オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイケア・デビュ~。
5月1日(火)

早いものでCodyも今日で1歳と8ヶ月。

そしてそんな今日、Codyがデイケア・デビューを果たしました。

デイケア(日本でいう保育園)と言っても午後からほんの2時間だけ。

別に私が仕事を始めるとか、一人の時間が欲しいとか、Codyの自立心を養いたいとかそんなんじゃないんだけど、Codyがいつもその「デイケア」のお庭で遊びたそうにしてたから・・・。



その「デイケア」は、今までほとんど毎月の様に「身体検査」に通っていたチャイルド・センターの敷地内にあり、毎週金曜に行っているプレイグループの建物の隣にあって、

駐車場からみえるこのお庭の遊具を
DSC06279.jpg


いつもじ~っと眺めては遊びたそ~にするもんだから、

「母さん、いつになったらボクをあそこで遊ばせてくれるのぉ~?」
DSC06238.jpg



そんならちょっくら中の様子でも見てみるか~、と先週金曜のプレイグループの後で見学に行って話を聞いたら、そこは毎日行く様な普通のデイケアとはちょっと違い、ちびっ子達はみんな週1~2日、1日に3~6時間と短い時間で来ているとの事だった。

で、Codyの月齢のクラスはあるか?と聞くと、それが火曜日。
6時間のクラスと午前3時間のクラスは現在定員がいっぱいだけど、午後の3時間のクラスならすぐにでもOKとの事。

6時間で30ドル。3時間なら15ドル。

掛かる費用はそれっきり。(初回、諸経費として20ドル要)

普通のデイケアは1日60ドル前後するのが普通。
しかも病気など自分の都合で休んでも、お金をとられるのが普通。

でもここは毎回払いで、休んだりするのも自由。
とっても融通が利き、ちょっと試しにCodyを遊ばせてみたいだけの私にとっては好都合だったので、即お願いすることにしたのだった。


ほとんど思いつきみたいに決めたので、父さんや「ばば」は

「そんなの、Codyにはまだ早い・・・」ととても心配した。

絶対に、泣いて泣いて、私から離れなれる訳がない、と。

が、私には「ここならきっと大丈夫」と言う妙な自信があった。

見学に行った時もCodyはさっと私から離れておもちゃの所へ行ったし、なによりあの「お庭」に魅了されているのだから。


で、当日の今日。

午後のクラスの12時から3時と言えば、いつもCodyが昼寝をしている時間。初めはちょっと遅れて来て仲間に加わる方がスムーズに行くと言われ、初日の今日は1時から3時までの2時間でまず様子を見る事に。(皆んなが集まる12時だと、他のお母さん達が帰ったりするのを見てCodyが不安がるし、他にも泣く子がいると余計大変だから、とアドバイスを受けた)

なので今日は午前中、付きっ切りで遊び、散歩に行き、Codyを疲れさせ、先にちょっと昼寝をさせる作戦に。

で、作戦通り、11時半から1時ギリギリまで寝たCodyを昼ご飯なしでデイケアへ。

よくある「うちの子大丈夫かしら??」的なしんみりした気分には一切ならなかった。
柱に隠れて「ママ~!」と泣き叫ぶ我が子の姿を目で追い、自分も涙する・・・と言った感じもなかった。
(そーゆー感傷的なシーンをちょっと期待してたんだけど)

デイケアに到着すると、Codyはスタスタと歩いて建物の中へ。
そして憧れの庭を目にしたCodyは、案の定、庭へ直進。

保母さんから、「行くなら今ですよっ」と目で合図を受けたので、

よしっ、今だっ!
「昼ごはんはカバンに入ってますから、よろしく~っ!」と言って部屋を出てドアを閉める。

大成功!

が、最後にひと目Codyの姿を見ておこう・・・とドアのガラス窓越しに振り返ったら、ちょうど同じタイミングで振り返ったCodyと目が合った。

やっ、やべぇ・・・。

そして「まま~♪」とCodyが半泣きの声を出した。

で、更にまずい・・・と思い、そのまま立ち去った私。


家に帰り、以外と冷静に昼ごはんを食べ、キッチンの洗い物を済ませ、夕飯の仕度の下準備をし、テレビをみていたらあっと言う間にお迎えの時間。正味1時間半無かった。

よくある、そわそわして何も手に付かない・・・とかそんなんもなく、極めて淡々と時間は過ぎて行った。
(でも密かに、あぁ・・・私の子育てもここまで来たのね・・・とちょっとこそばゆい感じもしたなぁ~)

迎えに行くとCodyは

こんな風にしていたゾ。
DSC06237.jpg



「ママ~♪」と甘えた声を出し私に駆け寄って来る、とかも無し。

先生に私が去った後のCodyの様子を聞くと、

ぜんぜん泣かないで、楽しくお庭で遊んでいましたよぉ~♪
との事だった。持たせたおにぎりもちゃんと食べたらしい。


泣くどころかそれから家に帰るのが大変で、外に出たら

「もっと遊びたいっ!」とその辺を歩くと言って聞かず、

車に乗せようとしたら、得意のエビ反りと大泣き攻撃で激しく拒否。

やっと家に連れて帰ったら、ちょっといつもより興奮しているのか一人で遊んでいてもやたらとおしゃべりし、何だか上機嫌。

そして晩ご飯をた~くさん食べた。

いいんちゃうの~?デイケア。

来週もよろしく~。

スポンサーサイト
とりあえず矢車を。
5月2日(水)

スクールホリデーでずっと休みだった図書館のRhymeTimeがスタート。今タームこそはCodyにウロウロ歩かれて堪るものか!と気合を入れて挑んだ。

そしたら、彼。ちゃんと輪の中に座って大人しくしてくれたのよ。

前半の15分だけだけど、それでもすごい進歩。
彼の最近の成長ぶりにちょっと手ごたえ?

その後はいつもの様にショッピングセンターをウロウロしてから帰宅。

カールと乗り物で。
「運転手~はキミだっ♪車掌~はボクだっ♪」
DSC06243.jpg



*****************************


家に帰りCodyの昼寝中やっと「こいのぼり」の矢車の準備にとりかかる。パーツがやたら多くって、彼の前では箱すら開けられなかったから、今がチャンス!

軽~い気持ちで取りかかったのだけどこれが以外と大変な作業で、工具なんか使わないで全部素手でやったので(本当はペンチとか要ったと思う)爪やら指先がズタズタに。

でも何とか完成。
ものすごく大きくて立派。
これだけでも十分立派な芸術品だわ、と惚れ惚れ。


完成した頃ちょうどCodyも起きたので、さっそく見せてみる。

うわぁ~、あれがポールのてっぺんに付ける「矢車」かぁ~。
大きいなぁ~♪
DSC06257.jpg


母さ~ん、早く「こいのぼり」がお空を泳ぐ姿を見たいよぉ~。
DSC06251.jpg


ブログで広がるお友達。
5月3日(木)

楽しかったフィジー旅行から帰って数日後の事。

ブログに非公開のにメッセージが入ってるのを見つけた。
読んでみてもうびっくり。

だって、その方はCodyと1週間違いの男の子のお母さんで、オージーのご主人がいて、1年半前まではシドニーに住んでいたけれど今はご主人のお仕事の関係で我々が行ったフィジーに、しかも我々が泊まったシャングリラに住んでいる!って言うんだものっ!

しかも前からたまたま見つけたこのブログを読んで下さっていて、ご自身の息子さんと月齢が同じなCodyの成長振りを毎回楽しみにして下さっているとの事だった。(息子さんもおっぱい大好きっ子らしい)

が、ちょうど我々がフィジーに出発した頃からパソコンの調子がおかしくなり、しばらくアクセス出来ない状態で、久しぶりに読んでみたら我々が1週間もシャングリラに滞在していた事を知り、

お互いに手を伸ばせば届くくらいの距離にいたのに、

会えなくて残念~♪

と、連絡を下さったのだった。

そんな事を知らされると、私もそのT子さんにとても親近感が湧き、早速メールでコンタクト。

そしたら近々シドニーにお里帰りするって言うじゃない。

ほんならどこかで会いましょう♪って事になり、今日、マッカーサーのショッピングセンターで、ご対面~って訳なのでした。

と、ここまでが前置き。ながっ!!!

******************************

T子さんの次男のG君とはじめましてぇ~。
DSC06261.jpg


ショッピングセンター内のプレイセンターで子供達を遊ばせつつ、母達はおしゃべりに花を咲かせました。
DSC06280.jpg


快活で明るいT子さんとはまったく初対面って感じがしなくって、私はベラベラとしゃべりまくり。3時間ぐらいくっちゃべっていたぞ。

そしてこの息子のG君がとにかくすごい。

プレイセンターの遊具の中を所狭しと走り回り、高い滑り台の上もまるで猿の様に(見た目がでなくて、動きが、ね)駆け上がり頭から転がり落ちてくる。

キミ、本当に1歳8ヶ月?
本当は3歳くらいなんちゃうん??

って、疑いたくなるくらいの素晴らしい運動能力。

フィジーの自然の元で育つと、こんなにもたくましく成長するのか?


G君の全てがあまりにもCodyと違うので、私は本当にびっくらこいてしまった。

が、そんな彼らにも唯一の共通点が。

それはお互いにまだおっぱい大好き~♪という事。

しかし山猿のG君(お母さんゴメン・・・)のおっぱいの吸い方がまたもの凄い。

Codyなんて、未だに赤ちゃんみたいに私が横抱きしてユラユラしてあげながらチューチューやってるのに、G君ときたら

さっきまでその辺を駆けずり回って遊んでいる・・・と思ったら急に目の前に現れ、座ってコーヒーを飲んでいる母・T子さんのTシャツをひっぺがし、ブラをガシっと下げて世間に乳首をさらしたかと思ったらバキュームの如くそれに吸い付き、そこを軸に360度回転しながら乳を飲みだしたんだもの。

そしてものの3分ぐらい吸い付いて、いやぶら下がっていたかと思うとさっと離れて、タタッ・・・と走って行き、また元の様に飛び跳ねて遊び出す。

んでもってまた30分ぐらいするとまた駆け寄ってきてぶら下がる・・・の繰り返し。

G君もすごいけど、されるがままに乳をさらけ出しているT子さんがもっとスゴイ。

とてもカッコイイ~♪と惚れ惚れ。


そしてG君は、食欲もものすごくって、ボリボリ♪バリバリ♪あげれば何でも食べるって勢い。

Codyなんてチビチビとゆっくりゆっくり食べるもんだから・・・

キミっ、そこの食べ物をよこしなさいっ!
DSC06281.jpg


と「ポケットよだれ掛け」ごと奪われ、

後から食べよう・・・と大事にとっておいた全てを食いつくされるのでした。
DSC06282.jpg


と、こんな風に書くとG君ってとってもやんちゃなの?って思ってしまいますが、ぜんぜんそうじゃない。

一人で飛び跳ねて遊んだりはするけれど、危ないことは一切しない。
もちろん人を押したり、叩いたりも一切なし。

表情も穏やかで、いつもニコニコ笑顔が愛らしい、とっても可愛い男の子なのです。

キスとハグ(抱きつくこと)がとにかく大好きで、常に抱きつく相手を探していて、何度かCodyも狙われて、ビビリの彼はその度に泣きべそをかくのでした。

*****************************

と、今回もまたこのブログを通して素敵なT子さんとG君と知り合う事が出来て、本当にラッキー。

お里帰り中の貴重な時間を割いて一緒に遊んでくれたT子さん。
どうもありがとう。初対面とは思えないくらいに楽しかったです。
(なんと息子達だけでなく我々も同じ歳でしたね)


またシドニーに戻ることがあったら一緒にあそんでね。
我々がまたフィジーへ・・・なんて、ちょっとありそうにないから。
でもまた行きたいわ~♪

こいのぼり、今日は揚がらず。
5月4日(金)

午前中はいつもの様にローカルのプレイグループへ。

はじめてクラフトの当番が回ってきてドキドキ。
責任感の強い日本人の血が沸々と沸き、早起きしていろいろ準備していったのに、別のママが来週の母の日にするファンドレイジングの為のフラッフル(豪華商品を掛けてくじ引きし、集まったお金はプレイグループのイベント資金にする)のポスターを作ってきて、それの色塗りを子供達にさせよう・・・という事になり、私の苦労はあっさり水の泡に。

私の貴重な朝の2時間を返せっ!
(私のアイデアも「母の日」関連だったので、次回に使えないのよん・・・)

ポスターにつけようと、初めてみんなで写真も撮った。
DSC06290.jpg
全員に了解とっていないけど、ちっちゃい写真ならいいよね~、載せても。

帰り際、Codyの姿が見えないな~と思ったら、哺乳瓶を持ったままベビーカーで寝入っているサマーちゃん(まだ1歳なのにもう14キロ越す!)に見とれていた。
DSC06339.jpg

本当に赤ちゃんが大好きなCody。

****************************

家に帰り「こいのぼり」の仕上げ。
父さんが仕事から帰ってきたら「じじ」と二人でいよいよ「こいのぼり」を揚げる予定になっていたので、ロープにそれぞれの「こい」を配置して準備をしておかないと・・・。

3時半、父さんが帰って来るのとほぼ同時に「じじ」も我が家に到着。

さぁ・・・いよいよだわっ。
ワクワクして、二人の作業を見守る。

が、竹の先につける矢車を止めるボルトの長さが短すぎた。

えぇ~じゃあダメじゃん・・・とがっくり残念そうにする私を気遣い、「じじ」は近所のホームセンターに飛んで行って、長いのを買ってきてくれた。「じじ」はこんな時、フットワークがもの凄く軽い。

で、矢車は無事に装着完了。
その下に、ロープを通す滑車もつけた。

さぁ、いよいよ竹を立てるのね・・・と思っていたら「じじ」が

今日のところはここまでっ!!
あとは竹を支えるロープさえあれば、いつでも立てられるよ!!

って、えぇェェッ~!!


今日、立てられないの?
明日が本番の「子供の日」なのにぃ~。

結局、今日したのは寝かした竹への「矢車」の取り付けだけ。

そんなん父さんの帰りを待たなくても「じじ」一人で出来たやん?
あとロープさえあればいいんなら、あんた、さっきボルトの交換にホームセンターへ行った時になんで買って来んかったん??

「じじ」の理解に苦しむ行動に、露骨に嫌な顔をする失礼な嫁。

が、「じじ」がロープを買いにもう一度ホームセンターへ飛んでいく事はなかった。

なぜなら既に時は4時半。

「じじ」が毎日欠かさずに通う「クラブ」へ飲みに行く時間だから。

普段は温厚で仏様の様な「じじ」なのだが、毎日4時半ごろになるとソワソワし出し、やっている仕事がそれまでに終わらなかったりすると途端に気難しいじじいに豹変する。

5時ジャストにクラブのいつもの席に座り、いつものビールを飲んでないとえらく機嫌が悪くなり、非常に扱いづらくなるのだ。

その辺、もう私もよく分かっているので、今日のところは残念ながら

もうちょっと・・・と言うところで撤収

今からロープを買ってくる様に父さんに命じ

二人には明日の朝、8時に作業に取り掛かる様要請

だって明日が「子供の日」なんだもん。

何がなんでも明日、元気に泳いでもらわないとね。


どうなったの?こいのぼり。
5月5日(土)

さあ、いよいよ「子供の日」当日。
昨夜、父さんがロープを買いに行き、準備は万端。

8時に「じじ」に来てもらい、ずっと庭で横たわっていた「じじ」の特製バンブーポールを立てる。

よいしょっ!
DSC06340.jpg

よいしょっ!!

立ったぁ~♪
DSC06296.jpg


そして、そんなのおかしい、ロープが絡まってしまうから上手くこいが泳がない・・・と駄々をこねる嫁には聞く耳持たない「じじ」が

倒れるのが心配・・・と、まるで金沢名物の雪つりの如く、四方をロープで固定。
DSC06297.jpg


こんなん出来ました。
DSC06298.jpg


そして「こいのぼり」をつけたロープを引いて・・・


完成!
DSC06300.jpg



しかしこの日は快晴で無風状態。

大空高く泳ぐどころか、力なくぶら下がったままで「こいのぼり」ならぬ
「こいだらり~」
DSC06301.jpg

(でもCodyも何となく気配を察して嬉しそうにはしゃいでいたぞ)


そんでもね、あれだけすったもんだした末にこうしてちゃんと揚がったんだから、母さん満足、感無量。

「じじ」あなたのお陰です。本当にありがとう。
そして日本のおばあちゃんも、どうもありがとう。

この「こいのぼり」に負けないくらい、立派に元気にCodyが成長します様に。


*****************************

今朝は「こいのぼり」で忙しかった我々。
その後、お誕生会の二連発。

まずは4歳になるジョーダン君のパーチーがペンリスのロリーポップ・プレイセンターで。

早速パーティールームで祝いの膳を取り囲む子供達。
DSC06311.jpg


あっ、ボクにもケチャップお願いしますっ!
DSC06307.jpg


パーティーハットも初体験のCody。結構キマってる?
DSC06314.jpg


すっかり王様気取り、本日の主役ジョーダン君。
DSC06312.jpg


ハッピーバースデー♪

Codyも負けじと王様を気取るが、ガウンの代わりにヨダレかけではちっともサマにならず。
DSC06324.jpg
 (王冠も飛び上がっとるしね~)

バースデーケーキはジョーダン・ママの手作り。
DSC06352.jpg

愛情たっぷりね。

そーよね、愛情がないと出来んよね、こんなパーティー。
だってだって、子供一人につき30ドルかかってるんだもの、このパーティーってば。

普通に入ると、親子3人の入場料だけで20ドル近くかかるから、

タダで入れた今日、

父さんはいつになく楽しそうでした。
DSC06343.jpg

DSC06348.jpg


タダでたっぷり遊んで腹が減った我々。

向かうは本日2つ目、アメリアちゃんのバースデーパーティーへ。

ちょうど昼どきを狙っていったので、

到着すると、アメリア・パパが招待客に振舞うBBQを焼いているところだった。
DSC06351.jpg

しめしめっ・・・間に合ったぞ。

ジョーダンのパーティーとは打って変わり、こちらは公園のピクニックエリアを借り切ってのパーティーで、

テーブルはピンクのバルーンやテーブルクロスやお皿などで、とってもキュートなセッティング♪
DSC06355.jpg


そしてこちらも、ママの手作りケーキ。
DSC06349.jpg

なんだか皆さん、本当に器用ね。
(ちなみに真ん中の写真は、普通の写真をラミネートしたものを乗せただけとか。う~ん、いいアイデア。それ、頂きぃ~)

我が家の斜め向かいに住むアメリアちゃん。
1歳のお誕生日おめでとう。
もうあんよだって出来るんだよね。
これからも仲良く一緒にあそんでね。

*************************

夕方家に帰っても窓から「こいのぼり」をちらちらと眺めていたけれど、今日は本当に穏やかな日で、風がほとんど吹かずに「こい」もダラリと垂れ下がったまま。

それでもやっぱりいいものね。

これから毎日、楽しみだわ~。
こいのぼり速報
5月6日(日)

昨日よりもちょっと風が出た今日。
特に夕方からいい感じに吹いてくれたので・・・


つっ、ついに泳いだんですっ!!


午前中はこんなで、やっぱりダラリとしていたけれど、
DSC06336.jpg


ほらね、夕方からは風が吹いてちゃ~んと泳いだっ!
DSC06357.jpg


キレイ~♪うれし~♪

やっぱりいいわ~。

ばば、ありがとうね!

とりあえず、本日の「こいのぼり」速報でした~。
素敵な公園。
5月7日(月)

我々が住むエリアは、シドニー郊外のベットタウンとしてもその人口増加率が高く、本当に凄まじい勢いで大きくなっている地域。

が、どうしてなのだろう。

安心してタダで子供を遊ばせられるちょっと気の効いた市の施設・・・みたいなのが他の地域より少ない様な気がする。
あってもトイレが無いとか、手洗い用の水道が無いとかだったり。
私が知らないだけなのかな?

今日はそんなこの辺のママ達にとても支持の高い、隣の市にある公園にピックニックに行ってきた。

いつものメンバーに声をかけたのに、結局ビンちゃんとエリーンちゃんしか来なかったけど・・・。

メリーランドのセントラルパーク。

隣町と言っても、ハイウエイを飛ばせば我が家から10分程度、近い、近いっ!

遊び場はこんな風に日よけで覆われていて、
DSC06384.jpg


強い日差しとサンスクリーンのベタベタ感が大嫌いな私にはパラダイス~♪

DSC06361.jpg


同じ敷地内には、野鳥にエミュー、ワラビー、そしてカンガルーなどがいる動物コーナーがあったりして(ここも無料)、さらに

パラダイス~♪

ほらねっ、Codyも興味津々で見ているよ。
DSC06371.jpg

DSC06387.jpg

DSC06388.jpg

DSC06390.jpg


我々ママもとっても気に入り、このピクニック、定期イベントにしようではないかっ!と鼻息を荒げたのでした。


**************************

今日は最高のお天気で、風もまったくなし。
なので「こいのぼり」はず~っとだらりとしたままだった。
てっぺんの矢車さえも回っていなかったからね。

また、青空を泳ぐ姿を見たいな~。

デイケア・2回目っ!
5月8日(火)

楽しみにしていたデイケアの日がまたやって来た。
1週間ってほんとうにあっという間だわ~。

前回同様デイケアの前にちょっとでも昼寝をしておいて欲しかったので、朝から付きっ切りで遊び、刺激を与え、11時半にCodyをベットに置き、自分もその隣にL字に配列してあるシングルベットに横になり彼の様子を窺っていた。

そして数十分・・・

ふと気が付くと私のベットのすぐ横の窓から「Cody~♪」と聞き覚えのある声がする。

「じじ」だった。

Codyはさっき私が置いたままの状態で遊んでいる。

あれっ??寝たのは私?

その現場を目撃した「じじ」にとってみればあたしはまるで、

可愛い孫をベビーベットに閉じ込めて、その横で昼日中からグースカ昼寝しているデブでのろまなダメ嫁・・・。

***************************

結局昼寝なしで挑んだ2回目のデイケア。
連れて行く前にちょっと昼ごはんを食べさせてみたけれど、ほとんど食べてくれず時間の無駄。

前回同様お弁当を持たせてのお預け。

今日は最初に施設のドアのところでちょっと「入りたくなさそうモード」になり「ママ~♪」と泣きべそをかいたが、私が「あれぇ~?ここはCodyが大好きな楽しい所だよぉ~♪」と言って先に中に入ると、彼も私を追って中へと歩き出した。

しめしめ・・・

2回目の今日はちゃんとCody用にカバンの棚やランチマットが用意されていたよ。
DSC06385.jpg

DSC06391.jpg


そしてCodyが・・・大好きな本に夢中になっている隙に・・・
DSC06386.jpg

母さんはさっさと退散。

隣にあるスーパーでちょっと買い物をして家に帰り、昼ごはんを食べ、あさから家事はそっちのけでCodyと遊んでいたので、散らかったままのキッチンやリビングを片付けて、ちょっと一服・・・のコーヒーを飲んだら、あれまぁ、もうお迎えの時間かい?

まったく、これじゃデイケア日の方が普段より逆に忙しいわ。


迎えに行くとCodyは3人の保母さんを前に、大好きなWigglesの音楽に合わせてダンスを披露しているところだった。

保母さん曰く、今日も泣くことなく、私の姿を探すことなく、元気に楽しく遊んでいたとの事。

普段の甘えん坊のCodyからは本当に想像もつかないけれど、Codyを知る人に「泣かずにデイケアに行った」と言うと誰もがびっくりするけれど、ここの施設が合うのか保母さん達がいいのか、本当に全てが上手く行っている。

帰り際に保母さんから、「今日は母の日のギフトを作りました。これはCody君からお母さんにですよ・・・」と絵の具を塗りたくった紙袋を渡された。周りはゴールドのリボンで縁取りされていてとても綺麗!

「これ、Codyがやったんですか?」と私。

「そうですよ・・・我々が用意したギフトの中からCody君が好きな物を選んで、一緒にラッピングしたんですよ、お母さん♪」と保母さん。

くくくっ・・・。

もう少しで泣きそうになりました。

うっ、嬉しい・・・。Codyからの初めてのプレゼント。

しかも彼のスペシャル・アートワークのラッピング付き♪。


今日も2時間保育につき支払ったのはたったの10ドルなのに。
一緒に遊んで、お弁当を食べさせてくれて、しかもこんな感動のお土産付きだなんて。

Codyはすっかり全身砂まみれだったけれど、洋服には黄色い絵の具がたくさんついていたけれど、前歯の間にはどうしてだかほうれん草が挟まっていたけれど(お弁当にはそんなもん入れてないのにね)
だった10ドルでここまでして頂けるなんて・・・と感謝していたら保母さんが、

この母の日ギフトは施設に「カビーハウス(お庭に設置する山小屋状の隠れ家的な遊具)」を買う為の資金集めの一環なんです。
お母さん方には、2ドルから5ドルの間でお願いしています・・・と言われ、

そうね、そうね、やっぱりこんな好待遇、タダで受けられる訳がないわよね・・・と、バックをまさぐり財布を取り出すが、タイミングの悪いことにそこには10ドル以上のお札ばかり。小銭は20セントとか50セントとかそんなんしかない。

私があたふたしていると「い~んです、い~んです、これは強制ではありませんから・・・」と保母さん。

結局ありったけの小銭をジャラジャラと出して、「すみません・・・」と謝りつつ「母の日ギフト」はしっかり頂いてその場を立ち去った。

あれ、全部でいくらぐらいあったんだろう?2ドルはあったと思うが。
このギフトの中身は一体どれ位の価値の物なんだろう?
私の感動の度合いからすると、10ドル出して「釣はいらねぇよっ!」と言ってもいいくらいだったのに、それをしない私は、私はやっぱり相当のケチなのか?

あ~もうちょっと払うべきだったか・・・と後悔しつつも家に帰り、Codyを風呂に入れ、とりあえずその感動のギフトと記念撮影。
DSC06377.jpg


これ、母の日まで大事にとっておくからね。
日曜日になったら一緒に開けてみようね。

う~ん、何が入っているんだろう・・・。と~っても楽しみぃ~♪
幸せボケ。
5月9日(水)

最近こんな事をふと考えていた。

可愛いCodyがいて、気の合うお友達がいて、父さんのお陰で子育てと家事に専念出来て、毎日楽しい事ばかり。

あ~、あたしってば本当に幸せ。

でも、幸せすぎてちょっと怖い。
その内になにか罰でも当たらないといいけれど。

あまり調子に乗り過ぎない様に、ちょっと気を付けなければ・・・なんて。


そしてそんな矢先、やっぱりドカ~ンとやられました。


いつもの様に図書館の後みんなとお茶をして別れ、ベビーカーで寝てしまったCodyを押して、のほほ~ん♪と買い物していたら、

お財布を盗まれたっ(泣)

最近は荷物が多いので、トートバックに全てを入れて、そのバックをベビーカーの下のバスケットに置いて買い物するのがいつものスタイルでした。

でもそうするとCodyが寝て、ベビーカーの背もたれをフラットにした時にはバックを取り出すことが出来なくなる。

なのでそんな時はお財布をハンドルの下にある日よけについたポケットに入れていたのです。

ちょっと無用心かな??と気になってもいたのですが、ベビーカーを押している状態ではそんな所誰も触れる訳がないので大丈夫だろう・・・と思っていました。


その時私は安売りの靴を夢中で吟味していました。
棚と棚と間が狭くってベビーカーを押して入ることが出来なかったので、広い所にベビーカーを置いたまま、ちょっと離れた状態でした。

それでも常にベビーカーは視野に入っているのでCodyが連れ去られる事もないだろうし、リクライニングした背もたれで押さえつけられていて下のバックだって取り出せない状態になっているので平気だろう・・・と思っていました。

ところが、そーゆー人ってちゃんと見ているんですね。
私がお財布をそのポケットに入れた事を。
きっとチャンスを狙って、後をつけていたのでしょう。


ショックでショックで頭が真っ白になりましたが、とにかく父さんに連絡してカードやら何やらをすぐにストップしてもらい(すべてが父さんと共同名義だったので)、RTAで免許証の再発行手続きをしたり、その他必要な事を済ませ、ガックリとした気持ちで家路につきました。

私は現金主義の人なので、財布にお金が入っていないと嫌なタイプ。
その時も150ドル以上は入っていました。
(以前会社のイベントで、お財布に一番お金が入っている人が勝ち!みたいなのがあって、私は同僚や上司を差し置いて見事1位になった事があります、そんなの何の自慢にもなりませんが・・・)

お金が無くなった事もショックですが、とにかく財布を盗まれるなどというトンマな事をしでかした自分に本当に腹が立ちました。

これもいい勉強。
ベビーカーからちょっとでも離れた私が悪い。
あんな所に財布を入れておいた私が悪い。

最近本当にボーっとしていて、気が緩んでしまっていたと思う。
Codyに何かあった訳ではないし、却ってこれがいい警鐘になった。

これからはもうちょっと気を引き締めていかなくては。

おっぱいなしで平気なの?
5月10日(木)

最近のCodyの成長ぶりには本当に驚かされます。

大好きなアルファベットもどんどん覚えるし、新しい単語も口からたくさん出てくる。私が言っている事も本当によく理解する。

「イエス」とはまだ言えないのだけど首を立てに「ウンウン」と振ることは出来るし、「ノ~っ!」と言うのはもう得意中の得意なので、Codyの欲しいもの、やりたい事などがよく分かる。
最近のブームは「モア~♪(もっと~)」で、もっと食べたい、もっと遊びたい・・・って時に、鼻にかかった甘ったるい声で
「モア~、モア~」を連発。
あんまり可愛いので、たくさん食べさせたくはないちょっと甘い物なども、ついつい多めにあげてしまったり。

午前中のプレイグループでは、離れた所から元気良くママの所まで走る「よ~いドン!」の時間に、初めて私の胸に走って飛び込んで来てくれました。

嬉しくって嬉しくって、勿体無くって、ぎゅ~っと抱きしめたCodyをなかなか手放したくはありませんでした。

「かっ、母さん。ぐっ、苦しいよぉ~・・・」

今までは私から離れるのが嫌で、その時間はずっと私の足にまとわり付いたまま泣きべそをかいているだけだったのに。


そして家に帰ってお昼ご飯を食べ、一緒に遊んでいた時のこと。
そろそろ昼寝の時間なのに、今日はどうしたのかな???と思っていたら、Codyが「あっち、あっち」と言ってベットの方を指差して、「グ~っ」と言って寝るまねをします。

私が、「えっ?お昼寝したいの?」と聞くと、首を立てに振って「ウン、ウン」とお返事。

それじゃ・・・と、Codyをパピィと一緒にベットに寝かせ、そーっとブランケットを掛けてあげたら、それはそれは満足気な笑みを浮かべ、す~っと寝入ってしまいました。

こんなの初めて~っ!!

理想のお昼寝~っ!!

それにそれに何を隠そう、今まで欠かしたことの無かった風呂上り&寝る前のおっぱいを、火曜日の夜からあげていません。

別に断乳や卒乳を促しているつもりはないのですが、火曜日の夜は私があまりにも疲れていて、乳やりの前にちょっと一服・・・とお風呂の後でCodyをベットに置いて横になったら、先に寝てしまったんです。

で、夜中にふっと目が覚めたのでCodyをチェックしたらいつもと変わらずにスヤスヤ寝ている。

泣いたとしたら私も起きたろうから、きっと一人で寝たのだろう・・・と。

な~んだ、やれば出来るんじゃん・・・という訳で、昨日の夜もおっぱい無しで寝かせてみたら、全く問題なしっ。

昨日今日と、それぞれ日中に1回づつしかおっぱいはあげていません。

いや、あげていないというより、本人が欲しがらない。
今までだったら、「ぱ~い、ぱ~い」と泣いて求めたのに、それをしない。だから私もあえてあげない。

なんとなく卒乳の兆しが見えてきて、嬉しい様な寂しい様な・・・。
おかん、それちょっとやり過ぎちゃうん?
5月11日(金)

今朝のプレイグループでの事。

ちょっと他の子より年が上の(多分5歳ぐらい?)の男の子が遊んでいる最中に、まだ小さな女の子の髪の毛を引っ張って泣かせてしまいました。いつもは来ていない子なんだけど今日は幼稚園をお休みでもしたのかな?

痛い思いをした女の子は災難だったけど、子供同士だったらよくあることなのかも知れません。

どこにだってイタズラっ子はいるし、その男の子だって何か面白くないことがあったのかも知れません。

そーゆーハプニングも含めてのプレイグループであって、みんなで一緒に遊んで行くなかで、それぞれがいろんな事を学んでいくのではないかと思うのだけど、

今日のおかんはスゴかったで。

おんどりゃ~っ!!
もちろん英語なのだけど、日本語にするときっとこんなニュアンスよ)
っと鬼の様な形相で、その子(イタズラした息子)に向かってズンズン歩いて行き、その子の髪をわし掴みにして、

ズルズル~っと地面を引きずったよってに。
5メートルほど。
いや、お庭から室内に引きずり込んだから10メートルはあったかも。

そうしたら・・・、そんな光景をすぐそばで見てしまった、もともととっても繊細で、他の子が泣いたりするとぜんぜん平気な自分の方が大きな声で鳴いてしまったりする優しいCodyが、

ぎゃぁ~っ!とスゴイ勢いで怯えた様に泣き叫びました。

私はちょっと離れた所にいたのですが、嗚咽みたいな泣き声を漏らしながら私の姿を必死に探し、その子とお母さんの方を指差して、
「あうっ、あうっ」と私に何か訴えようとしています。

「母さん、あのお母さんが、あの子に痛いことをしているよ・・・」

とでも言わんばかり。

自分が目にした光景に、本当にショックを受けたようでした。

あまりにも興奮し過ぎて泣き止ませるのにちょっと大変で、私も「大丈夫、大丈夫」と言ってぎゅっと抱きしめる事しか出来ませんでした。

私自身もちょっとショックだったし。

まぁね~、他所の家庭の事情はよく知らないけれど、あの子が普段どれくらいのワルなのかは知らないけれど、さすがにあれはちょっとやり過ぎなんじゃなかろうか・・・と。

しばらくしたらCodyもケロッとしていつもの様に遊んでいたけど、いやいやあのおかんにはびっくりしたわ、ほんまに。

****************************


朝からそんな、ちょっとハードなスタートを切ったCodyでしたが、なんと今日1日をおっぱいなしで過ごしました。

今日も特に「欲しがらない」から「あげない」でいたら、夜になっていた・・・って感じ。

やっぱりそーよね、これって卒乳なんよね?
ちなみに私の乳は、ぜんぜん張ってないし痛くもない。
最後のおっぱいは確か・・・昨日の夕方だった様な気がするが、悲しい事にどこで、どんな状況で、Codyがどんな顔をして飲んでいたのか、まったく思い出せないっ!

卒乳のショックより、その最後の記念すべき「おっぱい」の記憶がない事の方がもっとショック!

その最後・・・を味わうために、もう1度だけ授乳したらダメ??


**************************


IKEAで購入した「ソファに座ってテレビを見ながら食事をする為のテーブル」(TV・テーブルとかなんとか言う名前やけど日本語にするとそんな感じよね?)が気に入っています。


いえいえ、別に私がテレビを見ながら食事したい訳でなくて・・・


Codyのテーブルにぴったりなんやもん。


ほらね。
DSC06380.jpg

DSC06382.jpg


もちろん床に置いて、普通のテーブルとしても使えるよ。
こっちは床の暮らしをしないから、子供用のこんなテーブルってないのよね~。テーブルには必ずイスがセットやから、普通。
ドリンクを置くミゾもあるし、プラスチックなので水でザブザブ洗えるので、なかなか使い勝手がいいのだ~。

祝・卒乳。
5月12日(土)

今日もCodyはおっぱいなしで1日を過ごしました。

1度も「ぱ~い」と言わなかった。

だから1度もあげなかった。

それでもちょっと自分でもガマンしているところがあるのかな?と、あんまり大っぴらにすると可哀想なので、Codyのそばで、ちいさな声で、「ぱーい」と囁き、彼の反応を見てみたりする私なのですが、彼はいたって冷静。ぜんぜん平気らしい。

いや、平気もなにも、

こんな風にして
DSC06383.jpg


「ぱーい、ぱーい」と言いながら遊んでいるのだからびっくりよ。
(ちなみにこの芸は、前に私が仕込みました)

ちょっと前までは、あれ無しでは絶対にダメだった子が、こうも急に変わるものかい?


そして、おっぱいを飲まないもんだから、やっぱりお腹が空くんだろーねぇ、今日のCodyはめちゃくちゃ食べたで。

今までも「食べる様になって来たな~」と思った日はあったけど、そーゆー食べ方とはぜんぜん違う。

いつもの量の朝ごはんをやっても「モア~」とさらに催促。

その後しばらくしたら急にぐずり出したので、「どうしたの?お腹がすいた?何か食べる??」と聞くと、

「ウンウン」うなづいて自分からキッチンへ行き、ハイチェアーに登ろうとする。

で、おやつも「モア~」ともっと催促。

そんなこんなで昼もモリモリ、夜まで持たずにおやつをたくさん食べた後、晩ご飯もモリモリ。

なもんで、今日はフルサイズのウンチを2回もした。

そうか・・・これが卒乳ってことか・・・。

しかしまた、何の兆しもなく突然にやって来たなぁ~。
私の心の準備が出来てなくって、ぽっかりと心に穴が開いてしまったようだよ。

ちょっと前にフィジーから里帰り中のT子さんとG君に会った時にも、あんなにしっかりしたG君だってまだまだおっぱいを欲しがっているんだもの、本当にまだ赤ちゃんみたいなCodyだったら、いつまでもあげ続ても平気だわ・・・と思って、おっぱいの大切さを再認識したばかりなのに。

昨日は平気だったのに、今日はちょっと張り気味の私の乳。

Codyが「もう要らない」って言っているのに、身体がどんどん作り出してしまっている様で・・・。

母の日のプレゼント♪
5月13日(日)

今日は言わずも知れた「母の日」でございます。

そしてそして、あの「感動のギフト」の中身を拝まさせていただける日でございます。



それでは、早速。


あの包みの中身を・・・。


じゃ~んっ♪
DSC06420.jpg


ドキドキの中身はモザイクのキャンドル・ホルダーでした~♪

そして早速キャンドルを灯してみると・・・

DSC06421.jpg


い~の?い~の?

母さんだけ、こんなにえ~思いしてほんとにい~の?
もう・・・一生の宝物です。嬉し~っ♪


興奮冷めやらぬ内、これを大事にバックに仕舞い込んで、じじ&ばばとランチの約束していたレストラン(って言っても例のクラブ)へ向かった。

で、もうガマン出来なくって、注文の品が来る前に二人に
「ほらほら、これっ。Codyから貰ったの、これだったのぉ~♪」って例の物を見せたら、「ばば」があっさりと

「あ~それね。その辺の激安ショップで2ドルもせんと売っとるよ」

って、そんなん、そんなん、

言われんでも分かっとるわ~っ!!

「安い割りにはキラキラして綺麗やよ」って、

おっ、お義母さん、結構ドライやし。
(注:念のために言っておきますが、この「ばば」のドライな発言は、あくまでもこのギフトはデイケアのおばちゃんが寄付集めに買ったものであると言う事実を前提に、私が支払った額が少なかった事を気にしていたので、品物自体は「あまり大したもの」ではないからそう気にすることはない、と言う気遣いの意味が込められている・・・と、賢い嫁である私は解釈しています。)

その時Codyはスヤスヤとベビーカーの中で寝ていたので、二人のそんなやり取りを耳にすることはありませんでした。

(注:しつこい様ですが、このエピソードはあくまでも「ネタ」ですので(事実なんですけど)、別に我々の中に「嫁・姑の確執」とかがある訳ではないので。あったらちょっと面白いのかも知れないけど・・・)

**************************

結局この日は食事の後もクラブに居残り、飲みながらおしゃべりしてゆっくり、ゆったりと過ごした。その後4時間も。

なっ、長ぇ~よっ!!

当然じじと父さんは「ビール」を飲む。
ばばはゆっくりとワイングラスを傾けていた。

そしてそして、飲まない私。
最初の1杯はカプチーノでお付き合い。
が、お代わり無料とかでない限り、お金を払ってまでしてそれほどコーヒーを飲む気にもならないので、以降、私が飲んでいたのは水。

じじ&ばば、父さんとクラブへ行くときはいつもコレだ。
1~2杯ならカプチーノの類も良かろう。
が、酒も飲まない、甘いジュースも大嫌いな私。
唯一お茶ならあらゆる種類大好きだけど、こんな所のお茶、あんな、お湯にティーパック浮かべて「ハイ、3ドル50セントです」みたいなのに金は出せん。

なので、水。

昔は唯一大好きな「トマトジュース」で凌いだ事もあったな~。
水って言うと「つまんねぇ奴・・・」「早く帰りたいのか・・・」と思わせてしまうので、「じじ」がビールを取りに行く度に「じゃあ、私はトマトジュースを」みたいな。

でも、あれも3杯が限界(って3杯も飲んでたのかっ!)。
胃の中が「トマトジュースだらけ」になって、お腹いっぱいになる。
当たり前か。

なので最近は無理せずに、正直に「水」をお願いする。

お昼寝から覚めたCodyは、我々がそんな風に飲んでいる時もずっとベビーカーの中で大人しくして、愛嬌を振りまいていてくれた。

無味無臭の水だけど、ずっとそうしてそのまま飲んでいたくなるくらいに、それを最高の飲み物にしてくれる程に愛らしいCody。
本当に見ているだけで時間が経ってしまう。

今朝からかな?
またTeethingなのか、やたらヨダレが増えてきて、両手の指を口に入れて歯茎をまさぐっている。
熱でも持ってきっと痛いのだろう・・・と、私が飲んでいた氷水をグラスごと渡したら、ジャ~っと自分の胸元にこぼしてしまった。
あらあら、最近は上手に飲める様になったと思ったのに。

半袖だけど着替えの服を持っていたので、すぐに着替えさせようとしたら、じじ&ばばが「大した事ないから、そのままにしておきなさい」と言う。その内に乾くから、って。
それ以外にも、ちょっと手が汚れたと言っては拭いたり、あまり食べないから・・・とあれやこれやカバンから取り出してCodyに食べさせている私を見て「ちょっと構い過ぎ・・・」と思われている様な気がしたので、ここは「じじ&ばば」の言う通りにしておいた。

なんか、嫌が予感がするんやけど。
風邪、ひかんといてね、Cody。


「母さん、ボクのプレゼント、喜んでくれた~♪」
DSC06395.jpg

もちろんよっ、一生の宝物です。ありがとう。
さようなら、おっぱい。
5月14日(月)


昨夜も上手くおっぱいなしで寝た・・・と思ったCodyだったのですが、夜中12時に突然泣き出して、どうにもこうにもならなくなりました。

仕方ないので抱っこすると、しっかと目を見開き「あっち、あっち」とリビングを指差し、向こうに連れて行け!と私に指示。

え~そんな事言っても、いま深夜12時、寝る時間なんだけど・・・。

しかし、そんな理屈は通用しません。

「あっち」って言っているのに知らんぷりして無視している私に激怒したCodyがさらに激しく泣き出します。

もう・・・しょうがない・・・。
ほんならちょっとだけやからね。


・・・。


結局彼は早朝の3時過ぎまで「トーマス」のビデオを見ていました。
薄暗い中、ソファに座り、何を言うでもなく、ただただテレビのブラウン管を見据えて。

んで、一通り満足したら大人しく再び寝てくれたのですが、次に起きたら何と お鼻がズルズル。

どうやら風邪をひいてしまったらしい。

あらあら。

父さんなどは潜伏していたんだろう・・・と言いいますが、私には昨日あの「びしょ濡れで放置」が原因と思えて仕方ありません。

ばばに言うと「へぇ・・・あんな事で風邪ねぇ・・・」と不思議な顔をしていましたが、私からすると「あれで風邪ひかんで何で風邪ひくねんっ!!」って感じ。これも生活習慣の違いの一つ??


鼻水ズルズルに加え、今回はちょっと元気もない様な気がします。
辛いのに、彼なりに必死に耐えている感じが伝わってきて、こんな時に限って「おっぱい」もないし・・・と思うと、とても切ない。

Codyの卒乳を受け、私のおっぱいも3日間吸われずにいたらさすがにちょっと張り気味になっていた。

なので昨夜Codyが深夜のトーマス鑑賞をしている間、私が何をしていたかと言えば、

キッチンでコップに乳搾り。

気持ちが良いほど、シャーシャー出たわ。

そしてその乳を・・・やっぱり味見したくなってちょびっと飲んだ。

そしたら予想通り不味かった。

あの自慢の「すっきり爽やかな喉越し」がまったくなく、べったりとした乳脂肪が舌にまとわり付く感じ。
そーいや見た目もいつもよりドロっとしてるし、あの「ほのかな甘さ」が全くない。

そう思うとその不味い乳がだんだん憎らしくなって、身体から毒でも出すかの様にガンガン絞った。それぞれから150mlづつ出たかな。

そしたらいつの間にかおっぱいはぺっちゃんこ。
元の超・ド貧乳に戻っていた。

Codyを出産して以来、どんどん崩れていった私の体型。
元々そんな大したもんじゃないけど、とにかく以前にも増してひどくなった。

そんな中、唯一「ちょっといい感じ・・・」とうっとり出来ていたのが、急に現れた「胸の谷間」だったのに。

以来それまで着れなかった「大胆に胸元が開いた服」も前より似合う様な気がして、堂々と着れていたのに。

なのに、なのに。

豊乳よ、さようなら。
悲しみよ、こんにちわ。


ま~そんな事はともかく、Cody、早く良くなれ~。
おっぱいなしで、がんばれぇ~っ!!
母さんもダウン。
5月17日(木)

月曜日から風邪ひきのCodyに続き、昨日から私もダウン。

なので昨日の図書館もお休みしたし、たぶん明日のプレイグループも行けなさそう。

もうおっぱいをあげる事もないし・・・と普通の風邪薬を飲んでいるのだけど、そしたら急にCodyが「ぱーい、ぱーい」と再びおっぱいを欲しがり出した。もちろんそんな、薬漬けの乳はあげられない。

なんか、タイミングがいいような、悪いような。

もともと本人が欲しがれば、2歳ぐらいまで授乳し続けるつもりだった私。だからCodyが「もっと~」って言うんなら授乳を再開してもいいくらいに思う。
卒乳した子に、「あの感覚恋しさ」に再び乳をやり始める親っているのかな?そーゆーのって、子供を混乱させるだけ? だよね。

私、もうちょっとであげそうになった。
薬飲んでなかったら、絶対あげてたな。



外を歩く体力がなかったので、今日のお散歩は家の前でガマンしてもらった。

外に出ただけで嬉しいCody。
DSC06398.jpg

今日も階段は慎重に。
DSC06424.jpg

よいしょ。
DSC06426.jpg

こらしょ。
DSC06428.jpg

さあ出来たっ。
DSC06429.jpg


地面までたどりつけばこっちのもの、とそれから先は早い、早いっ。

こらっ、待ちなさいっ!
DSC06411.jpg

どう?この嬉しそうな顔っ。
耳鼻科へ行きたい。
5月19日(土)

久々にこいのぼりの様子を。
DSC06457.jpg

今日は久しぶりに風が出て、気持ち良さそうに泳いでいた。
これは、夕方、家の中から撮った写真。
庭に面した窓が大きいので、こいのぼりの様子はリビングからもキッチンからもよく見える。


今日も体調思わしくなく、ずっと家で休んでいた。
唇もピリピリしてきたので、明日ぐらいにはヘルペスが出そうな予感。


私がこんなでも子育てには休みはなく・・・
DSC06430.jpg

彼なりにおどけて私を元気づけてくれてるらしいのだが、
DSC06434.jpg

今の私には笑う余裕すらない。

あぁ、鼻水が止まらない。
航空券買ってでも、日本の耳鼻科に行きたい。
私の風邪は、耳鼻科にさえ行けば1発で治るのに。
シドニーで鼻の洗浄と吸引をしてくれる所、どなたか知りませんか?
自作自演。
5月21日(月)

今日はママ達とメリーランドのお気に入りの公園でピクニックの予定だったのに、風邪を引き出してからもう6日目なのにもかかわらず、まだ調子が悪く、いや、悪いどころかやっぱり昨日からあの「ヘルペス」も現れて、もう最悪で、今日も家に引きこもり。

Codyもつまらなかろう、ゴメンね。

今日は父さんがお休み(と言っても朝からずっと出かけっぱなしで、昼にご飯だけ食べに帰ってきた)だったので、昼ごはんの仕度とか何とかで、Codyと遊んでやる時間が少なかった。

そんな彼。母さんの気を引きたい時に、仮病を使う。

足が痛くなるらしいのだ。

こんな風に。
DSC06467.jpg


あれ、まあ。お若いのに痛風ですか?

私がキッチンで忙しくしていると、私の後ろで「痛い、痛い・・・」と始める。

いつも。

で、私が「そんなウソついてもダメ。ぜんぜん痛くないよ」と言うと、諦めてどこかへ行ってしまう。

この「母さんの気を引く」作戦に今日、新しいパターンが登場した。

最近は「ウォーター」と上手に言える様になった彼。
喉が渇くと「ウォーター、ウォーター」と言って、水の入ったボトルを探す。

今日も私がキッチンで何やらしている最中に、テーブルの上に置いてあったボトルを指差し、「ウォーター」と言ったので取ってやったら、嬉しそうにしてチューチュー吸いながらリビングへと去って行った。

と思ったら、その1分後にまた背後で「ウォーター」。

あれぇ、だってさっきボトル取ってあげたでしょう・・・?と振り返ったら、さっきと同じ様にテーブルの上にボトルが戻っている。

それを指差して「ウォーター」。

私の気を引く為の、自作自演。
自分でボトルをわざと届かない様な高い所へ戻し「母さん、あれ取って」と言うのだ。

これには大笑い。
そこまでして私の気を引きたいのか。
彼の気持ちがよく分かったので、さすがにちょっと料理の手を止めて、しばらく一緒に遊んでやった。

私だって、家事そっちのけでずっとCodyと遊んでいられたらどんなに楽しいか・・・て思うよ。
でもね、なかなかそんな訳にもね・・・。
怒り時。
5月22日(火)

子供って「一人で静かに遊んでいる時」が実は一番怪しいのよね。

あら、随分大人しくいい子にしてるわねぇ~なんて思ってたら、

ほれ、こんな風にティッシュが満開だったり、
DSC06449.jpg


ミューズリーをカーペットに撒き散らしてポリポリ食べてたり。
DSC06464.jpg


こんな光景を見つけた時、本当は怒らないといけないの?
父さんは私がちゃんと怒らないからダメなんだ!と言うけれど、これの一体何に対して「いけない」と言うべきなのかなぁ~。

ティッシュの箱がそこにあった。
引っ張ってみると1枚出た。
どんどん出したら面白かった。
その辺に撒き散らすととてもキレイ。
夢中でやっていたら母さんがやって来た。

ほら、母さん。こんなにたくさん。キレイだねっ♪
DSC06472.jpg


などとCodyは思っているかも知れないのに、ここで

コラァ~っ!!

と頭ごなしにやるのもいかがなものか?と。

いや、もうちょっと大きくて聞分けのある子になら話して聞かせるよ。
でも、Codyにはまだ分からんでしょ?

ミューズリーのばら撒きを見つけた時も、わたしは「これ、おいしいね」と一緒になってカーペットに座り、拾ってポリポリ食べた。

ここで本当はガツンと言っておくべきなのか?

最近、この「怒り時」がよく分からず困ってしまう。
何でも「ダメ、ダメ」とは言いたくない。
かと言って何でも「やりたい放題」にされてもたまらない。

天真爛漫で伸び伸びとした自由な発想を持ちつつも、分別のわきまえたお行儀のいい子に育って欲しい。

そんな時、どうすればいいのかな?
わたしって、贅沢?

子は親の鏡って言うし。
私の後姿を見て育てば、大丈夫かな?な~んて。あははぁ~っ。
お買い得の品。
5月23日(水)

私の体調はまだまだ本調子でないけれど(歳だからか回復が異常に遅い)Codyはだんだん元気になってきたし、そう家にばかりいてもつまらないので、今日は頑張って図書館へ行き、久々の社会復帰を果たした。

鼻が詰まっていてぜんぜん臭いの嗅ぎ分けが出来ない私。
Codyがウンチをしても全く分からない。
ビンちゃんに「誰か臭ぇよっ」と言われやっとおむつを替えてやったりするダメ母ぶり。

舌もおかしくて味が分からないので大好きなカプチーノも欲しくならない。頭もずっとボーっとしていて、皆との会話にも適当に相づちのみ。

ママ達とのお茶も今日は早めに切り上げて、家でゆっくりしようと思っていたけど、久しぶりのショッピングセンター。ちょっと偵察しておこう!と一人になってウロウロしていたら、

見つけたわよ、奥様っ♪

掘り出し物をっ!!


ずっと欲しかったお庭に置く滑り台。
DSC06460.jpg


これ、なんと15ドルざんすのよっ。

ほれっ、Codyも大喜びっ♪
DSC06462.jpg


最後の1つだったので即購入を決めたのだけど、それはそれは大変な思いをして一人で運んで来ました。

話せば長くなるので、なるべく簡単に書きますが・・・。
何しろベビーカー連れやし。
レジのところまでたどり着くのにも汗だく。
親切な人が私のすったもんだする姿をみて、ショッピングカートを持ってきてくださり、とりあえずそれにこの「自分の身長」ぐらいある滑り台のパーツが入った箱を乗せ、右手でベビーカーを押し、左手でカートを押し・・・

レジの人に「今は支払いだけして、品物は後から取りに来ますから預かっておいてください」と懇願するも、「こんな大きなのは迷惑やから・・・」と断られ、「お取り置きコーナー」に相談する様に言われる。

そんな・・・「お取り置きコーナー」はレジからは全く正反対の場所にあるし、またコレを押して店の端から端まで行かなきゃいけないの・・・?と失望していた所に救世主現る。

さっきバイバイしたカイリーとエリーンがお買い物を済ませ隣のレジに並んでいるのを見っけ♪

「ちょっとぉ~、お願いっ!すぐに戻ってくるから、Cody見ててぇ~」

そう叫んで私はCodyをその場に置き去り、カートを押してパーキングへダッシュ。そのままでは箱がデカ過ぎて入らないので、箱をつぶしたり、中のパーツをばらしたりして、本当に大変な思いをしてやっと車に全て積み込み、Codyの元へと再び走って帰った。

ふぅ~。母親やるって本当に大変だわ。
でもこれも、すべてCodyの喜ぶ顔見たさなのよね。
あなたの為なら何でもやるのよ、母さんは、うふふっ。

そしてこれがまた組み立てるのもかなりの力仕事で、病み上がりの私には結構堪えたが、そんな事を「一人じゃ出来ないから、あなた、やってぇ~♪」などと父さんに頼んだりする私ではない。

おりゃぁ~、おんどりゃぁ~。これでどうやぁ~っ!!

力づくで組み立てて、

こうして楽しい親子のひと時に漕ぎつけたのでした。
DSC06468.jpg

うんうん、そっちは登る方じゃないけど、楽しいんならいいよ、好きに遊んでくれっ!キミがやりたい様に遊んでくれっ!

今日は頑張って出掛けた甲斐があったわ。
いい買い物が出来て、満足~。
どうして分かってくれないの?
5月24日(木)

日本人プレイグループの日。

今日も私の鼻は壊れた水道の様に出っ放しだったけど、まあ2時間だけだし、行けばCodyも楽しかろう・・・と頑張って出かける仕度をする。

出掛けにちょっと「本日の当番の確認を・・・」とお当番表を見て愕然。

だって、だって、そこには「クラフト担当=」となっていたんだもの。

えぇぇ~っ??

今日、あたしがクラフトなの~っ??

いつもは前もって何度もチェックするのに、そんな時に限って何の当番でもなくって、今日みたいに「確か何も当たってないはず・・・」と余裕をカマしている時に「大当たり」している最悪のタイミングなあたし。最低ぇ~っ!

何度も何度もその表を見たけれど、段が一段ずれていて「私」に見えるけど実は他の人の名前にたどり着くのでは・・・?と指でなぞってみたりしたけれど、紛れも無く今日のクラフトはになっていた。

適当に家にあった工作材料を袋に詰め、とりあえず家を出る。
とにかく行かないと!

遅刻しつつプレイグループに着いてもCodyはずっと放ったらかし、他のお母さんともおしゃべりなし、もちろん楽しみにしていたお茶とお菓子を味わうヒマもなく、ずっと黙々とクラフトの下準備をして・・・

なんとか11時のクラフトの時間までに間に合わせ、

こんなショボい、ストローペンダントを皆で作ろう~♪
DSC06481.jpg

(これは私が作った見本。今どき3歳児でも書かない様な陳腐なお花の絵を描いているあたり、その時の私のてっぱり具合を良く現していて笑える・・・って言うか、笑ってくれっ!!)

と言う事にしてお茶を濁し、なんとか難を凌いだ訳でして・・・。


出だしでバタバタしてしまったので、その後もお母さん達との話に集中出来ず、何だかとても嫌~な疲れ方をして、今日はもうぐったり。

***************************

夕方、理由はなんだったか忘れてしまったけど、ちょっとCodyを怒ったらスゴイ勢いで逆ギレされ、床に寝転がって泣きじゃくる彼。

最近彼の「自我」というのか「わがまま」にちょっと振り回され気味な私。「イエス」「ノー」がはっきり言えるようになり、自分の要求をちゃんと母さんに分かってもらえる様になってきたので、逆に「欲しい」と言った物がもらえなかったりすると本当に大暴れ。

自分の頭やテーブルをバンバン叩いたり、拳を口に入れ噛んだり、両手で口をふさいだり、とにかくやり場のない「怒り」みたいなのを持て余して大泣きする。

もう少し大きくなると、どうして母さんが今「ノー」と言ったのか、言って聞かせれば分かるようになると思うのだけど、今のCodyには話してもダメで、今日も「母さんに意地悪された・・・」と思って

さんざん泣いてふてくされている彼。
DSC06476.jpg


一体いくつぐらいになると、意地悪でやっているのではないと分かってもらえるのかな?
次から次へと・・・。
5月25日(金)

午前中は近所のプレイグループへ。

他のお母さん方からも
「本当にCody君は最近しっかりしてきたわねぇ~」と声をかけてもらえるくらいに、一人でも平気になってきたCody。
ちょっと前までは私の姿を追ってばかりだったのに、今ではフラフラ一人で歩き回って何やら忙しそうにしている。

今日のクラフトはシール張りだったのでCodyのツボにはまったらしく、得意の「モア~♪モア~♪」を連発して、ひたすらシールを貼り続けたりした。


車のないエリーンちゃんとジェラルドを家まで送った後、向かった先はKマート。

あ゛ぁ・・、また買い物ですか?あなた・・・。

だってだって、前からCodyに買ってやりたかった「お水でお絵かきが出来るやつ」がセールで半額だったんですもの。

これ。
DSC06479.jpg


お友達のコーディー君の所にはこれのトーマス版があって、前から羨ましいわ・・・と思っていた。
でもトーマスのは高いし、ノーブランドの類似品でガマンしよう・・・と思っていたのだけど、それでも40ドル。貧乏人の私には、それでもちと高いと感じた。

ところがそれが今週のセールで半額に。
迷わず買っちゃったわよ。

ほらほら、Codyだって喜んで遊んでいるし。
DSC06477.jpg

とにかく汚れないから母さんとしては大助かりよね。

私、最近買い過ぎかしら?
一昨日の滑り台に続き、また予定外の出費。

他にも買ってやりたい物は山の様にある。
トーマスのDVDとかプレイジムとかトランポリンとか。

Codyの成長につれて、欲しいものがどんどん増えていく。
今からこれじゃ、本当に先が思いやられるわ~。
好き、好き、大好き、すき焼き~♪
5月28日(月)

長期に渡るアイルランド・ファミリー里帰りで、なぜか気分はすっかりマドモアゼルらしいお友達のふうさんが、帰国後間もなく時差ぼけでフラフラだと言うにもかかわらず、過去の「おでん」、「キムチ」に引き続き、またまた在豪日本人にとっては幻&夢のメニューって事で、
今回は「すき焼き」を振舞ってくださった。
(注:あっ、一応食材費は割り勘です)

ふうさん、最高~♪

すき焼き、最高~♪DSC06502.jpg


お肉が軟らかくって最高~♪
キノコ類たっぷり、いいお味が出ていて最高~♪
(シドニーに来て初めてえのき茸を食べた。だって1つ、3ドル以上するんだもん。日本の3つで100円が恋しい~っ!)

いやいや、今日もまたエエもん食わせていただいた。

そんで、次回はいつで何を??
モツ鍋と言うウワサあり。う~ん、ぴったりの季節やし~。

ふうさん、本当にいろいろお世話ありがとう。
もう、足向けて寝られません。


今日も3時まで昼寝なし、朝からオムツも替えてもらてない可哀想な我が子。
DSC06484.jpg

最近ヨダレが増えて、またヨダレかけのお世話になってる、いつまでもベイビーちっくな彼。

ベイビーな割りにはちょっと色気も出てきたのか、本日のメンバー・かよさんの長女:みやかちゃんにチューをしては、嬉しくって一人で大絶賛の拍手喝さいをしていたなー。

そんでもって普段なら赤ちゃん大好きっ!なのに、どうも今日はみやかちゃんに心を奪われっぱなしで、せっかくMink様の産まれたばっかりのべビちゃんにご対面出来たと言うのに、頭の上をチョロチョロ歩き回って、踏みそうになって母さんをハラハラさせてくれたね。

Mink様は生後間もないべビちゃんのお世話、かよさんはみやちゃんと弟君のかい君のお世話、ふうさんは我々全員と食べ物のお世話、もう一人のメンバー・りかさんはさすが気を利かせてまだ小さいMinkべビちゃんやかい君を抱っこしたりしてやっぱりお世話していたと言うのに、

私は・・・私は・・・

そんな赤ん坊達を抱っこしてあやしたりする事もせずに、

ただただすき焼きを食いまくっていた。

きっと他のみなさんは、

「オメェ、食ってばっかりいねぇで、手が空いていたら子守りぐらいしろよっ!!」と思っていらっしゃったに違いない。

言い訳。

いやね・・・、私は赤ちゃんは大好きなんです。
見ているのは。

でも、どうしても抱っこできないの。
怖いのよ。あまりにも繊細すぎて、壊してしまいそうで。

Codyが産まれた後もそれは変わらず。
やっぱり抱っこ出来ないわ。

1歳ぐらいになるとしっかりしてきて問題ないんだけどね。
赤ちゃん赤ちゃんしている赤ちゃんは、どうしてもダメ。

だからって言って、他にも「すき焼き」の世話する・・・とか、出来ることはいっぱいあったんだけどね。

要するに気が利かないし、食い意地が張ってる。
それだけの事なんだ。

あ~、我ながら情けないわ。
マイカットで節約するも・・・。
5月29日(火)

週に1度の事なのに、とてつもなく早いサイクルでやって来る様な気がする。

また、デイケアの火曜日だ。
ほんと、1週間って早いわー。

着替えさせて、朝ごはん食べて、ちょっと遊んだらもうお昼。
お弁当作って、出かける準備して・・・

うん、やっぱり「預ける日」の方が、普段より忙しい。

今日も、行く前にどうか少しでもお寝てくれ・・・と言う私の淡い期待も虚しく、お昼寝なしの状態でデイケアへ。

今まではCodyが何かに気をとられている内にこっそり帰ってきていたので、割と彼もケロッとしていたようなのだが、

今日はお母さん「バイバイ~♪」って言ってみてください。

と言われ、「えっ?マジで?」って思ったけど、なるほどそういう練習も必要なのか、と真に受けて

「バイバイ~♪」ってやったら、

もう、何て言うんでしょう。

まるで捨て子で置き去りにされたみたいに、慌てふためいて
「ママァ~っ!!」と絶叫して泣いたCody。

あれあれ?
私は別にCodyをこんなに悲しませる為に、ここへ連れて来ている訳ではないのだけど。

しばらく心配でドアの外で様子を伺っていたけれど、その内に泣き声も聞こえなくなったので、そろそろと家路に着く。

今まではスーパーで買い物したり、片付いていない家事を済ませたり・・・と、何となく何もしない内に過ぎていってしまっていたこの貴重なフリータイム。

今日は絶対にもっと有効に使ってやろう・・・という事で、久々に

美容院へ行くつもりでいた。

トップが伸びきってしまって重たい印象になっていたから、ちょっと軽くして欲しかった。

家に帰り美容院に電話。予約のついでにカット&ブローの値段も確認。

ちょっと前までは25ドルでやってくれていた。
だから、安いから、下手でも何度か行っていたのに。

それなのに・・・今日は50ドルです・・・って言われた。

なので美容院行きはキャンセル。セコっ。

で、突然思いついて、風呂場で自分でジョキジョキやってみた。
キッチンばさみで切ったので、なんかガタガタになったけど、

まーまーいい感じ。
なんや、自分でこれだけ出来るんやったら、もう美容院なんか行かんでもいいわ、とさえ思ったので、私も美的感覚もそうとうやられている。


ちょっと髪が短くなって気分も軽やかにCodyをお迎え。

そーっと様子を伺うと、

彼はこんな風にして本のページをペラペラとめくっていた。
DSC06503.jpg
望遠なのでボケボケですんません・・・

彼も気配を感じたのでしょう。
ふと顔を上げ、私と目が合う。

そして、再びページをペラペラ・・・って、

おいおい、母さんのこと、完全に無視ですかっ!!

さっきは「ママ~、ママ~」ってあんなに泣いていたくせに。

聞けば彼はあれからすぐに泣きつかれて寝てしまい、それから2時間起きなかったそう。

って事は、私がキッチンばさみでチョキチョキしてワカメちゃんになってまでして節約している時、

キミは、15ドル払って昼寝をさせてもらっていたのだね。

なんかイマイチ解せんきもするが、まー、きゃわいいから許しちゃう。
マーガリン狂。
5月30日(水)

午前中は図書館へ。

今日は久々に30分の間、輪の中で過ごしてくれた。
やっと「ウロウロしたい時期」のピークを越えたか?

**************************************

めでたく卒乳を迎えたCodyにとって、現在1番のお気に入りは何と
マーガリン。

私が父さんの弁当にサンドイッチを作っている時や、夕飯のマッシュポテトを作っている時、あのマーガリンの容器をチラッとでも目にしたら最後「くれっ、くれっ」ともう最高にうるさい。

で、仕方がないのでスプーンに少し取ってあげると、これやから。
DSC06509.jpg


もう嬉しくって嬉しくってとんでもない「アホ面」して食べる。

ほらね。
DSC06504.jpg

DSC06505.jpg

DSC06506.jpg

DSC06487.jpg
アップしてから気が付いたけど、アホ面のヅはじゃなくてやったね、もう面倒くさいからそのままで。
欲しいからって「マーガリン」なんかを食べさせる私も私やけど、まーちょっとやから。あげないとうるさいし。
これも栄養のうちと思ってる。オメガ3も含まれてるし。

このマーガリン好きでちょっと困るのは、サンドイッチを食べないという事。

彼にサンドイッチを渡すと、まず両方のパンを広げ、中にマーガリンが塗ってあるかを確かめる。
もし塗ってなかったら、そのサンドイッチはゴミ
塗ってあったら、そのマーガリンだけを指でそぉ~っとこそげて食べておしまい。

もう少し大きくなって、例えば一人で冷蔵庫を開けられる様になったりしたら、夜中に起きて、台所でこっそりと

ぺロリ~、ぺロリ~とやったりするのかな?

想像するとちょっと怖い。
男になりたいっ!
5月31日(木)

今日は、もてなし上手&子育ても愛情たっぷり、母さん憧れのコーディーママにお誘い頂いて、またお昼をご馳走になってきた。

すごいの、すごいのよ。

だって、子供達にはコレ。
DSC06538.jpg



そして大人たちにはコレ。
DSC06544.jpg



家では有り得ない可愛い盛り付けで、Codyも大喜びっ♪
DSC06514.jpg


素敵なママを持つコーディー君にちょっと嫉妬してみたり。
「キミはいつもこんなに素敵なご飯を食べさせてもらっているのかい?」
DSC06539.jpg


そんな素敵なご飯でも、遊びたい盛りの子供達。
5分もじっとしていたらいい方で、すぐにお外へ飛び出して思い思いに遊び始める。
DSC06543.jpg


あれっ?一人足りないよ?

そう、Codyを除いては。

彼はずっとこれやから。
DSC06518.jpg


他の3人はカメラのシャッターを切るたびに移動しているのに、
DSC06542.jpg

DSC06541.jpg


ふと我が子に目をやれば、彼はさっきとほとんど変わらず。
DSC06540.jpg


優しいコーディーママはそんな彼の事を、「集中力があるのよ~♪」と褒めてくださるが、私に言わせるとただドン臭いだけ。

どのくらいドン臭いかと言うと、

これくらいドン臭い。
DSC06523.jpg


そんなCody。彼なりに自分の力量みたいな物は分かっている様で、自分より大きな子、強そうな子にはあまり近寄らない。

だから赤ちゃんが大好き。
そして自分よりちょっとでも小さな子を見ると、得意げに
「ババっ、ババっ♪」(ババ=赤ちゃん)と指差して喜ぶ。

そこで私はいつも「あんたがババやろが、未だにヨダレだれだれやし」と突っ込む。

今日も4人の中で一番やさしい雰囲気を醸し出しているかいと君に興味津々で、初めからずっと熱い視線を送り続けていた。

が、そんなCodyに異変が。

みんなの中で一番わんぱくな、ハリーさん(さん付けが一番合う)にちょっとした憧れを抱いたらしく、後半は彼の後を追い掛け回していた。
(って言ってもそのスピードに付いて行けず、いつも置いていかれるのだけれど。)

こんな光景に出くわしたよ。

DSC06547.jpg

DSC06545.jpg

「オレを男にしてくらさいっ!」
DSC06524.jpg

DSC06546.jpg


な~んてやり取りでもしてるのかな?なんて。


自らプレイグループを主宰されているだけあって、コーディー君のママは本当に子供を遊ばせるのが上手。

初めは室内で。
ごはんが終わったらお外。
ちょっと疲れたらDVDを見て休憩。
そしてまた汚れてもいい様にお外のテーブルでお絵かき・・・。

もう完璧に子供の心を掴んでいるわ。
お陰でCodyも昼寝すっ飛ばし、絶好調で遊んでいました。

そして掴んだのは子供達の心だけにあらず。
私もあのウマウマテールスープに心奪われ、帰りに早速テールと大根を買い、伝授していただいたレシピで今夜の夕飯にしてみた。
(残念ながら私のそれはコーディーママのおいしいスープとは程遠く、父さんにもあまり好評を得ませんでしたが)

あ~、今日もおいしく楽しい一日だった。
Codyもお砂場で砂だらけになって本当に楽しそうだったし。

コーディーママ様、いつもどうもありがとう。
たまには我が家にもご招待しないとね・・・。

家にはあの滑り台しかないのだけど。
今度来てくれるかな?

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。