オーストラリアで子育て
シドニーで2005年9月1日に長男Cody(コーディー)を出産、2008年6月7日には長女Sienna(シエナ)が新たに家族に加わり、ますます賑やかになった我が家。子供達の成長の足跡を残し、かつ遠く離れた金沢の母にも孫達の日々の様子を見てもらう為に、コツコツ更新頑張りま~す。
いくつになったの?

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Author:Codyの母さん
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は、先々週末に、

ついに、ついにパソコンを買ってもらいました。

そーゆーことに疎いので、

Windows8が出る直前のタイミングで。

これから過去の失われた記憶をさかのぼり、穴を埋める作業をしていきたいと思います。

訳半年分あるかな?

がんばるぞぉ~。
スポンサーサイト
アクロコルドン。
10月16日

アクロコルドンって言葉を聞いて、「あぁ・・・アレね」ってわかる人、どれくらいいるんだろう。私は聞いた事なかったな。

アクロコルドン。

Codyが持ってる恐竜の本に出て来そう。イグアノドン的な。

あるいは、新しく発見された美容成分の名前?エコンザイムQ10的な。

シルクド・ソ・レイユのテーマみたいな感じもないでも無いし。ソルティンバンコ的な。

はたまた、来年ブレイクの兆しの新しいスイーツ??


って・・・しつこいな。
何なんだよ、早く言えよ・・・やよね。

実はこれ、


これ、なんです。
skintag.gif



解説、加齢に伴い首や脇にできる老人性イボ。

そうなんです、イボなんです。
スキンタッグとも言うらしい。

しかし・・・「老人性・・・」ってねぇ。

で、私、これ。とっても出来やすい体質らしい。

かなーり前から、脇の付け根に一つ出来てました。

んで、最近になって首に2つあるのが気になり出して。

大きさはほんの1~2ミリくらいなので、そう気にする程のもんでもないんやけど、
何分イボなので、突き出ているので、触ると気になるんよね。
目立つのは今の所2つだけだけど、予備軍っての?もっとちっちゃいのはもう、無数にある。

い~やぁ~っ!!

んで、「一体何よ、これっ!」と思って調べてみたら、

老人性・・・って、ねぇ。

んで、手で触っている内に付け根の方が細くなってきた気がしたのでね、
お風呂上りの、皮膚がふやけてる時に、「えいっ!」ってひっぱったりもしてみたんですがね、

これがもう・・・ビクともしねぇ。

なので先日、意を決して、ハサミでね、根っこからね、

チョン切ってやったぜぇ~。

ドバッと血が出たぜぇ~。

ワイルドだろぉ~??
↑スイマセン、このネタ。実はこれが言いたかっただけ、アハハ・・・

私はこのアクロコルドンの他にも、顔にも色々とデキモノが出来ていて、
その一つが、

脂漏性角化症とよばれる、厚みのある茶色いシミ状のイボ。
原因は、肌の老化現象の一つ・・・って、あー、また老化ですかっ!

それだけではありません。
ほかにも目の周り(まぶた)などにも肌と同じ色の扁平なイボがいくつかあって、こちらは汗管腫(かんかんしゅ)と呼ばれるものだそう。

しかしまぁ、何にでも(当たり前やけど)ちゃんと名前があるもんですね。
ってか、私。そーゆーイボイボ関連、めちゃめちゃ出来やすい体質らしい。

ガーン・・・

他にもいろいろイボに関して調べていたら、

イボが出来る原因は3つ。
やけどの跡か、高血圧か、肥満か、っていうのもあった。(ホントなのかな?これ)

私の場合・・・、やけどの跡でも高血圧でもないので・・・

分かったよ、どーせデブっ!ってことやろ?

放っといてくれや。

以前GPで、窒素ガスか何かで凍結して、取ってもらったこともあるんですけどね。
跡がそれこそやけどみたいになって、もう新陳代謝も悪いですからねぇ~、傷の治りの遅かったのなんのって。かれこれ3ヶ月ぐらい、元よりも目立つシミ状のものが消えませんでしたね、あの時は。

それに、どうやら私の場合、取っても取っても新しいのが次々と出来る体質らしいし。

何か他に対処法は無いものか・・・と調べたら、漢方の「はと麦」がいいらしいじゃない?
そのはと麦から有効成分だけを抽出した、「ヨクイニン」ってのが、効くらしいじゃない?

今、その「ヨクイニン」に興味津々です。
日本では簡単に手に入るらしいけど。

こっちでも、どっかに売ってないかな~?

久々の更新なのに子供の事には一切触れず・・・、アハハ~。
クラス編成、大どんでん返し。
下書きのままで保存してあった日記を見つけたので、それアップします。
抜けたままになってる2月頃のと、6月のもの。
何で今まで投稿しなかったのかな?
写真なし、文章ばっかりでダラダラつまんないからかな? まーいいや。
時間が前後するので分かりづらいですが、少しづつ穴埋めして行ければ・・・と。

その先には9月1日、Codyのバースデーもあるので、見てね~。

先ずは、もう今となっては遠い昔、今年の初め、2月の日記ですが、これから始めないとCodyの今のクラスの話に進めないので

取り合えず・・・2月20日(月)の分からです。


これと言った予定も無かったので、お友達のYさん親子をお誘いし、久しぶりにIKEAに遊びに行ってきた。買い物に行ってきたのではなく、あくまでも遊びに。

晴れておパンツガールになった子供達。
早速託児コーナーで預かってもらって、店内をウロウロ。
あ~、幸せなひと時。

ランチはYさんがおごってくれ(よっぽど貧乏に見えるのか、私はよくおごられる)
ご馳走様~。

帰りにCodyのお弁当の定番、冷凍のIKEAミートボールを調達し帰宅。
(夏場は凍ったまま弁当箱へ。すると昼には解凍されて食べごろ~=超~手抜き)

で、3時のお迎えの時間になり、子供達から衝撃のニュースが。

兄さんが「また、クラス替えがあった。だれそれと離れて、誰々と同じクラスになった・・・」などと言うのです。

最初は、「Cody・・・また何か勘違いして訳の分からない事を・・・」なんて聞き流していた私でしたが、クラスの他のお友達も同じ様な事をママに報告してるので、本当なのかも知れない。

したらカバンの中に学校からのお手紙が入っていて、「先生の数の都合により、Codyのクラス、1クラスだけが今日で他のクラスに吸収合併された」、と。

で、その合併の仕方がスゴイ。

クラスの半数強は2年生のあぶれ組とあわせた、1年生&2年生の混合クラスへ。

残りの10数人程度は、その他の4クラスに散り散りに。

2年生との混合クラスに行ったのは、元のクラスでも出来る子ちゃん達。
で、Codyは下から数えたほうが明らかに早い子なのでその中には入らず、
各クラスへ散り散りなった方で、クラスで一番物静かなSちゃん(女の子)と、ニュージーランドから転校してきたばかりのA君と共に、友達もいない、全く知らない初めてのクラスに突然ポッと入れられてしまったのです。

新しいクラスのほぼ全員が、去年のとあるキンディクラスのままの持ち上がりなので、CodyとSちゃんとA君以外はみんな、もう1年来のクラスメイト。クラスの雰囲気、完全に出来上がってるよ・・・。今さらCodyが馴染めそうな雰囲気、あるとは思えない・・・。

仲良しのロビーもL君もJ君も、みーんなしっかりてる子達なので、混合クラスへ入ちゃった・・・。
やっと同じクラスになったY君とも、また離れてしまったし。

こんなことってあるの??
キンディから1年生に上がり、まだ3週間そこらですよっ??
何でCodyのクラスだけがこんなに??
しかも何でまた、よりによってCodyが、知らない子だらけの未知のクラスに??

突然の展開に私の方がオロオロ。
当のCodyに「大丈夫??」って聞くと、

「何が~??」って、ぜんぜん状況分かってないし。

マジで、だっ、大丈夫なんやろーか、明日から。

もう学校なんて嫌い、とか言い出すんじゃないやろーか?

一体、何がどーなってこーなってしまったのか?

Codyが可哀想で、これからが心配で、そしてあまりの不公平さに学校には不信感が生まれ、気持ちがなかなか落ち着かない夜でした、今夜は。


衝撃のインドネシアン・ライフ。
これもかなり昔・・・2月28日(火)の分。

火曜日なので、子なしデー。

Codyの学校のママ友に誘われ、近所のインディアン・レストランでランチしてきました。
なんたって、カレーが10種類以上+ライス・ナーン食べ放題で、お値段

12ドル

は、安すぎるやろっ!!って思わず突っ込みたくなるくらいにお得。しかもウマっ!新興ビジネスパーク内にありまして、インド系のITテクニシャンがうじゃうじゃいるエリアです。下手なもんも出せんでしょうて。

このママ友、リアナちゃんはインドネシアの方でして、食事しながらあーでもない、こーでもないと子育てにまつわる話を何となくしてた訳ですが、その時に聞いたインドネシアの子育て事情が半端でなくてっ!!

彼女がポロっと、こー言うのです。

「こっちはのんびりして暮らしやすくていいけど、何でも全て自分でしなくちゃいけないから・・・。インドネシアだったら、ハウスキーパーやナニーが家の事、すべてしてくれるのに・・・」って。

え゛~っ!!今、なっ、何て??
ハウスキーパーにナニーやとぉ~っ!!??


彼女曰く、インドネシアの一般的中流家庭では、家事はハウスキーパーさんを、育児はナニーさんを雇ってやってもらうのが

当たり前、らしいです。

しかもナニーさんは、子供の数だけ。子供が2人ならナニーも2人。

で、私が「そうか、そうして母親はキャリア志向でガンガンお仕事に専念するわけか・・・」って言ったら、びっくりした顔して、「違うわよ、母親はたいがい専業主婦よ」と。

え?専業主婦なのに、ハウスキーパー&ナニー??

じゃー一体その様な奥様方は、1日暇持て余して何すんのん??って聞いたら、

そんなの・・・ショッピングとか、エステ、マニキュアとか、ジムとか・・・やることはたくさんあるわよ!と涼しい顔して言ってのける。

知らなんだ・・・インドネシアの中流奥様って、シロガネーゼも真っ青のマダムだったのね。

驚くのはこれだけでないぞ。

何と彼女、シドニーからジャカルタの実家に里帰りの際も、その滞在期間中は、ナニーを雇うらしい。なのでフリーでお友達に会いまくり、食事やショッピングを思いっきり楽しんでくるらしい。

で、さらに付け足しも。

「あ、そうそう。お抱え運転手も雇うわね、普通は・・・」って。

もう倒れそう。

嗚呼・・・なんと羨ましい。

私も、ジャカルタに里帰りしたい。

ばあちゃん、インドネシアに移住しませんか??

シロガネーゼ。

シカタネーゼ。

カナワネーゼ。

アキラメヨーゼ。←あ、「ゼ」しかあってないし・・・。


日本から東南アジア諸国に派遣されるような大きな会社の支店長クラスの奥様達はみな、そんな暮らしをしてるらしいと聞いたことはありますが、現地の中流でそれとは・・・。
あるいはリアナちゃんが謙遜してるだけで、彼女もお国に帰れば、大金持ち(って言い方も貧乏臭いけど)のお嬢様なのかも。


正直、ジャカルタって日本よりもビンボーなイメージやったし、かなりのカルチャーショック。(ごめんなさい、私の認識が間違っておりました)

ってか、日本のスケールでの中流って、実際どの程度のレベルなん?

毎日毎日、家事や育児に明け暮れ、ヘロヘロになっている私は何なん?

日本やと、自分は中流って思ってるおかんでも、ガニ股でママチャリこいだりしてるんとちゃうん??


そんなパラダイスなマダムライフを捨てて、何でまたシドニーに住んでる訳??と聞くと、きっぱり。

子供の将来の為、と。
(元々はご主人と共にシンガポールで働いていたらしい。が、シンガポールはお受験戦争&競走が激しすぎて可哀想すぎるので、その辺がゆるいシドニーに来たらしい)

安定してるし、安全にかつ伸び伸びと子育てが出来て、かつ実家のあるジャカルタからもそう遠くはないし、と。

そんなリアナちゃんの息子君は、クラスでもダントツの優等生君でして、

現在の習い事・・・、テニスにピアノ、水泳にサッカー、ラクビー、テコンドウ、公文、日曜日には中国語の学校へ3時間などなど・・・って、

習いすぎじゃぁ~っ!!

アリエネーゼ・・・(しつこいっ)

悲しい世の中。
これも2月の話だ・・・。

2月26日(日)

父さんはまた水上スキーに。

みんなで一緒に・・・って誘われたけど、どーしても行く気になれず。
子供達も同じ。

なので、我々は家でゴロゴロ・・・もつまんねぇ~って訳で、昼からオリンピック・パークのプールに行って来ました。こーゆーとこ、混むので普段は平日とか狙って行くんやけど、まー仕方あるまいと、ある程度覚悟して行ったけど、

マジで激混みやったし。

でもその賑わい加減も楽しみのウチって言うか、子供達はテンション上がって大はしゃぎ&大喜びでした。

そんな中の、ジャグジーでの出来事。

ダーっと高校生ぐらいの5人組の男の子たちが大きな水鉄砲を持って入って来て、ちょと離れた所に後ろ向きに立っていた警備員さんに向って、ビャーって水を発射すんのよ。

で、その警備員さんが怪訝な顔して振り向いた頃には水鉄砲は水面下に隠し持って、本人達はシラーっと知らん顔。で、警備員さんが向き直るとまた同じ事してイタズラ。バレないのをいい事にクスクス笑って喜んでる。

馬鹿じゃねーのか、兄さん達よ。

しばらく我慢して見過ごせば、その内飽きて止めるだろうと思ってたのに、ぜんぜん。ニヤニヤ笑いながらずーっとやってる。

誰か早く何か言ってくれないかな~と周りを見回しても、誰も何も言わないし。
全く気付かないフリ。

ブチ・・・。

私の中で何かがキレました。

ゴルラァ~、あんた達。えぇ加減にせんかい。
今すぐに止めないと、キミらの事、係りの人に言いつけるからねっ!!


舐められたくなかったので、毅然と言ったつもりです。

したら、ヘラヘラ笑いながらどっかに消えていったけど。

正直、迷ったんですね、何か言うべきかどうかって。

下手に反感買って、後でどこかで待ち伏せされて何かされたらどうしよう・・・って。こっちは子供連れてるしね。でも、黙っていられんかった・・・。

そんなこんなで家に帰り、スキーから帰った父さんに今日のそんな出来事の話をしていたら、

めっちゃ怒られまして。

そーゆーやつらの事は放っておけ!と。
知らん顔が一番。
あんただけならともかく、子供達もいるんだぞ!
何かされたらどうするんだっ!!
親として、そんな軽率な行動は慎め!と。

まー、父さんの言う事も分かるけど。

自分には甘いが、他人には厳しい私。
曲がった事は許せない。意外と正義感が強いのね、昔から。


間違った事してる人に、「止めなさい」とも言えないなんて。

悲しい世の中やな~。
子供達が大きくなる頃には、一体どうなってしまうんやろう。


ロビー君への貢ぎ物。
5月のとある1日の話です・・・。

5月29日(火)

昨日の兄さんお迎え時。

遠くから誰か走って近づいてくる気配がした、と思ったら

ロビーやんっ

で、嬉しそうに「ボク、昨日で6歳になった!!」って報告してくれました。

えぇ~、もしかして?とは思ってたけど、やっぱり。
あたし、今まで5歳の子に、恋心を抱いていた訳ですね??

「どーして先に言わないのよ。プレゼントあげるから、何かリクエストは?」と聞くと、

間髪入れずに「スカイ・ランダーズっ!」って。

何ですか、ソレ?
聞いたことありませんし。

でも、やっぱり相当しっかりしてるわ、ロビー君。

???になってる私に、あーだ、こーだ、どこそこで買える、と色々情報をくれたので、

早速今日、いつもの様にママ友とランチした後で、お店で購入してきました。

店員さん「いらっしゃい、何をお探しで?」

母さん「あの・・・スカイ・・・スカイ・・・ナントカを!」

最近、ますます横文字に弱いわたし。

そのスカイ・ナントカ。

今、スゴイ人気なんやってね。(ゲームソフトです、フィギアが付いてる)
我が家にはプレステもWiiも何もありませんので、ぜんぜん知りませんでした。
ロビー君はすでお高いスターター・セットは持っているので、その後のステージに進むために単品で買い足すちっちゃいのが要るのだとか。
単品だと1つ15ドル。3つセットのが30ドル。
予算は25ドルやったんやけど、ロビーなので、迷わずセットの30ドルの方をゲット。

で、今日のお迎え時。

プ・・・の事なんて頭にないロビー君。
校庭をたたーっと横切って帰ろうとするじゃない?
兄さんはまだクラスから出て来てないのに、(彼、いつも遅い!)

仕方ないな、今はロビーの方が大事(←それはダメやろ?)

ダーっと追いかけて、呼び止めて、振り向いた彼に、

こっ、これ。プレゼントっ・・・。気に入ってもらえるといいけど、ウフっ

やけに心臓がバクバクしていた私、何か期待してる?(←いいえ、単なる運動不足)

本当は先に兄さんに渡して、彼からロビーに手渡してもらうつもりでいたのに、

いい年して、なぜだろう? 「告白タイム」みたいな事になってしまう。

そして夜になり、ロビー君のお母さんから丁寧にお礼の電話を頂きました。
ロビー母はワーキング・マザーなので、面識はほとんどないけれど、実はあたし、
「Codyと遊びたかったらいつでも電話して来なさい!」とロビー君に電話番号渡してあってんっ

その甲斐あって、今日初めてロビー母から連絡をもらい、
ついにお互いの情報交換。

ロビー君の連絡先をゲット~っ!!

ふふふ・・・これから誘いやすくなるわ。

10代&20代のあの頃に、この積極性があったなら、今頃は違う人生を歩んでいたのだろうかねぇ?
トーイ・ライブラリー活用中
これは6月18日(月)の分・・・もう3ヶ月も前だっ!


この前のシエナのバースデーに使ったパラシュートやチョコレート・ファウンテン・マシン。

あれ、もちろん我が家の私物ではありません。
あんな、たまにしか使わなさそうなもの買うなんて、父さんが許すわけないし。

パーティー前にたまたま知った、トーイ・ライブラリーで

無料で借りたもの。

そう、あれらはタダっ!←って、しつこいか。

ユナイティング・チャーチがやってます。


タダっつっても、年会費に30ドル必要なんですけど。
それさえ支払えば、毎月3アイテムづつ、1年で36アイテムをタダで借りれるので、毎回借りると1アイテム1ドルちょっとで借りられてる計算。タダみたいなもんさっ。

毎月第3月曜日の午前中、おもちゃをいっぱい積み込んだバンが近所にやって来るので、我々メンバーはその度に出かけていってあれこれ品定め出来るらしい。

むふふっ・・・我ながらいいの見つけたわ~。
個人面談。
これは・・・6月26日(火)にあった、クラス面談の話です。


今日は、Codyのクラス担任の先生との個人面談がありました。

タイミング良くシエナさんがデイケアに行っている火曜日だったので、お昼間の時間を選択。ご家庭によっては父親が「自分もぜひ先生と話したい!」と言うお宅も少なく無く、お父さん達の仕事が終わったあとの夜の時間帯が割と混んだりするそうですが、我が家の父親はそんなの「無関心」。昼間の内にあんたが一人で済ませてしまえ!っつー事でした。

学校についたのがお昼の1時20分。
ちょうどランチの時間帯で、食べ終わった子供達が校庭に出て遊んでおり、大賑わいでしたっけ。

早速、兄さんの姿を探します。
様子を観察するいいチャンスですものね。

でもなぜか、ロビーの姿を先に見つけてしまう、イケナイ母。

あら?ロビーとは一緒に遊んでないのね?
周りには去年同じクラスだった子達がわんさか。
でもその中には彼・・・居ないみたい。

で、やっと見つけた!と思ったら、兄さん、一人でポツン・・・としてるし。

いや、正確にはポツン・・・というより、ウロウロ・・・か。
一人でいるのですが、誰かと遊びたいらしく、ウロウロして誰かに見つけてもらえるのを待ってるみたいな、傍目からはそう見えて、

何て言うか、ちょっと、見ちゃイケない場面を見てしまった、とでも言うか、

お昼休みはてっきりお友達と思いっきりワイワイ・楽しくやってると思っていたので、少しショックで。

今、兄さんに気付かれたら逆に彼の自尊心みたいなのを傷つけてしまうかも?などとも思えたのですが、そーこーしてる内に目があってしまいます。

したら兄さん、私ににっこり笑いかけて手を振ってくれ、周りにいる子達に、

「ほら、あれ。ボクの母さん。あれ、ボクの母さんだよっ!」って嬉しそうに声をかけ出しました。そんな事、みんな知ってるっつーに。

ちょっと淋しげに見えたので、もしかして、彼が恥ずかしい思いをするかもしれない場面を見てしまったのかもしれない・・・という私の心配をよそに、めっちゃ素直な兄さんのリアクションに安心するやら、自分(の早とちりが)が恥ずかしいやら。

そんなこんなで面談開始。

私から先生に確認したい点は、単純にこの2点。

・クラスでお友達と楽しくやってますか?
・ふざけたり騒いだりして、迷惑かけてませんか?

で、先生からは、Codyは素直で優しくて、とてもいい子だ、お友達とも仲良くしてるし、学校でも楽しそうですよ。お勉強も頑張っているし、こちらからは「何も言う事ありません」と言ってもらえ、ひとまず安心。

お友達がほとんどいないクラスに入ってしまったので、淋しい思いをしてるんじゃ・・・と心配してたのだけど、逆に考えると、それが彼に「悪ふざけ」をさせないで、良い方に転がってるのかも?・・・って。

時々、お友達と離れてしまった兄さんが可哀想になって

「大丈夫? ロビーとかと一緒のクラスじゃないけど、毎日楽しい??」と聞いてみてはいるのですが、そうすると彼、

「ロビーとは休み時間に遊べるからいい。別のクラスでいた方が、授業に集中できて、黒板にも名前が載らなくて(ふざけてる子が書かれる)却って好都合!みたいな、分かった様な事を言ったりします。

それが、彼の本心なのか、負け惜しみなのかは実のところ不明ですが、
とにかく先生からは前向きな評価を頂けて、ほっとしました。

家に帰ってのディナー時、兄さんに

「先生がCodyはとてもいい子だ」って言ってた。
She loves you so much!、と伝えたら

兄さん、
of course she loves me,
not just me,
she loves oll of us in a class,
why wouldn't she?

って。

先生はクラスのみんなを愛してる、

生徒に、そう実感させてくれる信頼関係を築けている先生、素晴らしいじゃありませんか!

去年に引き続き、いい先生に持ってもらえてよかった。
兄さんっ、1Y後半もその調子で頑張って!

7歳のバースデー。
9月1日(土)

ずっとサボっているけれど、やっぱり誕生日ぐらいはアップしないと・・・と思ってバースデー直後にやり始めたのにいつの間にか2週間もたってもうた・・・、このパソコンもう嫌っ!!。

とにかく・・・。

今年のパーティー、ダメージが大きいので家では避けたい・・・(後の掃除とか、踏んづけられて大事なおもちゃが破損とかね)、低予算で済ませたい・・・、できれば少人数でやりたい・・・、と私の方でいろいろ都合がありまして考えた末、ふと「スリープオーバー(お泊り)パーティー」というアイデアが浮かび、仲良しの男の子のお友達4人をお招きし、そーゆー事の運びとなりました。結局家で、なんやけど少人数はコントロール可能やし・・・ね。

アイデアが決まったはいいけれど、「お泊り」となるとね~、なんつーか、親同士もある程度仲良くないとアプローチできなくて、例えばいとしのロビー君なんかはお呼びできません。彼のお母さんとは交流ないので。

なのでお誘いするのは、お友達もそのママもまず我が家に来たことがある、ママなしで子供だけをお預かりしてもOKなくらい、私自身がその子のキャラクターをある程度把握している、子供なしでもママとの友人関係が成り立つくらいの付き合いが出来てる人たち限定、という点をCodyにも理解してもらい、

Y君(←なぜかいつもイニシャル)、アンドリュー、アハメッド、リオンの4人をご招待することに。

大事な子供たちをこんな私に預けるわけですからね、お母さんたちがさぞかし心配するだろうと思い、当日のスケジュール表を作成して事前にお渡しし、だいたいの流れを掴んでいただける様にするなど私なりに工夫したつもりです。

ちなみにそのスケジュールはこんな感じ。

5時:ドロップ・オフ(パーティー開始、ママはバイバイです)
   (自由に遊んだり、ゲームしたりのフリータイム)
6時:ディナー(スパゲティー・ミートソース)
   カップケーキのバースデーケーキでお祝い
7時:プレゼント・オープン
   プレゼントでしばらく遊ぶ
7時半:庭に出て、手持ち花火
8時:DVD鑑賞
   (おやつにポップコーン)
途中、ハーフタイムを設け、ここでパジャマにお着替え&歯磨き=寝る準備
   DVD鑑賞後半
9時半:みんなでベットルームへ(マットレス4つ敷き詰めた一部屋み詰め込みです)
    眠くなるまで、それぞれ持ってきたニンテンドー・DSをやって良い事に。
就寝・・・

翌朝は・・・

起床:自由時間
8時:朝ごはん(シリアル、トースト、パンケーキ、フルーツなど)
8時半:お着替え
   自由に遊ぶ
10時:パーティー終了、ママがお迎え

みたいな感じで、ジュースやパーティー・フード系は一切なし。
ディナーや朝食に何をお出しするかを予めお知らせする等、私なりに気をつけたつもりですが、どうだったかな?

とまぁ、前置きはそれ位にして、そんなパーティーの様子を。


カラフルなパーティーフードとかありませんからねぇ~、遊ぶしかない子供達。
でも「お泊り」というシチュエーションにプチ・興奮気味で、いきなりハイテンション。
最初30分ぐらいはずっと全員が家中をキャーキャー言いながら家の中を走り回る・・・と言う、結構スゴイ事になり、早々に「今日は寝させてもらえないかも・・・」と腹をくくりました。

が、しばらくするとその熱気もシューッと冷めて行き、落ち着いてくれましてねぇ。

これは、大好きなポケモンカードコレクションをみんなに披露してるCody。
DSC02524.jpg

ディナー・タイムもみんなお利口で、食べる、食べるっ!
DSC02526.jpg

ミートソースはCodyの一番の大好物です。
DSC02532.jpg

我が家の鬼門、シエナさんも(今の所は)ご機嫌・・・ホッ・・・。
DSC02537.jpg

ケーキはカップケーキで簡単に済まさせて頂き・・・(へへへっ)
DSC02540_20120908074625.jpg

「ハッピィーバースデ~、Cody!!」(ピンボケ)
DSC02542_20120908074626.jpg

その後、プレゼント・オープンで盛り上がり
(今年のCodyのリクエストは、スカイ・ランダーズ(ゲームよりもフィギュアとして遊びたいらしい)、モンスーノのおもちゃ、などなどでした。他に私からマリオのラジコンなど)

予定通りに、お庭で花火。
DSC02554.jpg
DSC02551_20120908074627.jpg
DSC02559.jpg
DSC02561_20120908074750.jpg

花火すると必ず「名前書け!」とか言う父さんの言う事ちゃんと聞いて・・・

Codyの「C]を書いてる兄さん。
DSC02562_20120908074751.jpg

その後は、これまた予定通りでポップコーン食いながらDVD鑑賞。
DSC02566_20120908074753.jpg

CodyにどんなDVDがいいか聞いたら「怖いやつ」と言われましたが、人の子預かっておいて寝る前に怖いの見せる訳にもいきませんのでねぇ・・・かと言い、もう7歳にもなる男の子集めてほのぼのディズニー系では食いついてもらえないかも・・・、でも無難な路線でいくと「え~、これ見たことある。つまんねぇ~」などとなるのではないか?などと、正しいDVD選び、出来てるのかな?と実はかなり不安だったのですが、このDVD鑑賞タイムは大成功で

結局あたしが選んだDVDはこちら
lego.png

これがめっちゃウケて、子供達喜んでくれた~。嬉しいわ~。

ハーフタイムのお着替え&歯磨きも思いのほかスムーズに行き、

何だこれ?
お泊りパーティー、最高じゃねぇかっ!
めっちゃ楽やし、子供達は大喜びやし、低予算やし、最高じゃねぇ~かっ!!と、自分のアイデアを自画自賛。

全てがトントン拍子で予定通りに進み、いい感じでベットタイム=DSプレイへと移行。
Y君妹のTちゃんはここでママにお迎えに来ていただいて、さようなら。

が、やっぱりね、「寝ろ!寝ろ!」言うても、ちっとも寝ねぇ~でやんの、子供達。

11時ぐらいになってもまだ起きてるので、ここでDSは取りあげ。
この頃、シエナだけが騒音のなか一人でグースカしとりました、さすが大物。
彼女は自分の部屋で寝させるつもりやったのに、「自分もパーティーの一部」ともすれば「主役」だと思ってますからね、ここで寝ななりませんっ!ですよ、シエナさん。強引にボーイズの寝る部屋に居座り・・・、DSプレイにも加わり・・・が、何分まだ4歳・・・疲れ果ててグースカ第一号です。DSの電源は入ったまま、それを両手にしっかり持ったまま、タッチペンをそろばんの時の鉛筆みたいに握ったまま、仰向けで寝てましたね、アハハ・・・笑える。

が、ボーイズ達がねぇ~、DS取りあげた後も、おかしな事言い合ってゲラゲラ笑いっぱなし。

まー、楽しいのはいいんだけど。

明日は明日で、それぞれのお宅のご予定もあろうし。

いい加減に寝て頂かないと、私も正直眠いし。

一番大人しいアンドリュー君は、眠くて眠くて死にそうになってるし←でもうるさくて眠れない。

11時半頃からはもう、修学旅行の見回りの先生みたいに、5分おきに
「ゴルラァ~っ!うるさいっ!早ぅ寝んかいっ!!」と鬼婆ァに変身。

よそのお子さんには無茶できないので、仕方なくCodyを部屋からつまみ出したりして、12時ごろかな?ようやく静かになったのは。

はぁ~。

ま~予想していた事とは言え、みんなの体力にびっくりよ。

翌日に続きます。


パーティー、翌日。
9月2日(日)

Codyのお泊りパーティー、2日目です。

昨夜、子供達がようやく寝静まったのはもう夜中の12時過ぎだというのに、
ふふふ・・・あの分じゃみんな8時過ぎまで起きないだろーな、なんて思ったのに、

午前6時5分前=5時55分の子供達の様子。
DSC02569.jpg

早起きじゃねぇ~かっ、ゴルラァ~っ!!
みんなで、昨夜取りあげられたDSの続きやってる。

ただ一人爆睡していたアンドリュー君まで・・・

6時半の時点ではもう起きて来て、みんなの仲間入り。
DSC02571_20120908074957.jpg

キミたち、なんでそんな早起き??
ってかもう・・・、DSはやめて=また取り上げてやった。

しかしその後も絶好調で、それぞれが、思い思いに遊び始めたぞ。
DSC02573.jpg

マリオのラジコン。
DSC02574.jpg

その後は、なぜかみんなで「大ぬり絵大会」。
DSC02581.jpg

予定ではあたし・・・、みなさんが起きる前にささっとシャワーしてお化粧もして、余裕を持って朝を迎えるつもりやったんですけど、まさか6時前には起きると思わなんだし・・・

この時点でまだ、めっちゃ寝起きでしたし。

パジャマから服に着替えてしまう前に、お決まりでしょう・・・っつーことで、

ピロー・ファイト(枕投げ?)ならぬ、テディ・ベア投げ合戦。
DSC02575.jpg
DSC02577.jpg

枕はちょっと危ないからね、ぬいぐるみで。

こーやって、お互いにテディを投げて遊ぶんよ!って、私が子供達に遊び方を伝授してたら、父さんに「そんな遊びを教えるなんて、どうかしてる・・・」って怒られたけど、何で?楽しいじゃんねー。無視、無視・・・っと。

予定ではパンケーキやらトーストやら・・・と思ってたのに、みんなシリアルがいい・・・って言うじゃない?

準備、めっちゃ楽でした。躾の出来た子達だこと。
DSC02579_20120908075220.jpg

本日の寝ぐせ大賞~、アンドリュー君。特に景品はなし。
DSC02580.jpg

とま~、そんなこんなで朝ごはんやら身支度を終え、
終了予定の10時前には一人、また一人・・・とお迎えが来て、
パーティーはお開きとなりました。

そー言えば、今日は「父の日」なんですよね。
みんな、それぞれに予定もあって忙しいのに、Codyの為に2日に亘ってお付き合いしてくださって、本当にありがとうね。楽しかった。

パーティー後は、我が家もささやかな父の日のイベントを。

今年はこんなプレゼント。
DSC02583.jpg

全てが、予定通りに終わってほっ・・・です。
Cody、本当に楽しいバースデーやったね。
さて、来年はどんなのにするかな?あっと言う間にやって来るんだろうね。
昨日久しぶりにパソコン触ったら、まーまーいい調子やったので、

最近ご無沙汰やった日記、写真の多い日を中心にまとめてちょこっとアップしました。

シエナのバースデーの記事が出てくる前までが新しい分。(って言っても5月分が主ですが)

変わらず元気にしておりますので、久しぶりに覗いて行ってくださいな~。

驚愕のランチ。
6月19日(火)

まぁ・・・驚愕って言うほど大袈裟なもんでもないけど。

今日、ママ友のLちゃん(オージーです)とお茶してた時に、
早いよね、もうまたスクールホリデーだね・・・って話になって、

私が「ああ、これであの苦痛な宿題から開放される、嬉しい~」って言ったら
(私、宿題大嫌いなんです・・・)

Lちゃんは、「私は、お弁当作りから開放されるのが、何より嬉しいわ!」って。

そうね、毎日お弁当も大変よねぇ~、と同調してみたものの、彼女の弁当の内容を聞いて驚愕です。

だって、だって、彼女が言うには・・・

毎週末に、2人の子供のそれぞれ1週間分のサンドイッチを作り、パンが入っていた袋に入れ直して冷凍保存しておいて、毎朝、その日要る分だけを冷凍庫から出してランチパックにつめている・・・って、

ナニそれ、めっちゃ楽そうやん??

そんな毎朝の作業の、どこが一体苦痛なのか、私にはさっぱり分からん。

しかもそのサンドイッチも、市販の瓶詰めのレモンバターってのを塗るだけのシンプルなやつで、週5日、毎日同じものだそうな。

友達なのに、こーゆーのもなんやけど、さすがオージー=超~合理的。

そうそう、褒めてるんですよ、褒めてるの。

かく言う私も、そう大した物は作ってませんので(IKEAの冷凍ミートボールをゴロゴロっと入れたりしてますので)大きな事も言えませんがね、

一応毎朝、兄さんに「今日は(サンドイッチ系とおにぎり+おかずの)どっちがいい??」とお伺いを立ててから、仕込んでおります。

で、そんな話をしていたらLちゃんに、「そーやって聞くからいけないのよ。」と教えられました。そーか、聞くから「好きな事」言われて大変になるのか・・・。

実は私(ってか、みんなそうやと思うけど、えっ?違うの??)、朝ごはんも子供達に「何にする??」と聞いてから準備してます。

子供ながらに、その日の気分とかあるやろうし。

2人共が揃ってシリアル系の時はパラダイス。

兄さん「ぼくはコーンフレーク」
シエナ「あたしはウィート・ビックス」

みたいは日は、ミルクかけてハイ・どうぞ!ですのでね。

ところが。

最近の我が家の朝、大変な事になってまして。

特に兄さんが・・・最近は、ソバ、そうめん、ラーメン、カレーライスなどを朝欲しがるのですよね。
最悪なのが、2人共そーなった時。

母「さぁ、今日は何にする??」

兄さん「ボクはカレーライス」
シエナ「あっ、あたしはあったかいお蕎麦で!」

母「あいよぉ~っ、カレーライスにかけソバ一丁ね~っ!」

って、あたしは食堂のオバちゃんですかっ、朝からっ!!って感じよね。やめてくれ。

カレーライスとお蕎麦の準備しながら、兄さんのおにぎり作って卵巻き焼いて・・・
(↑残り物の味噌汁とかをカレーに作り変えているだけですけど、それでもねぇ・・・)

毎朝、そんなこんなでヘロヘロになっている私は、余程要領が悪いバカなんでしょうねぇ・・・。

Luddenhamのモデルパーク。
5月27日(日)

午前中は家でゴロゴロ。

天気は良かったので、昼からは家族でどっかへ・・・って事になり、

確か・・・何かでイベント情報を見た気がしたので、その記憶を辿り・・・

LuddenhamにあるModel Parkに行って来ました。
http://www.modelpark.org.au/index.php/in-the-park/park-facilities

毎月最後の日曜日にだけ一般公開している、なんつーか、モデルカー&トレイン愛好家の施設です。

初めてやったけど、なかなか楽しくて、子供達も喜んでました。

こんな本格的なリモコン・ダート・レース・コースあり
mb008.jpg

ミニチュア・トレインのディスプレイあり
mb005.jpg
mb004.jpg

実際に乗って走るミニ・トレインあり(別料金)
mb006.jpg
mb007.jpg

トーマスのモデルもあり・・・
mb009.jpg

こんな屋内ミニ・サーキットあり。(これも別料金=我が家はさせてもらえませんでした)
2025.jpg


お弁当持参でピクニック気分で出かけたので、
(施設内には小さなプレイグラウンドもありました)

ポカポカ陽気の中、ほのぼの楽しい午後を過ごせました。

mb010.jpg

シドニー西部のスポットは行き尽くしたと思ってたけど、まだまだ探せばあるもんですねぇ。
おススメのクラフト。
5月25日(金)

昨夜の事。

ようやく1日の仕事を終え、11時過ぎかな?やーっと寝れる~と思ってパジャマに着替えてて思い出した。

ゲッ、明日のプレイグループ。クラフト担当やった・・・。

今朝までは覚えていたのに。
今日中に何か準備するつもりでいたのに、気が付いたらもう夜中。

頭の中が、グルグル~グルグル~どないしよぉ~っ・・・
その辺の材料で簡単にできて、かつ、子供達に「わぉ~っ」な何か。


で、ふと小学校の時に入ってた染物クラブ(○○クラブって色んなのがあったよねぇ~)でよくやってた和紙の染め物なんてどうやろう・・・と思いつく。

夜中、しーんとしずまるキッチンで、あーだ、こーだと試作品を繰り返し、
何とかアイデアがまとまった頃にはもう、日付がかわってましたっけ。

で、今日。
なかなかのクラフトなのでみんなさぞかし喜ぶぞぉ~っと思って行ったのに、
来てたちびっ子、わずか3人・・・

さっ、さみしい・・・。

んでもやりましたよ。

和紙をキッチンペーパーに代え、
染料は水で薄めたフード・カラーですけどね、

こんなにキレイにできました!
DSC02290.jpg

紙の折り方を変えると、模様の出方もぜんぜん違って、やればやるほど面白い。
DSC02287.jpg

ってんで、後日、我が家でも子供達と一緒にたくさん作ってみた。
DSC02289.jpg
DSC02288.jpg

作り方はめちゃ簡単。
スーパーで売ってるVIVAというキッチンペーパーを三角・・・四角・・・と好きな様に小さくなるまで折って、食紅数滴をたらしたいろんな色の色水にそれぞれ角を浸して水を吸わせ、最後は手のひらでぎゅっと押さえる様にして水分を切って、あとは室内物干しみたいなのに洗濯ばさみで留めて、しばらく乾かしておくだけ。

このクラフト、Codyもシエナも2人共めっちゃハマりました。

簡単で楽しいので、ご紹介です。
(大勢でやるときは、どれが誰のだか分からなくなるので、先に紙に名前を書いてね~)
プリンセス・パーティー
5月22日(火)

今日は、兄さん同士が同じクラスっていうご縁でシエナが最近仲良しになった、クロエちゃんの4歳のお祝いにお呼ばれ。

子供達は2人共アメリカ生まれ、シンガポール育ち。
去年は1年はニュージーランドで暮らし、ご主人のお仕事の都合で今年2月にシドニーに越してこられた国際派。

父はインドネシア人、母はマレーシア人。お互いにそれぞれの国の言葉を話せるそうですが、家族の共通語はもちろん英語な、とにかく国際派。

平日のお昼に、女の子だけのパーティーで、

みんなドレスを着ています。きゃわいい。
DSC02253.jpg

シエナはいつもの通り、お下がりのドレス。カップケーキ・デコレーションに夢中です。
DSC02255.jpg

日本のピンクのドレスなので、きっと「プリキュア」か何か?と思って調べたら(プリキュアは名前だけで、見た目を知りません)、これは「お邪魔女・どれみ」の衣装らしかった。
DSC02257.jpg
セットで帽子もあって可愛いのに、かぶり物大嫌いな彼女。ったっく強情・・・って言うか。

みんな「プリンセス」やのに、一人だけ「魔女」なシエナが、らしいっちゃ~らしいけど。
DSC02259.jpg

アメリカナイズされた(どの辺が?)ナイスなパーティー・デコレーション。
DSC02261.jpg

テーブル中央には、ガールズ用のなんちゃってピンク・シャンペンがあったり、
DSC02263.jpg

カップケーキが並んだりしてステキ。(←って、これはあたしがお持込みしたんやけど)
DSC02264.jpg

こちらはインドネシア・マダムのラニちゃんお手製、蒸しケーキ。
DSC02265.jpg

このインドネシア・蒸しケーキは何度か食べたことありますけど、
初めて食べた時は「何これ?ウマっ!!」っと、かなりの衝撃を受けたくらいの新しい食感で、フワフワであっさりしていて、絶品です。基本的にはコーヒー味が一番おいしいと思う。

パス・ザ・パーソル中のプリンセス達。
DSC02266.jpg

パーティー開始直後はシエナさん、かなり機嫌が悪く「どーなることやらぁ~!?!?」とても不安でしたが、だんだん落ち着いてきて何とかパーティーをぶち壊したりする事はなく、やれやれ・・・。時限爆弾よ、あなたは時々。

ハッピィー・バースデー、クロエちゃん。
DSC02270_20120616151711.jpg

後ろにいるのは兄さんとクロエ兄。(←彼ら今日、学校早退しました、エヘヘ)

これからも仲良しでね~。

しかし、ピンクの女の子ちっくなパーティーはやっぱりいいわ~。
私まで、しばしの「お姫様気分」を味わえました、ありがとーね。

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。