますブログの時間なくなるし~。

もしかしてパピィ?
6月22日(金)

午前中はプレイグループ。
天気も良かったので子供達はみんな大喜びで外で遊ぶ。
その監視がてら母たちも外でおしゃべり。
ぽかぽかと、冬特有のやわらかい陽射しが本当に心地よい。

モーニングティーも今日はヘルシーで、とっても満足。

帰りにALDIで食料の買出し。
一緒にいたジェラルドは眠くって、でも寝れなくって、帰りの車の中でギャーギャー泣いてしまって可哀想だった。

が、その横で、ウトウト・・・と寝てしまったCody。

キ、キミは本当に簡単やねぇ・・・。

Codyは車の中で寝ても、家の中へ移動途中に起きることはまずないので助かる。
そぉ~っとベットに寝かせ、待っていました、私のフリータイム♪

ボーっとテレビを見ながら、一人でとる遅めのランチ。
あ゛~、幸せ。

すると父さんが早めに仕事から帰宅したので、チャンス!と寝ているCodyをお願いしてKマートへまた買い物に。
今、年度末のセール中なので、冬物のシーツやら何やらを買いたかったから。

実は、Kマートへ行く度にチェックするアイテムがある。

そう、それがあのパピィ。

今までに何度も無くしかかっているので、出来ればスペアを買っておきたかった。プレゼントしてくれた人から、Kマートで買った事は聞いていたので行く度に探していたのだけど、見つからなかったんだな・・・

とっ、ところがっ!!

今日もブラブラと何となくぬいぐるみコーナーを見ていたら、

ついにそれらしきモノを発見!

でも。

確かにあのパピィと同じ首輪なのだけど、同じ目なのだけど、手触りがぜんぜん違うし、よく見るとちょっとしたパーツの作りも違っている気がして、きっと同じ会社から出た別のモデルなのだろう・・・、きっとこんなのCodyに見せたって「パピィちゃうよ」とポイされるに違いない・・・と購入を断念。

が、家に帰ってあらためてパピィをチェックしてみると、

やっぱりアレがパピィの元の姿に違いない!と確信する。

現在のパピィがあまりにもヨレヨレになっているので、別人、いや別犬に見えたが、あれは紛れもなくパピィだった!

そんな事を考えていたら興奮して夜あまり寝れなかった。
よしっ、明日、朝一で買いに行こう。


ちなみに今日のCody。

またあのベストを着せられています。
だって、だって、可愛いんだもん~♪
DSC06702.jpg

私が夕飯の仕度をしている間じゅうは、だいたい一緒にキッチンで何やらしているCody。母さんが大好きなのね。
DSC06722.jpg

DSC06723.jpg

DSC06725.jpg

最近、プリティ~♪と言うと、こんな風にする様に。
DSC06699.jpg


ジジ臭い1歳児。
6月23日(土)

最近本当に雨降りの日が多い。
こうも天気の悪い日が続くと、今日みたいにポカポカ晴れている日は家にいてはもったいない気がしてくる。

なのでCodyと二人、大好きなメリーランドの公園へ行ってきた。

土曜日だけど父さんは仕事だし、週末はみんなファミリーで過ごすだろうからと遠慮してお友達には声は掛けない様にしているので、大抵は二人っきり。それでも大好きなCodyと一緒、どこで何をしても楽しい。


滑り台があちこちに伸びる大きなジャングルジムを見て、さぞかしCodyは喜んでくれるだろうと思ったのに、

遊び場のフチに腰掛けておやつをかじりながら、楽しそうに遊ぶ他の子達を眺めて日向ぼっこするCody
DSC06726.jpg


・・・って、爺ぃかっ、キミは?
本当に、冗談でなくて、彼は30分ほどずっとココに座り続け、それだけで満足した様で、決してジャングルジムには近づこうとはしませんでした。

フツーの子は、だいたい大喜びで遊ぶよねぇ。
こんなんで大丈夫なのかしら、うちの子・・・。
ちょっと心配。
雨降りの日曜日。
6月24日(日)

う~んもうっ、昨日はあんなにお天気が良かったのに、父さんが唯一お休みの今日に限ってまたまた雨模様・・・残念。

仕方がないので近くのプレイセンターへ行って時間を潰す事にした。

どうせまたCodyは私にくっついてばかりであまり遊ばないかも、と思ったけど、今日はとっても楽しそうにして動き回っていたので行ってよかった。

私が先にやってお手本を見せてあげたから・・・なのだけど、一人で小さなジムに登り、滑り台で降りたりもしたし。
(子供用ジムなので私が登ったりしたら壊れそうで・・・係のお姉さんに叱られやしないかと冷や冷やでしたわ。お手本を示す母さん業も楽ではありませんねぇ)

父さんと大好きなボール・プールで。
DSC06731.jpg


私もCodyと一緒にぃ~♪と父さんにお願いし、撮ってもらったら

コレやし。
DSC06738.jpg


母さん、超ブサイク。
まったく・・・奴に頼むといつもこう。
タイミング悪すぎっ。(単にモデルが悪いのか?)


一通り遊んだら満足したのか、後半はCody得意の「その辺をウロウロ」が始まったのでしばらく放し飼いにしておいたら、気が付いた時には

お昼ごはんに「チップス(フライドポテトの事よ)」を食べているファミリーのテーブルの輪の中にズカズカ入って行って、鼻先がもうちょっとで付くんじゃ・・・と思うくらいに近づいて、じーっとそのチップスを見つめていました。

発見が後数秒遅ければ、3本ぐらい食べてたかも。

大慌てでCodyを捕獲するも「チップス、チップス!」エビ反り攻撃されたので、たまらずにCody用に子供用の「チップス&チキンナゲット」をオーダー。少しでもいいから、動物性のたんぱく質を摂って欲しかった。本当はフィッシュ&チップスにしたかったけど、また揚げ衣だけ食べられては困るからねぇ。

家で作った鶏のから揚げとかだって食べないんだもの、ナゲットだってどーせ食べないだろーけど、ダメもと、ダメもと・・・。

とっ、ところが・・・。

チップスはもちろん、ナゲットだって3つも食べた。
これ系の物は大抵口にも入れない、あるいは一口かじってもべぇ~っと吐き出しておしまいなのに。


その後すぐに「冷凍のナゲット」を買いに走ったのは言うまでもありません。

Codyよ、今度は母さんをがっかりさせないでね~♪
ママパピィ。
6月25日(月)

本当は土曜日に行きたかったのだけど行きそびれ、昨日やっと気になっていた「パピィ」を購入してきました。予備の予備として2個。

実際に二つを並べてみると・・・
DSC06781.jpg

DSC06782.jpg

DSC06783.jpg

現パピィなんてもうヨボヨボの爺さんみたいだけど、やっぱり同じ顔だわね、この2匹。

思い起こせばパピィとの付き合いはここから始まった訳で、
(Codyの初めてのクリスマスのプレゼントの山の中のコレ↓)
DSC06787.jpg

(ちなみに赤い矢印はあの「怖いくまちゃん」)

よく見ると今回買った新パピィ同様、フワフワしてたんやね、当初は。


で、新パピィを見せた時のCodyの反応はどうだったか・・・と言うと、

やっぱり、

コレ、パピィちゃう・・・

でした。

私が「ほら、新しいパピィよ。フワフワで可愛いねー」などと言って新パピィを手渡そうとしても、

「ノー、ノー。ノーパピィ・・・」の一点張りで触ろうともしません。

あんなヨボヨボ犬のどこがいいんだか。

で、私が意地悪して「このパピィはもう汚いからバイバイね♪」と言ってみたらさあ大変。

「ノー、ノー。パピィ、バイバイ、ノォ~っ!!!」と大泣き。

あ゛~、やっぱりダメか・・・。

なのでやっぱり今日もCodyの手には、いつもの汚いパピィの方が握られています。
その内、擦り切れて姿がなくなってしまうのでは?とちょっと心配。

面白いのは新パピィが登場して以来、Codyが元のパピィの事を「ママパピィ」と呼び出した事。
同じ様な姿のモノは親子であり、先にあるのは「母」、新しいのが「子」だという事なのか?
Codyの好きな本の中に動物の親子の姿が出てるのがあるので(親子なので姿はそっくり)多分そこから来ているのだと思う。
子供の考える事って本当に面白いわ。

とにかく、新しいのはあくまでも「ママパピィ」の予備なのだから、
新しい方にも早くボロボロ(=母)になってもらわないとねぇ。

カールよ、毎晩来てくれ。
6月27日(水)

午前中は図書館へ行ったり、いつも通り過ごす。

その後ママ達とお茶して、普段だったら2時ごろまでショッピングセンターをウロウロして回ることが多いのだけど、今日はささっと切り上げて帰宅。

今夜はカールの子守りがあるから、家事を先に済ませておきたかった。


そして夜になり・・・5時半からカールをお預かり。

最初は別々に遊ぶ子供達。
DSC06785.jpg

が、すぐに一緒に遊び出す。(最近こんな風に遊べる様になって来た)
DSC06788.jpg

気が付けば一緒に座ってお絵かき。(私が座らせたのでなく、彼らが自分達で。)
DSC06791.jpg


ディナーはCodyの大好きなパスタ☆(←っていつもこればっかり・・・)
DSC06756.jpg


カールにつられたのか何なのか知らないけど、今日のCodyはよく食べた。用意したパスタはあっと言う間にぺロリと平らげ、最近食べなかったプルーンにも手を出す変身ぶり。

いや~、母さん嬉しいやねぇ~♪

大抵の家事は予め済ませてあったとは言え、食事の仕度に後片付けなどやっぱりいろいろキッチンでやる事があったので、2人も抱えて大変な思いをするかと思いきや、

ぎゃ、逆っ。ぜんぜん逆っ!!

と~っても楽で、家事がスイスイ片付くではありませんかっ!

その秘密はまたもやカールにありっ!

いつもなら私がキッチンにいる間じゅう、足元にまとわり付いたり、ウダウダと愚図ったりして邪魔をしてくるCodyが、今日は楽しそうにずっとカールと遊んでくれていたので、仕事がはかどる、はかどるっ!


カッ、カールよっ!
明日から毎晩家に来ないか?

キミ、父さんより使えるから・・・マジで。
母さんの為のプレイグループ。
6月28日(木)

最近いろんな事が分かる様になってきて、私の呼びかけにも「イエス」とか「ノー」とか言って返事をするCody。

今朝も「今日は日本人プレイグループに行こうねっ♪」と声かけたら、
「ノー」(=行きたくない)などと悲しい事を言う。

彼に良かれと思えばこそ、図書館だのデイケアだのにもせっせと連れ出しているにもかかわらず、家の中で母さんと地味~に遊ぶのが大好きらしいCodyは、今日のプレイグループだけでなくどこへ行こうと言っても
「ノー」と返してくる。

それでも行きゃ~行ったでそれなりに遊んで楽しかろう・・・とめげずに今日も連れて行ったのだけど、今回も大半を私の膝の上で過ごしてくれた。

まったく何の為に来ているのやら・・・といつもなら思うのだけど、
いや~、今日は行って良かったわ~♪

だって今日は旧メンバーだったママが不要になった子供服とか本とかビデオなんかを持ってきて出張ガレージセールみたいなのを開いてくれて、思わぬ掘り出し物に母さんホクホクだったから。

Codyの大好きなトーマスの本や靴下やマフラー、それにしまじろうのビデオ、冬物のセーターやジャケットなどなど、現金を持たなかった私はお友達に金を借りてまでしてたーくさん買ってしまったよ・・・。
それでも総額16ドル。(元々財布には10ドルもなかった・・・汗)

お買い得ぅ~っ!!

なかでも嬉しかったのが日本の育児雑誌「たまひよ・こっこクラブ」。

出産前用の(たまごクラブだっけか?)は読んだ事があったけど、この「こっこクラブ」は初めて。

やっぱりいいやねー、日本の雑誌は。
内容が正に「痒いところに手が届く~♪」、いや「痒い所をボリボリ掻いてムヒを塗って、さらに他に痒いところはありませんか?と尋ねてくれてる」んじゃないかと思うくらいの丁寧さ。

取り上げている内容も、
・イヤイヤ、かんしゃくモードの対処法、とか
・歯磨きをどうやってするorさせるか、とか
・1歳から2歳児の月齢別食事風景のレポート(細かい写真で)とか
(他の子がどんな物をどれくらい食べているか見たかった!)
・第二子妊娠中のママへのアドバイス、とか

そうそう、そーゆー事が知りたかったの~っ!!!と言う話題の記事の連続で、もう手放せませんっ!

月曜からウインブルドンも始まったし、雑誌を読みながら久々に夜更かしする夜が続きそうな予感・・・。
最近ずっと寝すぎ(1日10時間=Codyと一緒)だったから、たまにはいいかもねー。


帰宅後、トーマスの本に読みふけるCody。(1冊50セント)
DSC06786.jpg
彼の可愛いのは、こーゆー時、自分でちょこんとソファに上がって座って読んだりする所。本当にお行儀がいい。

父さんが帰宅して。
DSC06765.jpg


困ったなぁ~・・・。
6月29日(金)

今日もローカルのプレイグループへ。

ポカポカ陽気だったので、Codyも大喜びで庭に出てウロウロ。
ジェラルドとサクソンと3人で、子供同士何やら楽しそうにしてた。

今日のクラフトは「プレイドー」(小麦粘土・・・っていちいち言わなくても分かるかー。日本でもそう言う?)で粘土遊びだったのだけど、その粘土。なんと担当のママの手作りのモノだったので、あたしゃ感心&感激しましたわ。

Codyももちろん「プレイドー」は大好きで(プレイドーってしっかり言うよ)いつもこねこねしてるけど、我が家のプレイドーは私が買い与えたもの。

それが今日、クラフトのテーブルに何やら生暖かいピンク色した団子のような物体がいくつも置いてあって、私が「???」って思っていたら、そのママが、今朝作った出来立てホヤホヤのプレイドーよ♪と教えてくれた。

分量は忘れてしまったけど、小麦粉、お湯、塩、タータ(クリーム・オブ・タータとも言うけど、ベーキングパウダーみたいな粉よ)を混ぜて出来るらしかった。しかも今日のそれにはイチゴの着色料を使ったらしく、可愛いピンク色でほんのりとイチゴの香りがする、夢の様なプレイドーだった。

たかが粘土、されど粘土。
買った物をプラスチック容器から出して「ホレ、これで遊べ」とやるよりも、粉やら何やらを混ぜて、好きな色や香りをつけて、子供と一緒に手作りしたもので遊べると素敵ね~!

先輩ママのアイデアは素晴らしいわ~♪
今日も勉強させてもらいました。


そんな感じでいつも新しい発見のある楽しいプレイグループなのですが、今日はちょっと困った事が。

ここオーストラリアではファンド・レイジング(資金集め)の運動が盛んで、学校や職場などでよく小さいチョコなんかをみんなに1つ1ドルぐらいで買ってもらい、その収益でみんなが共同で使う備品を買い足す・・・なんて事をよくやる。

我が家にもたまーに近所の小学校の生徒が「学校に新しく○○を買うためにご協力くださ~い」とチョコの箱を持ってやって来るので、ケチな私は内心(えぇ~・・・そんなチョコに1ドルも出したくな~い)などと思っても、動物と子供には弱いので渋々何個か買ったりする。

んで何が困ったかと言うと、今日、プレイグループの帰りがけにリーダーのママから、

「ホレ、これ。あんたの割り当ての分やから・・・。」と

これを渡されたんだよね。
20070705033801.jpg

中には個別包装されたちっこいチョコが50個入ってる。
20070705033741.jpg


プレイグループのおもちゃなどの購入資金を稼ぐ為、このチョコを一つ1ドルで売って来い!って言うんだなー。

えっ!?誰に!?って感じ。

私はコレを持って、近所を回らなくてはいけないのか?

あなたの1ドルで病気の子供にワクチンが買えるんです・・・とかそんなんだったらまったく見ず知らずの子の為にも多少の寄付は出来るってもんだけど、一体どこの誰が、うちの子が行くプレイグループのおもちゃを買う為にこんなチョコを買ってくれると言うのか?
いやその前に、申し訳なくって知らない人には「買って~♪」なんてお願いすることすら出来ないよぉ~。

私には営業の仕事は無理ね。

他のオージーママはこーゆー事にすっかり慣れている様で、上の子のクラスメイトのお母さん達に頼んでみるわ!だの、息子のサッカー教室で売りさばいてくるわ!だの言って、2箱3箱と持って帰っていったけど、私はこの1箱(50個)だって持て余す。

どっ、どっ、どおしよぉ~。

父さんに「職場に持っていってみて!」と頼んだらあっさり断られたし・・・。

時間は3週間与えられたのだけど。
少しぐらいなら売れ残っても気にしないで・・・とは言われたのだけど。(多分一つも売れないし・・・)
最終的には自費で買い取る事になるのかな~?
50ドル、痛いな~。

覚悟はいいですか?
6月30日(土)

今日も父さんは仕事。

近所のショッピングセンターで子供向けのイベント(ジャンピングキャッスルやらフェイスペインティング、ファームアニマルなどなどの例のヤツやね)があったので、暇をしている我々親子にはぴったり♪と思い、昨日「ばば」が買ってくれたWigglesの服を着せたCodyと二人で行ってきた。

いや、行ったは行ったのだけど、行ったらもうそのイベントは終わっていた。

チラシには11時から2時までとあったので、混雑を避けて終わり際に・・・と1時過ぎに行ったのだけど、我々が行った時にはもう撤収作業が始まっていたのだ。

人の集まりがあまり良くなかったので、さっさと片付けに入ったらしい。なんでも適当なオーストラリアらしいやね。


帰り道、来週の金曜日に迫った「Wiggles」のコンサートのチケットを取りに行く。もう2ヶ月以上前に予約していたんだけど、面倒臭くってずっと取りに行ってなかったんだな~。

んで受付の人に会場の様子とかちょっと探りを入れてみたら・・・。

なんとコンサート会場はイスなしのただの広いホール。
つまり40分立ちっ放し。
ベビーカー類は使用禁止。
しかも1回に700人入るらしく、当日3回続けて行われるコンサートの真ん中の回を予約した我々は、会場に入る時に最初の700人とすれ違い、出る時にも次の700人とすれ違う事になるらしく、

「お母さん、覚悟しておいてくださいね~」と念を押された。

なんかすごい事になりそうな予感。
40分もCodyを抱っこしたまま、Wigglesの歌にあわせて踊り続けるなんて私にはとてもムリ。

いくら大人しいCodyでも、そんな人ごみの中で床に野放しにしておいたら絶対にどこかに行ってしまいそうだし。

本当にどうなるのだろう・・・。
違う意味で楽しみなコンサートに。


20070705033817.jpg

20070705033833.jpg



カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。