オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりお外はいいやねぇ~。
10月1日(日)

今日はお友達のダンカンに誘われて、ホークスベリーリバーのウォーターパークへ。彼、ボート持ってるからねー。

父さんは水上スキーを。(ひと滑り終えて岸に戻って来たところ)
DSC03820.jpg


Codyは芝生の上で伸び伸びお遊び。
DSC03821.jpg


え~っと、え~っと。
どの芝生が一番おいちちょ~かな~?
DSC03822.jpg


枯葉発見。
DSC03823.jpg


パリッ・・・。
DSC03826.jpg


これこれ、ちゃんとしたごはんも食べなさい。

今日も「社長座り」のCody。
DSC03819.jpg


肉食なので、あらゆるお肉の類はバクバク食べます。
今日食べてるのはローストチキンよ。

おいしいね、父さんっ♪
DSC03817.jpg


あまり動かないので、こーゆーイスに一人で座らせておいても意外と平気。ちょこっと座っていい子にしてます。

この後Codyを私の膝に乗せて一緒に遊んでいたのですが、Codyがぐぐっと背中を反らせた時に、見つけちゃいました、素敵な物を。

なんと右上の奥歯が生えていたのですっ☆
おめでとー、Cody♪

また一つお兄ちゃんになったみたいで、母さんも嬉しいよ(涙)


食後の運動、一人ラグビー。
DSC03835.jpg


一人じゃやっぱりつまんね~やい。
DSC03834.jpg


ハイハイの練習でもするか~。
DSC03841.jpg

DSC03840.jpg

DSC03839.jpg


最近やっと四つんばいになってお尻が上げられる様になりました。
おせーよっ、あんたってば。


やっぱり、つまんね~っ。
DSC03828.jpg


さぁ~次は何すっかなぁ~。
DSC03827.jpg


父さんっ、ボクにも水上スキー教えてよっ!!
DSC03830.jpg

こー見えてもね~、ぼくちん、奥歯があるんだよっ!





スポンサーサイト
タックスリターン。
10月2日(月)

遅ればせながら、今日、会計士さんに自宅に来てもらい、ようやく我が家もタックスリターンの手続きをしました。
(オーストラリアでは自営業者もサラリーマンも同じように個人で確定申告しなくっちゃいけないのよ)

で、父さんの手元に戻って来た額。

たった10ドル・・・。彼、半泣きでしたわ・・・。

そして産休に入ったために今回の申告の対象になるのはたった1ヶ月分の給料であった私の手元には・・・

なんと2000ドルも、戻って参りましたっ♪ あっはっはぁ~♪

喜んだって、我が家では一つの財布を共有してるので、ぜんぜん関係ないんだけどねー。


ところで、コレ、Codyの好きな「米菓子」です。
DSC03779.jpg


それ全部ぼくちんのだからねっ、誰にもあげちゃダメだよ、母さんっ。
DSC03780.jpg


大丈夫。そんなに好きなら2000ドル分買ってあげますよ。

やったぁ~♪じゃあ毎日お腹いっぱい食べられるねっ☆
DSC03768.jpg


全くねぇ~、ごはんもそれくらいおいしそうに食べてくれるといいんだけどねー。

えへへ~っ。
DSC03769.jpg


笑って誤魔化すなっつ~のっ!!

ピチピチかボロボロ。
10月4日(水)

今日はお友達のリリーちゃんの1歳のバースデーパーティーに。

食べ物は各自「持ち寄り」だったので、今回は「いなり寿司」にした。

おいなりさんをた~くさん作って、重箱に詰めて・・・

とっても和風な気分だったので、Codyにも日本のばあちゃんからもらった(んだったと思うんだけど)作務衣風の赤ちゃんスーツを着せてみる。

せっかくだから一緒に写真でも撮っておこうと、Codyを背景に重箱を床に置いたら、遠くにいたCodyが、ドドドっ・・・と

もの凄い速さのほふく全身やってきて、
DSC03875.jpg


あっと言う間に、おいなりさんを一つぐちゃっとやられました(汗)


なんだ、あんた・・・やれば出来るんじゃん。

それにしても作務衣姿のCodyも可愛いでしょぉ~??(親バカ)
しかしですねぇ、コレ、身長70センチ用なんですわー。
実はもうぱっつんぱっつんで。
去年の夏はブッカブカでまだ着せられなくって、今年はもうパンパン。

こーゆーケース、しょっちゅうなんです。

勿体無いからピチピチでも元を取るために回数着せようと優先的に無理やり着せてるんですけど、そうこうする内に今度はぴったりサイズだった服の方がぜんぜん着ない内にまたピチピチになってしまったりして。

それとか、いいお洋服は普段は勿体無いから・・・と毎日ボロボロの服ばっかり着せていたら、とっても可愛いブランドの服の方には袖を通さない内に小さくなってしまっていたり・・・。

可愛いお洋服を着せてあげたいのに、なぜかピチピチがボロボロの物ばっかり着せられている可愛そうなCodyなのです。

母さん、貧乏症なもんでねぇ・・・。
蒸しパン大好きっ♪
10月5日(木)

先日のちぇりーさん宅での「持ち寄りランチ」でCodyがエラく気に入ってたのが、チャイニーズベーカリー(の物だと思うけど)のフワフワケーキだ。

甘さ控えめでとっても口当たりがいいので、これはCodyもイケるかも??と思って少しあげてみたら、そりゃーもう喜んでパクパク食べてたので、ちぇりーさんにお願いして余ったのをお土産に頂いて来た。

以来冷蔵庫に入れて少しづつおやつとしてCodyにあげていたのだが、それが昨日で全て無くなってしまい、「同じ様なのを探して買ってこよう!」などど思っていたのだが・・・

昨夜、突然思い付く。

そーだ、Codyはうす甘いフワフワケーキなら食べるんだから、野菜の摩り下ろしとかたっくさん入れて、フワフワの蒸しパンみたいなのを作ってやれば「ごはんの代わり」に食べてくれるかも??

早速夜中にレシピを検索し、翌朝、朝一番で作ってやろうとワクワクした気持ちで就寝。

そして、今朝。

いつもは寝坊ばかりなのに7時前に目が覚め、キッチンへ直行。

パジャマのままで、ニンジンとほうれん草たっぷりのフワフワな蒸しパンを作った・・・

はずだったのに・・・


出来たのは・・・

こんなの。
DSC03884.jpg


右の汚い色したニンジンのは、ネトネトしてういろうの様だし、左のほうれん草のやつはまるでそのまんまをおにぎりにしたみたいになった。

Codyが喜んで頬擦りしたくなるほどフワフワに仕上がるはずだったのに、おっかしいな~。

それでも微かな期待を胸に抱き、寝起きのCodyに食べさせてみる。

ほぉ~れ、Cody。おいしい蒸しパンよっ♪

DSC03886.jpg


おやおや??今日の朝ごはんは、何だ?コレ?初めて見るぞ!!
DSC03887.jpg


じゃあ、こっちの「名古屋名物ういろう」から、頂くとするかぁ。
DSC03888.jpg


ぺっ、ぺ、ぺっ。

ういろうの方はすぐに吐き出されてしまいました。



が、その後、信じられない事がっ!!



がぶっ!!
DSC03891.jpg


モグモグモグぅ~っ!!

DSC03889.jpg


これ、おいち~っ!!
DSC03850.jpg


あまりのおいしさに、踊り出すCody。
DSC03847.jpg


なんとほうれん草のおにぎりが、Codyに大うけで食べるわ食べるわ。

母さん、うれしかったよぉ~(涙)

だってだって、このおにぎりには、見ての通りほうれん草たっぷり~と、それにそれに卵と牛乳とハチミツが入っていて、栄養満点なんですものっ☆ ちなみにお砂糖は使っていないのよっ。

で、母さんすっかり調子に乗って
「きな粉とヨーグルトとフォローアップミルク入り」のも作ってみた。

フワフワにはほど遠いが、
ねっ??回を重ねるごとにだんだんマシになってきたぞ。
DSC03892.jpg


が、これはニンジンういろう同様「おえぇ~っ」とされちゃった(泣)

いーのいーの、ほうれん草の方は大好きみたいなんだもの。
それだけで、母さん最高の気分よ。

しばらくは、蒸しパン職人になりそうです。

パームビーチへ。
10月6日(金)

会社が暇らしくって今週1週間は休んでくれ!と上司に言われ、実は先週末から9連休中の父さん。

が、彼は家族で出掛ける気などぜんぜんな~いっ!!

混んでるから・・・とか、今日は暑すぎる(あるいは寒すぎる)からとか、何かと理由をつけて自分の好きな事ばっかりしている。

よく飽きないな~と思うほど、毎日庭に出て「穴を掘ったり埋めたり」を繰り返している・・・様に私には見える。

ブツブツ言っていたら、ようやく今日パームビーチにドライブに行くことにっ!!

ふふっ、粘り勝ちだわっ。

よ~く考えてみると、

Cody、今日がビーチデビューでした。
DSC03899.jpg


ちょっとビビってるし。
DSC03904.jpg


海はいいねぇ~、母さん。まったく心が洗われるよ。
DSC03912.jpg


カモを見つけて大喜び。
DSC03938.jpg

DSC03943.jpg


その後、眺めの良いニューポート・アームズ・ホテルでランチ。

父さん・母さんはこんな物食べてるのに、
DSC03935.jpg


またあのほうれん草のおにぎりを食べさせられているCody。
DSC03936.jpg


しかしねぇ~、こんなランチが両方で37ドルなんて高いよぉ~。
近所のテイクアウェイだと、もっとボリュームあってしかもウマくて一人5ドルで済むのになぁ~なんて思ってしまう私はやっぱり貧乏人。

悲しい~。

またドライブ連れて行ってねっ!
DSC03914.jpg


カーペット
10月7日(土)

今朝のこと。
Codyもまだ寝てるし・・・とベッドでまどろんでいたら、
突然「ガンっ♪ゴンっ♪」という物音で起こされる。

週末の早朝(でもないか・・・)にじっとしてはいられない奴は・・・
あいつしかいない。

父さんだ。

一体何をしているのか?と見に行ったら、一人でサンルームの家具をずらしてカーペットを剥がしていた。

「ちょっとぉ~、あんた、何してんのぉ~っっっ!!!」

タックスリターンで少しお金が戻ったので、カーペットを新調するつもりらしい。

前回の「フェンス」に引き続き、どーでもいい事にお金を掛けたがるのよねぇ~、あの人ったら。

日本でカーペットを新しくする・・・と言うと、かつての私のイメージでは、そこいらのホームセンターで6畳用とか8畳用とかの大きさのを買ってきて畳の部屋にささっと敷いて、さあお終い!だったけれど、
ここオーストラリアでは「カーペット」はちょっとした家具なみのお値段で、そこそこの広さの部屋だと一部屋で軽~く1000ドル(約9万円)はかかる。
専門の業者が家にサイズを測りにやって来て見積もりを取り、クッションの効いた下敷きを敷いて・・・と本格的なのだもの。

Codyを遊ばせるのには、そりゃ~新しいキレイなカーペットの方が母さんとしても嬉しいですよ。
本当は他にも欲しい物がた~くさんあるので、「何で今、カーペットなのか?????」と言う疑問は残るものの、父さんがせっかくその気になってるんだから、ここで「躊躇」してしまっては勿体無いし、いーですよ、カーペット新調しても。

だだねぇ・・・今あるカーペットを剥がしてしまうのは、

新しいカーペットをオーダーしてからにしようよ・・・。

あの人ったらいつもそうなんだもの。

お風呂を自分達でリフォームした時も、キッチンのタイルを張り替えた時も、まだタイルも買っていないのに「ガガガッ~♪」っと先に壁をハンマーでぶち壊して回っていったわね。

野ざらしの工事現場みたいなバスルーム、結局その後2ヶ月程放置されたままだったわね・・・。
しかもあれは冬の寒い時だったわよねぇ~。

あいつめっ!!
「庭荒ら師」しだけでなくって「破壊魔」とも呼んでやりたい。

興奮気味にガンガン剥がしていく父さんに、お願いだからそれはカーペットをオーダーして業者が家に来てくれる日が分かってからにしようよ!!と懇願し、ようやく思いとどまらせる事が出来た。

ほっ・・・。

で、朝食の後でカーペット屋さんめぐりを開始。
いろいろ見ている内にキッチンのフロアーも替えよう!と言い出し、両方で1600ドル相当になりそうな感じに。
今頼んだらいつ頃になるかと聞いたら、2週間後ぐらい・・・と言われ、今朝父さんを止めて正解だったと胸を撫で下ろす。

来月には「ペストコントロール(害虫駆除のスプレー)」もしなくっちゃいけないのに・・・何かと物入りだわねぇ~しかし。

父さんの不思議な所はケチなくせに「家にならお金をかけてもいい」と思っていることだ。フェンスやカーペットは新しくするのに、お金がないから外食は出来ない、と言う。旅行に行く様な余裕はない、と言う。

が、母さんは新しいカーペットより、

旨いもんが食いてぇ~っ!!
プールサイドに横たわり、紙で出来たパラソルとさくらんぼのお飾りが乗った青い色の酒をチューチューしてぇ~っ!!!
素敵なアロマが漂う中で、ヨダレが垂れるほど体を揉まれてぇ~っ!!

私は間違っているかぁ~???

父さんが買いたい物→後々まで残る
母さんが買いたい物→一瞬で消えてしまう快楽

お金の使い方に関しては、父さんの方が

正しいのかもしれない・・・。
続・カーペット
10月8日(日)

カーペットの業者が、明日の朝に正式な見積もりを取りに来る。
その後我々が選んだカーペットを工場から取り寄せて・・・と、実際に新しいカーペットが我が家にやって来るには約2週間かかると言われたのに・・・。

やつめっ、今朝、カーペットを剥がしやがった・・・。

お陰でサンルームの床はコンクリートむき出しの状態で、少し埃っぽくってとっても居心地の悪~い空間となった。

あ~、あと2週間もこのままで耐えられんよ。

明日来る業者に泣きついて、なんとか早めてもらおうと思う。


あっ、遅ればせながらCodyが本格的にハイハイで移動を始めました。せっかくだから無理にあんよの練習をせずに、しばらくはハイハイを楽しんでもらおうかと思ってます。

体重は増え続けなければ。
10月09日(月)

Codyの月齢も早いもので13ヶ月となり、いつものクリニックへ体重を計りに行った。

13ヶ月と9日現在の体重、10.25キロ。

最後にこのクリニックで計ったのは11ヶ月の時で、その時は10.3キロだったから、2ヶ月かけてちょっと減ってしまった事になる。

母親である私は毎日Codyを抱っこしてるので、だいたいの感覚で体重が増えていないことは分かっていたし、毎日あんなに食べないんだもの、増えている訳がないと思っていた。
今日体重を計りに行ったのも、どのくらい減っているのか知っておいた方がいいと思ったからで、思ったほど減っていなかったのでむしろ少しほっとしたくらいだったのに、

ナースにこのままではやばい・・・みたいな事を言われた。

この時期は体重は増え続けなければいけない、と。

ちなみにCodyを産んでからも、私の体重は増え続けてるんですけど、それじゃダメですか??、ってダメよねぇ、そんなんじゃ。

久々にブルーブック(こっちの母子手帳)に載ってる標準体重のグラフを見てみたら、生後数ヶ月の頃はグラフから大きく上にはみ出るほどだったのが、今じゃ平均を下回ってるじゃないっ!

Codyはこのまましぼんでいってしまうのか??
んな訳ないよね。
ただ、らくだのコブの様な役割をしていたかもしれないムチムチの腕のしわはようやく薄っすらとしてきているが。

その後ダメ押しで「一度医者に診て貰った方がいい」とまで言われた。食べない原因が何か医学的な事にあるかも知れないから、と。

いや・・・単なる本人の気まぐれだと思うんですけど。


今日も何をやってもイヤイヤをして私の手を押しのけて自分で食べようとするので、いつもの様にいろいろな物をトレイに並べて好きなようにさせていたのだけれど、「おにぎり」は止めておけばよかった・・・。

服も体もハイチェアーも床もすべて米粒だらけになって、キレイにするのにものすごく時間がかかったんだもの。
口に入ったのはきっと、米粒2つぶぐらいだろう。

次回は散らばらない様に「焼きおにぎり」にしようか。
多分同じ事だとは思うけどね。

明日もめげずに頑張りま~す。


果物嫌い~っ。
10月10日(火)

ママ友からこっちでは貴重品の「バナナ」を4本も頂いた。

Codyにどうぞ!って。

ここオーストラリアのバナナは、昨夏、ハリケーンの被害に遭って以来ずっと壊滅状態で、今でも大変な貴重品。
国内産で需要がまかなえないならば、日本みたいに「フィリピン」からでも輸入すればいいじゃんって私などは簡単に考えるのだが、オーストラリアは政府がその独特の自然環境を守るために「検疫」に大変慎重な国で、代替品を他国から輸入する事はそう簡単ではないらしい。

スーパーには、かつて売られていたバナナの3分の1ほどの大きさでしかも青くて見るからにマズそうなのが、だいたい1本当たり1ドル以上で売られている。

誰がそんなもん買うねんっ。

と思うが、周りのママ達は「うちの子の大好物だから・・・」と、結構ひんぱんに買っている。

喜んで食べる顔が可愛くって・・・1日たったの数ドルのことならぜんぜん惜しくはない、と言う。

今日頂いたバナナは、黄色の皮にちょっと茶色の斑点が出始めたいわゆる「食べごろ」の上物で、そりゃ~おいしそうなヤツだった。

せっかくなのでありがたく頂いておいてこーゆーのもなんだけど、

Codyはバナナ食べないんですけど。

っつ~か、果物全般ほとんど食べないんですけど。

一瞬でぐちゃぐちゃに握りつぶされるのは分かっていても、果汁で全身ベトベトになるのが分かっていても、私は毎日だいたい3種類くらいの果物をCodyに与えている。

昨日はダメでも今日は食べるかも・・・という期待を抱きつつも無残に裏切られ・・・、というのを私はかれこれ7ヶ月も続けている。

いちご、りんご、なし、洋ナシ、キウイ、スイカ、オレンジ、みかん・・・などなど、そして時々バナナも。
生がダメなら缶詰はどうだ!と、缶詰の桃や洋ナシも時々試してみてはいるが、

この中でかろうじてCodyが口の中に入れるのは、いちごとオレンジ、みかんのみ。

あとの果物は口に入れた瞬間に身震いしてぺっと吐き出され、その後「おもちゃ」となり潰されてお終い。

なんとか食べてくれるいちごだって、1度に食べるのは2分の1個ぐらい。しかも半分に切ったのを丸ごと食べるのではなく、何個かの先っぽをちびっとかじってはぎゅっ、ポイっを繰り返しつつのトータルの量がそれで、潰して遊びながら20分ぐらいかけてやっとだからね。

オレンジやみかんだって、1度に食べるのはぜいぜいで2房ぐらいだ。
それも口に含んですぐにぺっと吐き出すので、実際に胃の中に入る果汁などほんの数滴に違いない。

ちなみに「野菜」も一切と言っていいほど食べない。
離乳食初期の頃には食べてくれていた、マッシュポテトやかぼちゃ、スイートポテトの類も今は食べない。
(それでも毎日調理法を変えて何種類も用意して頑張ってるんですよ)

そんなCodyの唯一のビタミン源が、ドライプルーン

これだけは毎日欠かさず3粒ぐらいだけだけど、本当においしそうに喜んで食べてくれる。

プルーンは一応「果物の王様」なのだ。他のどの果物も比べ物にならない程、栄養価に優れた健康食品なのだ。

そして袋にどっさり入って(1キロ)約3ドルとお得なのだ。

あんた、それってもしかして親孝行なのか??
お金の事は心配しなくっていいから、そろそろ他の果物も食べてよね。

唇を切っちゃった。
10月12日(木)

ようやく私の重い腰が上がり、近所の「日本人プレイグループ」に顔を出してみるかぁ~と、Codyにはいつもよりちょっと可愛いよそ行きの服を着せ、私も化粧を濃い目にしてほっぺにチークをグリグリ「おてもやん」になってイソイソと出掛けていったのに・・・本日はスクールホリデー中の為お休みでございました・・・。


家に帰って一緒に遊んでいたら、掴まり立ちをしていたCodyがバランスを失い尻もちをついた瞬間に唇を噛んでしまったらしく、下唇から流血。Codyもびっくりしてぎゃーぎゃー泣いて可愛そうだったので思わず日中なのに「おっぱい」をあげてしまったよ。

ティッシュに付いた血を見せたら、不思議そうな顔をして赤い点々を指で追いかけていた。

午後からはプールにでも連れて行こうかとも思っていたのだが、傷からばい菌が入っては大変だからと止めにしたのに、やっぱり赤ちゃんって新陳代謝が早いのねぇ~。
父さんが帰宅する頃には傷跡はすっかり消えてしまっていたよ。

お友達の赤ちゃんはもうとっくに動き回っているので、
やれ「頭をぶつけた」だの「口の中を切った」だのと聞くのは日常茶飯事だったけど、積極的に動かないCodyには今まで縁の無かった話だった。

唇から血を流してちょっと可愛そうだったけど、ようやくこの子にもそんな時期が来たのだなぁ~と、ちょっぴり嬉しく思った母さんでした。


やっと来ました。
10月13日(金)

昨日、ケータイにうれしいメッセージが。

我々ママ友グループのお友達に、第二子が無事誕生したんです。
3200グラムの女の子で、イザベラちゃんと名づけられましたっ!
おめでとう、ローリーちゃん。


今日はそのローリーを除くメンバーで、また持ち寄りランチをしちゃいましたよぉ~。
焼きビーフンを作っていったら、オージーママにも好評。

いつもの様に楽しくおしゃべりしていると、カイリーから嬉しい事を言われました。

なんと私が妊娠する夢を見た!と言うのです。

あ~、正夢であって欲しい・・・。
もう一人、明日にでも欲しいぞぉ~。

そ~言えば、先々週の話だが・・・

何だか妙に胸がムカムカして、体はだるいし、異常に眠いし・・・で、もしかしてあたしったら「妊娠???」って思った事があって、そんな事身に覚えがないので有り得ないとは思ったがまさかという事もあるかもしれない・・・と妊娠検査薬でチェックした。

結果はもちろん「陰性」だったけど。

そーよね、だって私、まだ母乳続けてるし、出産後の生理も来てないし、不妊症だし、父さんとはずっと別室で寝てるし・・・、妊娠する訳ないねん、よく考えたら。

でも、もしか・・・と思ってね。
そう思い出すと、検査せずにはいられなくってね。

生理が来ないんじゃ排卵誘発剤も飲めないから、まだまだぜんぜんダメなのだ、本当は・・・なんて事を思っていたら、

こんな所で発表するのもなんだけど、

今日ついに、出産以来始めての生理が来ました。

実に13ヶ月半ぶりに、です。いや、妊娠中から数えると1年と10ヶ月ぶりだわね。

これって遅い方?
遅いのはやっぱり授乳してるから?
それとも単なる不順??

二人目に向けて少し近づけた気がして、とにかくちょっと嬉しいわ~。



ごはんに悪戦苦闘のCody。
お口に入れようとすればする程、お顔や手にべ~ったり。

DSC03958.jpg


上手くで~き~な~い~よぅ~っ!!


暑くなると出来ること。
10月14日(土)

ぐふふっ・・・。

今朝、業者の兄さんが来て、新しいカーペットがやって参りましたっ!

やっぱり新しいのは気持ちがいいねぇ~。
DSC03961.jpg


よいしょっ、よいしょっ。
DSC03962.jpg


Codyのハイハイもいつもより軽やかに見えたりして。


ところで、このカーペット業者さんが来るほんの20分前までは、家の前が大変な事になっていた。

我が家の前だけになぜか蜂の大群がブンブン飛び回り、その不気味な黒い影で空が見えないほどだったのだ。怖かったよぉ~。

どぉ~したものかなぁ~?
こんなんじゃ、カーペット屋さんが来ても車から出られないじゃんねぇ~などと思いながら、窓越しにその様子をずっと見ていると、その黒い影がだんだん薄れていって一点に集まり、

なんと我が家の庭の木の根元にびっしりっ!!
DSC03967.jpg


もしかして・・・ここに巣なんか作っちゃう訳??

やめてくれぇ~っ!!!


話は変わりますが、今日のシドニーは気温=体温の猛暑でした。
10月の気温としては、観測史上、最高の気温だったそうです。

暖かくなってくるとこんな事が出来るので、母さんとしてはとっても嬉しいです。


「裸えぷろんっ!」
DSC03976.jpg


今までは、食べ物にまみれたお洋服をお洗濯するのが大変だったもの。
もうそんなことには悩まされないぞぉ~っ!!

はっぴーばーすでー、ジェイコブ!!
10月15日(日)

今日は我々ママ友グループのベイビーちゃんの中で、一番最後に1歳のお誕生日を迎えたジェイコブ君のバースデーパーティーにお招きいただきました。

ケーキ。
DSC03998.jpg


ご馳走。
DSC04000.jpg


バースデーボーイ。
DSC04001.jpg

おめでとう、ジェイコブ!!
毎週の様に続くパーティーラッシュで、記事にするのにろそろ飽きてきている不謹慎な母さん・・・。


ところで・・・


ようやくつかまり立ちが出来るようになって、毎日執拗にその練習に励んでいるCodyですが、実は彼、一度立ち上がると自分では元の「お座り」の状態に戻ることが出来ません。

で、どうするか、と言うと、

泣いて母さんの助けを呼ぶ。
DSC03972.jpg


こんな風に。
か~あ~さ~~~んっ!!!
DSC03971.jpg


いつもいつもその度に呼ばれるのでこっちももう嫌になってきていて、たま~にそのまま放っておく事がある。

そーすると、泣き疲れて「うわ~ん、うわ~ん」と泣いた後の最後の「うわ~ん」が「ふぇ~ん」とあくびに変わり、立ったまま寝そうになって、めっちゃ可愛いんだな~。

ど~してもっと早く助けに来てくれないのぉ~っ??
DSC04002.jpg


疲れてちょっと眠いよ・・・むにゃむにゃむにゃ・・・。
DSC04003.jpg


いつも一緒なのにぜんぜん違う二人。
10月16日(月)


家が近い事もあって、お友達のカール君とはほとんど毎日の様に一緒に遊んでもらっています。

押し合いしてテレビをいたずらしたり、
DSC03978.jpg

DSC03979.jpg


一緒に本棚に入ってみたり・・・。
DSC03993.jpg

DSC03996.jpg


しかし同じ赤ちゃんでも二人の性格はぜんぜん違って、見ていてとってもおもしろい。

たとえば「積み木」を積み上げてあそぶと・・・

カール君はすぐに手でガガ~っと積み木を倒してしまう。
クリクリのお目目が愛くるしいが、実はなかなか激しい性格の持ち主なのだ。
対してCodyはと言うと、わ~っ!と嬉しそうに両手を広げて喜んだ後でそぉ~っと一番上の積み木を取り除く。積み木を手にとって遊びたいのだ。下の方はなるべく崩さない様に慎重に注意しながらやるんだけど、残念ながら、結局ガラガラ・・・と崩れてしまう。

このカール君が我が家に遊びに来るとそりゃぁ大変な事になってしまう。我が家は「動かないCody」のお陰で「赤ちゃん仕様」のインテリアになっていないから。

つまりカール君の手の届く所に、彼にとっては触らずにはいられない非常に魅力的なモノたちがゴロゴロしているのだ。
我が家は今でも、Codyがまだ寝てるだけの赤ちゃんだった頃と同じ様に暮らしている。棚の上には観葉植物やフォトフレームがそのままに、いつも触っているノートパソコンもコードを繋いだままでその辺に転がっている。気をつけなければいけないのは、ティッシュの箱ぐらいかな??
なので彼らが我が家に遊びに来ると、カール君のママは叫びっぱなし。
「ダメダメダメぇ~、それ触っちゃダメぇ~」ってね。

そしてカール君はどうも「人の顔」を触るのが大好きな様で、私が抱っこしてあげると必ずペンペンと顔面を叩かれる。
一緒に遊んでるCodyもいつもペンペンやられているし。
Codyはペンペンしない代わりにいつも、私の鼻の穴に指突っ込んで来るなぁ~。

未だに「ヨダレ」ダレダレのCodyに対し、カール君はよだれかけ不要で母さんとしては羨ましい限り。
その上一旦食べ物を口に入れたら「べぇ~」っと出すことは決してない、と言う。素敵だぁ~。

あとCodyはモノを投げるって事をほとんどしないのだけど、カール君はいつも手当たり次第に何でも投げているし。

私にとっては「Codyの行動=一般的赤ちゃんの行動」なのだけど、いやいや、実はそーではないのだね。
一口に「赤ちゃん」と言えど、二人の行動の違うことと言ったら!

とにかく性格の正反対なこの二人。
これからも母さん達の目を楽しませつつ、お互い刺激を受け合ってすくすくと元気に育って欲しいものです。

蜂退治。
10月17日(火)

先週の土曜にどこからともなくやってきて我が家の前庭の木に巣づくりをはじめた蜂の大群を、今日やっと取り除きました。

もちろん専門の業者にたのんで、です。

蜂は夜に活動能力が弱まるらしく、とっぷり陽が暮れた夜にまるでゴーストバスターズの衣装の様な宇宙服ちっくなのを着たおっさんがやって来て、暗がりの中で30分ほどゴソゴソやった後、木の枝ごとごっそり持って行ってくれました。
害虫駆除としてではなく、養蜂業者に頼んだのであくまでも除去。
今頃どこかの養蜂場で、女王様のためにせっせと蜜を集めていることでしょう。
費用は40ドルと、思ったより安く済みましたが、よけいな出費には変わりなし。

何で我が家の庭じゃなきゃいけなかったのかねぇ~??

かさ地蔵みたいにさぁ~、大判小判とは言わないからさぁ~、
助けてあげたお礼にハチミツでも持って来なさいっ!
無料の娯楽。
10月18日(水)

図書館&フードコートでお茶の後、特に様もなくショッピングセンター内をブラブラ。

クリスマスの飾りつけ専門のお店を見つけ、赤、白、緑・・・とチカチカ点滅する電飾飾りをCodyと一緒に見る。

あ~あ~言ってあちこちを指差し、Codyすっごく喜んでましたわ。

その後、向いにあったペットショップへ移動。

可愛い子犬&子猫達とガラス越しに戯れ、水槽のカラフルな熱帯魚達を指で追いかけ、うさぎが餌を食べる姿を眺め、小鳥のさえずりを楽しみ、Codyはそれはそれは満足気でした。

無料のエンターテーメント。
要するに、ただいつもの様にショッピングセンターをウロついただけ。

こんなんで喜んでくれるのも今のうちだけなのかしらん?
母さんとしては結構楽しいんだけどね、こんなんも。
触らない方がいいらしいが・・・。
みなさんは我が子の「耳掃除」、一体どうしているのでしょう??

育児書には「あまり触らない方がいい」とか、「放っておけばいい」なんて事が書いてありますが、私はいつも我慢し切れずについ

掃除しまくっています。

週に1回ぐらい、でしょうか?

いつもお風呂の後。

Codyの身体を拭いてパジャマを着せる時につい、

綿棒でグリグリ。

この「綿棒でグリグリ」が一番いけないらしいんだけど。
なんでも「耳垢」が奥に押し込まれて、逆に良くないんだとか。

しか~しっ。

Codyの場合、毎回びっくりする程べっとりと「耳垢」が取れて、
「もし掃除しなかったら一体どうなるねん??」っていうくらい溜まっているぞ?

半熟たまごの黄身みたいな、オレンジ色のねっとりしたのがごっそりだからね、彼の場合。

今日もたっぷり取れて、母さん大満足だったわぁ~。

この耳垢でございますが、日本人の約8割以上が「カサカサの乾燥耳垢」の持ち主で、Codyと同じ「ねっとり耳垢」の人はわずか2割弱らしいです。逆にこの「ねっとり耳垢」は西洋人に多いらしく、約9割以上がそうなんだとか。

ねっとり耳垢は優性遺伝をするので、両親のどちらかが「ねっとり派」であれば、その子は必ず「ねっとり耳垢」の持ち主になるそうな。

かく言う私は日本人には少数派である「ねっとり派」でございまして、当然Codyもねっとりしちゃった訳ですな。
ちなみに西洋人である父さんはもちろんねっとりさんです。

ねっとり耳垢と「ワキガ」には高い相互関係がある事が知られていて、わたくしもかなり臭いです、ってそんな事どーでもいいか?

とにかくCodyはこの「耳掃除」をとっても喜んでくれていて、毎回目を細め、じっとして心地良さ気に掃除されてくれます。
掃除の後は耳を折って「トントントン♪」と軽くたたいてやります。
これは私の母が、小さい頃に私の耳掃除をする度にしてくれいた事で、私はこれが大好きでした。
と~っても心地良いの、このトントントン。

そして毎回、どれだけ耳垢が取れたかを必ず見せてやります。
Codyもちゃんと分かっていて、毎回チェックしたがります。
ごっそり取れ、綿棒の先にたっぷりとオレンジ色の耳垢が付いていると「おぉ~っ♪」と歓声をあげ、それを口に入れようとします。

これこれ、そんなもん食うなっつ~のっ!!と叱って、この母と子の素敵な時間はお終いとなる訳です。

ところで私はこの手のモノをCodyに見せるのが大好きで、鼻くそを取ったときも必ず「ほぉ~らっ!」と見せてやります。
そしてやっぱりCodyはそれを手に取り、食べようとします。
もちろん食わせはしませんが。

うんちをした時もそう。
必ずCodyの顔の前でオムツを広げて、
「ほぉ~ら、こんなに立派なウンチが出ましたよっ!」と見せてやります。そしてやっぱりCodyはそれに手を伸ばして食べようと・・・

金返せっ!!
10月20日(金)

通常金曜の夕方と言うと仕事から帰宅した父さんにとっては、楽しみにしていた週末に向かう前の思わず「ムフフッ・・・」となってしまう素敵な時間のハズなのに、先週末から土日もどこかで仕事を見つけて来てしまった為(1ヶ月の短期ではありますが)ここの所休みなしの彼、今日は非常に疲れが溜まった状態でした。

そんな中受け取った一通の封書。

開封すると、センターリンクからの物だった。


先日は私の「タックスリターン」で2000ドル戻り、ホクホク顔だった私たち。

その棚ボタ的臨時収入で、さっさとカーペットなど新調してしまった私たち。

なのに、なのに・・・。


その知らせには、


2600ドル返せ!!

と、書いてあった。

ここオーストラリアでは、子供がいる家庭に2週間に一回国から「Family Tax Benefit」って言うお手当てが出る。
日本で言う「扶養手当」みたいなもんかなぁ??

それが多く支給され過ぎていたので、まとめて返せ!と来たもんだ。

いきなり2600ドルって、デカくないかぁ~??
痛ぇよぉ~。

なぜ、こんな事が起こったかと言うと・・・。

このお手当ての支給額は各家庭の総所得額に応じて計算されていて、所得が上がるにつれその支給額は減る仕組みになっている、らしい。

そしてその総所得額は、前年の実所得額ではなく、その年の「見込み所得額」に応じて計算されている、らしい。
では、一体誰がその「見込み額」を予想するのか?

それは各々が自分で。
そー言われてみれば、去年そんな申告をした様な気が・・・。

で、我が家の場合。

わたくしが、自分の収入の見込みを間違っておりました・・・。

昨年度はすぐに産休に入ったために、たったの1ヶ月しか働いていない私。そんな私の収入は、産休の手当ても含めても「月収×2.5ヶ月分」ぐらいだと予測していた。が、実は未消化の「有給休暇」が山ほどあって、もらって見れば昨年度の収入は「月収×5ヶ月分」の金額だった。

予想よりたった2.5ヶ月分の給料を多くもらってしまったが為に、2600ドルものお手当てが減算されてしまったのだよ。

一体ど~ゆ~計算なのかねぇ?

ここオーストラリアのシステムは、働けば働くだけ損をする様になってる様に思う。

本年度は「専業主婦」なあたし。

さぞかしたくさんの「お手当て」がもらえる事でしょうよ。

最近のCodyさん。
10月21日(土)

今日も父さんは頑張ってお仕事でございます。
週末はバイクではなく車で出掛けているので、Codyと母さんは家に閉じ込められお出かけもままなりません。

よって、今日は公園に散歩に行った以外はずぅ~っと家におりました。

でもその方がじっくりCodyと遊べていいのかも~。

忘れない様に、最近のCodyの様子でも記しておこうかな。


~言葉~

一番頻繁に使うのが「っぱい」。これは「おっぱい」の事です。
おっぱいが欲しくなる度に私の胸元を引っ張って、「っぱい、っぱい」とせがみます。

次によく使うのが「パピ」。これは「パピィ(子犬)」の事。
Codyの写真にもよく写っていますが、彼は白い犬のぬいぐるみを常に抱きしめています。アレが手元にないと何も手につかないくらい。
だからちょっとでもどこかに置き忘れたりすると、「パピ・・・」と言って探し回ります。

色は「ブルゥ~」の他に「パプ(パープル)」が言える様になりました。

猫を見ると「キャッ・・・(キャット)」と言って指差します。

フレームに入った母の写真を見せて「ばあちゃん」と教えているので、指差して「バァ、バァ」と言うのですが、写真のないただの額縁の事も「バァ」といいます。

あと、お風呂にあるアヒルのおもちゃを指差して「ダック」。
おまけに泣き声の「クワッ、クワッ♪」も出来ます。

父さんの事ははっきり「ダディ」と言いますが、未だに母さんを「マミィ」とは呼んでくれません(涙)


~動作~

テレビからノリのいい音楽が聞こえてくると、お座りしたまま「縦ノリ」でリズムをとります。テクノ系がお気に入り。

クイズショーなどの「正解」で拍手が聞こえると、何をしていても手を止めて、必ずCodyも一緒になって「パチパチ」します。律儀~。

同じことを繰り返しする事が多く、おもちゃを箱から全部出す、全部出したら今度は全部戻す・・・みたいな事をずっとやってます。なので「お片づけ」はとっても上手。

~生活・習慣~

ここのところずっと便秘がちで「浣腸」ばかりしています。
放っておくと4日経っても出ない事が多く、浣腸するとビックリするほどどっさり出ます。
一時は大成功だった「おまる」も、動けるようになった最近ではすぐに自分で降りてしまいダメ。

電話が鳴ると電話を指差します。

などなど。


こーゆーちょっとした事を書きとめて置くためのブログなのに、気が付いたらくだらない事ばっかり書いてる私。

これからは意識してもっと書くようにしよう。
毎日毎日、どんどん変わっていくからねぇ。
忘れてしまっては勿体無い!!
今日もペンペンされてます。
10月23日(月)

今日はアイラちゃんのお家へ遊びに行った。
仲良しのカール君も一緒。


仲良くおもちゃ箱に入って遊ぼうと思ったのに・・・
DSC04015.jpg



やっぱりいつもの様に「頭ペンペン」されるCody。
DSC04030.jpg



あのぉ~、あなたねぇ・・・。

「嫌だからやめてっ!」ってやっていいのよ。

いつもやられっ放しなんだから、もう・・・。


クレヨンなんかはまだ早いのね。
10月24日(火)

今日は自宅からの「避難勧告」が出され、用もないのにCodyとショッピングセンターをウロついていました。

夏に入る前のシドニーの風物詩・・・でもないか、「ペストコントロール(害虫駆除)」のスプレーをしたんですわ。

じじの知り合いの業者に頼んだので「お友達価格」ですけど、短パンにビーサン姿のおっさんがやって来て、ちょちょっとスプレーして
120ドルでした。痛っ・・・。

でもこれで向こう1年はあの嫌なゴキに遭わなくってもいいと思ったら、安い安いっ!!
このスプレーのお陰で、我が家はゴキとは無縁の生活。
夏場に数匹と遭遇する事はあるが、大体が既に薬でやられてヨボヨボの死にかけ状態。日本のやつみたいに、スプレーしたらこっちに向かって飛んでくる!なんで事は絶対にな~いっ!!

こっ、怖いよぉ~、空飛ぶゴキは。
(ちなみに父さんは日本で始めて「飛ぶゴキ」を見た、と言っておりました。日本のは、中途パンパな殺虫剤のせいで逆に進化してるからね)

スプレー後は窓全開で空気の入れ替えしたんだけど、まだちょっと喉がチクチクいがらっぽい感じ。こんな空気吸ってCodyが大丈夫なのかちょっと心配だけど、どこの家もやる事だしね。

日本ではあまりしませんけど、ペストコントロールはここオーストラリアでは常識なのです。


ショッピングセンターをウロつく度に買ってしまうのが、Codyのおもちゃ。数ドルの安いのをついつい買ってしまう。
今日も「おもちゃのケータイ電話」と「クレヨン」を買ってしまった。

クレヨンでお絵かき、ずっとさせて見たかったんだよねぇ。

10ヶ月の頃だったかなぁ??
お絵かきさせようとペンを持たせたら、そのままあぐぅ~っと口に入れてしまったので、そうか、まだ早いんだ・・・とその時は一旦見送った。そして1歳になった頃だったかな??
磁力でお絵かきできるヤツ、あれを与えてみたらすぐに遊び方を理解して、以来それが大好きでいつも何やらグリグリ書いているので、クレヨンも早く試したかったのだ。

で、与えてみると、案の定大喜び!!

し、しかし・・・紙にグリグリお絵かきして遊ぶ事が分からずに、両手に1本ずつ持ってモーレツな勢いでハイハイし始める。

こっ、これこれ、どこ行くねん・・・と思って見てたら、タタッとあっという間にクレヨンを握り締めたままソファにつかまり立ちをして、やってくれましたわ。

ソファにお絵かき・・・(汗)

すぐにクレヨンは取り上げられ、引き出しの奥へ、
さ~よ~お~な~ら~っ。

Cody、激泣きぃ~。


最近のCodyは、気に入った物を取り上げられるともの凄く怒る。
訳も無く取り上げたのでは可愛そうなので、なるべくいつも「理由」を説明しながらやるんだけど、そんな余裕無い時あるよねぇ、危ない物を持ってるのを見つけた時とか。

「こらっ!!」なんて言いながら手から物を取り上げると、
プププププ・・・と口を尖らせてプルプルした後、火が付いた様に激泣きだ。身体をエビ反りにして怒ることもある。

まだ私自身がそんな光景に慣れていなくって、ちょっと怖いのよねぇ、そんな「癇癪」っぽい態度見せられると。
幸いそんなエビ反りの怒りは、すぐに治まってくれるけど。



ど~でもいいですけど、ちょっとCodyの後頭部を撮ってみました。

前からじゃあまり分からないけど、後ろはクリンクリン♪なんですよ。
DSC04012.jpg


父さんは「早くヘアーカットしろっ!!」って言うけど、とんでもない! こ~んなにきゃわゆいんですもの、どんどんクリンクリン♪になってもらいますよ。今切っちゃ、勿体無いわ~。

へアースタイルの話題ついでで、もう一つ。
今までにたった2人。
日本の弟とお友達のふうさんから、
「Codyって、レツゴー3匹のじゅんに似てるよねぇ~」と言われた。

同じこと思っていた人、他にもいました??

お風呂であそぼっ!
10月25日(水)

毎日の日課のお散歩。
最近は日中とても暑くて日差しも強いので、夕方涼しくなってから親子3人で近所をブラブラ歩く。

そろそろジャカランダ(初夏の到来を告げるうす紫色の花、日本の春のさくらみたいな感じ)が咲き始めたなぁ~と歩きながら眺めていたら、遠くにブッシュファイアー(山火事)の煙が見えた。

DSC04032.jpg


ジャカランダと同じくして、残念ながらこちらも夏にはつきものの現象。
今年は大きな被害が出ません様に・・・。


さて、夜になってCodyのバスタイム♪

暖かくなって来ると身体が冷えるのを心配しなくってもよいので、つい遊んでしまう母さん。


まだかな?まだかな?

DSC04024.jpg


ボクの大好きな、いつものアレ。

まだかなぁ~??




Codyの大好きな「アレ」とは・・・


DSC04023.jpg



シャボン玉の事でしたぁ~♪

風で飛んですぐに消える事もないし、汚れる心配も要らないので、
お風呂でシャボン玉はおすすめですよぉ~!!


日本人プレイグループ。
10月26日(木)

今日こそは近所の「日本人プレイグループ」に参加させて頂こうと、朝から身支度を整えてCodyが起きるのをじっとまっていたのに、なんでこんな日に限って

10時半まで寝るかなぁ。

朝ごはん食べさせて、お着替えして、やっと出掛けられる!と思ったらもう、11時半過ぎてました(汗)

それでも今日行かなければまたしばらく行く気にはならないかもしれない、お友達もたくさんいてきっとCodyも喜んでくれるはず!と、最後の15分だけでも参加させてもらいに頑張って行って来ました。

先輩ママ様方は、「もうお仕舞いなのに、今更何しに来たん?」と内心では思っていても、そんな事一切顔に出さずに、我々をとても暖かく迎え入れてくれ、Codyも広い板張りのホールを最近マスターしたばかりのハイハイで動き回り、とっても楽しそうで、あ~来てよかった~!と思ったことは思ったのですが、

人見知りする+大人数が苦手、な私。

実はと~っても疲れたぁ~。

さらに私は「気を利かせる」と言うことが非常に苦手で、最後のお片づけの時になってみんなテキパキとお掃除したりおもちゃを集めたりしてる中、まだ要領がよく分からない私はひとり

ポツ~ン・・・みたいな。

そーゆーのって、ちょっと悲すぃ~・・・

が、かわいいCodyの為ですものっ。
2週間に1度の事ですものっ。

次回も頑張って参加させて頂きま~す!!

家に帰って遅めの昼ごはん。

相変わらず、ぐっちゃぐちゃにするだけでぜんぜん食べないCody。
DSC04035.jpg


結局最後に大好きなお菓子をもらって、しっかりそれだけ食べてる。
DSC04039.jpg


なんか文句あるん??
DSC04044.jpg


いっ、いや・・・もう、好きにしてください。
人生、笑って過ごさな損よねぇ。
10月27日(金)

またまた母さん連中で持ち寄りを。


最初は少しでも「お料理上手」と思われなければ!なんて気合を入れて頑張っていたのに、ママ達とも家族同様に打ち解けてきたこの頃は、特別に材料を買いにスーパーに走る・・・なんて事もすっかりなくなり、家にある物で適当に何かこしらえて誤魔化す様になりました。

そんな訳でCodyに遅い朝ごはんを食べさせつつ、母さんは買い置きのツナ缶で、

「のり巻き」なんぞを作っていた。
DSC04048.jpg


で、ほな行きましょか~、と振り向いたら、

Cody、寝てるし。
(どーでもいいけどこのレーズントースト、黒こげちゃうん??なーんて突っ込みはナシね)
DSC04045.jpg


アップ。
DSC04046.jpg


さらにアップ。
DSC04047.jpg



結局遅れること1時間・・・。

他のママ達も同じ様なもんで、オーブンで温めるだけのパイとかポテトサラダとかゆで卵だとか、な~んかあまり気の張らない物を持ってきていた。

でも、それでいいのよねぇ~。
そーゆーのが長続きする秘訣だわ~。

一つ一つはささやかな物でも、みんなで集まれば

素敵なランチになりますもの。
DSC04049.jpg


今日も楽しかったわ~。


話は変わって、今日の晩ご飯時・・・


お海苔をパリパリやっていたCodyのアゴに、ちっこい切れ端がぺタリ。
DSC04055.jpg


がはは~っ。こーゆーの、母さん大好きっ。


さっそく、はさみでジョキジョキして・・・



こんばんわ、郷~ひろみですっ。
DSC04060.jpg



あはは~、おもしろ~い。


んじゃぁ~、ここにも付けて、と。


<加トちゃん、ぺっ!
DSC04059.jpg



もう一つ・・・


ぺっ!!
DSC04058.jpg



調子に乗って一人でキャッキャ♪やっていたら父さんに見つかり、子供の顔で遊ぶなんて「ひどい母親だ!」とお叱りを受ける。

ちぇっ、つまんねぇ~奴。

後でCodyにこの写真を見せたら「あはは・・・」と喜んでくれたわよ。

よしっ、さすが母さんの子だわ。
人間、笑ってもらってなんぼ、よね。
国際大会。
10月28日(土)

今日も冷蔵庫の残り物をかき集め、なんとか頑張って

こんな物に仕立て上げ・・・(ちらし寿司よ)
DSC04064.jpg


向かった先は、

じゃ~んっ!!
DSC04071.jpg


テーブルに並ぶのはそれぞれが持ち寄ったお料理。

なんか、持ち寄りの国際大会みたいだよねぇ。


実はこれ、お友達のメラニーちゃんに誘われて参加した、いつもの教会のイベントの一つ。

「インターナショナルフードナイト」と名づけられたこのイベント、要するにみんなで持ち寄って一緒に晩ご飯しましょう!って訳。

さっすが移民の国、オーストラリア。
集まった200人程の参加者の出身国は多彩で、そりゃ~たくさんの珍しいお料理が並びました。

全種類を制覇したかったけれど、とてもとてもお皿に乗せ切れません。

残飯整理の様な「ちらし寿司」が、

こんなてんこ盛りディナーに変身しました。
DSC04073.jpg


写真を撮るのを忘れたけれど、この後は当然てんこ盛りデザートもあって、いやぁ~、今日もひっくり返る程たくさん食べちゃいました。

やっぱり教会って、おいしい所だわぁ~。


このイベント、夕方6時から9時過ぎまでやっていてCodyがどうなるかとっても心配だったけれど、今日も彼はとってもいい子でした。

母さんが「食べ物+おしゃべり」に夢中になっている約3時間、1度もぐずらずにずっとベビーカーに座っておとなしく遊んでいたんです。
一人で「いないいないばぁ~」をやったり「あ~わ~わ~♪」とインデアンみたいにしたり、おせんべいをボロボロにこぼして食べたりして。

ごはんを食べない事意外は、本当に文句の付けようの無い素晴らしい赤ちゃんなんだけどなぁ~。


メニエル症候群??
10月30日(月)


今朝、いつもの様にごくごく普通にベットから起き上がったら、

突然世の中が

グワァ~ン♪

と、大回転。

続いて胸がムカムカ、

オェェェェ~っ!!!


ちょ、ちょっとぉ~、何なのよこれ??
もしかして、メ二エル症候群??


とにかく起き上がるとグルグル&ゲロゲロ的気分になるので横になっているしかなく、Codyには朝&昼ごはん無しで代わりに二回もおっぱいをやり、夕方までずーっと寝ていた母さん。

安静にしていたのが良かったのか、夕方にはすっかり症状も緩和され、何とか普通の生活に戻ることが出来ましたが。

わたしったら、一体どうしちゃったのかしら?

最近ちょっと寝不足だからかなぁ~?

Codyの寝る時間がどんどん遅くなって最近は深夜近くになってしまっているのに加え、ここ数日は夜中2時ごろに泣き出しその後2時間ぐらいグズグズする事が続いた。
昨夜はそのまま2時間も「お遊び」に付き合わされるし。
今までは「おっぱい」さえあげれば泣き止んで、5分ですぐにまた元の眠りに落ちて行っていたのに、ここ数日は「おっぱい」をイヤイヤするCody。

今までは「夜中の授乳」を、大変だけど頑張るわ♪などど思っていたけど、いやいや、そうでなくて、夜中におっぱいさえ飲めはスヤスヤ寝てくれるってのは、実はと~ってもありがたい事だったんだ。

とにかく最近のこの「夜泣き」には本当にやれやれで、昨夜は結局、薬を飲ませて落ち着かせました。

原因は多分「歯が生える痛み」と「便秘からの不快感」。

こう毎日夜泣きの夜が続いては、母さん以上に本人がもっと辛かろう。

何とかしてやらないとねぇ~。
背中にスイッチがぁ~~っ!!
10月31日(火)


最近、夜、Codyが寝てくれない。
就寝希望時間の9時を過ぎるのはもちろん、9時半になっても10時になっても寝ない。

今夜寝たのは11時半。
ここ4~5日、ずっとそんな調子。

一人で勝手に遊んで起きているのなら何ともないけど、必ず私を巻き添えにして、大抵は身体によじ登ったりすがり付いたりして密着したまま遊んでくれとせがみ、ずっと起きている。
私の唯一のリラックスタイムのはずなのに、毎晩そんな風ではこっちもたまらないのだけど、無理やり身体から引き離したりしたら激泣きするので黙ってお付き合いするしかない。

そんな風で、今夜も「一体いつまでつき合わされるのかなぁ・・・」と半ば途方に暮れて、仕方なく一緒に遊んでいた。
その内Codyが愚図って泣き出す。

すでに寝ている父さんを起こしては大変なので、慌てて色んなおもちゃを見せたり振ったりして気をそらさせようとするけど、全然ダメ。

触ると話しかけたり歌ったりする犬のぬいぐるみが目に留まり、そのままだと夜はボリュームが大きくてうるさいので、Codyを膝に座らせたまま、背中の所についているスイッチで音量を調節しようと服をめくった。

その時。Codyが突然、


「あぐるピキ@#$<>%:トゥル”&*_ブルぶーぷぷ・・・」

と言ったかどうか定かではないが、とにかく大声で叫び、泣き出した。

「いやぁぁぁぁ~~~っ!!」
「ち~が~うぅ~~~っ!!」

「母さん、こっ、これは・・・何かの間違いだよね?」
と私をまるで裏切り者でも見る様な絶望的な目つきで見つめ、悲しみに暮れるCody。

恐らく彼はこのおしゃべりするぬいぐるみを、他の電池で動くようなおもちゃとは別格の「お友達」だと思っていたらしく、突然母さんに背中のスイッチなるものを見せられ、
「わんちゃん、お前もか・・・」
と、すっかり失望してしまったらしい。

慌ててスイッチを隠したけど、時すでに遅し。

天を仰いでオイオイと泣くCodyを抱きしめながら、不謹慎にもニヤニヤ笑ってしまった母さんでした。

くくくっ・・・相変わらずきゃわいい~んだから。Codyったら♪



カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。