オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳半のボク。
3月1日(木)

Codyが今日で1歳半になりました。

今朝のCody。
DSC05647.jpg


朝食に食べているのは、母さん特製の「ライスクリスピー」。
便秘に効くらしいのになかなか食べてくれなかった「マルツエキス」を何とか食べさせようと、これまたぜんぜん食べてくれないので大きな箱のまま余ってしまい困っていたライスシリアルと組み合わせて「シリアルバー」を作って見たらこれが大正解!で、気に入ってくれています。

昨日から食べさせているのですが、早くも効き目が現れたのか、今日ひさびさに「自力でウンチ」をしました。
最後に「自力ウンチ」をしたのは1月21日ですから、なんと1ヶ月以上ぶりの快挙です。

めっちゃ嬉しいわぁ~。


話がそれましたが、この時期は日本だと「1歳半検診」とかであれこれと成長の具合を見られるのかな?

こっちはそんなのあまり気にしないから、親としては気が楽かも。


でも忘れない内に、最近のCodyの様子を記録しておかねばね。


・食事
ここ数日で急に食べ出した。
相変わらず白ご飯が一番好きな様だけど、今までは吐き出していた混ぜ物系(チャーハン、ひじきごはんなど)を少し食べてくれる様に。
どうしても力が入りすぎてしまい、いつもぐっちゃぐちゃにしていた一口サイズのおにぎりを自分で掴んで食べられる様になった。
まったく食べられなかった野菜の中で、トマトだけが大好物に。
イチゴ以外の果物もほとんど食べなかったのに、最近はキウイ、バナナ、ぶどう、スイカ等を吐き出さずに食べる様になった。
嫌で嫌でたまらなかった「食事の時間」が楽しみに変わった様で、時間になると早く食事用のイスに座らせろ!と私におねだりする様に。

・睡眠
2月4日に「夜間断乳」を決行して以来、あれだけ頻繁におっぱいに起きていたのがピタリと止まった。
今は、1度も泣かずに1晩中ぐっすり寝る事がほとんど。
泣いたとしても数分で泣き止み、自力で元の眠りに戻っていく。
たまに泣き止まない時があるが、1度の授乳のみで朝までぐっすり。
寝る時間もずっと遅かったのが少しづつ早まって、最近は9時半前後。
起きる時間もそれに合わせて修正され、8時には起きる様になった。
こんな素晴らしい事尽くめなら、もっと早くに「夜間断乳」しておくんだった・・・と今になって思う。

・あんよ
遅かったあんよ。
ようやく安定して歩けるように。
とにかく歩くのが楽しい様で、用もないのに家の中をウロウロと歩き回っている。
今までは四つんばいになって手をつかないと起き上がれなかったのに、最近はしゃがんだ状態から足の力だけで立てる様になった。

・言葉、表現
首を横に振って「いらない」と意思表示する様になった。
主に食事の時、もう食べたくない・・・と言う意味で使う。
「嫌だ、No!」の意味ではないらしい。

欲しかった物をもらえなかった時や取り上げられた場合などの「嫌だ」を表現する時は、泣きながら「バイバイ・・・」と言う。
つまり「バイバイしたくない」って事らしい。可愛い・・・。

面白く無い時や思い通りに行かない時は、周りにいる人を引っ掻く。
(特に私を)

イライラする時は軽く噛む。(物や自分のみ)
積み木を上手く積めないと、その積み木を噛む。
何か出来なくて自分にイライラすると、自分の腕を噛む、など。

抱っこすると必ず、どこかを指差して「あっち行け、こっち行け!」と指示する。

何でも指差して私に名前を言わせ、物の名前を知りたがる。

「チューして!」と言うと音付きで「チュッ」、機嫌がいいと何度も「投げキッス」(もちろん音付き)を連発。

どこかにぶつかると「痛い、痛い」と言って、そこをバシバシ叩く。

「痛いの痛いの飛んで行けぇ~」とやると、飛んでいった先をみて「ゴーン」(行っちゃったの意)と言い、律儀にも飛んで行った「痛い痛いさん」に泣きながら「バイバイ~♪」と言う。

アルファベットの「A」「C」「O」だけははっきり言える。
数字の「エイト」も。

理解する言葉は日に日に増えて行っているけれど、言える言葉となるとまだまだ少ないみたい。

最近の新しい言葉は、「アップル」「プルーン」「チーズ」など。

「ダダ(父さんの意)」「ポップ(じじの意)」「ナナ(ばばの意)」ははっきり言えるのに、いつまでたってもいくら教えても私の事は「ママ」あるいは「マミィ」と呼んでくれない。
私は側にいて当たり前で、特に呼び名などは無いらしい。

ドアの閉まる音が大嫌いで、私の姿が見えない状態でその音がすると、一人置いていかれたと思うらしく、必ず大泣きする。

・お遊び
積み木が大好き。でもあまり上達してない様な・・・。
本も大好きで、暇さえあれば「読んでくれ・・・」と次々持ってくる。
ボールも大好き。いつも両手に持つ。
今もなお、パピィが手放せない。
散歩も大好き。外にいさえすれば機嫌がいい。
最近は手を引いて、一緒に歩いて家の前を散歩する事も。
他所の家に行きたがるので困るが。

などなど、思いつくままに挙げてたらきりが無いよ。

どうです、ボクちん、いい感じでしょ。
DSC05616.jpg

当たり前だよ、あはっは~。
DSC05623.jpg


スポンサーサイト
気が付けば独り。
3月2日(金)

ローカルのプレイグループの日。

結局いつものママ軍団からは私も入れて5人参加する事になり、人見知りしがちな私には非常にやり易い展開になった。ラッキー。

だんだんと「あんよ」がしっかりしてきたので自分にも自信がついてきたのでしょうか。今日のCodyは、みんなの中に入っても私の姿を追うことなく、一人でウロウロしながらもそれなりに喜んで遊んでいる様子でした。

でも前回同様に一番楽しかったのは「モーニング・ティー」の時間だった様で、

顔つきからして違うもの。
DSC05658.jpg


しっかりギャルの隣に陣取ってお菓子なんかを分けてもらい
DSC05671.jpg
まんざらでもないご様子。

ちょっとちょっとぉ~。鼻の下、伸びとるんちゃうん??
DSC05672.jpg

もしかして、ボクにちょっと気があるのかなぁ?
DSC05674.jpg

そうだ、きっとそうに違いないぞぉ~!
DSC05675.jpg

そうこうする内に、

気が付けば独り~
DSC05678.jpg

お友達はとっくに食べるのを終えてまた遊び始めているのに、

Codyだけは、一人ずっとテーブルを離れないのでした。
DSC05669.jpg
ほんと、よく食べる様になったわ~。

あんまりガツガツすると、家で何も食べさせていないみたいじゃんか。
恥ずかしいから止めてよねっ!などと思いつつも、実はそんな我が子が頼もしく見えた母さんでありました。
やっとここまで来たのねぇ~、私たち。
Codyと二人で。
3月3日(土)

今日は「ひな祭り」ですね、日本だと。
こちらでは、ただの暑い土曜日でした。つまんねぇ~。

女の子がいるなら、私もこんなのとか作ってお祝いするのかも知れないけど。
5月5日の「子供の日」には、何かしよ~っと!
ちなみにこの弁当ブログ、とにかくスゴイの一言。見てみて~!!

ここの所比較的涼しい日が続いていたので、今日の暑さは堪えたわ。

1日中エアコンガンガンの家の中で過ごし、仕事から帰った父さんと一緒に夕方からCodyをプールへ連れて行ってあげようと思っていたのに、奴は私とCodyより「じじ」の方を選び、さっさと一緒に飲みに行ってしまった。

しかも、晩ご飯もいらないから・・・って言い残して。
少しでも長くいたいんでしょうよ。

ご飯作らなくっていいのは楽でいいけど、家族の時間を出来るだけ多く持ちたい私としては、そんな父さんの好き勝手な行動にちょっとムカついたりする。
まぁ、飲みに行くのは毎週の事だからもう諦めているけどさ。
せめてCodyも連れて行ける方のクラブにしてくれると良かったのに、今日行ったクラブは子供の遊び場が無い方のクラブ。
じじぃばっかりがウヨウヨいる所だ。何が面白いんだろ、そんな所。

その後は意地になり、Codyと二人でプールに行き涼しい午後のひと時を過ごし、帰りにもサービスしてちょっと気になっていた近所の公園に立ち寄って二人で遊び、父さんがいないので夕飯は簡単にオムライスにして二人で楽しく食べた。

そして父さんが帰宅。
自分だけ飲みに行った事に多少の罪悪感を感じている父さんは、ホロ酔い気分も手伝っていつもより饒舌になり、なんだかくだらない事をぺらぺらとしゃべってくる。
それに適当に返事して、Codyをお風呂に入れたり、着替えをさせたり。あたしゃ、いろいろ忙しいんだから。

父さんだって汗水流し一生懸命に仕事して私達の生活を支えてくれてるんだから、こんな風に考えちゃいけないとは思っても、ついつい何か、私一人でCodyを育てている様な気になってしまい、ムカついた。

そんな気持ちが自然と態度に出てしまうのでしょうね。
明日は家族サービスするから・・・と言って私のご機嫌を取る父さん。

本当だね?聞いたわよ、その言葉。
いつもみたいに庭で1日過ごしたら、タダじゃぁおかねぇぞっ!


プールの後、近所の公園で。
DSC05680.jpg

浅~い段だけど、慎重にそぉ~っとそぉ~っと下りてます。
DSC05682.jpg

よいしょ、よいしょ。
DSC05683.jpg

あ~出来たっ♪
DSC05684.jpg

こんな可愛い息子を置いて、飲みに行くなんてねぇ・・・
DSC05686.jpg


プール2日連続よ。
3月4日(日)

昨日の父さんの話では「今日はたっぷり家族サービスを・・・」のハズだったのに、フタを開ければやっぱり朝から庭の芝刈りに精を出し、気が付いたらお昼になっていた。

まぁ、ここんところの雨で確かに芝も延び放題だったんだけれども。

午後からは約束通り家族でブルーマウンテン方面にドライブに行き、友達一家と合流してスプリングウッドのプールに泳ぎに行った。
今日も暑い1日だったので、水の中にいるだけで超シアワセ~♪
プールが大好きなCodyも、連日のイベントに大喜び。
手すりのある浅いプールで行ったり来たりして、なんだか腰痛持ちの老人のリハビリみたいな事をずっと繰り返していた。

そして帰りの車の中では、Codyより先に寝てしもうた私。
家に着いてもまだ寝たりなくて、ソファでグースカやってしもうたし。

こんなダラしのない私をみて、父さんもかなりムカついているに違いない。これでお相子じゃあ~。


ところでもう先週の事になりますが、ふうさん宅で「おでパ」をした際にMinkさんがCodyのきゃわいい写真をたくさん撮ってくださったのだけど、その後なんとご親切な事にその全てをCDにして、さらにはラブリーなオリジナル・ラベルまで作って、我が家まで送り届けてくだいました~。もう、母さん、大感激ですっ☆

ほらっ、見て見てっ☆
DSC05650.jpg

こんなに可愛いのっ♪
DSC05649.jpg

もちろんCodyも大喜びっ!!
DSC05653.jpg


Minkさん、本当にありがとうございました。

18ヶ月の予防接種
3月5日(月)

今日はCodyの18ヶ月の予防接種に。

少しでも寝る時間に近い方がいいと思って、遅めの時間(5時15分)に予約をとる。が、名前を呼ばれたのは6時半だった。
1時間以上も待たされたし。
何の為の予約やったん??

でも、Codyはずっと待合室を「あーうー」独り言を言いながらウロウロ歩き回ったり、子供に本を読んでいる他所のお母さんの所へ行って一緒にお話を聞いたりして、適当に機嫌よく遊んでいた。

もう少しでチクリっ!とやられる事も知らずに。

やっと順番が回ってきて、Codyの番に。


先ずは身長を計ろうと言うことになり、診察台の上に寝かせた途端に大泣き。(もう立てるんだけど、赤ちゃんの時と同じく寝かした状態で計る) 注射だと思ったのね。いつぞやの記憶が甦るのだろう。

で、先生は言った。

「うわぁ~、大きくなったねぇ。82センチです。」

って、え゛ぇ~っ??

先月計った時、たしかあんた、85センチです、って言ったよね?
1ヶ月で3センチも縮んだんか?

んなアホな・・・と思いつつそれを指摘したら、その先生ったら確認もしないで

「んじゃ、87センチです。」

って、更に2センチも足してくれた。待たせた分へのサービスかな?

すっごいいい加減やなぁ~。そんなにある様には見えんけど。

で、体重の方は、これも少し増えて11.6キロになっていた。
こっちはデジタルやから間違いないやろ~と思う。

で、肝心の予防接種はチキンポックス(水疱瘡)のを1本だけ。
寝かせるとまた泣きそうだったので、私の膝に座らせたまま、腿に素早く打ってもらった。

ギャーっと泣いたけどすぐに泣き止み、後はケロッとしたもんだった。

いつもの様に水分をたくさん摂らせる事、熱が出たりぐずったりしたら市販の鎮痛剤を飲ませる事などをアドバイスされたが、その後変わった様子は全くなく、フツーにご飯を食べ、いつもと変わらずスーッと寝た。

次の予防接種は4歳になってから。
あまりにも先の話で忘れてしまいそう・・・。

今までに、生後2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、18ヶ月と5回の予防接種を受けてきたのだけど、この18ヶ月を終え、全部のお注射を受けた事が証明できれば、政府?から「大変よく出来ました」とばかりに200ドルだかのご褒美が出るらしい。

そのお金でCodyにお庭の遊具(ブランコやら滑り台やらのセット)を買ってやるつもりでいる。
丁度、来週からターゲットでセールなのよねぇ。
Codyの喜ぶ顔が目に浮かぶよ・・・。
父さんに「いいでしょ~♪」と相談すると「庭が狭くなるから嫌だ」と言われたが、そんな奴の意見は無視して買うこと決めている。

まぁ~、そんな事はともかく、家に帰ってすぐにCodyを壁際に立たせ、立ったままの状態で身長を測ってみた。

そしたら82センチしかなかった。

5センチも違ってるやん。
本当にいい加減。

先月で85センチ越えたと言われ、信じていたのに。

しかし82センチしかない割には、80センチ様のボティスーツとか、もうパッツンパッツンで着れないよ。
オーバーオールも股のボタンがはじけるし。
Tシャツだっておヘソが出ちゃうよ。

どう見ても母さんに似て「胴長短足」なCody。
頭もデカイしね(51センチ)。


ちなみに、オージーにとっては「胴が長い」とか「足が短い」ってのは、特に短所ではなくって、単に身体的な特徴にしか過ぎないらしい。
逆に「足が長い」っても別にほめ言葉ではなく、単なる事実にしか過ぎない。

この前「産後太ったまま体重が元に戻らない」」とばばにこぼしていたら、はっきりとこう言われたもの。

「あなたは頭がデカいから、今みたいに体がデカくなった方がそのデカい頭とのバランスが取れていいわよ」って。
あ~た、嫁に向かってそない「デカい、デカい」言わんでも・・・。

まぁ、そんな事はどうでもいいか~。

Cody、今日は注射、ご苦労さんやったねぇ。

半年もはかないと思うとね・・・。
3月7日(水)

図書館でRhymeTimeの日。

でも今日もまた、ウロウロ歩いてばっかりでぜんぜん歌もお話も聞いちゃいなかった。

逃げようとするCodyを捕まえてはみんなの輪の中に戻り、ぎゅーっと羽交い絞めにして何とか大人しくさせようとするのだけど、すぐにえび反り&手足バタバタで反撃、暴れ出す。
たった30分の事なのに、ものすごく神経と体力を使いクタクタに。

カール君もまったく同じ状態で、ビンちゃんも相当参っていた。

歩かなかった「あの頃」は、本当に楽だったなぁ~。

歩くと言えば、こっちの子供用のお靴。
ぜんぜんいいのがない。
種類が少ない。
で、たまにいいのがあっても、品物にしては割高なのが多い、と私は思ってる。

どんどんデカくなる足だもの。
そうそうお高い靴ばかりは買っていられないわ・・・と、まだCodyが歩かない内からバーゲンで4足買っておいた。

こんなんやけど・・・
DSC05725.jpg


これ、全部2ドルで買ってん。
合計で8ドル。安っ~。

でも、もう小さくなったしまったの。
本格的に履かせ始めてたった3ヶ月そこらなのに・・・。

そこで午後はずっとショッピングセンターを端から端まで歩き回り、手頃(激安?)なお靴を探し回っていたのだけど、ぜんぜん見つからなかった。くやしい・・・。

そろそろもう一回り大き目のを買い揃えておきたいのに。
さすがに1足2ドルのはもう見つからんわ。

明日、別のショッピングセンターにも行ってみようっと。

DSC05558.jpg


ロナルド怖~い。
3月8日(木)

近所の日本人プレイグループの日。

今日もCodyは最悪だった。
私から離れない。
足元にすがり付いて「抱っこしておくれぇ~」と泣く。
体育館みたいに広い空間なので、思いっきり体を動かして遊んで欲しいのに。連れて行っている意味がぜんぜん無い。
もう~、困ったちゃんだわ~。

金曜のローカルのプレイグループではそんな事ないんだけどな~。
このプレイグループのどの辺がダメなんだろう。
広すぎるの?
同月齢の子が少ないから萎縮してしまうの?

よ~、分からん・・・。

そしてプレイグループが終わり、外へ出た途端に「一人で歩きたいのっ!」とばかりにつないでいた私の手を振り解いて外を歩きたがった。

あんた、何やねん、それ?


それにしても今日の「クラフト」はキュートやったな~。

お当番のママさんが、すでに背景が出来上がった

こんなんを用意して来てくれて(10枚ぐらい作ってあった、すげぇ)
DSC05697.jpg

真ん中の包みの中には、お花、雲、カエル、お魚などのパーツが用意されていて、子供たちはそれらを好きなようにくっつけて・・・

こんな風に仕上げるの♪(これは、当番のママさんが作った見本よ)
DSC05699.jpg


かっ、可愛い・・・☆

さっそく皆んなでテーブルを囲み、クラフトの作業に取り掛かるのに、こんなじっとしていなくちゃいけない時だけ、

タッタッタ・・・っと、そこらを駆け回るCody。
DSC05700.jpg

そんな彼をとっ捕まえ、無理やり画用紙にのりを塗らせ、無理やり各パーツを貼り付けさせて

やっとこんなん出来ました。(が、本人はぜんぜん興味なし)
DSC05701.jpg

私はまだ新入りなので当番の仕事は「茶碗洗い」のみ。
クラフトのお役目は回って来てはいませんが、いつかは、いつかは回ってくるのよね?きっと。

なんかいいアイデアを、今の内から考えておかないとな~。


帰り道、予定通りショッピングセンターに寄る。
Codyは車の中で寝てしまっていたけど容赦なし。

で、やっと見つけた、安い靴を・・・。

どうよ、コレ。6ドル70セント。
DSC05726.jpg


本当はサンダルを探してたんだけど、ま~安いからよしとしよう。

その後フードコートで休憩していたら、Codyの様子がどうもおかしい。かわいいお口を尖がらせ、眉をしかめて何かに怯えている様子。

自分が見ている先を指差して、「あっ、あっ」と一生懸命に何かを私に伝えようとしている。半泣き気味で。

で、私もそのCodyが指差す方を見るのだけど、

な~んにもありゃしない。

特に変わった人もいないし、Codyの気を引きそうな物もない。

なのに、「あっ、あっ」としきりに何かを訴え続けるCody。

何度も何度もその指差す先を見るけれど、やっぱりそこには何もない。あるのは「マクドナルド」だけ。そりゃ、フードコートやからねぇ。

で、もしや、もしやCodyはアレが怖いのかも?と気が付き、そぉ~っとベビーカーを押してソレに近づいてみたら、

やっぱりCody、泣き出した。
DSC05696.jpg

どうやらコレが怖かったらしい。
DSC05703.jpg

ロナルド・マクドナルド氏。(こんな名前やってんね~。あとで父さんに教えてもらった。どーでもいい事だけよぉ~く知ってるのねー)
ちなみに日本では「ドナルドさん」って呼ばれてるらしい。

怖いゆーてるのに、ツーショットとか撮る鬼母さん。
DSC05702.jpg
(斜めでちょっと見にくいけどね)

何でそんなもんが怖いん??
ま~、何となく分からんでもないけど、超おかしくって、密かに一人で大爆笑したわ。

家に帰ってから、デジカメに撮ったのを見せてもやっぱり大泣き。
デジカメなんていつもは隠しておかなきゃならないくらいに触りたくって触りたくってしょうがない物なのに、今日は「ドナルドさん」が入っているので、近くにおいて置いても手でパッパッ♪と振り払って遠ざけようとする。

ほんと、あんたっておもろい子やねぇ~、プププ・・・。

またまたプレイセンターへ。
3月9日(金)

ローカルのプレイグループからの遠足とでも言おうか、今日は場所を替えて遊ばせましょうって事で、近くの「プレイセンター」へ行ってきた。

この手のは「Wiggly Play Centre」しか行った事なかったけど、今日の所の方がキレイで安くって良かったわ。

団体割引でちょっと安くしてもらって、子供1人7ドル。
大人は無料。
時間制限なしで遊び放題。

設備はこんな感じ。
DSC05715.jpg

DSC05714.jpg


たくさんの遊具があるにもかかわらず、Codyはパピィを抱きしめてただただウロウロするばかり。

ジャンピングキャッスルに入れてやっても泣く。
滑り台で滑らせてやっても泣く。
足こぎの車に乗せてやっても泣く。
ボールピットに入れてやっても泣く。

そーかそーか、んじゃ好きなだけウロウロしてたらいいわ。
歩いてさえいればご機嫌なんだもの。

自分よりも小さい子や赤ちゃんが大好きなもんだから、ベビーカーに近づいて行って他所の赤ちゃんの顔を覗き込んだり、ハイハイしている子の側でしゃがんでじっと見守ったり。

遊び方が穏やかなのよね、Codyって。

元気にはしゃいで走り回っているお友達の中にいると、突き飛ばされたりしちゃうから怖くって入っていけないみたい。

要するにビビリなんですわ。

でも母さんは、そんなあなたにメロメロりん♪
DSC05717.jpg





壊れた母性本能。
3月10日(土)

Codyが風邪をひきました。
もう、完全に私のせい。
だって薄着のまま布団も被せずに寝かせてしまったんだもん。

Codyだけじゃないと思うけど、赤ちゃん(もう赤ちゃんって月齢でもないなー、なんて呼べばいい??)って布団着せられるの嫌がるよねー。Codyなんて、着せた途端に両足でぐぁ~っと蹴散らかして、お布団イヤイヤのジェスチャー。
なのでいつも布団は諦めて、布団なしでも寒くない様にパジャマを厚着させて寝かせる様にしている。

しかしCodyは元々が超暑がりなのに加え、すっごい汗かきなので、寝かしつけの時に厚着だとぐっしょり寝汗をかいてしまい却って逆効果なので、どのくらいの厚着にさせるかの見極めが実はとっても難しい。

真夏であれば朝の冷え込みも大したことないので、一晩中半袖&半ズボンのパジャマだけで寝てもぜんぜん平気だった。
さらには今までは夜中に何度も授乳で起こされていたので、その度に1枚パジャマを多く着せたり、布団を掛けてやったり調節する事が出来ていた。

が、ここ最近のCodyは朝まで1度も起きないで寝る。
なので、隣で寝ている母さんも1度も起きないで爆睡。

ここ数日めっきり秋っぽくなってきたシドニー。
早朝になると結構涼しくなって来たので、気をつけなくちゃなぁ~と思っていた。

昨晩もベットに入る際に、素肌むき出しで寝ているCodyを見て、
「あのままだと早朝かなり冷えるだろうな・・・」なんて思いながらも、いや、「母親の本能で、冷え込んだらちゃんと目が覚めるに違いない」と、自分だけしっかり布団をかぶって温かくして寝た。

そして今朝。

期待していた「母親の本能」はどうやら働かなかったらしく、布団の中で暖かいまま目覚めた私。いつになく冷え込んだ朝だった。

やべぇ・・・、やっちまったよ。

慌てて隣のベットで寝るCodyを確認すると、昨夜と同じ、半袖&半ズボンのまま手足はむき出しの状態。

触ってみると冷た~い。

おはよう~♪と言って抱き上げたら、

鼻水ズルズル~の状態でございました。

ごっ、ごめん。
私が悪うございました。
しっかり看病させていただきます


だんだんと、スプーンも使える様になってきたよ。
DSC05795.jpg

DSC05728.jpg
ちゃんとお口に入って嬉しい・・・。
DSC05747.jpg
しかし、やっぱりお手手の方がいいみたいで、そぉ~っと・・・
DSC05761.jpg
舐めてみたりして、
DSC05762.jpg
おいし~いっ☆
DSC05760.jpg

DSC05759.jpg

DSC05764.jpg


ボク、病人なんですけどぉ。
3月11日(日)

昨日に引き続き、今日も鼻水ズルズルのCody。
DSC05771.jpg
(これは別に狙って撮った訳でなくてよ。蛇口の壊れた水道の様に拭いても拭いても30秒後にはじょんじょろじょ~ん♪と止まりませーん)

それなのに、そんな息子を市のフェスティバルに連れて行く鬼父母。
いえねぇ・・・鼻は出てるけど、それなりに元気そうだったし・・・。

小動物コーナーで、
DSC05768.jpg

ひつじさんに餌をあげたり、
DSC05774.jpg

ひよこさんを触ってみたり
DSC05780.jpg
DSC05779.jpg


結構楽しかったよ。


ポニーさんにも乗ったし。
DSC05786.jpg

DSC05784.jpg


っつ~か、嫌がるのに無理やり乗せた。


ポニーさんはいいから、もうお家に帰りたいよぉ~。
DSC05792.jpg

一番楽しんでいたのは母さんだったかも。
DSC05789.jpg

Codyと一緒だと、どこで何をしても楽しいわぁ~☆





不誠実な業者にご注意。
3月13日(火)

子育てとはぜんぜん関係ないけれど、書かずにはおられまい。

あれは、忘れもしない2月14日のバレンタインデー。
詰まってしまった下水パイプを修しに業者の男がやって来て、キッチンの床をドロドロにして帰ったあの日。

「もうこれで大丈夫!」と言い残して奴は去って行った。

後日送られて来た請求書には、330ドルの文字が。

いっ、痛ぇ~!!と思ったが、あんなもの、自分達だけで解決できた訳もなく、必要経費と割り切るしか無かった。

が、その数日後からまた下水が詰まりだし、家の横の下水パイプからは汚水が溢れ、あっと言う間にウ○コの泉となってしまい、とうとうどうにもならなくなってまた同じ業者に「何とかしてくれ」と連絡。

前回の処置が完全でなかったんだから・・・と、父さんと
「1セントだって追加の料金は払わないぞっ!」と息巻いていた。
日中は父さんが仕事で不在の為、彼とそんな交渉をするのは私の役目。

もう昨日の事になるけれど、「朝10時に来る」と言ったその業者に対して、どういう風に攻めようか・・・と、こっちはちっとも悪くないのに内心ちょっとドキドキしていた小心者の私だった。

が、予定より1時間も遅れ、11時にやって来たのはぜんぜん別の男。

なるほど、前回まずい仕事をした手前、我々に会わせる顔がないんだな・・・と解釈した私。

取り合えず、その人に詰まりを修してもらって、料金の請求はボスであろう前回来た男とするつもりでいた。

なのに、修理を終えた男が言った。

「今回は220ドルです」って、えぇ~っ!!

そんな平気な顔して、また金取るんかいっ!!

ちょっとどうなっているの??と確認すると、今日来た男は前回の業者とは全く別の会社の人だった。

一体、どうなっているのよっ!!信じられんっ!!!

我々は、前回のヘボ修理のお陰で臭い思いをしたので、その尻拭いをしてもらう為にあえて同じ業者に連絡したのに。

前回のあいつと直接話をして、そいつが「今日来るはず」だったのだ。なのにフタを開けてみたら、あいつめ、自分が行くとぜったいに今回はお金を払ってもらえないって思ったもんだから、勝手に別の業者に仕事を回して、自分は知らん顔って訳だ。

もう、超頭に来たぁ~っ!!

こんな不誠実な仕事があっていいのだろーかっ!!
グダグダと文句を言っていた私に、やんわりとじじが言う。

「今更あーだこーだ言っても仕方がない。さっさと払う物は払って今回の事は忘れなさい・・・」って。

まぁ、私もお金の事であんまりウダウダと言いたくは無い方だけどさ。
あんまり腹が立ったので、昨夜は久々に寝れなかったよ・・・。
こんな事、日本じゃ有り得ない!と思うのだけど。

こんな時は、きゃわいいあなたに癒されい。いつもありがと~☆
DSC05585.jpg


おっぱいの味。
3月14日(水)

つい先日、おいちーおでんを食い逃げしたふうさん宅で、
今日はキム・パが開かれたので、病み上がりのCodyを連れて参加してきました。

どうよ、コレ。
DSC05835.jpg


マジで旨かったな~。
コリアン・グロッサリーのキムチだもの。やっぱり旨いわ。
しかも、ちょうど「キムチ鍋」に最適の熟成具合、私好みのちょっと酸っぱくなりかけ・・・な感じだったし。
この写真で、またご飯2膳ぐらいいけそう・・・。

さらには食後にMinkさんお手製の「みたらし団子」とかいと君ママの焼きプリンもぺロッ。
DSC05836.jpg


団子は2本、プリンは今日も4分の1やっつけてもうた。
本当に、どれもこれもどうしてこんなにおいしいの?
あ~、今日もたくさん食べてシアワセやったな~。

今日も母さんの「食い気」に振り回されたCodyはすっかりお昼寝をし損ね、ふうさん宅を後にした午後3時過ぎにはもう限界の状態。
車が走り出したら5秒で寝て、その後6時近くまで起きなかった。
朝から6時まで1度もおむつ替えもしてもらえなかったし。

そんなひどい母さんなのに、彼は私の事が大好き。
あたしってよっぽどいい女なのね。

ちなみに晩ご飯は昨日のローストラムの残り肉を再利用し、ラム肉のカレーにした。その後、お土産にもらって帰って来た、みたらしをさらに3本食った。

ここで、ん??と思う。


キムチ、カレー、餅・・・。

これは授乳中ママにはご法度の食べ物なのでは?
特に桶谷式のせんせーなんかに言ったら、こっぴどく叱られるに違いないダメダメ・メニューだ。それをまとめて1日に食ってしもうた。

キムチとカレーは、その臭い匂いがおっぱいに出ると言う。
で、おっぱいが不味くなって赤ちゃんが飲まなくなると。

基本的に私は、Codyが口にするものは自分でも試してみたいタイプ。まずいと言われる市販の離乳食だって、粉ミルクだって、必ず自分で味見してきた。
薬だってちびっと飲んでみるし、便秘薬だって試した。
(ゲリゲリになって死ぬ思いをしたが)
試してないのは「おむつ」ぐらい。
あれだってサイズさえ合えばつけて寝るで。

だから、もちろん自分の乳もしょっちゅう味見している。
スプーンとかに搾り出して。

自慢じゃ~ないが、あたしの乳のおいしい事と言ったらないんよ。
おっぱいコンテストとかあったら、サイズや色、形ではダメでも、味でなら上位狙えると思うな、きっと。

ま~他の人の乳を飲んだことがないので比べる事が出来ないのだけど、とにかくほんのり甘くてなんとも上品な喉ごしと後味。

Codyが虜になってしまったのもうなずける逸品だ。

で、とにかく何でも試してみないと気がすまない私は、もちろん過去にキムチを食べた後とカレーを食べた後、それぞれおっぱいの味の変化を見るために味見をしている。

その度に「ぜんぜんおっぱいに影響は出ないやん」と思ったもの。
だから授乳中でも「キムチ」も「カレー」もガンガン食べてきた。

が、今日は特にキムチ&カレーのダブルだったので、もしかして味が変わっているかも?と気になって、何度か舐めてみた。

結果はいつも同じだけど、私が何を食ってても、やっぱりおっぱいは

甘くておいしいよ。

まあね、二人でギョーザを食べた恋人同士がチューする時に相手の口臭が気にならないのと同じ様に、焼肉を食べた仲間でいくらお互いに「はぁ~はぁ~」して臭くないか確認しあってもちっとも分からないのと同じ様に、私自身がキムチもカレーも食ってんだから、その舌ではもうその辺のビミョーな味の変化は分からなくなってるんだけど。


餅の方は一般的に「おっぱいが詰まる原因になる」と言うらしいが、逆に詰まりのない乳を持つ場合は餅を食べると「おっぱいの出がよくなる」とも言うし。私は大の餅好きなので、それ系はしょっちゅう食べるけど、今の今まで詰まった事なんてないわ。却って出が良くなる方。
きっと体質に合うんやねー、餅が。好きやからね。

んな訳で、今日も甘いおっぱいをたくさん飲んで、シアワセいっぱいのCodyです。

キム鍋に気を取られCodyの写真を撮るの忘れた~!と思っていたら、Minkさんから何枚か送られて来た。う~ん、タイムリー。
やっぱり上手いわ~。
DSC_0260.jpg

DSC_0276.jpg

生後4ヶ月の「かいと君」と。
DSC_0266.jpg

イスの隙間からボクを覗き込むふうさん。
DSC_0263.jpg

「何か妖怪?っじゃなかった、用かい??」
しかしよく寝るね。
3月15日(木)

今日は父さんに頼まれた「郵便の発送」の仕事があったので、ついでにブラブラと買い物でもして来ようと、早起きして家事を済ませ10時前には出動態勢を整えたのに、

さあ、行こうか!

と思った時に、Codyが昼寝に突入。

昼寝と言っても、今朝も8時過ぎまで寝ていたので、きっと小1時間程で起きるだろうと、本でも読んで待つことに。



しかし。




彼はその後1時半まで起きなかった。

お前さん、なぜにそないに寝れるのか?

チョコ踊り。
3月15日(金)

近所のプレイグループの日。

お外を存分に歩けるのが嬉しかったらしく、ずっと一人でお庭をウロウロと歩いていたCody。右手にパピィをしっかりと抱きしめて。

が、サクソン兄貴にチューを迫られ、その体の重みを支えきれられずに立った状態から仰向けに倒れてしまい、後頭部をコンクリートに強打。

遠くにいたビンちゃんにもその「ゴンっという音が聞こえた」という位にスゴかった。

当然Codyは大泣き。

しかし、人間の頭って丈夫なんやね。
なんともなかったわ~(汗)


今日はいつものモーニングティーの後で、チュニーシャちゃんの2歳のお祝いが。お歌を歌ってお祝いした後、ママからチョコレートケーキがみんなに振舞われた。
DSC05837.jpg


普段、あまりこの手のモノは食べさせてもらえないCody。

「ほっ、本当にこれ、全部一人で食べていいの??」と興奮気味。
DSC05818.jpg


まぁ、今日は特別。好きなようになさいな・・・と目で合図したら、

食べてしまうのが惜しくなったのか、自分のケーキはキープしたまま

主役のチュニーシャちゃんのを横取りしようとするし。

「これはあたいのだからっダメっ、バシッ♪」
DSC05838.jpg


そうこうしていると、チュニーシャちゃんがケーキを両手に掴み
DSC05840.jpg

ボロボロと辺りに巻き散らかし出した。
DSC05841.jpg


こんな時もさすがオージー。ママは平気で放ったらかしだったぞ。

その隙にCodyも笑顔で誤魔化しておいて、また一切れかっぱらう。
DSC05843.jpg


「人から盗んだケーキの味はまた格別だなぁ・・・」
DSC05842.jpg


あまりの美味さに、ついには壊れて踊り出した。
DSC05832.jpg


今日も目の前に食べ物がある時が、一番輝いていた彼でした。

ドロシーに会いに。
3月17日(土)

Codyとばばと3人で近所であったイベントへ。

だってCodyの大好きなWigglesの中のキャラクター、

ドロシーが来る、って言うんですもの。

いつもテレビでしか見ていないドロシーに会えて、きっとCodyったら大喜びだろうな・・・と思って行ったのに、彼ったらぜんぜん喜ばなかった。それどころか怖がって泣きそうになってたよ。

嫌がるCodyを抱っこして、とりあえずパチリ♪
DSC05844.jpg


後はいつもの通り、地味~♪に小動物と戯れた。
DSC05846.jpg



他にもフェイス・ペインティングやタトゥーがあったけど、Codyにはちょっとまだ早い様な気がして断念。(きっと泣いて嫌がるだろう)

綿菓子も無料で配られていたけど、ベトベトにしてしまうだけだろう・・・と断念。

ポニーさんもいたけど、前回乗った時嫌そうだったので断念。

もう少し大きくなったらもうちょっと楽しめるのにな。


他にも会場には、こんなオカマのおじさんや
DSC05863.jpg

イカしたDJを従えたファンキーなダンサーズもいて楽しかったのに、
DSC05864.jpg


ビビリのCodyには、どれもこれも怖いみたいだった。

個人的に母さんは、こうやってダンサーの後について歩いていた
DSC05868.jpg


ファンキーなDJに一目惚れ☆
DSC05867.jpg

Codyの写真は上の2枚だけなのに、このDJのは後ろから追いかけて10枚ぐらい撮ってしまい、ちょっとしたパー子気分だった。

今日も父さんはお仕事だったので、タダで遊べるこんなイベントが近所であると、母としてはとても嬉しい。

来週も別のショッピングセンターで何やらあるらしいので、またばばと行く約束しちゃった~。

Cody、今度は泣くなーっ!!
ダバっ!!
3月18日(日)

いつも仕事で忙しく、
「もっと時間があったらCodyと遊べるのに・・・」とボヤいている父さん。

せっかくの日曜日、きっとCodyにべったりで遊んであげるのかと思いきや、早朝からバイクでどっかへ行き、昼過ぎに「腹減った・・・」とフラっと帰って来たと思ったら、昼ごはん後にはベットにごろ寝でテレビを見はじめ、シャワーをしてさっぱりしたら、じじと一緒にいつものクラブへ飲みに行ってしまった。

いいな、いいな、あなたには休みの日があって。

あたしは毎日、全身全霊をCodyに捧げ、休みなしで働いてているというのに。



最近Codyがよく使う言葉に「ダバ」ってのがある。

どうしてそうなったのか分からないけど、英語で言うところの「プリーズ」、日本語の「お願~い」みたいな意味で使う。

読んで欲しい本を持って来て、私に差し出し「ダバっ」。
ジュースのパックを持ってきて、これ飲みたい・・・と「ダバっ」。

ダ行とバ行は発音しやすいのだろう。
言葉を知らないながらも、自分で「赤ちゃん語」を作って私に気持ちを伝えようとする姿がとてもいじらしい。

が、それがたまにちょっと間違えて、

「デブっ」

となったりするのはどうしたものだろう。

よりによって世界で一番あなたを愛している母さんに向かって

デブっ、とは。

その言葉に悪意はないとは分かっていても、ちょっとムカついてしまう私は大人気ないだろうか?

あなたにすべてを捧げて尽くしている母さんに向かって、

デブっ

だなんて。

当たっているだけに、とても悲しい。
簡単な診察。
3月19日(月)

Codyの鼻水&咳がおさまらない。

いや、先週の半ばには回復に向かっていた。
だから「キムパ」にも連れて行ったし、実際あの日のMinkさんの記事の写真を見ても、普段と変わらずに元気そう。

でも、昨日からかな?
またゲホゲホやりだして苦しそうなので、万が一の事もあるし・・・(たとえば軽い気管支炎だとか)GPに連れて行って診て貰った。

今回も前回同様、あの身長を割り増ししてくれたいい加減な先生が診察。

お注射の事を覚えていたのかな。
最近特に怖がりのCodyは、先生を見た途端に激しく泣き始めた。

もじゃもじゃ頭のその先生、パッチリお目目に真っ赤なルージュ、どことなくCodyが怯える「マクドのドナルド」に似ていなくもない。

本人はいたって元気なのだけど、ひどい咳をしているので万が一と思って連れてきた旨を先生に告げ、診察開始。

身をよじらせて嫌がるCodyに
「お母さん、ちゃんと押さえて・・・」と叱られつつ、先生はCodyの耳の中をペンライトみたいなのでチェック。

「耳垢が詰まっててなんも見えんわ・・・」と吐き捨てる先生。

お次は背中に聴診器を。
冷んやり冷たいだけなのに、まるでナイフでも突きつけられているかの様に「痛い、痛い・・・」と泣いて嫌がるCodyに、

「あぁ・・・うるさくて何にも聞こえんわ・・・」と吐き捨てる先生。

で、次の瞬間

「はい、なんともありませんっ」

って、え゛ぇ~っ!?

あんた、今ので何が分かったん??って感じ。


ともあれ、先生になんともないとのお墨付きを頂いて安心した私。

「でも鼻水も咳もすごいし、やっぱりまだお友達とは一緒に遊ばせない方がいいですよねぇ~」と聞いたら、

「何を言っているんですか? 元気だったら平気です。子供なんていつでも鼻を垂らしているもの。どこへでも連れて行って遊ばせてやりなさい。風邪を人にうつしてしまう・・・なんて気にしないで。細菌&ばい菌のたぐいはそうでなくてもその辺にウヨウヨしてるから」って言われてビックリ。

これってオージーには常識??
それともこの先生、ちょっと怪しい??
他所ではええ格好しぃ。
3月20日(火)

午前中、Codyと遅い朝食を摂っていたらヘレンから電話で、近所のRSLクラブでWigglesのコンサートがあると教えてくれた。
「チケット、すぐになくなるよ・・・」との事だったので、即行で電話して大人2枚、子供1枚をゲット。一人17ドル、〆て51ドル。

平日の昼間なのできっと父さんはムリ。
仕事が休めれば一緒に行くし、ダメならばばを誘えばいいし、と思って大人を2枚。

ちなみにビンちゃんもヘレンから同じ電話を貰っていたらしく、すぐにチケットを手配したらしい。
旦那に相談したら、子煩悩な彼はその日仕事を休む事にした、という。
いいね~管理職は、融通が利いて。

うちの父さんがもし「息子とWigglesのコンサートに行きたいのでお休みしま~す♪」なんて言ったら、間違いなく「もう明日から来なくていいです」って言われるだろうな。毎日崖っぷちよ。

朝っぱらからそんなやり取りをしていたら、みんな寂しいのね。
昼から集まってビンちゃん宅でお茶する事に。

ビンちゃん家に行くと、いつもCodyに奇跡が起こる。
普段は決して口にしない何かを食べるのだ。

今日もその奇跡が。
いつもだったら「ぺっ」と吐き出しておしまいの「オレンジ」をガツガツ食べたんだもの、そりゃ~母さん、びっくりしたわ。

お皿にキレイに盛られてたイチゴ、キウイ、オレンジの内、食べられるのはイチゴとキウイのはずなのに、どう言う訳かオレンジだけを、他の子に取られる前に・・・って感じで、バクバク・・・っと全部自分の口に頬張ってどこかへ走り去ってしまった。

「オレンジ」」は食べないと分かっていてもほぼ毎日あげてるんよ。
その度に、グチャっ&ぺっでおしまいなんよ。
普段は口に入れることすら有り得ないのに。

今までにも、タマゴサンドとかハム&チーズトーストとか、ビンちゃんが作ると食べるのに、私が作ると決して食べないって事がよくある。

そう言えば父さんもそーだなー。

他所の家に食事に呼ばれると、ずっと嫌いだと思っていた物を「おいしい、おいしい」って言って食べる。
んで、私が「な~んだ好きなんだ~」と思って後日同じ物を作ると、
「ぼく、コレ嫌いなん・・・」って。

あんたら二人して、何でぇ~??

今日の子供達。
DSC05856.jpg

みんなテレビに釘付け・・・と思ったら、
DSC05858.jpg

Codyったら、また何か食べてるヮ~。
DSC05859.jpg


本よりも階段。
3月21日(水)

今日も10時から水曜日恒例の図書館へ。

そして今日も先週同様、ぜんぜん意味のない30分だった。

歌にもお話にも全く興味を示さないCody。
みんなの輪に入って座った途端に、イヤイヤをして私の腕を振りほどき、タッタッターっと輪から逃げ出してしまう。

とにかく彼は一人で図書館内をウロウロしたいのだ。

日本人プレイグループに連れて行くと、一人ではぜったいに遊べなくって、私の足にすがり付いて離れないというのに。

で、お友達が楽しそうに歌を歌い、楽器を鳴らして踊っている30分の間、Codyは何をしていたかと言うと、

階段登り。

我が家は平屋なので、当然家には階段がない。

唯一の段は前庭から家に上がる際のフロントポーチにある4段だけ。
そのたった4段でも、いつも嬉しそうに上がったり降りたりを繰り返しているので、Codyの階段好きには私も気が付いていたし、そんなに好きならもっと存分にさせてあげたいな~と思っていた。

でも、家にはないんだもの、その段が。

そんなCodyが図書館の1階から3階に突き抜ける「上物の階段」を見逃すはずもなく、私の手を振り解いて彼は真っ先にそちらの方へ向かった。

下から上まで、ざっと50段はあるでしょう。

彼、一息で上まで登ったさ。もちろん四つん這いで、ね。

普段は割と大人しくってじっとしている事の方が多い子なので、これには私の方がびっくり。いつの間にか、こんなに体力がついていたんだ。

歌や本読みより、こっちの方がある意味Codyにとって有意義なのでは?とさえ思ったし。

無理やりにみんなの中に閉じ込めず、来週からは最初から「階段登り」に専念しようかな?

ついに言われた、あの一言。
3月22日(木)

嗚呼・・・

私がCodyを出産して以来ずっと恐れていた事が、ついに実際に起こってしまった。


今朝、いつもの様に隔週でやっている近所の日本人プレイグループに行くと、以前別の日本人の集まりで会った事のあるA子さん親子も来ていて、

「あら、お久しぶり~☆」とお互いに挨拶を交わした。

と、そこまでは良かったのだが、その後A子さんの視線が私の顔から少し下の方に降りたかと思ったら、

「うわ~ぁ~♪二人目デキたのねぇ~」って

言われてしもうたがな~っ!!

いや、言わせてしもうたがな~っ!!!!!


一般に、誰かに外見から察する限りで「もしかしておメデタ??」と聞く場合、それはぜったいに「間違いであってはならない」ので、我々は細心の注意を払い、そのふっくらとした下腹部だけでなく、履いている靴(ヒールが低いかとか)とか来ている服とかちょっとした仕草なんかを見極めて、100セント「間違いない!」と確信を持てた段階で初めて、おもむろに「もしかして・・・」と切り出すのが通常だろう。

その女性が「デブ」であればなお更の注意が必要だ。

とにかく「間違いであってはならない」のだから。

が、気の毒なA子さん。

確信を持って、私に「デキタのねぇ~」と言ってしもうたがな。

辺りには他のママさん達もいた。

その中にはきっと今まで私の事を「あの人妊婦みたいだけど、デブなだけなんだろうな・・・でも本当はどっち??」なんて思ってて、ずっとモヤモヤした思いを抱えていた人や、

私が妊婦でない事を知ってるので
「ひぇっ!A子さんったら、言っちゃったよぉ・・・」と凍りついてしまった人などが入り交ざり、

とにかくみんな、固まったままで顔は動かさないのに、
その瞬間、耳だけがダンボになっているのを痛い程感じたわ。

その間1秒もなかっただろうに、私はA子さんに気まずい思いをさせない様に無い知恵を絞り、なるべくさら~っと明るく振舞い、

「ううん・・・これは自腹なんよ・・・。産後、なかなか引っ込まなくってねぇ・・・アハ、アハ、ハハ・・・」と笑って答えてみた。

が、可哀想なA子さん。


あわわわわ・・・・・泡。泡。汗。汗。。。

ごっ、ごめんなさいっ・・・・

と、穴があったら入りたい・・・って感じでオロオロになっていた。

言われた私より、むしろ彼女方が何倍も痛そうだった。


いえいえ、あたたは悪くないんです。

私の方こそ、ごめんなさいっ。


妊婦にしか見えない、この私のが悪いんです。

常々、

デブのどこが悪いねん。
人に迷惑掛けてる訳でもないやろ~しっ!

と開き直っていた私。

今日初めて気が付きました。
デブはやっぱり「社会の悪」なのかも、と。

これ以上、他人に迷惑はかけられない。
不幸な人を増やしてはならない。


久々に、ダイエットしなきゃなぁ・・・と真剣に思いました。


ところで今日のCodyさん。
プレイグループの2時間、ずっとず~っと母さんから離れる事はありませんでした。

デブでも、妊婦に見えても、あなたには母さんが一番なのね?
母さんだって、そんなあなたが大好きよ。

金曜日は別の顔。
3月23日(金)

あれだけ頑固だったCodyの便秘なのに、ここ最近は浣腸する必要もなく、毎日とはいかないまでも、ぼちぼちといいペース。
(最後に浣腸を使ったのは3月5日)

昨日なんて、1日で3回もやってくれたし。

こんな些細な事でも嬉しくって、お陰で1日ハッピーでいられる。


今日もいつもの様に近所のプレイグループへ。

先週はサクソンを支えきれずにひっくり返って、コンクリートに後頭部を強打してしまったCody。

今日も災難にあっていたぞ。

私がちょっと目を離した隙に、施設の中と外を結ぶ重~いドアに腕を挟まれてしまい大泣き。

Cody一人では決して開けられないドアなのだけど、ちょっと大きいお兄ちゃんの後をちょこちょこついて回っていたCody。
ドアを押して外に出て行ったお兄ちゃんの後に続いたハズが、もたもたしているもんだから間に合わず、戻って来たドアに挟まれてしまったのだった。

しかもそれに気が付いたお兄ちゃんが、泣いているCodyを助けようと思ったのか、反対に

グイグイとドアを押してさらにCodyを挟みつけてくれていたし。

楽しいハズのプレイグループなんに、毎回、難儀やねぇ~。

でも、水曜の図書館や木曜の日本人プレイグループと比べると、金曜のここでのCodyはいちばん伸び伸びと楽しそうにしている。

昨日は私から離れようとしなかったCodyが、ここではいつもそうなのだけど、私の存在などすっかり忘れた様子で歩き回って、気ままに遊んでいるのだから。

何故?

何が違う?

最後にたくさん「おやつ」が出るからか?
(今日もたくさん食べていました)

熊ちゃん禁止令。
3月24日(土)

Codyがこの世でいちばん恐れる物。

それが以前の日記にも書いたこの熊ちゃん

あまりに怖がるので、この時を最後にずっとおもちゃ箱の奥に閉まってあった。

それを最近になって、わざわざ出して来た私。

だってコレ、使えるんだもん。


これが「使えるかも?」と思ったのは、マクドナルドの「ドナルド君」をCodyが異常に怖がる事を発見した時。

細かい事は忘れてしまったけど、とにかくその日の夜、Codyがちょっと何かお行儀の悪い事をしてしまった時に、デジカメにまだ残っていたこの「ドナルド君」の画像を見せたら、ピタッとそれをしなくなったのだ。

これにすっかり味を占めてしまった母さん。

デジカメの画像はすぐに消してしまうけど、こんなのよりもっとCodyが怖がるのが我が家にはあるではないか・・・という訳で、ゴゾゴゾとしまってあった「熊ちゃん」をを出して来たのだ。

そして最近Codyがよくする事で一番困っていた「思い通りにならない時に人を(特に私を)引っ掻く」という行動を取った際に、

Codyの顔の前でこの「熊ちゃん」のお腹を押して

「そんな事したらダメぇ~、怖い熊ちゃんがやって来るよぉ~」と言いながら「プゥ~っ♪」とやってやった。

そしたらどうでしょう。

びっくりしたCodyは、イスから3センチ程浮いたで、マジで。
どこぞの教祖様もびっくりや。

ぎゃ~っと悲鳴を上げて大泣きし、以来決して私を引っ掻く事はなくなった。

予想以上のすごい効き目だったので、Codyの泣き顔を見ながら、内心私はほくそ笑んだ。

以来ちょこちょことこの「熊ちゃん」を戒めの小道具として使ってきた私。一応、使い所はちゃんと考えて、

いけない事をした時、何度が注意してもぜんぜん聞かない場合に「熊ちゃんが来るよ・・・」と予告しつつ、それでもダメな場合に見せる、

という方法を取って来た。

あくまでもこれはいけない事をした時の「戒め」であり、決して「○○しないから罰だ~」みたいな「脅し」(例えば、嫌いな物を食べさせるのに見せて怖がらせる、とか)にはならない様に気をつけてきたつもり。

で、先日もCodyが「ごはんを手で掴んでは、床にバラバラと撒き散らしてケラケラ笑っていた」ので、

「プゥ~っ♪」っとやってやったら、

それを見ていた父さんから、

そんなヒドい事、もう絶対に止めなさいっ!!

と叱られてしもうたがな。

父さんとしては、どうもこの育児には納得できない、と言う。
Codyの怖がり様が尋常でないから、精神的なダメージが大きすぎる、と。

あれ?ダメでした、コレ?
いい方法だと思ったんだけど。

あらためて「酷い、酷い・・・」と言われると、やっぱりCodyが可哀想になってきて、それに、ことCodyの性格に関して言えば父さんにそっくりだと常日頃思っているので、ここは奴の意見を尊重し、渋々言う事を聞いて私も使うのをやめにした。

それでも未だに時々、父さんに聞こえない様にそっとCodyの耳元で

「そんな事したらあの怖~い熊ちゃんが来るよ・・・」と囁いている。

それだけでもCody、もう半泣きなんだもん。

くわえ乳首。
3月25日(日)

昨日はめっちゃ暑くって気温も確か35度まで上がったのに、今日は何なん??ヒーターでもつけたくなるくらいに肌寒~い・・・。

空模様も思わしくなく、実家の金沢の様などんよりとした鉛色の空。
午後には雨も激しく振り出して、今日はずっと家に閉じ込もり、親子3人ゴロゴロと過ごした。久しぶりに揃って昼寝もしたなー。

そ~言えばニュースで、輪島で震度6異常の大きな地震があった、って言ってたわ。こっちの普通のニュースでよ。
急に「石川・輪島」の文字を見て、びっくりした~。

金沢は大丈夫やったんかな~??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、Codyのおっぱいの飲み方が変わってきた。

今までは、一度乳首をくわえたら最後まで決して離す事はなく一気にグビグビと飲んでいたのに、最近少し「おしゃべり」が楽しくなってきたのかな?、飲んでいる最中にどうしても何か母さんに言いたくなるらしく、ふっとおっぱいから顔を離し、私を見上げて、

「ダァ~♪」

とか、

「ブゥ~♪」

とか言う。

それがあんまり可愛いので、私もつい「ククッ・・・」と笑ってしまうのだけど、そうするとCodyも調子に乗ってもっとおしゃべりしたくなってしまうらしく、意味のない赤ちゃん言葉を発し始める。

乳首の先をちょっとだけ口に含んだままで。

これが痛いんだな~!!

くわえタバコならぬ、くわえ乳首。

吸うかしゃべるか、どっちかにしてくれぇ~!

優しいCody。
3月26日(月)

ここんところオージーママ達との「持ち寄り」があんまり無かったせいか、以前の様にバカ食いする事も少なくなってきて、ピーク時には65キロあった体重がいつの間にか62キロに減り、内心喜んでいた所だったのに(それでも妊婦に間違われたんだけど)

今日、久しぶりにエリーンちゃん家で持ち寄りがあった。

で、また食った。

これを2度おかわり。
DSC05907.jpg


んでその後、バナナケーキと生クリームたっぷりのスポンジケーキとチョコレートケーキとドーナツも食べた。
いずれもオージー・スイーツなので、アゴがもげるくらいに甘い。

また、Codyに乳から吸い取ってもらわねば。


ところで最近、Codyが私の気を引く為に「演技」をする様になった。

例えば私がキッチンで洗い物をしていると、すぐそばまでやって来て、

急に「痛いっ、痛いっ!」と言って自分の脚を摩る。

別に何も痛いことなんかないのに、私の注意を引きたいが為にそんなフリをするのだ。初めてその光景を目にした時は、びっくりしたわ。

いつの間に、そんな知恵がついたのだろう?

おっぱいが欲しい時も「痛い、痛い」と言って泣く様になった。
今まで何度も、Codyが頭を打ったりなんかして大泣きした時、可哀想だからって「おっぱい」をやって慰めて来たから、それで味を占めてしまったのかな?

夜にまとめて寝る様になってからは、日中の授乳は朝と夜の2回だけでもOKになって来ていたのに、ここ最近はやたらとおっぱいを欲しがる様になり、私が「おっぱいはお風呂の後でね・・・」なんて言って我慢させようものなら、顔を真っ赤にして泣き叫ぶ様になった。

ここ数日は、1日にもう何回も(5回くらい??)あげている。
だってあげないと、泣いて泣いて大変なんだもん。

そう言えば、前歯の横の「犬歯」って言うのか?、糸切り歯?が生えてきているので、それでちょっと痛いのかな~とも思ったり。

食べ物の好みもちょっと変わってきたみたいで、今まであんなに好きだったチーズとヨーグルトをピタッと食べなくなった。
元々牛乳はほとんど飲まないので、カルシウム不足がとても心配。

お肉にもまったく手をつけなくなったので、たんぱく質も不足してるハズ。豆類やタマゴはまったくダメだし・・・。

やっと野菜(トマトだけだけど)や果物(主にイチゴとキウイだけど)も食べ出した・・・と思ったら、急にコレでやんなっちゃう。


私の食欲を分けてあげたいよ、まったく・・・。


エリーンちゃん家でのCodyの様子。
DSC05903.jpg

DSC05879.jpg

DSC05880.jpg


他の子たちはおもちゃの車に乗ったりして激しく体を使って遊んでいたけど、大人しいCodyはこんな風にずっと赤ちゃん(へイデンの妹のイザベラ、5ヶ月)から離れずに、そぉ~っと足に触れてみたり、お顔を覗き込んだりしていた。

男の子独特のやんちゃな所に欠けるのがちょっと気になったりするけれど、私はCodyのこんな優しい所が、実はとっても大好きだ。

そんな彼に泣かれると、ついつい私もおっぱいを出してしまうのよね。

は~るが来~たぁ~♪
3月28日(水)

今日もCodyはRhymeTimeの間じゅう、ずっと図書館内をウロウロし、あの階段を上まで登り、挙句の果てに自動ドアの出口から外へ出ようとする始末で、捕まえて中へ引き戻すだけであたしゃもうヘトヘトに。

捕まえて抱っこしたらすごい勢いで泣き出すし、場所が場所だけに(図書館やから)周りの人にとっても迷惑で、本当に困った困った。

そんな時期なんかな~。
しばらく参加を見合わせた方がいいのかしらん?



図書館の後は、たまに父さんと行く例の「クラブ」へママ軍団で繰り出して、子供達をちょっと遊ばせた後、
DSC05909.jpg


みんなでランチ。

あ~、今日もたくさん食べ過ぎた。
だって10.90セントで食べ放題なんやもん。
デザートも種類が豊富、ケーキやムースもおいしくって、甘党の母さんとしてはパラダイスやった。
しかも子供はタダやし。
(トマトとフライドポテトしか食べてなかったけど)

毎日遊んでると思われるので、今日のランチの事は父さんには内緒にしておこうっと。

今日の事は、母さんと二人だけの秘密だねっ☆
DSC05896.jpg



ところで今朝出かける用意をしている間、いつもの様にABC(日本のNHKみたいなもんやね)をつけてCodyにWigglesを見てもらっていたら、

「は~るが来た~は~るが来た~、どぉ~こぉ~にぃ~来たぁ~♪」

って、急に日本語で歌が流れてきてびっくりしたわ。

思わず画面の写真撮ったし。
DSC05887.jpg


アニメーションやってんけどね。

後ろの山はきっと「富士山」なんやろーなー。

それにしてもこの幽霊みたいな女、
DSC05886.jpg

なんで長襦袢に伊達締め&腰紐だけ?

着物ぐらい着せてやって欲しいわ。
バックのメロディーも、心なしかちょっと中国ちっくやったし。
ちゃんと日本人が監修したんかな~? 怪しいわ。

2007年にはWigglesの日本語バージョンを作るって言ってたから、きっとコレの事なんか?

アメリカ進出も大成功で、あっちでもものスゴイ人気らしいけど、
さて、日本での人気の程はいかに?


カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。