オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Codyの母さん

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cody,9ヶ月。
今日でCodyは9ヶ月になりました。
皆様のおかげで、すくすくブクブクと元気に育っております。

記録の為に最近のCodyの成長の様子を残しておこうかな。

体重:10キロ
身長:73.5センチ
頭周り:48センチ
歯:下になぜか3本
髪の毛:周りの同じ月齢の子達に比べると長くて多い方。

最近のニュース
スプーンからちょびっとジュースを飲める様になった。
おまるでウンチをする様になった。
しっかりしたお座りが出来るようになった
(でも未だにわざと後ろに倒れるので一人には出来ない)
あんなに大好きだった「おしゃぶり」を自ら卒業した。

睡眠
だいたい9時ごろ就寝し、朝9時ごろまで寝ている。
その間、たいてい深夜と早朝の2回、「アッ、アッ・・・」と声を出して起きるが、おっぱいを飲んだらそのまままた寝る。
9時間ぶっ通しで寝ていた3ヶ月~6ヶ月の頃が懐かしい。

最近よくやる行動
唾を思いっきり飛ばしながら唇と舌を使って「ブーブー」音を出す事に命を賭けている。ちなみにこれを英語ではラズベリーを吹くって言う。
本当に1日中やっている。
向き合って抱っこすると「頭突き」を始める。
機嫌が良い時、鼻歌交じりで膝から下をブラブラさせる。
食べ物は口に上手く入れられないのに、食べちゃいけない物はとっても上手に食べる。
一人にすると途端にびぇ~びぇ~泣く。

食事
好きなもの:おっぱい
離乳食で好きなもの:アボカド、お粥、芋、かぼちゃ系の野菜、
           ヨーグルト
どうしても食べられないもの:果物全般、おっぱい以外の飲み物

言葉
面白い様に赤ちゃん言葉の定番「アブアブ・ウブウブ」を言うので笑える。泣くとき「まま~ん」と言う事があるが、ママとは関係なし。
時々「ダァ~ダァ~」とも言うが、ダティとも関係なし。

出来てもおかしくないのに何故か出来ない事
ハイハイ&つかまり立ち
いないいないばぁ~(意味がぜんぜん分かっておらず知らんぷりする)
哺乳瓶とか赤ちゃんコップで飲み物を飲む事

なんか思い出そうとすると、よけいに思いつかないなぁ~。
まぁ、とにかく元気に育っているのが何よりです。

ちなみにこちょこちょすると、こんな顔になります。
DSC02462.jpg


スポンサーサイト
手作りグミ。
私はグミが大好き。
家にいてもテレビをみながらいつもチビチビかじっている。

こっちのグミは蛇の形をしていたり、着色料たっぷりだったりと、けして体に良さそうではないけれど、そんな事お構いなしにかじっている。

すると当然隣にいるCodyさんが、ぼぉ~っと私の様子を見て、
口をパクパクさせて食べたそうにした。

で、母さん、思わず1つわたしてしまった。

Cody、大喜びっ!!(当たり前)

甘さに喜んだと言うより、Teething真っ盛りなのでグミの噛み噛み心地が良かったって感じ。アグアグ、アグアグ、楽しそうに噛んでた。
(しばらくしたら取り上げましたよ、もちろん)

で、母さん思いつく。
Codyのおやつに赤ちゃんグミをつくってやろう!。
ネットで調べて、みかんの汁でこんなん作ってみる。
DSC02695.jpg


Codyもうれしそうに噛み噛みしてくれた。
DSC02696.jpg


しかし・・・、それは最初の数分のみ。

手でぎゅっと握り締めるもんだから、体温でベトベトに溶けてしまった。ゼラチンで固めただけだから。
水で洗い流そうもんなら固まってしまうので、キレイにするのに一苦労した。ぜんぜんダメじゃん・・・。残りのグミはゴミ箱へ。

ちっ・・・。

手作りグミ・・・、いいアイデアだと思ったんだけどなぁ~。
溶けないレシピ、教えて欲しい・・・。
それかメーカーさんで赤ちゃん噛み噛みグミ、作ってくれないかな。
きっと何でもある日本には、そんな製品既にあるんだろうな~。


ゲイケア??
事ある毎に意見が合わない主人と私。

最近ニュースで取り上げられたマリックビルのデイケアの件でもそう。

このデイケア(日本では「老人介護施設」をこう呼ぶことが多いが、オーストラリアではこれは「託児所」つまり保育園みたいな所の事を言います)で赤ちゃんから6歳未満の子供用に読まれていた絵本に父兄が文句をつけたのだ。

何が問題かというと、この絵本、ゲイカップルあるいはレズビアンカップルとその子供のお話だったから。

子供用の絵本なのでもちろんゲイ&レズの具体的な事には全然触れていない。ただ「我が家には二人のママ(又はパパ)がいます・・・。今日はその2人のママ(パパ)とどこどこへお出掛けをして・・・」と言った極めて普通の話だ。

文句を言っている父兄は「まだものごころもつかない小さな子供にパパやママが2人いる様なアブノーマルな世界を押し付けるなんてとんでもないっ!!」と激怒。

それに対してデイケア側は「別にゲイ&レズを奨励している訳ではなく、世の中には色んな家族の形があるという事を教え、それを通して偏見の目を持たない広い視野を持った子供を育てる事を目的としている」と真っ向から対立。英語ではDiversityと表現。

このDiversityは直訳すると多様化。
様々な異なる価値観を持つ人々の違いと同質性を相互に認識し、それを受け入れ尊重することの大切さを表す言葉です。

このデイケアが存在するマリックビル市の市長もデイケアを擁護する側に回ったもんだから、文句を言っている父兄も「市長からコレではお話にならんっ!!」ともうカンカン。

新聞の見出しには、デイケアを文字って「ゲイケア」として皮肉たっぷりに取り上げられていた。

で、我々の反応はどうかと言うと、

主人はこのニュースを聞いた途端に
「当ったり前やんっ!!非常識にも程があるっ!!もしCodyがこのデイケアに行ってたら、僕も今頃抗議してるわっ!!」と鼻息荒げた。

私は「こんな事で文句言って、バカな親もいるもんだ」と呆れた。
小さい内から多様性が身について、こんな教育はかえって良い、このデイケアは素晴らしいとさえ思った。

親の意見が合わない様ではCodyの子育てにも影響すると思い、主人とちょっと話し合ってみたけれど、まったく並行線をたどるばかり。

私が主人の考えを理解できないのと同じ様に、主人も私の考えを認められない・・・。

なんでパパが2人で子育てしてる話を子供にしたらいかんの??
べつに「男同士で性行為をましょう」って言ってる訳じゃないじゃん。

ねぇねぇ、ママ。どうして○○君にはパパが二人いるの??

それはね、○○君のパパは女の人より男の人と一緒に暮らす方が自然と感じるからよ・・・なんて言っちゃぁいけないのか?子供には。

私なら言うな~。

私はCodyが「スカートをはきたい」と言えばはかせる。
でも、センスの無い服を着たいなどと言ったら、「それはダサいと思うでぇ~」と言ってみるけど。

将来、ゲイになったとしてもそれはそれで認める。
でもくれぐれもエイズには気をつけなさいよ!!って言う。

Codyの前では、大嫌いなゴキブリを見ても「キャァ~っ!!」とは叫ばないつもり。(本当にそうできるかは不明。でもなくべくガンバル。)
だってそうすると、Codyもゴキを見たら怖がる様になるから。

Codyには自分の好きな様に自由に生きて欲しい。
いろんな事を見て知って、その上で自分で考えて行動できる人間になって欲しい。人の目を気にせず、たとえ人と違ったとしても、自分に自信を持って生きて欲しい。自分を認めると同時に他の人にも理解を示し、何でも受け入れられる許容性を身に着けて欲しいと思っている。

パパが2人いる家庭があるという事実を、そんな家庭があってもおかしくない事を、ちっちゃい子供にいっちゃダメなのかなぁ~??

主人は「わざわざアブノーマルな状況を見せ付けて子供を混乱させる事はないっ!」と言う。

混乱するのか??

なるほどね、混乱するんだ、繊細な子だと。
主人もそのタイプだから分かるのね、そんな子の気持ちが。
混乱させちゃ、そりゃ可哀想だ。

難しいな、やっぱり、子育てって。
CodyはCodyであって、私みたいな考え方・物事の捉え方をするとはかぎらないもんね。
私が何気なく言ったことで混乱したり、傷ついてしまったりするんだ。
(ちなみに私はあまり混乱したり、傷ついたりするタイプではない。だからその辺の加減があまり良く分からない。)

そう考えると、夫婦の意見が合わないってのは意外と大事だな~なんて思ったり。一つに偏りがちな考えのバランスが取れるもんな~。

これもデイケアへの抗議だけど、ちょっと昔のニュースでこんなのもあった。

デイケアの職員が子供たちをあつめて
「サンタクロースなんて実在しないの。毎年プレゼントをくれるのは、あんた達がずっとサンタだと思い続けていた人は本当はパパよっ!!」と教えたもんだから、子供の夢を壊したと父兄が怒ったのだ。中にはショックで泣き出した子さえいたらしい。

「ぢぃ~がぁ~うぅぅぅ~っ。い~るぅ~のぉ~。サンタさん、い~るぅ~のぉ~。ふぇっ、ふえっ・・・。」泣きじゃくって訴える子供の姿が目に浮かぶ。可哀想にねぇ。

これもどうなのかねぇ~?
私もCodyが小さいうちは、テーブルにホットチョコレートとクッキーを置いておいて、こっそりとホットチョコは飲んで、クッキーは一口かじっておいて、翌朝白々しく
「あらぁ~??サンタさん、来て行ったのねぇ~っ♪」なんて子芝居を打ったりすると思うけど。

信じさせたかったら「でもママはサンタさん、いると思うな~」ってサポートしてあげればそれでいいんじゃん??
で、どっちを信じるかは子供の選択。
そんな目くじら立て怒らなくてもねぇ。

結局何を信じるか、何を信じさせるかも親の仕事。
外で色んな事を見聞きして子供が混乱してても、親がしっかりしていれば大丈夫だと思うんだけどな。
風邪ひきCody。
昨日からちょっと風邪気味のCody。
熱は無いし食欲もあるし、本人はニコニコ笑って至って元気。
それでもくしゃみをする度にズルッと2本鼻水が。

せっかくの日曜だけど、今日は家でゆっくりすることに。
でもお祖母ちゃんはやっぱりCodyに会いた~い。

なのでグルグル巻きにしてちょっとだけ連れて行った。
DSC02701.jpg


暖かくして早く治そうね。
今日は我が家に集まりました。
いつもママ友と集まってランチをする時は他所のお宅にお邪魔してばかりなので、今日は初めて我が家に集まってもらった。

メンバーはいつも図書館で顔をあわせるマザーズグループのママ達。
たまにこーゆーのやっとかないと、家の中が片付かない。
普段散らかしっぱなしだから、気合を入れて掃除するのに良い機会だ。

みんなと集まっておしゃべりするのはとても楽しいので、もちろんそれはママ同士の息抜きの為でもあるけれど、一番の目的は「自分の子供を他の子供と遊ばせる」事にある。

今日はこんな事が。

今日もまたいつもの様にハイハイやつかまり立ちの得意なサクソンが物凄い速さであちこち移動しながらいろんな物をベロベロなめたり、何にでもよじ登ったりしていたのだけれど、それを見ていたヘイデンが今日初めてママによじ登ってつかまり立ちをしたのだ!

それを目撃したヘイデンのママはそれはそれは大喜びで、
「あ~やっぱり、子供と二人で家にじっとしてちゃダメねっ!友達に混ざって遊ぶといろいろ刺激になるし、どんどん吸収するわっ!」と目をウルウルさせて感激していた。

ところでヘイデンがそんな賢い所をみんなに見せ付けているとき、我が家のCodyは何をしていたかと言うと、

昼寝っ!!

ママ達がお昼ご飯を食べ終わり、さあ!今から遊びましょ!!と言う時にグースカ寝てしまい、みんなが帰る頃になってようやく起きると言うタイミングの悪さ。
せっかくCodyの為に!と思って今日の集まりを企画した母さんの思いもむなしく、ぜんぜん遊びに加わらず、何にも吸収出来ず、相変わらず今日もうつ伏せでお腹を軸にグルグルする事しか出来ないスローなCody。

ぜんぜんやる気がないらしい・・・。

でも、ちょこちょこ動き回り、ちょっとも目が離せないサクソンを髪振り乱して追い掛け回しているママを見ていて思った。

少しでも長くこの「動けない」状態が続いた方がいいかも。

あんたって本当に親孝行な赤ちゃんだわ。


DSC02539.jpg

DSC02540.jpg

DSC02543.jpg

DSC02542.jpg

エアロビはちょっと得意ですっ☆
もしもしステーション水没・・・。
相変わらず1人にすると、とたんに大泣きを始める泣き虫Cody。

今朝もシャワーを浴びようとしたら激泣きを始めたので
(Codyが起きるまで一緒に寝ている母さんがいけないんだな・・・。Codyが起きるまでに浴びてしまえばいいんだな・・・。分かってはいるのだけど起きられないんだよねぇ。)
仕方なく食事用のイスを風呂場に持ち込みそこに座らせて、テーブルには最近のお気に入りのおもちゃ「もしもしステーション」を置いて遊ばせながら、母さんはゆっくり落ち着いてシャワーを浴びる事にした。

この「もしもしステーション」は5月の日本への里帰りの際に福井に住む叔父&叔母から頂いたおもちゃで、ボタンがいっぱいついていて、どこを押しても楽しい音や音楽が鳴ってチカチカとライトが付いて、さっそくCodyのお気に入りとなったもの。
DSC02283.jpg


母さんがシャワーを浴び始めてわずか5分後、その悲劇は起こった。

「ガシャンっ!!!」と大きな音がしたと思ったら、こともあろうか、その「もしもしステーション」がCodyのベビーバスの中に落ちていた。

このベビーバスがまたムカつく。
既に多くの方がご存知の様に、我が家の主人は「節水魔」。
当然Codyのバスのお湯は捨てる事など許されず、一晩そのままにして取って置く。で、翌日主人が仕事から帰ったら、庭や鉢植えにそぉ~っとアイスの空きパックですくって水やりをするのだ。
大雨の日でもコレをするから全く訳分からん。

なので日中家にいる母さんは、前日のバスのお水がなみなみと入ったベビーバスと一緒に生活しなくてはならない。
元気がある時はズルズルと引きずって邪魔にならないところに移動させるのだけど、これがとにかく重いので、今朝はまだ風呂場にそのまま置いた状態だった。

で、見事にその中に水没・・・。

音が鳴る・・・ライトが付く・・・って事は、当然電池で動いてる。
慌てて水から引き上げてあちこち押してみるけれど、ウンともスンとも言わなくなってしまった。

母さん超ショック・・・。
あぁぁぁぁ・・・、お気に入りだったのにぃ・・・。

出かける予定があったのであまり時間がなかったのだけど、そのまま放っておくわけにはいかない。
何とかせねば。
慌ててドライバーでネジを外して全部分解。
案の定、中も水浸し。
基盤を傷めない様に、ドライヤーで乾かす。

乾かす。

お願いだから動いて!!と祈りながら乾かす。

あーだ、こーだとガチャガチャいじくり回す事約30分。

ほっ・・・、完全復活☆(汗)

叔父さん&叔母さん、ご心配をお掛けいたしました。
今夜もCodyは「もしもし・・・」で元気に遊んでおりまする。


驚きのおかあさんといっしょ。
図書館のRhymeTimeで一緒になるアイラちゃんのママの義理のお姉さんは日本人だそうで、彼女も日本の事を少し見聞きして知っている。

そんな彼女が以前
「日本の子供番組って凄いのねぇ~」と言うので、そのクオリティの高さの事を褒めて言っているのかと思ったら、
「数を教えるのにタバコを1本、2本・・・ってやったり、タバコを手に押し付けて(それって根性焼き??)熱い熱い、って教えたり」って言うから、
「えぇぇぇっ??それは何かの間違いでしょう??日本はマスコミも視聴者もウルサイから、そんなの絶対在り得な~い!」と答えた事がある。で、今日図書館で彼女に会ったら、面白いから見てみなさいと、わざわざそのDVDをコピーして渡してくれた。

「義妹に聞いたら、タイトルは(おかあさんといっしょ)だって」って言うから、ウソウソNHKでタバコは在り得ない、何かの間違いでしょうと思い、早速家に帰ってワクワクしながらそのDVDを見た。

で、私の目の前に現れたその映像は・・・。

なっ、なんじゃぁ~こりゃぁ~っっっ!!!!

「おかあさんといっしょ」ではない事だけはすぐに分かった。

その番組のタイトルは「カリキュラマシーン」。
一応子供番組らしいけれど、なぜかどのコーナーもコント仕立て。
非常に作り込んであって、最後に落ちが付いていたりする。

出演者がまた渋い。
宍戸錠、藤村俊二、常田富士男(まんが日本昔話のじいさんの声の人)、吉田日出子、渡辺篤史、岡崎友紀など芸達者揃い。
みんな若いので30年以上前の番組と思われる。

?????

訳が分からないので調べてみたらこーゆーこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3
だった。

74年から4年間続いた日テレの子供番組だそう。
71年生まれの私なのに、なぜか全く記憶に無い。
地方では放送されなかったのかな?
私の時代の朝の子供番組と言ったら、ピンポンパンとひらけポンキッキだったハズ。
アメリカのセサミストリートの様な番組を日本にも作ろう!!って事で製作されたらしいが・・・。

オーストラリアでオージーから、こんな番組を紹介されるとはねぇ。

この番組の摩訶不思議さは見た人でないと分かるまい。
シュールでサイケでキッチュなB級お笑いが散りばめられた、大人向けの子供教育番組と言ったところか。

で、問題のタバコで数を教えるシーンもちゃんとあった。
あちっ、あちっ、と「根性焼き」も確かにしていた。

他にも「女の人は何人??」って問いかける映像の「女の人」が、
なぜかビキニを着たムチムチウッフン(死語)のギャルだったり、「くるまが走る」を教える映像の車が霊柩車だったり。

でも教えようとしている内容はとってもいいんだな~。
「数を数える」事と「五十音」に重点が置いてあって分かりやすいし、音楽や構成も素晴らしい。

残念ながら

かきくけこのが浣腸のぁっ!!

だったりとか

ぅ~っ、すりは苦~い、で流れる映像が、病院のベットの中で看護婦さんとお酒をチビチビやる男の映像だったりするのだけど、

Codyの日本語教育にはこれさえあれば安心だ、なんて思ったり。
見せるのかっ??


あの時代のママ達は毎朝コレを子供に見せてから、いってらっしゃ~い♪と手を振って学校に送り出していたんだー。
4年ももったってことは、70年代の視聴者は随分と懐が深かったんだなぁ。


DSC02464.jpg

本文の内容と写真は一切関係ございません。今日写真撮らなかったから・・・
大福の作り方
今日は先日行ったクリニックで教えてもらったABA(オーストラリア・ブレストフィーディング・アソシエーション)の集まりがあったので、ヒマを理由にちょっと参加してみた。

毎月2回、母乳で子育てをしているお母さん達が集まってテーマを決めて話をした後にお茶とお菓子でおしゃべりするそう。
メンバーの年会費は50ドルだけど、ビジターは2回だけ無料で参加出来るとか。

そうです、その「お茶とお菓子」が目的で参加したようなもんです。
そして当然の様に私はあの「ココナツ大福」持参で挑みました。
そんな雰囲気で無かった時の為に、忘れずに保険のクッキー詰め合わせ(スーパーで買った)も持っていった。(結局必要なかったけど)

ちょっと遅れて行ったので、私とCodyが到着した頃には、皆んな本日のお題で話し合っている最中だった。

今日のテーマは「ロマンスと母乳での育児」。
ぶっちゃけた話、育児と産後の性生活をロマンチックにどう両立させるか!と言う事の話し合い。

母さんはもう毎日Codyに夢中なので、そんなこと全然興味な~しっ!
適当に流して聞いていたが、あるママが母さんの興味を引く発言を。

「私は会陰切開をしたのだけど、その後の縫合が下手でアレの度にとっても痛かったのでドクターに診てもらったら、皮膚がねじれて縫合してあったそうで、すぐにまた(股??くだらない・・・)切って正しく縫い直してもらったら、以来全然痛みがなくなった・・・」

普段は恥ずかしがりで発言など出来ない母さんが、突然叫ぶ。

「わっ、私もねじれてるみたいで痛いんですっ!!!」

皆んなに大注目されて赤面・・・。

結局後のおしゃべりの時間にそのママに近寄り詳しい事を聞いて、
私も1度ドクターに診てもらった方がいいと確信。
このままじゃ2人目は在り得ない・・・と思うほど痛いんだよね~。

まっ、そんな事はさて置き、

最近コメントなどでも「大福」のレシピを聞かれたりするので、
ちょっとアップしてみます。参考になればよいのですが。

まずは私が参考にしているレシピです。
http://cookpad.com/mykitchen/recipe/191100/

分量

白玉粉(海外ではグルテンライスフラワー)80g
餅粉(海外ではライスフラワー)40g
砂糖60g
水 230cc
あんこ 適宜

DSC01308.jpg



作り方

まず材料の全てをボールに入れ泡だて器などで混ぜる。
DSC02717.jpg


それをレンジで3分ぐらい加熱。
その間にあんこを丸めておく。大きさはお好みだけどあまり大きいと包みづらいと思う。
DSC02720.jpg


レンジで加熱するとこんな感じで周りから固まって来るので、
DSC02718.jpg


混ぜ混ぜして
DSC02719.jpg



完全に熱が通り粉っぽさがなくなって、透明感が出てくるまでさらに加熱。我が家のレンジだとトータルで5分ぐらい。

求肥の完成。
DSC02721.jpg

もち粉が入っているせいか、普通の求肥よりもお餅っぽいです。


それをココナツファインを入れたバットにあけ、スケッパーなどで適当な大きさに切り分ける。
DSC02722.jpg


(参考にしているレシピでは材料10個分とありますが、私はこの分量で7個つくるのが大きさ的にもあんと餅のバランス的にも好みです)
もちろんバットに片栗粉でもよいですが、ココナツの方が求肥がくっつきにくくで扱いやすいです。

あんを平らに伸ばした求肥に乗せ(あんはお箸でつまんでね、でないと求肥が汚れます)
DSC02723.jpg


あっちとこっちを摘む様に、

むぎゅっ♪
DSC02725.jpg


むぎゅっ♪
DSC02726.jpg


として、形を整えると

完成です。
DSC02724.jpg


DSC02728.jpg

手前がココナツ、奥はきな粉です。


あんの中に砕いた甘栗を忍ばせてもおいしいです。
求肥に抹茶を入れてグリーンにしたり、食紅でピンクにしてもキレイだと思います。もちろんいちごを入れてもね。きな粉にシナモンを入れたのをまぶすとなんとなく京都のお菓子「八ッ橋」の味わいです。
白ゴマをまぶして油で揚げるといいのでは??と思ったりしてますが、まだ試していません。

何回も作って分かったコツとしては、
・分量は正確に量る事。
 水が多いとベトベトして非常に扱いにくいです。
・透明感が出るまで十分にレンジで加熱すること。
 でないと、求肥に粉っぽさが残り、おいしくありません。
・たくさん作りたい時も分量どおりで何回かに分けてすること。
 この分量の2倍で1度にやったことがありますが、なぜかあまりおい しくできませんでした。

作ってみたいと思われている方。
こんなんでお分かりいただけたでしょうか??

おいしく出来るといいです。

日本人ママさんグループ
昨日は母乳育児をしているオージーママの会に顔を出し、今日は近所住む日本人ママさんのおしゃべり会に参加してみた。

これも先週たまたま初めて行ったクリニックに紹介してもらったもの。
ほんと、今までこんなに近くに日本人の集いがあっただなんて知らなかったよ。

この集いは、もう子供ちゃんが大きくなって学校に行き出し、日中ちょっと時間のあるママ達が集まっておしゃべりしましょう!と言うのが主旨で、Codyを遊ばせるプレイグループの様なものではないのだけど、仕事を離れてからあまり日本語を話す機会もないことだし、私もいっちょ混ぜていただこうかと思い、またあの「ココナツ大福」持参でお邪魔した。

実は最近毎日の様に大福をつくり(大量にあずきを炊いたので)ほとんど主食の様に大福を食べてます。が、そのせいかどうも乳の出が良く、さらに味もとっても甘くておいしい様な気がする。乳腺が詰まる人には良くないが、そうでない人にはモチ、あずき系はいいらしいぞ。

雨が降る中出掛けて行くと、すでに3人のママさんがいた。

はじめましてぇ~。

非常に人見知りする私なのだけど、相手によってはすんなり溶け込める場合がある。そこにいたママさん達は正にその「すんなり溶け込ませて」くれるステキな雰囲気の方達で、初対面にも係わらずとっても楽しい時を過ごせた。

次回もどうかよろしく!とお願いしたら、次はスクールホリデーだからお休みになるらしい。月に1度の集まりだから・・・ってことは次回は7月になってしまうのね。あ~、あと2ヶ月も先だよ。

残念そうにする私の気持ちを察したのか、もっと小さなお子ちゃま達がいる日本人ママのプレイグループを薦めてくれた。
私がまだ妊娠時に1度見学して、ママたちがまるでプロの保母さんの様に子供達に歌やお話を聞かせていたのを目の当たりにし、「私にはとても真似できん・・・」と怖気づいてしまったあのグループだ。
聞けば今日お集まりのママさんはどなたもそのプレイグループを卒業(子供が大きくなった)された方々らしく、「歌も読み聞かせも慣れればどうってことないよ~」と励ましてくれた。

ん~、Codyの為にもここは一念発起して行ってみるかなぁ??

DSC02712.jpg


こんなに可愛いCodyの為なら、よっしゃぁ~母さん頑張るでぇ。

すっかりハマり気味な私。
今日は朝からどんよりしたお天気で、昼からは雨もザーザー降り出して、ずっと家の中でゴロゴロして過ごした。

なのでCodyが昼寝をしている隙に、日本への里帰りの時の日記をアップしました。って言ってもまだたったの2日分だけど。
興味のある方はどうぞ読んでみてください。
カテゴリーの中の「里帰り旅行記」から入れます。
せっかく写真もたくさん撮った事だし、これからも暇をみては書くつもりでいます。

さて、話は変わるが
最近突然知らない方から
「実はずっと前から読んでました・・・」とコメントを頂くことがあって、正直驚いている。

こんなブログに目をとめてくださって、そしてコメントを残してくださるなんて、いやはや、本当にありがたい話だ。

なんだかぜんぜん意識していなかった人から突然
「ずっと前から好きでした・・・」と告白された様な気分・・・
な~んて、そんな事言われた事ないんだけど。

コメントで少しやり取りしただけで、もうすっかり親しくなった様な気がしてきて、友達がどっと増えたような気にさえなる。

しみじみブログって面白いな~、便利な時代になったもんだな~と。

こうやって実際ブログをやっている私にだって、たまたま見つけてしまったが為に、毎日確認せずにはいられないブログがたくさんある。
子育て系あり、海外で勉強している学生さんあり、料理レシピ系あり、と設定は様々。
そのどれにもコメントはしたことが無く、ただ訪れるのみ。

特に子育て系はどうしても感情移入してしまいがちで、他所の家の子の事なのにまるで我が子の事の様にその様子が気になって、運動会で一等賞を取ったといっては喜び、明日発表会だと言えば自分の事の様に上手く行くかな?とドキドキし、初めての幼稚園でママとバイバイするのが辛くって大泣きしたと聞いてはウルウルし・・・、自分のブログの更新だけでも大変なのに、私は毎晩遅くまで会った事もない方たちのブログを覗いては夜な夜な一喜一憂している始末。だから毎日寝不足で、もうフラフラでございますよ。

もぉっ、誰か助けてくれぇ~っ!!

キーワード検索とかしてて、たまたま面白いブログに行き当たったりすると「あ痛たたたっ・・・」って感じ。
もうこれ以上読めましぇ~ん。

ハマるよね、ブログって。

焼肉♪焼肉♪
ここ連日の深夜と早朝の授乳で(多分Teethingで痛くて起きちゃうみたいです)多少疲れ気味だったので、今朝は母さん、もうちょっと寝かせてもらう為に(っていつもなんですけど)、早起きの父さんにCodyをお願いした。

すっかり安心してウトウトしていたら、夢の中で
「ブルン♪ブルン♪ブルブルブルルルゥ~♪」とバイクの音が。

んっ??あれっ??え゛ぇ~~っっ!!!

慌てて主人のベットを見に行くと、

可哀想に、Codyが置き去りにされていた。
DSC02731.jpg



それでも私の顔を見て、にっこり微笑む可愛いCody。
DSC02730.jpg


け~な~げ~っっ!!!!


父さん、子育て放棄してバイクで逃走したらしい。
まったくもうっ!!
おもちゃ与えておけばいいってもんじゃないでしょうがっ!
(後で聞いたら、ちゃんと「行ってきます」って言ったよ、だって。そんな問題か?私はすっかり安心して寝ていたのに)


そんな父さんが珍しく夕方になって
「久しぶりに焼肉でも食べに行くか??」と言った。

嗚呼、焼肉♪。なんてステキな響きなんでしょうっ!

母さん、迷わず快諾。

焼肉の煙で燻されては大変なので、Codyはお義母さんにお願いすることに。

ほんと助かりますヮ♪お義母さんっ☆
じゃぁ、行ってきま~す。

うんめぇぇぇ~~~っ!!!!
DSC02741.jpg



父さん&母さんがすっかり腹いっぱいになってCodyを迎えに行ったら(8時でした、確か)Codyはじじ&ばばとリビングで楽しく遊んでいた。

あ~良かった。良い子にしてたのね、Cody。
で、ご飯の時はどうでした??とお義母さんに聞いたら
「実はまだ、晩ご飯食べてないのよぉ~」って、

えぇぇぇ~、まだ食べてないーっ?!
ごめんなさ~いっ!!

父さん&母さん=お腹いっぱい。
じじ&ばば=孫守りに忙しくまだ食べてない。

焼肉のおいしい臭いが無情にも母さんの全身からプンプンと漂い、隠そうとしてもどうにもならない・・・。スミマセン・・・。

でもお義母さんがニコニコしてこう言ってくれた。
「違うの、違うの。食べられなかったんじゃないの。」
Codyがあんまり可愛くって、ご飯を食べる間も惜しくって、少しでも長く一緒に遊んでいたくってそうしたのだと。

横にいたお義父さんは笑っていなかったけどね。
お預けをくらったお義父さん、ゴメンなさい・・・。

私にとってCodyが主人より大事なのと同じ様に、お義母さんにとってもやっぱりCodyの方がお義父さんよりも大事な様子で。

分かるなー、その気持ち。

だってCody、こんなに可愛いいんだもん☆
(↑またも親ばか。許してぇ~

DSC02751.jpg


今日はサーカスに。
今日はクイーンズバースデーで祝日。
ってな訳で当然父さんも家にいる。
いや、会社が気を利かせたのか今日だけでなく明日も休みなので、目下4連休中の父さん。

最近ちょっとお天気が悪かったのと、Codyがあらゆる食べ物で洋服をベトベトにしてしまうのとで、ランドリーは満杯状態だった。

今朝も母さんより先に起き、何やらゴソゴソ活動開始した父さん。
久々のお天気だったので、気を利かせたんでしょうね、私が起きた頃には既に洗濯機がゴーゴーと音を立てていた。

いやぁぁぁ~~っ!!!!
余計な事しないでぇぇぇ~~~っ!!!

洗濯を手伝われて怒るのは私だけだろうか??

いや、主人が何もかも「私の思う通り」にやってくれるのなら、そんな助かる事は無い。しかし、家の主人は私が何度「正しい洗濯の方法」を指導しても聞いちゃいないのだ。

ガバッと洗濯機のフタを開けて中をチェックする。

やっぱりね~。

私の可愛いCodyちゃんのお洋服が、よだれかけが、ネットに入れられないで回っている。
しかも父さんの靴下、パンツ、仕事用の作業着も一緒に。

「ちょっとぉ~、なんで一緒に洗うのよぉ~っ!!」

父さんが私を手伝おうとすればする程、私の血圧が上がる。

私がお洗濯するときは、主人の物と可愛いCodyちゃんの物は決して一緒に洗わない。絶対に。主人の汚い下着とCodyのパジャマが一緒の洗濯液の中で回ったりしたら可哀想だもの。だって父さんの物はすべて
汚いんだもの。

でも、母さんの下着とは一緒に洗っていいのだ。
だって私の下着は汚くないんだもの。

父さんの白い靴下が多少黒ずんでも知ったこっちゃないので、主人の洗濯物は白い物も色物も構わずにまとめて一緒に洗う。

でも可愛いCodyちゃんの物は、きっちり色分けし、ネットに入れ、お高い洗濯洗剤とCody専用のラベンダーの香りのする柔軟剤を使用。
父さんに使う柔軟剤はスーパーの激安ブランドのでいーの。

父さんは休みの日にゴロゴロするタイプの人ではないので、洗濯を干すのも積極的に手伝ってくれる。

が、これも止めて貰いたい。

だって、干す前にパンパンっとしないんだもん。
パンツなんかは片方だけつまんで洗濯バサミ1個で止めるので、乾いた頃には形が崩れてしまっているし。
タオルもそうするので、ひし形に乾いたのを四角くたたむのにとっても苦労し、そしてムカつく。

なので彼が干し終わった後は、必ず私がチェックして回らなければならず、結局2度手間なのだ。

いつもの様に、そーやって主人が私に気を使えば使う程、プリプリ、カリカリする母さん。これってもう更年期って事か??

そうこうする内にあっと言う間に午後になり、主人がサーカスにでも行こうか?と言い出した。

えっ??

耳を疑う。
そんな、明らかに「入場料」がかかる催しに自ら行くと言い出すなんて、一体どうしちゃったのだろうか。
昨日の焼肉と言い、何かおかしいなー。


まっ、私はお出掛け大好きなだし、Codyの刺激にもなるだろうってことで、親子3人で行ってみることに。

サーカスなんてどれくらいぶりだろう。
子供の頃を思い出すなー。
金沢にはロシアから「キグレ大サーカス」というのがしょっちゅう来ていて、母がよく連れて行ってくれた。
それに比べると我が町ブラックタウンに来るサーカスは、かなり規模が小さいけれど、意外とするのね、入場料・・・。

チケット売り場で思わず足が止まる。

28ドル・・・。

主人を見る。

・・・。(何か言ってよっ!!)

私は、きっと15ドルぐらいかと思ってた。
だってちっちゃいちっちゃいサーカスなんだもの。
28ドルあれば、また「焼肉」がお腹いっぱい食べられるじゃない。
(物事を「焼肉」という名のスケールで計り始める母さん)
しかも最後までCodyが持つとは限らない。
泣かれてしまえば「途中退場」だってありえるのに。
痛いなー。

ところがよーく看板をみたら28ドルはステージにかぶりつきの特別席で、端っこの席でよかったら20ドルだった。

なので迷わず20ドルのチケットを購入し入場。

最初は一応「猛獣使い」から始まり、アクロバットありピエロの楽しいショータイムありワンちゃん達の曲芸あり・・・と、派手さはなかったけれど家族で楽しめるほのぼのサーカスで、とっても良かった。

中でも一番印象に残ったのは、子供のアクロバットショーかな~?
6歳の女の子が一生懸命に芸をしているのを見て「きゃ~わ~い~い~っ!!」と思っていたら、最年少パフォーマーとして4歳のビル君が登場した。こちらもまた「きゃ~わ~い~い~っ!!」だったのだけど、その後司会の人が
「実は我がサーカス団にはもっと小さいパフォーマーがいますっ!!さあ、生後12ヶ月のマチルダちゃん、登場で~す」と言ったと思ったら、舞台の奥からほっぺムチムチの可愛い赤ちゃんがステージ中央までヨチヨチとおぼつかない足取りで歩いて出てきて、お辞儀をしてから一呼吸おき、両手を広げポーズをとった後、観客めがけて投げキッス

きゃ~わ~い~い~っ!!!!

マチルダちゃんの芸はそれだけではなかった。
曲芸師(きっとお父さんなのかな?)が手のひら(片手です)マチルダちゃんのかかとを揃えて掴み持ち上げると、そこで上手くバランスを取って立ち、パチパチを拍手を始めた。

きゃ~わ~い~い~っ!!!!

父さんがCodyを見てつぶやく。
「この子があそこまで出来る様になるには、一体どれくらいかかるのかな~?」って、

いや、一生出来んでしょうが。
あんたも片手でCody持てないしね。

もちろん「蛙の子は蛙」で生まれ持った素質もあるんだろうけど、毎日根気強く教えているんだろーなー。

で、母さん思う。
Codyがなーんにも出来ないのは父さんから受け継いでしまった「素質」もあるのかも知れないが、毎日繰り返して教える母さんの「根気」も足りないのでは?と。

いかん、いかん。
こんなブログばっかりしている場合ではない。
(一応、寝てるときにやってますけど)
こんなブログに「根気」を発揮している場合ではない。

マチルダちゃん、本当に可愛かったので、今日から毎日「拍手」と「投げキッス」を教え込んでみようと思います。

さあ、一体何日でマスターできるかな??
DSC02745.jpg


今夜は流血。
昨日のクイーンズバースデーに引き続き、今日も仕事がお休みの父さん。せっかくのチャンスだから、いつもCodyを連れて行っている図書館のRhymetimeに一緒に行ってきた。もちろんお義母さんも一緒。
その後のお茶にも無理やり同席させた。

どれだけ細かく話して説明しても、やっぱり実際に参加してみるのとでは大違い。母さんとCodyの日頃の過ごし方を父さんに見てもらえてとても嬉しかった。

母さんはいつもこの様にCodyとの時間を過ごしているのよ。
子育てって、ホント、楽し~わぁ~♪


Codyの4本目の歯がもうすぐはえて来そうな気配。
現在下に3本と、珍しい生え方をしているのだけど、また下の歯茎が白くなってきたのだ。歯茎を通してうっすらと歯が透けて見える。

そのせいだと思う。
最近Codyの寝つきが悪い。

今まではお風呂の後、おっぱいをやったらコテッと寝るパターンが多かったのに、最近は抱っこしていないとグズグズ言い出して、下手すると寝かしつけるのに1時間もかかったりすることがある。
遅くても9時には寝ていたのに、近頃は10時、10時半も当たり前。

自分の指で歯茎をゴシゴシしたり、抱っこしている私の肩にズリズリと顔をうずめたりと、とっても痛そうで、可哀想で、
「私がその痛みを貰ってあげられるなら、代わってやれれものなら代わってやりたい。母さんはあなたの為ならどんな痛みにだって耐えれるわ!!」と思って抱きしめていた。
そしたら頭をグラグラさせるCodyに「ゴツンっ!」と頭突きをくらう。

「いっ、痛ぇ~よっ!!」

暗い部屋で抱っこしていたのでよく見えなかったけど、口の中に広がるあの鉄臭くしょっぱい汁・・・。もしかして血出てる???


それでもグッと我慢してそのままあやし続け、ようやく落ち着いたCodyをそっとベットに寝かしてバスルームに走りチェックする。

やっぱり切れてるよ・・・。
下唇を見事にやられてしまいました。

こっ、こ~でぃ~・・・母さんに何て事を・・・。

一瞬でもムカッとしてしまった私は、母親失格だろうか??

DSC02736.jpg

歯茎が痛いよぉ~。
吸えないんです。
さて、うっとうしかった父さんの4連休も過ぎ去り、またまた母さんとCodyにいつもの平和な暮らしが戻って来た。

早速今日も「ママ達をお茶」する為に、先ずは図書館へ連れて行く。

そしたら先日暇だったので大福持参でお邪魔した「ブレストフィーディングの会」で感じが良かったので一緒におしゃべりしたママさんがいるではないかい。

こんにちは♪と挨拶しておしゃべりしていたら、彼女はいつも私が親しくしているママ友のビンちゃんのお友達で、実は今日もビンちゃんに誘われたので初めてRhymeTimeに参加したと言うのだ。

いやぁ~、世の中狭い狭い。

すっかり今日も話し込み、またまたお友達の輪が広がって嬉しくなった母さん。

いつもの様にフードコートでおしゃべりしながら、各々がベイビーと離乳食タイムをしていたら、彼女のベイビー、10ヶ月になるエミリアちゃんがナント、ストローでお水を飲んでいるのを目の当たりにする。
上手に、いとも簡単に、チューチュー吸っていた。

すっ、すごい・・・。

Codyなんで哺乳瓶も吸ってくれないのに・・・。

いや待て、私は出来ないと決め付けて、ストローはまだ試していなかったじゃない。

と、早速家に帰って実験。

母:「Cody!! ストローよっ!!ほれっ、吸えっ、吸うのよっ!!」
Cody:「噛み噛み噛み・・・」

Codyの口元で必死に「スゥ~スゥ~ッ」と吸って見せたら
「フゥ~、フゥ~」と吹かれてしまった。

そうなのだ。
吹くのは出来るのだ。

バカな母さんは友人からCodyにと頂いた「アンパンマンの楽器セット」の笛をCodyに吹かせてみたくって、先に「フーフー」を教え込んでしまったのだ。

以来何を口に入れても「フーフー」しかしないCody。
教える順番間違えたか??

DSC02785.jpg

ボクちん、吸えましぇ~んっ☆
4本目がはえました。
いやぁ~、昨夜は参った、参った・・・。

夜中の2時に突然Codyが泣き出したかと思ったら、縦にしても横にしても抱っこしても歌を歌っても、ホント、何しても泣き止まず、どうしたらよいのやら分からずに、暗くて寒い寝室の中でじっとCodyを抱きしめたまま途方に暮れた母さん。

いつもは夜中に起きても目を閉じたままおっぱいに吸い付き、満足したらそのままスヤスヤと元の眠りに戻っていくのに、昨夜はおっぱいなんかには見向きもしませんでした。

体をエビ反りにしてイヤイヤし、絶叫してただ泣きじゃくるCody。

15分程付き合ったけどさすがに堪り兼ねて、小児用パナドールを飲ませる。それでも直ぐに効く訳でもないので、さらに15分程かな~?暴れるCodyを抱っこしたまま耐えている内に、ようやく号泣が静まった。

なっ、何やねん、コレ。
これがあの、噂に聞いている「夜泣き」っていうヤツ??

キッツイなぁ~。


翌朝のCodyは、自分が引き起こしたそんな修羅場の事はすっかり忘れている様で、いつもの笑顔でニッコリ笑う。

寝不足でヘトヘトだった母さんだったが、そんな可愛いCodyを見たら育児の疲れもどこかへ吹っ飛んで行ってしまった。

赤ちゃんの笑顔ってこの為にあるのよね、きっと。

ともかく痛みが治まっってよかった、よかった。
結局大変だったのは夜中の30分だけで、日中はいつもと変わらぬCodyだったのだけど、一緒に遊んでいた時に発見しました。

あら~、4本目の歯がはえてるじゃない。

母さんの予想ではこの「4本目」は下の歯のハズだったのに(もう今にも歯茎から貫通しそうな程白く透けて見えるから)、ナント、上の歯がひょっこりと顔を出していました。

あれっ??上の歯は、そんな気配全然なかったのに。
しかもその歯がめっちゃ大きい。

なるほど、昨夜の号泣はこの歯が顔を出した為なのかもね??
地震で海の奥底のプレートがググッと動くように、昨夜あなたの乳歯もググッと動き、歯茎を突き破って出て来たのだね??

この1本に連れられてか、上のもう1本ももうすぐ顔を出しそうな程歯茎が白くなっている。

ええっ??ってことは、今夜もあの夜泣きがあるのかい??

嫌よぉ~っ!!!

夜中に泣いちゃって、どーもすいません☆
DSC02800.jpg


お子様せんべい。
日本ではおなじみ、赤ちゃんおやつの定番の「お子様せんべい」。
当然オーストラリアにはそんなものはありません。
お子様せんべいどころかたまごボーロもウエハースの類もないっ。

日本に里帰りした時、スーパーのベビーフードコーナーの充実ぶりには正直驚いた。ほんと、何でもあるのねー。

こちらのベビーフードのコーナーで見かけるその手のものは、
「Teethingラスク」のみ。
20060619104409.jpg


12本入りで3ドルぐらいとそんなに高くはないものだけど、落としたら「はいそれまでよ~」なので結構もったいない。
新しいのを袋から出して「どうぞ~」ってして、そのまま床に「ポイ」されると非常にムカつく。

そこでこちらのママ達は、手軽な赤ちゃんおやつとして「Arrowroot」という普通のビスケットをよくあげている。
日本で言う「マリービスケット」みたいなものか?
少しの水分でベトベトになるアレだ。

私はそのベトベトがどうしてもイヤで、このビスケットを今まで買ったことがなかった。
お義母さんにも「そろそろビスケットを・・・」と何度も薦められたけど適当にごまかして逃げていた。
しかしついに逃げ切れず買うハメに。

で、やったらやっぱりベトベトだ。
べビカーに乗っている時だったので、顔や洋服だけでなくべビカーの敷物までベッタベタ~。

ゆ~る~せ~な~い~っ。

オージーママ達、よくこんなの我慢できるなー。
私は1回でギブアップ。

ビスケットの代わりに最近見つけて気に入ってあげているのが、

一つはライスケーキと言って甘くないひなあられみたいなのを圧縮して固めたもの。もう一つはクリスプブレッドという小麦で出来た固いクラッカーだ。

DSC02833.jpg


これを棒状に切って握らせておくと、いい噛み噛みおやつになるんだなー。手や洋服もビスケット程は汚れないし。
しかも一袋2ドルもしないので非常に経済的なのだ。
ポイポイ捨てられても平気~。

Codyもとっても気に入ってま~す☆
DSC02759.jpg

DSC02827.jpg


ベビーシッターに挑戦
仲良くしているママ友の一人が、最近育児疲れでちょっと参っているみたい。

ベイビーが夜中にちょくちょく起きてしまい、まとまった睡眠が全然取れなくて、さらにはすごい早起きさんらしく(早朝5時とか)、起きたら「マミィ、遊んでくれっ!!」ってうるさくって、とにかくもうフラフラで、ストレスからかどんどんやせ細っていってしまい、見ていてもと~っても可哀想なのだ。

で、母さんつい
「もし日中に少しでも昼寝とかしたかったら、ベビーシッターしてあげるからいつでも連れておいでよ」って言ったら、その翌日に
「じゃあ今度の土曜日、3時間程みててくれ」と電話があった。

さすがオージー、遠慮しないのね。
って思ったら、そのお礼に「晩ご飯に招待してくれる」って言うじゃない。それって最高の交換条件だわ。

よし、その話、乗った~♪

で、その3時間で疲れた体を癒すのかと思ったら、ナント旦那と映画を見に行くんだって。ダビンチ・コードを。

あらら???疲れてるんじゃないのかいな~??

まっ、何しようとかまわないけどね。
私はどうせ1日家にいるだけだし、1人子守するのも2人子守するのも一緒だし。それで晩ご飯の支度しなくって済むんだから最高じゃない。

という訳で今日の日中は2人の赤ちゃんと過ごしたのだけど、これがとっても楽しかったわ~。

最初は私のお気に入りの歌のCDをかけて一緒にお歌を歌った。
そうこうしている内にCodyが昼寝したので、その隙に友人のべビちゃんにおやつを食べさせる。

ママから、おなかがすいたら
おやつ→離乳食→ミルク の順に食べさせて!と言われていたので、先ずはおやつからなのだ。

今日のおやつは「カスタード」でした。180mlのやつ。
スーパーに売っている市販の、大人が食べるデザートです。
だからお砂糖もたっぷり入っているし、けっこうカロリーも高いぞ。
そんなん10ヶ月のベイビーに食べさせていいのかいな?
「うちの子はこれが大好きでねー、下手したら一つ全部平らげちゃうわ☆」って、甘いから、口当たりがいいから、そりゃー食べるでしょうが。ちなみに私はその手のものを、Codyにはあげたことがありません。

ママが言うとおりこのべビちゃん、このカスタードが大好きでよく食べる事、食べる事!!お口の周りもぜんぜん汚さずにキレイに食べるので、やっててとっても楽しかった。
母さんの大好きな「あ~ん♪」を思いっきり満喫☆
くくっ、楽しい~。

そうこうしている内にCodyも起きてきて一緒に遊び始めたのだけど、もうこんなちっちゃい内から二人共独占欲バリバリで、

最初は仲良く遊んでいるかのようだったけど、
DSC02847.jpg

すぐに「あっ?そのおもちゃの方がいいっ!!」となって、
DSC02846.jpg

奪い合いを始めるのでした。
DSC02848.jpg

友達:あっ、それ貸してぇ~。
Cody:ダメダメっ。え~い、渡すもんかぁ~。

あはは~、おもしろいぞぉ~。

そんなこんなで、初めてのドキドキベビーシッターを楽しんでいたら、仕事が早く終わったと、主人が早々に帰宅。

ちっ・・・邪魔者がもう帰ってきたよ。

で、その後この人のとった行動がもう、信じられない。

友人のべビちゃんに近寄ったと思ったら、マジマジと顔を見つめて

「ふ~ん、まあーあんたも不細工な方ではないけど、うちの可愛いCodyと比べると大した事ないな~」

とか

「○○って名前、なんか田舎臭くってダッサイな~。Codyって可愛い名前だろぉ~??」

とか言い出した。

ちょっと、あんた。人様の子供になんて事をっ!!
いくら赤ちゃんとはいえ、潜在意識の中にそんなことが擦り込まれてしまっては大変。ちゃんと分かってるかもしれないんだからっ!!

しっ、しっ!!あっちいけっ!!

もう、気が気じゃありませんでしたよ。

慌てて二人を抱きしめて、
「二人とも世界で一番かわいい赤ちゃんよぉ~♪」とフォローする母さんでした。やれやれ。

あっさり成功。
先日、Codyがストローで上手に飲み物を吸えない事を日記に書いたら、コメントで「紙パックジュースを使って飲ませるといい」と教えていただき、早速試してみたくなる。

でも我が家には普通のりんごジュースしかなくて、いままでこの手のジュースは必ず薄めてやっていたので、ストレートだとちょっと濃いかなぁ~とも思ったのだけれど、一度「やりたい!」と思ったらもう我慢できず、濃い~普通の100%りんごジュースでやってみた。

予想通り最初は先っぽを噛み噛みしているだけだったけど、私が紙パックをちょっと押してやるとお口に入ってきた甘~いジュースに一瞬「おっ??」という顔をしたかと思ったら、一気に
「チュウ~っ」と吸い出してゴブゴブ飲んだ。

「えっ??」そんな簡単なんかいな。
密かに目を合わせほくそえむ父さん&母さん。

1度にあまりにたくさん吸い込んだのでゲフゲフむせるCody。

ちょっと~、いきなりどんだけ飲むねん。
紙パックを持ってみてビックリ。
すっごく軽くなってるよ。

ちょっと飲みすぎっ!
これ薄めてないんだから、もうダメダメッ!!

ってな訳で、初ストロートレーニングは実に簡単に大成功でした。

次回も同じ様に吸えるとは限らないけど、
今度はたくさん飲んでもいい様に、赤ちゃん用のジュースでちゃんとやってみま~す。

教えてくれためぐぽんさん、どうもありがとう。
知らないオージーママ達にも教えてあけよう!

でもね~母さん。
ボクはやっぱり「おっぱい」をずーっと吸っていたいんだ~。
DSC02748.jpg


子育てとぜんぜん関係ありませんが、我が家の「庭荒らし」(ここまで来ると「庭荒師」と呼びたい)、今日は自分とこの庭だけでは飽き足らず、ハシゴに登って身を乗り出して隣の家にはみ出したのまで「刈り刈り」しておりました。
思わず望遠で盗撮する暇な母さん。おかしいよねぇ、この人。
DSC02849.jpg



ネタ切れ。
今日はずっと家にいた。

大した事件も得におかしな事もなく、平凡で幸せな1日。
こんな日が一番辛い。

なぜって

ブログに書く ネタがなーんもない からっ!!

仕方がないので、今までにネタにした事の「その後」でも記しておくか・・・。


①Teethingが原因であろう為の「夜泣き」。

まるで体内に時計でもついているかのごとく、毎晩午前2時にスイッチが入り「激泣き」が始まる。
が、背中を反らせて30分泣き続けたのは15日と16日の夜だけで、以降は今までどおり目を閉じたまま「おっぱい」を飲んでくれ幸いにも5分ぐらいでまた元の静寂に戻るので、何とか助かっている。

②ストローでチューチュー。

あれはビギナーズラックでなくホントにたった1度で自分のものにしたらしく、以来何度ストローをくわえさせても戸惑う事なく余裕でチューチューする。くくっ、母さんうれしい。

③便通

日本では便秘で何度も浣腸したCody。
シドニーに帰って来てからは「快便」続きだったけど、1度だけ3日間出なくて辛そうだったので浣腸した。
普通なら下にひいたオムツに落下するはずのそれが、相当詰まってカチンコチンになっていたんでしょうな~、勢いよくミサイルの様に発射され、ナントその前に正座で座っていた私の膝まで飛んで来て落下。
クソまみれにされ、正に母さん
「踏んだり(あっ、これ糞とかかってます)蹴ったり」な~んて。
くだらねぇー

④拍手と投げキッスの練習

暇をみてはちょこちょこ教えてはいるが(とくに「拍手」の方を)、まったく覚える気配なし。

⑤ハイハイ

ぜんぜんダメ。
どうしてもお尻が持ち上がらず、腕立ての状態が限界になるとうつ伏せになってわんわん泣く。
お腹を軸にしてグルグル回るのが精一杯。
動き回らなくってラクなので、出来ない事はあまり気にしていない。

⑥離乳食

周りの子はもうかなり固形物も食べられるようになってるのに、未だに「ドロドロ状」の物しか受け付けない。
ちょっとでも固形物が口に入ると「べぇ~っ」と出してしまう。

でも、離乳食が上手く行かなくて大人になっても「ドロドロの物」しか食べられない人なんて聞いたことがないから、その内食べられる様になるでしょう・・・、とこれまた母さん全然気にしていない。

何をとっても他所の赤ちゃんより遅れをとっているCody。
しかし本人そんな事は気にしな~いで、呑気にテレビ見ています。
マイペースな所は間違いなく母さん似と思われる。
DSC02758.jpg


1歳のパースデーはやっぱり気合が入るよね。
今日も図書館へ行った後、ママ友とショッピングセンターでお茶しながらくっちゃべっていた。(毎週火曜と水曜続けて行っている)

最近の母さん達の関心事はもっぱら我が子の「1歳のバーズデー」についてだ。

我々の中で最初に初誕生を迎えるママ、ビンちゃんは特にソワソワ。
だって本番が後4週間後に迫ってきてるんだもの。

彼女からはもうすでに「招待状」が届いてる。
一つ一つ心をこめて手作りした、とってもステキなカードだった。
当日のおもてなし料理のメニューも決めた!と言っていた。
現在はパーティーでやるゲームや出し物と子供達に配るお土産で頭を悩ませていると言う。

はぁ・・・。
私もそろそろ考えなくっちゃねぇ~。

ここオーストラリアでは、子供のお誕生会はかなり盛大に行う。
お友達はもちろん、となり近所、親戚の人達などなどた~くさん呼んで、公園や自宅のお庭でランチパーティーをする事が多い。

可愛い我が子の「初誕生会」となると、そりゃ~気合も入るさ。
彼女はお昼に友達中心のランチパーティーを、夜には家族中心のディナーパーティーをダブルヘッダーで行うらしい。

ひぇ~っ、大変そう・・・。

我が家の場合、Codyの誕生日に「じじ&ばば」は、なんとカナダにホリデー中だ。孫のバースデーの事などすっかり忘れていた「じじ」がチケットの手配をしてしまい、気付いた「ばば」が大慌てで日程変更をしようとしたのだけど、もう間に合わず。
そこを何とか・・・と「ばば」は旅行会社に懇願したらしいが、その思いも空しく、変更したいならチケット買い直せ!と言われたらしい。

「ばば」は、それはそれは残念がって「じじ」と大喧嘩した。
「じじ」も逆切れし、そんなんならカナダなんかには行かない!と言い出し(じじは元々乗り気ではなかったので)、そりゃーもう大変だった。でもカナダには実の娘ともう一人の可愛い孫がいるんだもん。
それを楽しみにしましょーよっ。

私も一応嫁として気を遣って、じじ&ばばがホリデーから戻るまでパーティーはお預けにしようか?と言ってみたけど(そうすると実際の誕生日から3週間も離れてしまう)、優しいばばは、せっかくの初誕生だから誕生日に近い日にしてやって、と言ってくれた。

なので日にちだけは決まった。
Codyの誕生日、9月1日に一番近い土曜日の「9月2日」だ。

じじ&ばばとは、あとでゆっくりファミリーパーティーにしよう。

まだ2ヶ月以上ある・・・、つまりもう2ヶ月しかないっ!
私もインビテーションのカードを作らねば!
おもてなし料理のメニューを考えなければ。
あー、ケーキだって手作りしたい。
あれもしたい、これもしたい。

毎晩ネットで調べ物ばかり。
またまた寝不足気味の母さんです。

DSC02819.jpg

Codyはどうしてだか、自分のおしっこでずっしり重くなったオムツで遊ぶのが好きで~す。
ピニャータ。
今日も疲れた心と体を癒す為、ショッピング・セラピーに励んでいた母さん。Codyのバースデーパーティーに使えそうなグッズを物色していたのだけれど、ディスカウントストアでいい物見つけ嬉しくなる。

ピニャータと言うものをご存知か??

オーストラリアに来て友人の子供の誕生会に招かれ、そこで私が生まれて初めて目にした物、それが「ピニャータ」。

日本で言う所の「スイカ割り」と「くすダマ」を足した様な物か。
メキシコ生まれのパーティー盛り上げグッズだ。

形はいろいろあるのだけれど、とにかく「くすダマ」の様な張りぼての人形の中に「キャンディーの類」をしこたま詰めておく。

それを軒先とか天井から吊るして、目隠しした子供達がパットでボコボコにする。ちなみにバットは金属のでなく、プラスチックのです。
ここからはスイカ割りの要領で、目隠ししてるので大抵は思いっきり振りかぶったバットは空を切る。必死にやればやるほど滑稽だったりして。

ちなみに「おもしろビデオ」を紹介する様なテレビ番組ではよく、このピニャータ中にそばに寄ってしまったパパの頭をバットで思いっきり殴ったり、空振りしたバットがパパのおチン○ンに当たってしまう痛そうな映像がよく紹介されている。

で、上手く芯を捉えてピニャータが割れると、中からたくさんのキャンディーがこぼれ落ち、それを子供達が「キャッキャ♪」言っては拾い集める、まぁ、そーゆーのです。

イメージ画
Pina.gif


私ももし自分が主催するパーティーがあったら、子供達の為にぜひコレを用意したいなーなんて常日頃思っていたのだけど、さすがに赤ちゃんのパーティーではバットを振り回す事は出きなし・・・、Codyがもう少し大きくなるまでは「ピニャータ」もお預けね、と思っていたのだ。

ところが今日、セラピー(買い物です)の途中で紐を引っ張って開けるタイプの「PullDownPinata」を見つける。
ディスカウントストアなので、なんと2ドルだった。
紙で出来たバケツみたいなのの底にブラブラ紐がいっぱい付いた物で、その内1本の紐だけ本当に底につながっていて、それを引っ張ったら中身が落ちる仕掛け。

母さんに抱っこされた赤ちゃんでも紐なら引っ張る事が出来るので、きっとCodyのお誕生会でも盛り上がるのではないかと思い、即購入。

買って気が付いたけど、これは手作りも出来るなー。
そしたらオリジナルのデザインでいけるし。
ネットで調べたらいろいろあった。

要は底に扉を付けておいて、紐を引っ張ると開く仕掛けにしておけばいいのだから意外と簡単。
step2.jpg


回りにはダミーの紐をたくさんつけて
step5.jpg


こんな風に出来上がり。
Finished.jpg


おー、てんとう虫もかわいいなー。

とにかく最近の母さんの頭の中は、Codyのお誕生会の事でいっぱい。

先輩ママのみなさまは我が子の「1歳のお誕生会」、どんな風にお祝いしましたか??

日本はやっぱりアレでしょうか?一升餅を担いで歩かせる??
Cody、それまでに歩けるようになるかなー?


体が欲しがる栄養素。
妊娠中も授乳中も母体に必須の栄養素として「カルシウム」と「鉄分」がある。

私はこの両方、たっぷり摂れている自信あり。
だって体が欲しがっているんです。
人間の体って、つくづく良く出来ているなーと思う。

妊娠中つわりでひどかった時はこのカルシウムと鉄分の不足が心配だったのでサプリメントの錠剤を常用していた。
妊娠後期になってつわりがようやく治まると(つわり長かったんだよね~)無性に食べたくなってせっせと食べていた食品がある。

それが「ぜんまい」「キクラゲ」そして「砂肝」。

ぜんまいは韓国食品店で乾燥したのが手に入る。
それをごま油で炒めてナムルっぽくして食べていた。

キクラゲも乾燥したのをもどして中華風に炒めておかずにした。

砂肝は生姜と醤油で味付けして炊くか、塩コショウで炒めて。

ある日、妊娠中にこんな物食べて大丈夫なのかとネットでそれらの栄養素を調べてビックリした。

だってどれも「鉄分」豊富な優良食品だったから。
鉄分って言ったら「ほうれん草」「ひじき」「レバー」かとばっかり思っていたよ。

突然の嗜好の変化とはいえ、上手く出来てるな~と感心。

一方、カルシウムの方はほとんど牛乳とチーズで摂った。
妊娠してからスキムミルクが大好きになって、だんだん飲まないと禁断症状が出るくらい毎日欠かさずに飲んだ。
ムリに飲んだのでなくて、咽が乾くと「牛乳飲みた~い」って感じだったのだ。体が自然と欲しがった。
夜中に空腹で寝れなくなった時も、なんとなく飲みたくなって「ホットミルク」をよく飲んだ。
後で調べたら、ホットミルクには睡眠を助ける効果があるって言うじゃない。これも、体が知っていたのだねぇ。

そして今日、最近ハマっている食品の栄養素を調べていたらまたビックリ。まさに私が今必要としている栄養素だったから。

ほとんど毎日の様に食べているその食品とは、

イワシinトマトソース、キドニービーンズ(インゲン豆)、スモークオイスター(牡蠣)だ。

実は全部缶詰の食品。
近所のスーパーで安く売っているので常時買い置きしてある。

イワシInトマトソースはいわゆるオイルサーデンのオイルがトマトソースに代わった物。骨まで丸ごとなのでカルシウムはもちろんDHAを含むオメガ3が豊富でコレと鉄分を合わせて摂る事によって脳の発達に非常に有効なのだそう。

で、その鉄分を豊富に含むのが「オイスター(牡蠣)」だ。
これはおやつの様に食べている。1缶1ドルぐらいだから。

オメガ3と鉄分の素晴らしい組み合わせ。
この成分が少しでもおっぱいを通してCodyにいっているといいなァ~。

そしてキドニービーンズは塩茹でしたものの缶詰なのだけど、そのままバクバク食べる事もよし、サラダに入れたりしてもよし。
これこそ主食の代わりにしてもいいくらい大好き。
たんぱく質はもちろん各種ビタミン・ミネラルが豊富で、鉄分、カルシウムも大量に含んでいるらしい。
そんな事意識して食べていたわけではないのに。うれしいな~。

さらにスキムミルク好きは出産後も続いていて1日に750mlは飲んでいると思う。それに加えてチーズやヨーグルトも食べるのでカルシウムも完璧。

私は別に健康オタクでもなんでもないので、思いついたものをただバクバク食べているだけなのだけど、知らず知らずの内に必要な栄養素を摂っていることがわかって安心した。

これからも「食べたい物」を好きなだけ食べていこう!

余計な電話
いやぁ~、サッカー、燃えましたね~。
と言っても日本対ブラジル戦でなくて、オーストラリア対クロアチア戦の話ですが。
早朝5時のキックオフにもかかわらず、いつもより早起きしてパブに出かけ、ビールを飲みながら観戦した人も多いとか。

私は7時半に起きて日本対ブラジル戦をリアルタイムで見ていたのだけど、さすがに相手が強すぎた。
先制の1ゴールを決めたときは、「おっ!?」と思ったけどねぇ。
後半は何だか「絶望感」で、あまり楽しめなかったな~。
恥ずかしい負け方だけはしないで~、と祈りつつ見ていた気がする。

さて、最近のCodyはどうもグズリぐせがついているというか、一人にすると途端に泣き出すので本当に何も出来ないで困る。
暇だ~と言っていた昔が懐かしいよ。
お菓子なんてもうずっと焼いていないもんね。
ちょこちょこと家事をすませ、晩ご飯の支度するのが精一杯。

そんな中で、Codyのお昼寝タイムは母さんの唯一の息抜きの時間。
最近はお昼頃と夕方の1日2回の昼寝で定着。
「あっ、ウトウトし出したぞっ!」と思うと、内心ガッツポーズしたくなるほど嬉しい。しめしめ・・・もうちょっとだ~って。

ところがそんな時に限って「間違い電話」とか「勧誘の電話」がかかって来て、寝たばかりのCodyを起こしてしまう。

あれほどムカつくことはないね。

今日もそうだった。
3時ごろウトウトしてリビングで寝てしまったCody。
下手に動かして起こしてしまってはもったいないので、そのままそぉ~っとしておいたら、眠ってまだ5分と経たない内に鳴り出す電話。

呼び出し音を少しでも短く・・・と思って受話器に飛びついたら、切れた。何やねん、誰やねん、いったい・・・。

それでCodyはすっかり起きてしまった。

赤ちゃんはウトウトと寝入ったばかりのところを邪魔されるのが一番イヤらしく、タイミングがちょっとずれてしまうともう寝てくれない。
結局その後はすっとグズグズされてしまい、仕方なく1時間程散歩に連れて行ったり、疲れるまで一緒に遊んだりして大変だったよ。

次回からはリビングで寝たときは、受話器をあげておこうかな?なんて真剣に考えている。













夜中に噴水
いやぁ~昨夜は参った参った・・・、ってつい最近このフレーズを使った気がするが、昨夜は本当に大変だった。

いつもの様に午前2時にスイッチが入り泣き出したCody。
もう慣れっこになっているので、起きておっぱいをやる。
5分ほどちゅぱちゅぱやってたら大人しくなったので、ベビーベッドに戻す。いつもならそのまままた寝てくれるから。

しかし昨夜は違った。
そこからなんと2時間以上、早朝4時過ぎまでずーっと目がランラン☆の状態になってしまったのだ。
寝かせようとベッドに置くと泣くので、静かにさせるには一緒に遊ぶかずーっと抱っこしているかのどちらか。
とにかく「寝ている主人を起こさない」のが私の使命なので、眠いのを我慢して一緒にお付き合いするしかない。
4時になった段階でさすがに私もホトホト疲れてしまい、Codyのグズグズも治まらないので(ちょっと風邪気味だったし)、パナドールを飲ませよう!と決意。

元々Codyはパナドールが凄く苦手で、飲ませた後はいつも必ず「ゲホッ」と胃の中にあるおっぱいを噴水の様に吐いていた。
なのでここ数回はいけないとは思いつつも、日本で買ってまだ残っていた「バファリン鼻炎シロップ」を少し混ぜて飲ませていた。
この鼻炎シロップの味は大丈夫みたいで、こうするとパナドールも吐き出さなかったから。(注:薬の混合、絶対にまねしないでねっ!!)

もちろん私の中でも「薬の混合」は好ましくないと思う考えがあったので、今回はきっと大丈夫だろう・・・と、ストレートのものをお口にピュッと入れた。あ~、これでやっと寝てくれる・・・と思ったのに。

その5秒後・・・。

ゲホ~~ッッ!!!

っと、やっぱり大噴水が。あ~、ダメだったかぁ~。
ちょとしたホラー映画みたいだったぞ。

飲みたてのおっぱいだけでなく、かなり古いおっぱいもまだ胃に残っていたらしく、その臭いことと言ったら!!

可哀想にCodyは仰向けに寝ていたので、自分の「おっぱいゲロ」を顔中で受けてしまい、頭も洋服もビチョビチョになってしまった。
耳にもいっぱい入ったみたいで臭い。

一瞬頭が真っ白になったが、こりゃ~お風呂に入れるしかなさそうだ・・・と思い、明け方4時過ぎにお風呂の用意。
「やっと寝れる・・・」どころの話ではない。

お風呂に入れてきれいにして、新しいパジャマを着せて、またおっぱいを飲ませ・・・、とすべて最初からやり直し。
やっと眠りについた時は早朝5時を過ぎていた。

まー、私も大変だったけど、眠れないわ、マズイ薬飲まされるわ、ゲロ吐いて全身ゲロゲロになってしまうわ、明け方に突然服を脱がされて風呂にいれられるわ・・・したCodyの方がもっと辛かっただろう。

母さんもご苦労さんだったけど、Codyも本当にご苦労さまでした。

明日はゆっくり寝れるといいね。
笛吹きCody
昨日の事だった。

Codyを一人リビングに放っておいて、キッチンで夕飯の支度をしていたら、突然「ピィ~ッ♪ピィ~ッ♪」と笛の音が。

そぉ~っとCodyの様子をのぞいて見たら
床に転がっていた笛を自分で拾って口にくわえて、大切そうに、一生懸命、恐る恐るこれでいいのかな?って感じでフーフー吹いていました。

あはは、可愛いっ☆

今までは私がCodyの口元に笛を押し付けて、
「ほれっ!フーフーなさいっ!!」って無理やりやっていたのに。
いつの間にか一人で出来るようになってたんだ。

ほんの些細な事だけど、Codyの成長を目の当たりにした様でとっても嬉しかった。

気付かれない様に、こっそり、ずーっと見てました。
手元にデジカメがあったら絶対に写真撮りたいシーンだったのに残念。でも見られてるって気付いたら、きっと照れて止めただろうな。


グルグル渦巻き。さて、これは一体なんでしょう。
DSC02937.jpg


正解はCodyの「つ~む~じ~っ!」。くくっ、グルグルで可愛いぞ。
DSC02938.jpg


今日は自分でストロー・チュチュッ♪
土曜日の夜、Codyが一人で笛を吹いているのを発見したばかりなのに、今日またステキなシーンに出くわした。

午後から友達が来ていたので、互いのベイビーを一緒に遊ばせておいて、たわいの無いおしゃべりをしていたら、その友人が
「あら、Cody。随分咽が渇いていたのね」って言うから、
えっ?何の事??と思い振り向いてCodyを見たら
上手にストロー・コップを両手で持って「チュパチュパ」ジュースを飲んでいたのだった。

え~っ??そんな事昨日までぜんぜん出来なかったのに。
コップの持ち方を私がどれだけ必死に教えても、どうしても出来なかったのに・・・。
なんだか嬉しいぞ~。

チュ~チュ~♪
DSC02944.jpg


ブハァ~ッ。麦茶はうめぇなぁ~。
DSC02943.jpg


きゃわいい~☆ いつの間にそんな事覚えたの~??
覚えたって言うより、どうしようも無いほど咽が渇いていたのかな?

おしゃべりに夢中で、放ったらかしにしててごめんなさい・・・。

はめ込みパズル
ん~っ、残念だったな~、昨夜(ん??今朝と言うべきか?)のサッカー、オーストラリア対イタリア戦。

リアルタイムでどうしても見たくて12時まで頑張ったけど、眠くて寝てしまった。キックオフの1時まで、あと1時間だったのに。

しかしいつも通り2時にCodyのスイッチが入り、深夜の授乳。
3分で終わったので、その後テレビ付けたら調度後半が始まったところだった。ラッキー☆

そこらか手に汗握り「サッカールー(オージーチームのこと)」を応援したけど、まさかあんな終わり方をするとはねぇ。
納得いかなくってその後しばらく寝れなかった。

しかしこれで「寝不足」ともおさらば・・・と思ったら、今度はウィンブルドンが始まったよ・・・。

あぁ~、お願いだから寝かせてくれぇ~。
でもやっぱりスポーツはビデオでなくてリアルタイムで見たいよねぇ。


さて、最近のCodyのおもちゃ。

この頃の月齢の赤ちゃんには「はめ込みパズル」がいいと聞き、早速買ってきた。

DSC02887.jpg


え~っと、え~っと、これはどこかなぁ~???
DSC02889.jpg


母さ~ん。分からないよぉ~。コレ、難しすぎるよぉ~。

DSC02890.jpg


父さん、塀を壊す。
今日は政府に抗議する大規模な労働者のデモがあり、父さんもそれに参加するため仕事はお休み。
たまたまデモ会場が家の近くなので、朝から一人で出て行った。

母さんとCodyはいつもの図書館へ・・・と思って行ったら、丁度デモ行進のルートが図書館の周りで道がすごーく混んでいた。
結局15分遅れてしまい、Rhymetimeの参加は諦め、いつものフードコートで他のママ達を待ち伏せ。お茶だけ参加する。

私の唯一の息抜きですから、これだけはハズせません。

楽しいおしゃべりも今日は時間の制約付き。
だって父さんが出掛けに
「お昼には帰るから、昼ごはん、よろしく!」と言って出て行ったので、後ろ髪を引かれる思いでフードコートを後にし、ランチの用意をする為に帰宅。

他のママからは「んなもん、放っておけばいいのに・・・」と言われた。意外と強いのね、他所の奥様たち・・・。

で、昼ごはんを食べ終わった父さんが何をし出したか。

なんと、

我が家の塀を壊し始めた。

新調したいらしい、塀を。

見積もりも取ったらしい。

オーストラリアでは塀を新調する時は、隣近所との折半となる。
両隣と裏のお家と塀を「共有」することになる為、たとえそれが我が家の一方的なアイデアであっても「あんたも金出せ!」って事になる。

で、その両隣と裏のお家とももう話をつけてあるらしい。

費用の総額、約5000ドル。
折半してもらったって、我が家の負担は2500ドルだ。

衣類乾燥機、予備の冷蔵庫、新しいカーペット・・・。
我が家には他に要る物がたくさんあるではないかい。
そのどれもを、私がいくら懇願したって買ってはもらえないのに。

なんで、まず「新しい塀」なのかね??

分からん・・・。

まったく分からん・・・。


さっ、いくら考えてもイライラするばかりなので気持ちを切り替え、可愛いCodyの事でも。

オルゴールメリーさんが大好きなCody。
DSC02905.jpg


これさえあれば、ボクちん、幸せ~♪
DSC02939.jpg


きゃっ、きゃわいいのぉ~☆

フードスライサー。
近所のスーパーで「フードスライサー」を40ドルで売っていたので思わず買ってしまった。

我が家には半年に一度しか使わない様な大型キッチン用品がたくさんあるのに、またやってしまったよ・・・。
でも憧れだったのよねぇ。
だってこれがあればお肉を自分で「薄切り」に出来るじゃない。
ってことはいつでもすき焼きやしゃぶしゃぶが食べられるじゃない。
薄切り肉が手に入りにくい海外居住者には必需品よね~。

で、家に帰って説明書を読んでいたら、
「この製品はパンやハムをスライスする為のもので、くれぐれも凍った肉などをスライスする為には使用しないでください」とあった。

えぇぇ~っ!!
それじゃー意味ないじゃんっ。

私は凍らせた肉をスライスするためにコレを買ったのに・・・。

悔しかったのでその注意書きを無視して、冷凍庫から「凍った牛タン」を出してきて早速スライス。

シュッ、シュッ・・・♪
あら、なかなかいい感じで切れるじゃないの。

でもその内周囲に焦げ臭い臭いが漂う。
かなりモーターに負担がかかっているらしい。
あぁ、やっぱりダメなの??

別にお肉が切れなくてもいいわ。
じゃあハムやチーズを切ろうじゃないの。
と、気を取り直してチーズをスライスしてみるが、ぜんぜん切れない。
チーズは滑りが悪いので、スライサーの歯に巻き込まれてしまいおかしな事になるのだ。

なんやコレ?ぜんぜん使いもんにならん・・・。
即、粗大ゴミの予感。

キレイにして元通りに箱づめしたら、返品してもいいかなぁ・・・?
やっぱりいかんよねー、そんな事したら。

あぁ~、父さんに怒られるわぁ~。


母さん??
ちょっと使っただけだから、返品してもいいと思ってるんでしょ?
DSC02916.jpg


それは絶対に ダメよぉ~
DSC02940.jpg


添い寝。
先週の木曜からCodyはコンコン♪と乾いた咳をし続けていた。

きっと潜伏期間だったのね。
今日になって急に熱っぽくなり、ズルズルと鼻水も出始めた。

実を言えば母さんの方も体調芳しくないようで、昨日からあのヘルペスが唇に出来ている。

なので珍しく今日はCodyと一緒にお昼寝した。
添い寝に慣れていないので、一緒に寝るとどうも体に力が入ってしまいよく眠れない。なんだか時間だけ無駄にしたような・・・。

それでも風邪でしんどいCodyにとっては、母さんと一緒に横になっているだけで気持ちが落ち着くみたいな気がする。
実際ベッドに一人にしたらビィ~ビィ~泣くのに、添い寝するととっても満足気な顔をして目を閉じるんだもの。

添い寝って素晴らしいと思うけどな・・・。
どうしてここでは「添い寝」はあれ程までに嫌われているのかな?

こちらで「昨日べビちゃんんがなかなか寝付かなかったからつい添い寝しちゃった・・・」なんて言おうものなら、10人中10人が

えぇ~っ!!ダメじゃないっ!そんな添い寝なんてしちゃぁっ!!

と、声を荒げてママを戒める。
ホント、トンでもない罪を犯したみたいに攻め立てられるのだ。

文化の違いとは言え、えらいこっちゃなー。

最近では欧米でもアジア圏でよくみられる「添い寝」が、赤ちゃんの情緒安定に深く関わっていると見直されているんだけどね。

我が家の夫もじじ&ばばも「添い寝=絶対ダメダメ派」なので、私も最初は戸惑った。添い寝なんて「母になった幸せを噛み締める」最高のイベントではないか。

一晩中一緒に寝たのなんて、日本に里帰りした時だけだもんね。

今では一人寝にすっかり慣れてしまい、一緒に寝ると体が強張ってよく眠れないなんて・・・悲しいね、まったく。

添い寝=絶対ダメダメの主な理由は

子供が親に依存して独立心が養えないから、とか
親が寝返りをして赤ちゃんをつぶしてしまうから、らしいが

日本でそんなこと聞いたことないよね。

まあ、こっちのママは100kgクラスがゴロゴロいるからな~。

添い寝して疲れるのは私のベッドがシングルベッドだからって理由もあるんだけど(疲れるの当たり前?)、Codyの体調が良くない間だけでも予備のダブルベッドで一緒に寝ようかな??なんて思っている。
しかしその部屋、冬は異常に寒いのが難点。

私やCodyがどんな思いをしていようが知ったこっちゃない父さんは、メインベッドルームのクイーンサイズのベッドに広々と一人で寝ている。

あんたって、ほんと、幸せな人ね。

DSC02906.jpg


DSC02920.jpg

いつもきゃわいいボクちんも、たまにはこんな顔しちゃいま~すっ☆
DSC02933.jpg



カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。